2019.10.1

0 この記事をクリップ

入籍祝いの人気プレゼントランキング10選!金額相場やメッセージ文例・渡し方

結婚式のマナー
farnyオフィシャルライター
117 views

結婚式でご祝儀を渡すのとは別として、入籍祝いを贈る場合があります。入籍祝いには現金が良いのか、それとも、プレゼントが良いのか、よくわからないという人もいるのではないでしょうか。また、入籍祝いの金額で迷うこともあるでしょう。この記事では入籍祝いの相場やおすすめのプレゼントを紹介します。

入籍祝いとは

入籍祝いとは、肉親や友人、職場の上司や同僚、後輩などが結婚したときに贈るお祝いのことです。結婚式に招待されて出席する場合はご祝儀を渡すため、それが入籍祝いを兼ねる場合もあります。

ただし、ご祝儀とは別に心のこもった品物を贈りたいと思う人も多いのです。あるいは、結婚式に招待されていないけれどお祝いをしてあげたいと思う人もいます。また、結婚式に招待されたけれど、どうしても都合が付かず出席できないこともあるでしょう。そのような場合に入籍祝いを贈ります。

▽「ご祝儀」の関連記事はこちら
ご祝儀っていくら包めばいいの?意外とわからない結婚式のご祝儀の相場一覧

入籍祝いの金額相場

入籍祝いの金額相場は結婚した2人との関係によって異なります。ここでは、入籍祝いの金額相場について、立場ごとに紹介します。

「親から子」への入籍祝いの金額相場

結婚式や披露宴の費用を親が支援する場合、親から子への入籍祝いを贈る必要はないという説もあります。しかし、地域によっては「子供の結婚式は親の役割」と考える習慣があり、結婚式の招待状も親の名前で出す場合があるのです。そのようなケースでは結婚式や披露宴の費用負担とは別に、親が子へ入籍祝いを贈ることもあります。

また、結婚する2人が親に頼らず、自分たちだけの力で結婚式や披露宴を主催する場合は、親から子に入籍祝いを贈ることが一般的です。金額としては10万円程度で、「結婚式や披露宴、新婚旅行の足しに」というケースと、「新生活のために」というケースに分かれます。

「友人」への入籍祝いの金額相場

披露宴に出席しない場合、友人への入籍祝いは1万円程度が相場といわれています。そもそも、結婚披露宴に出席する友人のご祝儀相場は3万円程度で、その内訳は「2万円が会場や食事の費用、1万円がお祝い」とされているのです。

披露宴に出席してご祝儀も渡すのとは別に入籍祝いを贈る場合、新郎新婦の気持ちの負担にならない程度の金額が望ましいでしょう。目安としては2000~5000円程度です。

▽「ご祝儀」の関連記事はこちら
ご祝儀の相場って?職場・親戚・友人別相場額*少なめってアリ?

「兄弟」への入籍祝いの金額相場

入籍祝いの金額は血縁が濃くなるほど上がるといわれており、兄弟の場合は3万~10万円程度を贈ることが一般的です。ただし、贈る側が20代で収入が少ない場合は2万円程度でも良いとされています。

「先輩・上司」への入籍祝いの金額相場

贈る側の年齢によって3万~10万円程度です。

「部下」への入籍祝いの金額相場

贈る側の年齢により、2万~3万円程度が目安です。

「職場の同僚」への入籍祝いの金額相場

個人で贈る場合は2万~3万円程度です。他の同僚と連名で贈る場合は一人当たり数千円程度になる場合もあります。

入籍祝いの人気プレゼントランキング10選

ここでは入籍祝いとして人気があるプレゼントのランキングを10選で紹介します。結婚式に出席してご祝儀を渡す場合、それとは別に贈る入籍祝いは品物のほうが相手に気を使わせないで済むでしょう。ただし、相手の趣味や欲しいものがよくわからない場合は、現金や商品券、カタログギフトのほうが実用的なため、喜ばれる場合もあります。

入籍祝いの現金・商品券

新生活では新しく買いそろえなければならない生活用品が多いため、好きな用途で使える現金や商品券は一番ありがたいという意見が多いです。

手渡しする場合は結び切りの熨斗(のし)袋に入れてから慶事用の袱紗(ふくさ)に包んで持参し、目の前で袱紗(ふくさ)を開いて渡すのがマナーとされています。郵送する場合は同様の熨斗(のし)袋に入れてから現金書留で送ります。

