2021.1.29

結婚挨拶におすすめの手土産8選!手土産の相場は?のしはつける?

結婚報告
結婚お役立ち情報
256 views
続きをアプリで読む

人気の手土産7選

【1位:焼き菓子】

日持ちのする焼き菓子が人気第1位です。
クッキーやマドレーヌ、パウンドケーキなど、
個別包装になっていて、家族みんなで分けられるものがおすすめです。
バームクーヘンは長寿を意味するので、縁起が良いと言われています。
相手の実家でもお茶菓子などを準備しているはずなので、
お菓子を持参してもその場でみんなで食べるとは限りません。
ですから、消費期限がその日限りの生菓子はおすすめできません。

焼き菓子ならば消費期限が長いので、
挨拶に行く1、2日前に購入しておくことができます。

【2位:和菓子】

親世代にウケが良いのが和菓子です。
甘いものが苦手なお父さんも、和菓子なら大丈夫なこともあります。
特に最中やどら焼きは、合わさっている形から縁起が良いと言われています。
切り分ける必要がなく、個別包装されているカステラや羊羹などもおすすめです。

とらやの羊羹や浅草舟和の芋ようかん、銀座あけぼののあられなど、
誰もが知っている老舗の和菓子店で選べば間違いないでしょう。

【3位:地元の名産品】

普段からよく食べていて、味が分かっているものを選べば説明できますし、
地元を紹介できるので、会話の糸口になります。
甘いものが苦手なご両親ならば、佃煮やちりめん山椒、お漬物などもいいでしょう。
お料理好きのご家庭ならば、地元の珍しい調味料や地元で
人気のレストランのディップソースなどもおすすめです。

ただし、二人の地元が同じならばおすすめできません。

【4位:お酒】

お酒が好きなご両親にはお酒を贈りましょう。
手に入りにくい銘酒やその土地に行かないと
手に入らない地元のお酒などを手土産にすれば、
「わざわざ手に入れてくれた」とポイントアップするはずです。
全国的にはあまり知られていなくても、
地元では評判のお酒を持っていくのもおすすめです。
ただし、お酒の好みは人それぞれなので、事前リサーチは欠かせません。

【5位:果物】

普段、自分では買わないような、
季節の高級フルーツがおすすめです。
1種類だけでもいいですが、いろいろ楽しめる詰め合わせフルーツも喜ばれます。
果物ならば年代を問わず楽しめるので、
祖父母と同居していたり、婚約者の兄弟姉妹の子供が同居していたりする場合でも、
喜ばれるでしょう。果物にアレルギーのある人もいるので、婚約者に聞いて確認しておけば安心です。

生の果物のほか、おしゃれで美味しい果物のコンフィチュールやコンポートもおすすめです。

【6位:お茶やコーヒー】

コーヒー、紅茶、緑茶や中国茶、フレーバーティーなどは日持ちがしますし、
軽いので持ち運ぶ負担が少ないうえ、
季節を選ばずに贈ることができます。
家族でくつろぎの時間を過ごしてほしいという思いを込めて贈りましょう。

ただし、お茶は「お茶を濁す」という忌み言葉につながるため、
縁起が良くないと思う人もいるようです。
ご両親がどんな方か分からない場合は、和菓子と一緒に持って行くとよいでしょう。

【7位:縁起物】
マナーに厳しいお宅なら、「よろこぶ」につながる昆布や
「めでたい」につながる鯛など、縁起物の良さを重視すると良いでしょう。

もちろん鯛や昆布をそのまま持って行くのではなく、
高級料亭や老舗専門店の塩昆布や昆布の佃煮、
鯛のお吸い物、鯛茶漬けなどの詰め合わせがおすすめです。

【8位:フラワーアレンジメント】

食べ物やドリンク以外で手土産を探したいならば、
フラワーアレンジメントがいいでしょう。
バスケットやボックスに生花をアレンジメントしてもらえば、
花束と違って花瓶に生ける手間が省けますし、長く楽しめます。
長く楽しめる点では、ブリザードフラワーのアレンジメントもおすすめです。
お花と紅茶など組み合わせてもおしゃれです。

相手のご両親の好みに合わせて贈ろう

お酒を飲まないご両親にお酒を贈っても喜ばれませんし、
甘いものが好きではない、または健康上の理由で甘いものを
控えているご両親にスイーツを贈っても、迷惑なだけです。
贈る相手の好みを、ある程度事前に知るようにしましょう。

手土産を購入する前に、彼または彼女に相談しましょう。
相手の好みに合わせて贈ると、
「ちゃんと自分たちのことを考えて選んでくれたんだ」という好印象を残せるでしょう。

NGな手土産は?熨斗(のし)はつけるべき?

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む