婚姻届をもらう場所って?提出先は?コレで婚姻届の提出はバッチリ

2017.7.12

婚姻届をもらう場所って?提出先は?コレで婚姻届の提出はバッチリ

入籍手続き
farny
657 views

婚姻届をもらう場所ってどこなの?!「忙しくて役所に行く暇がない!」「とびきりかわいいオリジナルな婚姻届が欲しい」「手軽にかわいい婚姻届をもらいたい」「記念になるような特別な婚姻届が欲しい」などさまざまな要望にお応え。他にも提出先や代理人でも提出可能?などの疑問に応えます。ココを見れば婚姻届の提出はバッチリです!

婚姻届をもらう場所・方法は4つある!

婚姻届をもらう場所・方法は4つある!

婚姻届をもらう場所は、全部で4つあります。ライフスタイルに合わせて、ふたりが入手しやすい方法で婚姻届を準備しましょう。婚姻届は修正液や修正テープを使用できないため、書き損じを考慮して、2~3枚程手元に用意しておくと安心です。

1、市役所・区役所・町・村役場で

婚姻届をもらう場所としてメジャーなのが「市(区)役所」・「村(町)役場」。婚姻届は“もらうだけ”であれば、住まいを管轄している役所以外でも入手可能です。婚姻届を“提出”の際は、提出先が限られますが、もらうだけであれば家の近く・職場の近く・出かけ先、どこでもOK。また窓口に声をかけなくとも、ラックに婚姻届が置いてあるケースが多いため、気軽にもらうことができますよ。婚姻届が置いてある窓口は「戸籍課」・「戸籍住民課」・「市民課」と、役所により異なります。

土日などの休日でももらえる?

婚姻届は、役所の窓口が開いていない土日・祝日でももらうことができます。「時間外受付」もしくは「夜間受付」という窓口にて婚姻届を入手してください。正面玄関からは入れないケースが多いため、役所の案内に従い時間外受付窓口まで足を運んでくださいね。

2、婚姻届の用紙をインターネットでダウンロード

婚姻届はパソコンと印刷環境があれば、自宅でも用意することができます。もしくは携帯にダウンロードデータを転送し、コンビニの印刷機で出力するという方法もありますよ。インターネットで「婚姻届 ダウンロード」と検索するとヒットしますので、A3サイズで印刷しましょう。ダウンロードファイルは自治体がアップしているものです。

市によってはデータをアップしていない場合もありますので、お住まいの地域でなくてもダウンロード可能なファイルがあればそれを印刷しましょう。“婚姻届は全国共通”ですので、どこの自治体がアップしているデータでも問題ありません。なかなか役所に出向くのが難しいという方におすすめです。

3、雑誌の付録

ウェディング雑誌やファッション雑誌の付録についている婚姻届は本当に使えるの?という疑問を抱く方も多いでしょう。答えは“YES“です。ブランドやキャラクターとコラボされた婚姻届など、雑誌の付録としてついてきた婚姻届は実際に提出できます。婚姻届けは決められた様式を守っていれば役所でもらったもの以外でも使えるのです。

つまり用紙のサイズや記載事項、切り込みが無いことなど、婚姻届の規定を守ればオリジナルの婚姻届を作成することも可能。雑誌の付録で入手した婚姻届をはじめ、カラーやデザインにこだわったオリジナルの婚姻届で入籍するカップルも増えていますよ。

4、有料のデザイン婚姻届

婚姻届は役所でもらえば通常0円でお金がかかりませんが、あえて有料で“デザイン婚姻届”を用意するカップルもいます。インターネットで好きなデザインの婚姻届を入手します。有名なのが「婚姻届製作所」というサイト。

ふたりの写真をデザインできる婚姻届など、有料ではありますが、スペシャルな婚姻届を作成できることで人気のサイトです。中には会員登録をすれば無料でダウンロードできるデザインもありますよ。その場合かかる料金は印刷代だけ。婚姻届のデザインは300種類以上。コンビニ(ファミリーマート)でも印刷可能!せっかくならふたりだけの婚姻届を作りたいというカップルから支持を得ています。役所に提出するものとは別に、記念で婚姻届を作成したいという方にもおすすめです。

