marriage-manual

結婚式・基礎知識

「結婚式の基礎知識」に関する一覧ページ。結婚式の「結婚式の基礎知識」のハウツー記事が見つかります!!

結婚式「誓いの言葉」を英語にすると?結婚証明書にも使える英文事例5選♡

ちるちゃん
結婚式・基礎知識

結婚式費用の親の負担額|みんなはどのくらい資金援助してもらってる?

PLACOLEWEDDING adviser
結婚式・基礎知識

【2023年版】結婚式場は仏滅式を大歓迎*割引や特典などいいこと盛りだくさんって知ってた?

PLACOLEWEDDING adviser
結婚式・基礎知識

【2023年最新版】結婚式の費用内訳公開!何にいくらかかるのか?項目別に詳しくご紹介*

PLACOLEWEDDING adviser
結婚式・基礎知識

【式場写真ぷち後悔6選】高いお金払ってるから小さい後悔もしたくない!!

とと
結婚式・基礎知識

【結婚式こだわったところ】ここだけは外せない!こだわり5選

とと
結婚式・基礎知識

【共働き夫婦】準備で楽したところ7選

とと
結婚式・基礎知識

【結婚式後悔したこと6選】卒花のこうしたら良かったなぁレポ

とと
結婚式・基礎知識

【結婚式やってよかったこと7選!】卒花嫁のやってよかったと思うこと

とと
結婚式・基礎知識

【結婚式の1日の流れ!】午後からスタート!式場入り〜帰宅まで!!

とと
結婚式・基礎知識

【2023年完全版】結婚式の準備期間って何するの?平均期間は? 

PLACOLEWEDDING adviser
結婚式・基礎知識

馴れ初めとは?みんなの馴れ初めエピソードまとめ22選♡

PLACOLEWEDDING adviser
結婚式・基礎知識

【2023年最新版】結婚式場の見学ポイント*事前に決めておく5つと当日チェックする19項目

PLACOLEWEDDING adviser
結婚式・基礎知識

【2023年最新版】結婚式の費用負担どうする?新郎新婦と両家の一般的な割合と決め方

PLACOLEWEDDING adviser
結婚式・基礎知識

【結婚式のお礼マナー】誰にどれだけ渡せばいいの?誰もが気になる、お心付け&お返しの目安大全集!!

PLACOLEWEDDING adviser
結婚式・基礎知識

【保存版】結婚式の受付を頼まれた人集合!!最低限知っておきたい6つのこと*

PLACOLEWEDDING adviser
結婚式・基礎知識

赤口(しゃっこう)って?赤口に結婚式を挙げても大丈夫?

PLACOLEWEDDING adviser
結婚式・基礎知識

少人数結婚式の流れが分かる!!家族のみや少人数結婚式の進行例や余興の悩みを解決*

PLACOLEWEDDING adviser
結婚式・基礎知識

【地域別】ご祝儀の相場って?職場・親戚・友人別相場額*少なめってアリ?

PLACOLEWEDDING adviser
結婚式・基礎知識

結婚式のテーマが決まらない人のための計画ガイド!手順を踏めば簡単にテーマが固まります♪

DRESSY IDEA
結婚式・基礎知識
1 2 3
■結婚式の一日の流れ
1:会場入り
2:着付け・ヘアメイク
3:写真撮影
4:親族紹介
5:リハーサル
6:挙式
7:披露宴
8:二次会
といった流れで結婚式が進みます。

結婚の誓いを立てる「挙式」と、招待客をもてなして 夫婦のお披露目をする「披露宴」。 一般的にはこの2つを合わせて、「結婚式」と呼んでいます。 人生の中でも節目となる特別な結婚式。 流れについてしっかりと抑えましょう。

■予算や費用の考え方
結婚式を「する」「しない」選択をするときに、 まず頭をよぎるのが費用の問題。 まずは結婚式にかかる費用の相場を、 結婚式のスタイルや、式場タイプ、
日取りなど、さまざまな切り口から見てみましょう。 ふたりのこだわりポイントを照らし合わせて、 持ち込み料の有無や、アイテムを花嫁DIYに変更するなど 節約出来るポイントもたくさん出て着ます。 結婚式費用の相場から予算を立ててみると、 どれだけふたりの結婚資金が必要なのかを見積もって 前もって準備することが大切です。

結婚式の費用について詳しく知りたい方はこちらをcheck!

■結婚式の常識、マナーについて
準備を進めていくと、次々気になる、
常識やマナー。確実におさえて失礼のないようにしたいところ。

<招待客の人数、会社の人はどうする?>
ほとんどのカップルがぶつかる、“ゲストどこまで呼ぶか”問題。 招待客の人数平均は70人ほどのようですが、近年は、大切な人、親しい人やお世話になった人を中心に招待することが多く、仕事関係者が大勢参加する結婚式は減ってきています。

職場の上司や親戚などに仲人を頼んでいた、ひと昔前と比べると自由度は大きく広がっており、ふたりの価値観で招待するゲストを決められるようになりました。 とはいえ、両親には早めに大まかな方針を伝え、意識を合わせておくと安心です。

<お車代・宿泊代・お礼について>
結婚式では、遠方から足を運んでもらったり、受付・スピーチなどをお願いする方には、心遣いとして、お車代やお礼を渡すのがマナー。 最近では、お車代は片道分をお渡しするのが一般的です。 また、受付を担当してくれた友人へのお礼は3,000円~5,000円程、主賓挨拶や乾杯の挨拶をしてくれたゲストへのお礼は10,000円~が相場となります。

お車代を渡すタイミングは、一般的には受付係の人から受付時に渡すことが多いようです。両親から挨拶を兼ねて手渡ししてもらうのも良いでしょう。 司会や受付、主賓挨拶、乾杯の挨拶等のお礼は、結婚式の前に親御さんから挨拶をかねて渡します。 スピーチや余興などをお願いした人には、披露宴終了後に新郎・新婦からお礼をするのが一般的とされています。

<引出物・引き菓子について>
引き出物には、「結婚式出席者に幸せをお裾分けする」という意味があり、1,000円~1500円程度の引菓子とあわせて贈るのが一般的。 引出物の相場は、親族や上司は5,000円~12,000円、主賓が10,000円~20,000円、友人が3,000~5,000円程度です。 披露宴の飲食費の3分の1程度、またはご祝儀の10分の1程度を目安と考えましょう。

結婚式のスタイルごとのマナーはこちらからcheck!