入籍祝いのカタログギフト

カタログギフトは好きなものを選ぶことができるため、現金や商品券に次いで喜ばれる入籍祝いです。新婚夫婦が「何にしようか」と一緒にカタログを眺めて選べる楽しみも提供することができるでしょう。

入籍祝いの花ギフト

花は祝い事全般でおすすめの贈り物です。新居に花があると雰囲気が華やぎ、甘い新婚生活を彩ってくれます。生花を贈る場合は新居に花瓶がないことも想定して、そのまま飾ることができるフラワーアレンジメントにすると良いでしょう。また、入籍祝いに適した花の種類としては次の4つがおすすめです。

入籍祝いにおすすめの花「コチョウラン」

コチョウランは胡蝶蘭と書き、たくさんの蝶が舞い遊ぶような形の花が特徴です。かわいらしく華やかさがあるため、祝い事の贈り物としてよく使われています。また、コチョウランの花言葉は新婚家庭へのはなむけにふさわしいものです。

コチョウラン全体の花言葉は「幸福が飛んでくる」「清純」です。特に、ピンクのコチョウランは「あなたを愛します」という花言葉を持っているため、新婚の2人にぴったりといえるでしょう。

入籍祝いにおすすめの花「スターチス」

紫やピンク、黄色の小さな花がたくさん集まって咲くスターチスにも新婚夫婦にふさわしい花言葉があります。スターチス全般では「変わらない心」、紫のスターチスでは「上品」が花言葉です。また、黄色のスターチスの花言葉は「誠実」「愛の喜び」、ピンクのスターチスの花言葉は「永久に変わらない」です。

入籍祝いにおすすめの花「サルビア」

サルビアはまっすぐ上に伸びた茎にラッパ型の小さな花をたくさん付ける花です。サルビア全般の花言葉は「家族愛」「良い家庭」、赤いサルビアの花言葉は「燃える思い」です。花束には向かない形状の花なので、贈るなら鉢植えが良いでしょう。

入籍祝いにおすすめの花「バラ」

ゴージャスな印象と芳香を持つバラは、愛を伝えるシーンでよく使われる花です。バラの花言葉は非常に多く、贈る本数や花の色で意味が変わります。

4本のバラの花言葉は「一生変わらない気持ち」です。5本は「あなたに出会えたことを心から喜ぶ」、6本は「お互いに敬意を持ち、愛し、分かち合う」、21本は「あなただけに尽くします」を意味します。

また、赤いバラの花言葉は「熱い恋」「あなたを愛しています」「愛情」などたくさんあります。白いバラの花言葉は「純潔」「深い尊敬」、ピンクのバラの花言葉は「愛の誓い」です。

ここで紹介した花言葉以外にもバラの花言葉は非常に多いため、バラを贈る場合はチェックしてみると良いでしょう。

名前・似顔絵入りボトルワイン

入籍した年に製造されたワインに名前を入れて贈ると、良い記念品になります。ラベルに名前や似顔絵イラストを入れられるものや、ボトル本体に彫刻をほどこしたものをオーダーすることが可能です。

▽「ギフト ワイン」の関連記事はこちら
ギフトに大人気!大切な人の贈り物に最適な、お花で装飾した大人可愛いワイン♪

キッチン家電

新生活では家電も新しくする場合が多くあります。夫においしい食事を作ってあげたいと張り切っている新妻には、料理を便利にするキッチン家電が喜ばれるでしょう。

中でも、フードプロセッサーやジューサー・ミキサー、ダッチオーブンやホットプレート、ベーカリーやフライヤーなどがおすすめです。「必需品ではなく自分ではなかなか買わないが、あれば便利でうれしいもの」という基準で選ぶと良いでしょう。

高級ブランドの食器

「自分で買うことはあまりないが、家庭にあるとうれしいもの」として、高級ブランドの食器もおすすめの入籍祝いです。ティーセットやマグカップなら手頃な価格のものが見つかるでしょう。

ハイブランドのエプロン

夫婦2人で仲良く料理を楽しんでもらいたい気持ちをこめて、ハイブランドのおしゃれなエプロンを贈るのも良い入籍祝いです。家事をするときに着用するエプロンは幸福な新婚生活を演出するのに格好の小道具となります。

また、妻は夫の実家で台所などを手伝う機会もあるため、少し高級感のあるエプロンを持っておくと役立つことがあるでしょう。

高級タオル

タオルは消耗品のため、たくさんあっても困らない実用的なギフトです。入籍祝いとして贈る場合は有名ブランドの製品を選ぶと、特別感や祝福の気持ちを表現できます。サイズや枚数によって金額を調整しやすいことも便利です。

