2017.10.26

0 この記事をクリップ

結婚準備のスケジュール*期間別でチェック☆《1年間編》

結婚式・基礎知識
adviser
2445 views
ウェディング診断

いざ、結婚準備!でも「いつ・なにから」はじめたらいいか分からない人のために、準備期間別の結婚準備ダンドリスケジュールを用意しました☆1年前からと半年前からの準備期間で、それぞれどんなスケジュールで、どんなメリットがあるのか、チェックしてみましょう!!

結婚準備期間別メリット《1年間・半年間》

結婚式場探しを考えると、挙式予定日から約1年~6ヶ月の時間があれば、余裕を持って準備することができます。結婚式の準備が本格的に忙しくなるのが、挙式3ヶ月前になるので、遅くても半年前には式場を探して決めておきたいところですね☆

*結婚準備期間1年間のメリット

◎人気の式場や季節は、予約が取りづらくなります。1年前から式場探しを動き出すことで、希望の式場や日取りを確保できる確立が高まります!手作りをがんばりたい花嫁は、その分時間が必要となるので、1年前からであれば余裕を持って取り組むことができます。

◎ただ、当日までの期間が長いため、間延びしたり結婚式への熱が下がってしまうことも…。別の式場が気になってしまうこともあるので、強いこだわりをもって結婚式場選びをすることをオススメします。

*結婚準備期間半年間のメリット

◎式場決定後から、本格的に準備に取り掛かるため、スピーディーに進められそうです!手作りやドレス選びに時間をかける必要がなければ、半年間でも十分に準備は可能です。

◎ただし、希望の式場や日取りが予約でいっぱいの可能性が高くなります。式場選びにも、あまり時間をかけられないので、候補をいろいろと用意しておいたほうがよさそうですね☆

 

1年間の結婚準備スケジュール

*12~9ヶ月前にやること

自分の両親への結婚報告

◎まずは、自分の口から親へ結婚することを伝えます。そこで、了承をきちんと得ておきましょう!

相手の両親への結婚挨拶

◎基本は、彼が彼女の両親へ挨拶に伺います。第一印象が大切なので、身だしなみを整え、服装はスーツで向かいましょう。彼女は、両親に挨拶へ行く旨を伝え、日程などのダンドリをつけておきます。また、両親の性格や現在の状況など、彼に事前情報を教えてあげてください。

 

親への挨拶で注意しておきたいポイントはコチラ▼

両親への結婚報告!相手の親にいい印象を与えるために知っておきたいマナーポイント

 

*8~6ヶ月前にやること

指輪を探す

◎結納・顔合わせに婚約指輪を披露する場合は、時期を逆算して用意しましょう。また、一緒にマリッジリングも検討しておくと、後半にバタつかないので安心です☆

婚約指輪にも種類がたくさん!知っておきたい基礎知識はコチラ▼

【婚約の証を形に】エンゲージリングの正しい選び方♡

両家顔合わせ・結納を行う

◎まず両家で顔合わせをします。その場で、結納式や結婚式の日程や場所について話しあいます。後日、結納を執り行います。

顔合わせについて詳しくはコチラ▼

顔合わせ食事会の段取り|事前準備やマナーを解説

 

次のページ
クリエイタープロフィール
adviser
結婚式のマナーや式場紹介
ウェディングアドバイザー
プラコレ
関連記事

人前式*誓いの言葉30選【基本~応用11パターン】

adviser
結婚式・基礎知識

【人前式】面白すぎ!演出アイデア30選*周りに差をつけたい花嫁必見

adviser
結婚式・基礎知識

【結婚式】人前式の承認演出4タイプ*ゲスト全員の祝福がもらえる!!

adviser
結婚式・基礎知識

ゲストに「良かったよ!」と言われたい☆人前式での感動演出6つをPICK UPしてみました♪

adviser
結婚式・基礎知識

人前式の感動演出♪オリジナルな人前式が作れる完璧マニュアル

公認プランナー
結婚式・基礎知識