2024.2.19

婚姻届の証人は誰にする?入籍前カップルが当然知っておきたい【6つ常識】

入籍手続き
PLACOLEWEDDING adviser
14978 views

【2024年4月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

アプリで記事を保存・購読

婚姻届の証人の定番は両家の父親。ではその次は?友人に頼む人もいる?婚姻届を提出しようとしているカップルさんたちは、証人を誰にお願いするか悩み中なはず。誰に頼むのが一般的なのか?また注意点をまとめました。また証人になることのリスクや遠方にいるときは代筆でもいい?お礼は必要?など最低限知っておきたい証人にまつわる常識を6つにまとめました。入籍前カップル必見!

まずは婚姻届けについてのおさらいこちらからcheck♥♥

婚姻届をもらう場所って?提出先は?コレを読めば婚姻届の提出はバッチリ♡


婚姻届の出し方は?必要書類と提出の流れがわかる*

目次
  1. 婚姻届の証人とは?
  2. みんなは婚姻届の証人2人って誰に頼んでる?代表的な6つのパターン

婚姻届の証人とは?

婚姻届の提出には、ふたりの結婚を認めてくれる証人(20歳以上)2名の署名が必要。氏名、生年月日、住所、本籍、印鑑の5つを記入してもらいう必要があります。

婚姻届には「成人の証人が2人以上署名すること」が法律で定められているので、証人がいないと婚姻届は受理されません。証人が必要な理由としては、偽装結婚や無断で婚姻届が提出されてしまうことを防ぐ役割を果たしています。
婚姻届は、新たな戸籍が作られる重要な届け出でもあるため、届け出の正確性を高めるために必要なのが証人となります。

証人になるリスクはあるの?

婚姻届の証人に一切のリスクはありません。万が一、結婚生活が破綻してしまったとしても証人が責任を負わされることはないので、安心してください。婚姻届の証人は、『婚姻が正当か証明する人』のことで、保証する人ではないので証人になったからといってリスクはありません。

続きはコチラ♡

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
次のページ
ウェディング診断

アプリで記事を保存・購読