生活家電

生活を便利にしてくれる家電は結婚生活の大きな支えとなります。入籍祝いとして人気がある生活家電としては、ハンディ掃除機やお掃除ロボットなどを挙げることができます。ロマンチックな空間を演出するランプなども良いでしょう。

披露宴で使えるもの

結婚式まで時間的な余裕がある場合は、結婚する2人と相談して、結婚式や披露宴で使えるものを贈るという方法もあります。リングピローやウェルカムボードなどは結婚式が終わった後も記念品として保存できるため、入籍祝いに選ぶ人も多いようです。

【入籍祝い】熨斗(のし)の選び方

祝い熨斗(のし)には2種類あることをご存じでしょうか。ここでは入籍祝いを入れるときに適切な熨斗(のし)の選び方を紹介します。

【入籍祝い】熨斗(のし)の色

熨斗(のし)には慶事用と弔事用があります。入籍祝いに使える熨斗(のし)は紅白、または金銀のものを使います。あらかじめ熨斗(のし)紙に印刷された熨斗(のし)の場合は赤と銀、赤と金が一般的です。

【入籍祝い】熨斗(のし)の本数

熨斗(のし)の水引の本数は奇数とされ、5本が基本です。3本の水引は簡略化された形で粗品に使われることが多いため、入籍祝いで使用するのは失礼にあたります。最低でも5本、あるいは7本の水引が付いたものを選びましょう。

また、結婚祝いに限り、偶数である10本の水引が付いた熨斗(のし)もよく見かけます。10は5の倍数のため、2倍の喜びを意味するとされています。

【入籍祝い】熨斗(のし)の結び方

熨斗(のし)の結び方には蝶結び、結び切り、あわび結びがあります。この3種類のうち、蝶結びの熨斗(のし)は出産祝いなど「何度も繰り返し起きてほしい祝い事」に使用されるもののため、入籍祝いに使用するのはタブーです。

結び切りとは、固く結んだ水切りの両端を跳ね上げるように切った形です。固く結ばれた水引はほどきにくいため、結婚祝いや退院祝いなど「一度だけ起きてほしい祝い事」に使用されます。

あわび結びは明治時代に京都で生み出された水引の結び方で、あわじ結びとも呼ばれます。結び切りよりも華やかに見える形です。あわび結びも結婚祝いに使用できる水引の結び方とされています。

【入籍祝い】熨斗(のし)の書き方

ここでは、入籍祝いの熨斗(のし)に記入する内容について説明します。

入籍祝い】熨斗(のし)の表書き

4文字を避けて「御結婚御祝」や「祝結婚」、「御祝」や「寿」などと書くのが一般的です。

入籍祝い】熨斗(のし)の連名の書き方

2~3名が連名で入籍祝いを贈る場合は、最も立場・年齢が高い人を熨斗(のし)下の中央部分にくるようにして全員の名前を書きます。中央の左が次に立場・年齢の高い人です。年齢や立場に差がない場合は順不同、または五十音順に書きます。

4名以上が連名で入籍祝いを贈る場合は上記と異なります。熨斗(のし)下の中央部分に最も立場・年齢の高い人の名前を書いた後、その左に「他一同」または「外一致堂」などと書きます。会社や所属部署から贈る場合では「〇〇社 社員一同」「他〇〇課一同」といった書き方が一般的です。有志のみで贈る場合は「〇〇社 有志一同」と書きます。

また、入籍祝いを受け取った夫婦がだれから贈られたのかを知るために、別紙に全員の名前を記入したものを同封する場合もあります。

【入籍祝い】熨斗(のし)の掛け方

ここでは、入籍祝いを贈るときの熨斗(のし)の掛け方について説明します。

内熨斗(のし)と外熨斗(のし)

内熨斗(のし)とは品物に熨斗(のし)を掛けてから外側を包装する方法です。それに対し、外熨斗(のし)とは、熨斗(のし)が一番外にくる方法です。

入籍祝いにおける熨斗(のし)の掛け方には特にルールがありません。ですから、渡す方法によってどちらが良いかを考えると良いでしょう。新婚夫婦のもとへ持参して手渡す場合は外熨斗(のし)が一般的ですが、内熨斗(のし)でも構いません。一方、郵送する場合は輸送中の汚れや破れに備えて内熨斗(のし)にしたほうが良いでしょう。