婚姻届をもらってから入籍までのざっくりスケジュール*

婚姻届をもらってから入籍までのざっくりスケジュール*

入籍までのスケジュールをザっとご紹介します。結婚するとなると色々と準備が重なることと思いますので、以下のスケジュールを参考に、ふたりで計画を立てて進めていきましょう。

1、入籍日を決める

まずはふたりの入籍日を決めましょう。入籍日をはじめに決めることで、婚姻届の準備に関係する日程調整なども行いやすくなります。また、入籍日が土日・祝日なのかも確認しておくといいでしょう。入籍日当日、窓口で確実に婚姻届を受理してもらいたい場合は平日がおすすめです。

入籍日の決め方について詳しくはコチラで>>入籍日の決め方10選*2017・2018年の大吉日&人気の日取りPICK UP!!

2、婚姻届をもらう

婚姻届は入籍日よりも1週間~1ヶ月前くらい、できるだけ早めに用意しておくことをおすすめします。婚約が確定しているのであれば、あらかじめ婚姻届を用意してから具体的な入籍日を決めるという順番でもいいでしょう。

急いで準備するとバタバタしてしまいますし、書き損じで何度も記入し直すという事例もあります。証人に証人欄を記入してもらう必要もあるため、余裕を持って婚姻届を完成させられるように、入手しやすい方法で早めに婚姻届を用意しておきましょう。

3、証人を決める

婚姻届を記入する際に欠かせないのが、20歳以上の成人2名のサインです。家族や親戚、友人など、証人をお願いする方を決めましょう。証人欄の記載事項に不備があった場合、婚姻届が受理されないというケースもありますので、なかなか会えない方や遠方に住んでいる家族などは避けたほうがいいかもしれません。証人といっても大きな責任を負うようなものではないため、ふたりの祝福をお祝いしてくれる仲の方にお願いしましょう。

証人について詳しくはコチラで>>婚姻届の証人は誰が定番?入籍前カップルが当然知っておきたい【6つ常識】

4、婚姻届を記入・提出

入籍日・証人が決まり、婚姻届を用意できたらいよいよ記入します。婚姻届にも記載する際の注意事項が書いてありますので、確認しながらゆっくりと書き損じのないように記入しましょう。印鑑の押し忘れなどにも注意してくださいね。記入できたら「印鑑」・「身分証明書」・「戸籍謄本」など、必要なものを持って管轄の役所へ提出します。窓口の営業時間外であれば、時間外受付に提出しましょう。

婚姻届の提出について詳しくはコチラで>>婚姻届の書き方総まとめ*項目ごとに疑問を解決!

5、周囲の人に報告

家族、親戚、職場の上司、親しい友人・同僚など関係する周囲の方々へ入籍の報告を行います。まずは血縁のある方や職場の上司など目上の方に、できれば口頭で報告しましょう。その後友人や同僚へ報告します。はじめにSNSで入籍報告を行い、その後上司の耳に後から話が届いたということのないよう、やや慎重に報告を行ったほうがいいでしょう。SNSでの報告は最後に行うのが無難です。

結婚報告について詳しくはコチラで>>【結婚報告をSNSで】守りたいマナーとルール*好印象の秘訣は○○にアリ

婚姻届を提出するときに必要な書類を準備する

婚姻届を提出するときに必要な書類を準備する

 

入籍日の決定、婚姻届の記入まで完了したら、後は提出するだけです。提出の際、窓口に持参するものは婚姻届の他に、いくつか用意するものがあります。中には必須ではないものもありますので、自分の必要なものを必ず確認してから窓口に向かいましょう。

身分証明書

「身分証明書」は、男性・女性どちらも必要なものです。顔写真のついている免許証やパスポートなどの公的書類がいいでしょう。婚姻届に記載されている名前と、身分証明書に記載されている名前と顔写真を照合し、本人確認を行います。

戸籍謄本

戸籍のある役所以外に婚姻届を提出する場合は、「戸籍謄(抄)本」が1通必要です。戸籍謄(抄)本は戸籍のある役所でしか発行することができませんので、戸籍のある役所が遠方の場合は、郵送で取り寄せます。その場合1~2週間程時間を要するため事前に用意しておきましょう。ちなみに戸籍謄(抄)本は必要あるなしに関わらず、婚姻届を記入する際に“番地や号”など、本籍通り正しく記載するための参考になるため、1通あると便利です。

