2020.1.22

0 この記事をクリップ

結婚式で失敗しない「誓いの言葉」をするポイント5選

結婚式・基礎知識
結婚お役立ち情報
60 views
続きをアプリで読む

結婚式における誓いの言葉は、どんなスタイルの結婚式をするかによって、だれが誓いの言葉を読み上げるのかが変わります。例えば神前式では牧師様や神父様が読み上げてくれるので、新郎新婦は難しい言葉やスピーチを考える必要はありません。

しかし人前式となると、新郎新婦が工夫を凝らして誓いの言葉を考えて、短いスピーチを行うという流れとなります。

誓いの言葉の定義

神前式での結婚式においては、教会や結婚式場の側であらかじめテンプレートの誓いの言葉が準備されていることが多いものです。もちろん、新郎新婦のリクエストによってアレンジしてもらうことは可能ですが、牧師様や神父様が読み上げる言葉をそのまま使いたいという新郎新婦は少なくありません。
この場合、新郎と新婦の名前が誓いの言葉の文中に入りますが、全体的な流れはどの式場や教会でも大きく変わることはありません。

よく耳にする文例をあげると、神父様もしくは牧師様が

「(新郎)さん、あなたは(新婦)さんと妻とし、神の導きによって夫婦になろうとしています。汝、健やかなるときも、やめる時も、喜びの時も、悲しみの時も、富める時も貧しい時も、これを愛し、敬い、慰め合い、共に助け合い、そして命ある限り真心を尽くすことを誓いますか?」

という誓いの言葉を述べ、新郎が「はい、誓います」というものではないでしょうか。
ちなみにこの場合、最初は新郎向けの誓いの言葉を述べ、新郎が「はい、誓います」と誓った後には、新婦に向かって同じ文面で誓いの言葉を述べ、新婦がこれに対して「はい、誓います」という流れとなります。

難しいのは人前式における誓いの言葉

神前式の結婚式では誓いの言葉は大体お決まりの流れになっていて、読み上げるのは神父様や牧師様です。そのため、新郎新婦にとっては文面を考えたり誓いの言葉の構成を考える必要がなく、それほど精神的なプレシャーがかかることは少ないでしょう。

しかし人面式では誓いの言葉を述べるのは新郎新婦となるため、構成や言葉の選び方はすべて新郎新婦次第となります。結婚式における誓いの言葉と聞いても、具体的に何をどんな風に話せばよいのか全く分からない、という人は少なくありません。
失敗しない誓いの言葉を作るためには、どんな内容を盛り込んでどんな風にスピーチを構成すればよいのか、例文と共にご紹介していきます。

誓いの言葉の構成は、初めの挨拶をしてから二人の誓いを述べ、結びの言葉で締めくくる、という短いものです。最後にその日の日付と、新郎新婦の名前を付ければ完璧です。

オリジナリティという点ではイマイチですが、失敗しないベーシックな誓いの言葉の例文だと、

「本日、私たちは、ご列席くださった皆様の前で夫婦の誓いをいたします。これから、どんな時でも心を一つにして、希望に満ちた明るい家庭を二人で共に築いていくことを、皆様の前で誓います。
〇〇年〇〇月〇〇日 新郎XX、新婦XX」

となります。
基本的に、誓いの言葉は新郎と新婦が二人の言葉で述べればOKです。しかし、失敗しないため知っておくと便利な5つのポイントをご紹介しましょう。

▽人前式に関する記事はこちら

人前式は自由度が高くて人気!誓いの言葉は内容や演出にこだわってみましょう

ポイント1:誰に向けての誓いの言葉なのか?

人前式での結婚式における誓いの言葉は、誰に向けての誓いの言葉なのかによって文章や言葉の選び方などが変わります。大きく分けると、「新郎新婦がお互いに向けて誓うスタイル」と、「両親や友人など参列してくれたゲストに向けて誓うスタイル」とがあります。

新郎新婦がお互いに誓うスタイルでは二人が向き合って誓いの言葉を述べることになります。注意しないといけない点は言葉遣いです。仲の良い二人だからと言って、言葉遣いはカジュアルにしすぎず、丁寧な言葉を選ぶようにしましょう。
一方、ゲストに対して誓うスタイルでは新郎と新婦がゲストに向かって誓いの言葉を述べます。参列してくれた人へのお礼も込め、丁寧な言葉で誓いましょう。

ポイント2:読み上げ方

神前式の結婚式では、まず牧師様が誓いの言葉を読み上げ新郎がそれに対して「誓います」と誓い、次に牧師様が誓いの言葉を読み上げたら、次は新婦が「誓います」と誓うという順序となります。新郎と新婦が同時に言葉を発することはありません。

しかし人前式では、新郎と新婦がゲストに対して誓いの言葉を述べるスタイルの場合、二人で声をそろえて言葉を述べることができます。
例えば最初に新郎が1人で「本日、私たちは、ご列席くださった皆様の前で夫婦の誓いをいたします。」と述べたあと、二人で声をそろえて「これから、どんな時でも心を一つにして、希望に満ちた明るい家庭を二人で共に築いていくことを、皆様の前で誓います。」と述べます。
そしてその後、新郎が「〇〇年〇〇月〇〇日 新郎XX」、次に新婦が「新婦XX」と誓うというわけです。

人前式の結婚式においては、二人で声をそろえて誓いの言葉を読み上げる方法が人気です。
事前に何回か練習が必要になることは言うまでもありませんが、二人で息のあった誓いの言葉に仕上げることができればその先の結婚生活も阿吽の呼吸が期待できそうです。

ポイント3:2人らしさを演出する方法

結婚式での誓いの言葉の中には、新郎新婦らしいオリジナリティを盛り込んでもOKです。具体的にどんなオリジナリティを盛り込むのかは新郎新婦がお互いに話し合いながら決められるといいですね。
例えば将来の家族像を盛り込んだり、お互いにリクエストや希望がある場合も誓いの言葉の中に取り入れてもOKです。

近年人気が急上昇しているオリジナリティの出し方としては、二人の名前で「あいうえお作文」を作るというものがあります。
例えば新婦が「ゆい」という名前なら、

「ゆ」ゆかいで楽しい家庭を築くことを誓います
「い」いつまでも愛することを誓います

「ゆ」ゆかいで楽しい家庭を築き、
「い」いつまでも愛することを誓います。

という風に、一文ずつ作っても良いですし、あいうえお作文をつなげて一文にするのもOKです。

ポイント4:挙式のテーマや雰囲気と合ってる?

誓いの言葉の文面を考える際には、挙式のテーマや雰囲気と合わせると失敗しません。場所選びから式の流れなど、完全カスタムメイドでできる人前式の結婚式だからこそ、誓いの言葉でも式のテーマや雰囲気を盛り立てたいものです。

例えば、カジュアルな雰囲気の挙式にしたい時にはユーモアやジョークを誓いの言葉に盛り込めばOKですし、ゲストを感動させたい時には感動させる文面を誓いの言葉に持ってくると同時に、式場の雰囲気も洗練された演出にこだわると良いでしょう。

結婚式の雰囲気やテーマと少しぐらいそれてしまったからといって、誓いの言葉が失敗に終わるということはありません。
しかし雰囲気を盛り立てることができれば結婚式をさらに思い出深いものにできますし、大成功へと導けるのではないでしょうか。

ポイント5:ゲストの顔ぶれも考えよう

友人が多く参加する結婚式では、できるだけ楽しく笑いが多い結婚式にしたいという新郎新婦は少なくありません。誓いの言葉の中にジョークやユーモアを取り入れれば、神聖なイメージのある誓いの言葉でもゲストから笑いと祝福を獲得することができるでしょう。

ただし、ゲストの中には新郎新婦の両親もいるでしょうし、親族にはご年配の方もいるかもしれません。また、職場の上司が出席してくれていることもあるでしょう。
そのような時には、あまりふざけすぎずにビシッと決める所は真面目に真摯にまとめる姿勢を持つことも、結婚式を上手くまとめるコツです。

▽誓いの言葉について関連記事はこちら

友だちや両親の前でふたりの愛を誓う♡人前式での誓いの言葉が持つ意味って?

ちょっと変わった誓いの言葉

少し変わった誓いの言葉の中には、ゲストの前で新郎が新婦にもう一度プロポーズをするという演出があります。これは、感動的な結婚式にしたい人にはぜひおすすめの演出ではないでしょうか。
ただし、実際のプロポーズを完全再現する必要はありません。かと言って「結婚してください」「はい」というだけではゲストにとってはつまらないかもしれません。

そのためプロポーズ演出をする際には、新郎と新婦の掛け合いをゲストが楽しめるように構成を二人でよく考えてみると良いでしょう。
少しぐらい演技っぽくなっても、ロマンチックな結婚式なのですから誰も「そんな演技見たくない」なんて言わないはずです。二人で短い小芝居を作りそれを発表するつもりで誓いの言葉に臨むのもアリでしょう。

・かっこよく英語にするのはアリ?
近年では国際結婚が増えていて、結婚式にも外国語を取り込むスタイルが多くなっています。もしも新郎新婦が国際結婚組の場合や、ゲストも含めて英語が堪能な人が多いなら、誓いの言葉に英語を採用するというのも十分にアリでしょう。
もしも英語と日本語の両方で誓いの言葉を述べたいなら、最初に誓いの言葉を新郎か新婦のどちらかが英語で述べ、その後にもう一方が「和訳します。」と日本語で述べる、という方法も面白いかもしれません。

誓いの言葉から考える結婚式のスタイル

以前では結婚式というと神前式が一般的でしたが、近年では結婚式が多様化していて形式にとらわれない自由なスタイルの式が増えています。人前式も、そうした自由なスタイルを反映しやすい結婚式のスタイルの一つです。

新郎新婦がオリジナリティをだしながら自由に結婚式のスタイルを決めることができる人前式は、伝統的なしきたりなどにとらわれないという魅力があります。しかしその一方で、結婚式を伝統的な行事だと考えるゲストがいることも確かです。
人前式でもフォーマルな流れに則った式なら、そうした保守的なゲストにとっても受け入れてもらいやすいものですが、あまり自由度が高すぎて何かのイベントのように仕上がってしまうと、一部のゲストは理解できないという事態が起こりかねません。

もしも人前式の結婚式をする予定があり出席してくれるゲストには親戚の人や上司もいる場合には、あまり羽目を外し過ぎないように配慮することもまた、失敗しない結婚式に必要な心掛けです。

▽人前式の誓いの言葉についてはこちら

日本でも人気上昇中の人前式。世界で二人だけの誓いの言葉を

ウェディング診断
続きをアプリで読む 続きをアプリで読む