相手に伝わる入籍祝いのメッセージ文例

入籍祝いを贈るときは心のこもったメッセージを添えるとさらに喜んでもらえるでしょう。ここでは入籍祝いに付けるメッセージについて説明します。

入籍祝いメッセージのマナー

結婚に関することには「忌み言葉」というものがあり、使用を避ける習慣があります。不幸や不吉を連想させる言葉や離婚を連想させる言葉がNGワードです。

例としては「別れる・分かれる」「切れる・切る・割れる・割る」「降る・散る・流れる・倒れる」「飽きる・離れる・薄い・捨てる」などが結婚に特有の忌み言葉とされています。また、祝い事全般でNGとされている忌み言葉として「四(死に通じる)」「九(苦に通じる)」などがあります。

「親から子」への入籍祝いメッセージ文例

〇男、〇子さん、ご結婚おめでとう。いつまでも夫婦仲良く、幸せな家庭を築いてください。

「友人」への入籍祝いメッセージ文例

〇男、〇子さん、ご結婚おめでとうございます。のろけ話を楽しみにしています。

「兄弟」への入籍祝いメッセージ文例

〇男兄さん(〇男くん)、〇子さん(〇子ちゃん)、ご結婚おめでとうございます。すてきな家庭を築いてくださいね。

「先輩や上司」への入籍祝いメッセージ文例

〇男さん、〇子さん、ご結婚おめでとうございます。お2人の末永いご多幸をお祈りいたします。

「部下」への入籍祝いメッセージ文例

〇男くん、〇子さん、ご結婚おめでとうございます。これからのご活躍に期待しています。

「職場の同僚」への入籍祝いメッセージ文例

〇男くん、〇子さん、ご結婚おめでとうございます。末永くお幸せに。

入籍祝いを贈る時期

入籍祝いを贈る時期は結婚式に出席するかどうかによっても異なります。ここでは、入籍祝いを贈る良いタイミングについて説明します。

結婚式に参列する場合

結婚式に参列する場合、入籍祝いは結婚式の1週間前から1カ月後までの間に贈るのが良いといわれています。ただし、結婚式の直後はハネムーンに出かけていて、長期間不在にしている場合があるため、いつ帰ってくるかを確認したうえで発送しましょう。

品物を贈る場合、結婚式の当日に持参することは控えるようにします。結婚式当日は新郎新婦とも早朝から準備に追われていることが多いので、入籍祝いを手渡すために呼び出すと迷惑です。また、結婚式会場から自宅まで入籍祝いを持ち帰らなければならず、荷物が増えると負担になります。

結婚式に参列しない・結婚式をしない場合

新郎新婦が結婚式を行うが自分は招待されていない場合、入籍祝いを結婚式の前に贈ると「招待してあげなくて申し訳ない」という気使いをさせてしまいます。この場合は、結婚式後の1カ月以内を目安に入籍祝いを贈るのが適切です。

逆に、結婚式に招待されたけれど自分の都合によって出席できない場合、入籍祝いを贈るタイミングは結婚式の前でも後でも問題ありません。ただし、結婚の報告を聞いてから1カ月以内を目安に、遅くならないように贈ったほうが良いでしょう。

結婚式をしない2人に入籍祝いを贈るのは、本人たちから直接、結婚するという報告を受けた場合に限られます。第三者からうわさを聞いた場合、実際は入籍していないケースも考えられるからです。また、結婚したことを報告するかどうかは、今後も長いお付き合いをしていきたい相手と思われているかどうかにもよります。

入籍したけれど結婚式はしないという場合、それを聞いてから1カ月以内を目安として入籍祝いを贈るのが良いでしょう。

入籍祝いまとめ

入籍祝いの金額相場は「1万円」が原則です。ただし、肉親の場合は5万~10万円と血縁が近いほど高額になります。また、自分が結婚したときに祝ってくれた人へ入籍祝いを贈る場合は、相手にしてもらったのと同じ金額を贈るのがマナーです。

入籍祝いを贈るタイミングや入籍祝いに添えるメッセージにも配慮して、祝福の気持ちを伝えましょう。

クリエイタープロフィール
farnyオフィシャルライター
関連記事

結婚式に招待されたときのマナーはこれでOK!準備から当日まで徹底解説

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式の女性ゲストにNGのアクセサリーがある?知っておきたいマナーとは

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式で女性ゲストが気をつけたい服装マナーとは?年代別おすすめも紹介

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式にふさわしいバッグとは?ゲストが知っておきたいバッグのマナー

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式で友人スピーチを任された!慌てないためのダンドリとは

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー