2019.10.1

入籍祝いの人気プレゼントランキング10選!金額相場やメッセージ文例・渡し方

結婚式のマナー
farnyオフィシャルライター
22140 views
続きをアプリで読む

結婚式でご祝儀を渡すのとは別として、入籍祝いを贈る場合があります。入籍祝いには現金が良いのか、それとも、プレゼントが良いのか、よくわからないという人もいるのではないでしょうか。また、入籍祝いの金額で迷うこともあるでしょう。この記事では入籍祝いの相場やおすすめのプレゼントを紹介します。

目次[]
  1. 入籍祝いとは
  2. 入籍祝いの金額相場

入籍祝いとは

入籍祝いとは、肉親や友人、職場の上司や同僚、後輩などが結婚したときに贈るお祝いのことです。結婚式に招待されて出席する場合はご祝儀を渡すため、それが入籍祝いを兼ねる場合もあります。

ただし、ご祝儀とは別に心のこもった品物を贈りたいと思う人も多いのです。あるいは、結婚式に招待されていないけれどお祝いをしてあげたいと思う人もいます。また、結婚式に招待されたけれど、どうしても都合が付かず出席できないこともあるでしょう。そのような場合に入籍祝いを贈ります。

▽「ご祝儀」の関連記事はこちら
ご祝儀っていくら包めばいいの?意外とわからない結婚式のご祝儀の相場一覧

入籍祝いの金額相場

入籍祝いの金額相場は結婚した2人との関係によって異なります。ここでは、入籍祝いの金額相場について、立場ごとに紹介します。

「親から子」への入籍祝いの金額相場

結婚式や披露宴の費用を親が支援する場合、親から子への入籍祝いを贈る必要はないという説もあります。しかし、地域によっては「子供の結婚式は親の役割」と考える習慣があり、結婚式の招待状も親の名前で出す場合があるのです。そのようなケースでは結婚式や披露宴の費用負担とは別に、親が子へ入籍祝いを贈ることもあります。

また、結婚する2人が親に頼らず、自分たちだけの力で結婚式や披露宴を主催する場合は、親から子に入籍祝いを贈ることが一般的です。金額としては10万円程度で、「結婚式や披露宴、新婚旅行の足しに」というケースと、「新生活のために」というケースに分かれます。

「友人」への入籍祝いの金額相場

披露宴に出席しない場合、友人への入籍祝いは1万円程度が相場といわれています。そもそも、結婚披露宴に出席する友人のご祝儀相場は3万円程度で、その内訳は「2万円が会場や食事の費用、1万円がお祝い」とされているのです。

披露宴に出席してご祝儀も渡すのとは別に入籍祝いを贈る場合、新郎新婦の気持ちの負担にならない程度の金額が望ましいでしょう。目安としては2000~5000円程度です。

▽「ご祝儀」の関連記事はこちら
ご祝儀の相場って?職場・親戚・友人別相場額*少なめってアリ?

「兄弟」への入籍祝いの金額相場

入籍祝いの金額は血縁が濃くなるほど上がるといわれており、兄弟の場合は3万~10万円程度を贈ることが一般的です。ただし、贈る側が20代で収入が少ない場合は2万円程度でも良いとされています。

「先輩・上司」への入籍祝いの金額相場

贈る側の年齢によって3万~10万円程度です。

「部下」への入籍祝いの金額相場

贈る側の年齢により、2万~3万円程度が目安です。

「職場の同僚」への入籍祝いの金額相場

個人で贈る場合は2万~3万円程度です。他の同僚と連名で贈る場合は一人当たり数千円程度になる場合もあります。

人気プレゼントランキング10選

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む 続きをアプリで読む