訂正のための旧姓印鑑

シャチハタ以外の印鑑(旧姓のもの)をそれぞれ持参しましょう。記入に不備があった場合、訂正印として使用しますので、実印もしくは認印を持っていきます。

婚姻届はどこで出す?婚姻届を提出する場所はどこでもOK

婚姻届はどこで出す?婚姻届を提出する場所はどこでもOK

婚姻届をもらう場所は全国どこでもOKですが、婚姻届を“提出”する場所は限られます。管轄外の役所に提出しても受理してもらえませんので、事前に確認しておきましょう。

婚姻届の提出先6つ

  1. 夫の本籍地
  2. 夫の住所地(所在地)
  3. 妻の本籍地
  4. 妻の住所地(所在地)
  5. 一時的な所在地(短期出張やリゾート婚など)
  6. 希望する新本籍地

婚姻届は上記の管轄する役所に提出が可能です。短期出張やリゾート婚など、期間限定でその場所に留まっている際も、その管轄の役所に提出することが可能となっています。そのため、「所在地」という記載になっているのです。婚姻届の提出を兼ねて旅行に出かけるというカップルもいます。こうしてみると婚姻届の提出先は自由度が高いです。

《注意》

婚姻届受理証明書は婚姻届を提出した役所でしかもらうことができません。もし会社関連手続きや記念のために婚姻届受理証明書が欲しい場合は、アクセスの良い役所に婚姻届を提出することをおすすめします。

婚姻届受理証明書について詳しくはコチラ>>婚姻届受理証明書は休日でも発行してもらえる?婚姻届を出す前に知っておきたい知識

提出する人

提出する人は夫と妻になる当人がいいでしょう。どちらかひとりでも提出可能です。また、代理人が提出することもできますが、婚姻届に不備があった際に訂正できるのは入籍する本人達しか行えません。そのため、できればおふたりのどちらかがいいでしょう。どうしても都合がつかないという場合は、不備のないよう婚姻届を念入りにチェックし、代理人の方にお願いしてみてください。その際、代理人の方も身分証明書が必要です。

出張所に提出する場合

出張所は、窓口の営業時間外の提出を受け付けていない場合があります。夜間や受付時間を過ぎそうな場合は、出張所への提出は避けたほうがよさそうです。出張所へ提出する場合は、確実に窓口が営業している時間を狙いましょう。

人気の婚姻届の提出先は?東京都立川市に人気集中♡

人気の婚姻届の提出先は?東京都立川市に人気集中♡

今特に人気が集まっている婚姻届の提出先は東京都立川市。

立川市は知名度アップのため、有料の婚姻届をオリジナルで用意しています。婚姻届の控えをかわいい台紙に挟んでもらえるという特典で人気が高まっています。

本籍地は自由に決められるって知ってた?人気の本籍地5選

本籍地は自由に決められるって知ってた?人気の本籍地5選

婚姻届は夫か妻どちらかの本籍地や所在地と、新本籍地にて提出できます。本籍は、戸籍を保有しておく役所の住所となるため、住んでいる住所でないといけないという決まりは特にありません。そのため、好きな場所を新本籍地として指定し、その場所に婚姻届を提出することができるのです。

その他に人気の本籍地はこちらです。

  1. 東京ディズニーランド
  2. 皇居
  3. 富士山
  4. 東京タワー
  5. 各地のお城

など。上記の建物やスポットの住所を本籍地とし、管轄の役所にて婚姻届を提出するカップルが増えています。市町村によって特典やプレゼントを用意している場所もあるため、リサーチのうえぜひ参考にしてみてくださいね。

婚姻届をもらう場所を確認しておこう

以上が婚姻届をもらう場所4つです。少し前までは、役所でもらうものだった婚姻届ですが、今ではさまざまなバリエーションが登場しています。あらかじめどんな婚姻届があるのかを確認して、どの婚姻届で入籍するのかをふたりで話し合っておきましょう。