2022.9.1

婚姻届の証人がいない場合の対処法5つ。代筆はOK?

入籍手続き
PLACOLEWEDDING adviser
75984 views

【2022年12月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

婚姻届の証人になってくれる人がいない!と悩んでませんか?「このままだと役所に婚姻届を提出することができない、どうしよう・・・・・・」そう思っている人も多いかもしれません。

でも安心してください!もし証人がいなくても方法はたくさんあります。代行サービスなど、婚姻届の証人がいない場合の対処法をご紹介します。また代筆はOK?証人になってほしい人が遠方にいる場合は?などの疑問にお応えします。

まずは、婚姻届の必要書類と必要なものをチェック♩

目次
  1. 婚姻届の証人を頼める人がいない!!
  2. 婚姻届の証人の署名を代筆してもいい?
  3. 婚姻届の証人が遠方にいるときはどうする?

婚姻届の証人を頼める人がいない!!

婚姻届には、証人がふたり必要です。署名と押印が必要で、それは本人の自筆でなければいけません。結婚するのが未成年だったとしても同様です。

しかし、なんらかの理由があり、証人を頼める人がいない!ということもありますよね。

その場合どうしたらいいのでしょうか?

婚姻届の証人は誰でもいい♪

そもそも、婚姻届の証人は成人した人なら誰でもかまいません。ふたりが結婚するということを知っていれば、ふたりと関係のない人でもいいわけです。極論を言えば、役所で初めて会った人に証人を依頼してもいいですし、外国人に証人となってもらってもOK。

証人に書いてもらうのはこちらの5つ。

  • 署名(名前)
  • 生年月日
  • 住所
  • 本籍
  • 押印(認印、実印)

これらを自筆で書いてもらいます。

使える印鑑は、朱肉を使うタイプの印鑑(実印や認印。100円ショップの認印でもOK)。

押し方や経年劣化などにより印影が変わりやすいゴム印はNG。受理されません。

これらを記入できる20歳以上の人なら通りすがりの人でも役所の人でも、習い事の先生でも誰でもかまいません。

証人が外国人であった場合は

  • カタカナでフルネーム
  • 欧文でフルネーム
  • 住所(日本語で)
  • 本籍は国籍(日本語で)
  • 押印なし・直筆サイン

を記入してもらいます。ただし、必ず本人の自筆でなければなりません。

結婚届の証人の定番は誰??婚姻届を書くまえにこちらをチェック♩

証人がいないときの対処法

1 2 3 4 5 6
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む