2020.3.29

夫婦円満の秘訣はコレ!結婚記念日にはプレゼントを贈りたい!人気や定番のアイテムは?

新生活
結婚お役立ち情報
67 views
続きをアプリで読む

結婚の約束をした二人は、結婚というゴールに向かって二人三脚で進みます。そのため、無事に披露宴が終わるとホッとするものです。しかし、本当の結婚生活は、結婚式がゴールではなく、そこがスタート地点となり、その後ずっと長い間続いていくものです。

長い結婚生活の中では、お互いに理解できずにケンカをしたり、相手の愛情に不安を感じる事があったりするかもしれません。そうした中でも夫婦円満でいるためには、年に一度やってくる結婚記念日には、お互いに相手への気持ちをプレゼントという形で伝えてみてはいかがでしょうか。

目次[]
  1. 結婚記念日はお互いの愛を再確認できる日
  2. 名前入りギフトは定番アイテム
  3. お祝いメッセージギフトは部屋のインテリアとして人気
  4. 夫から妻へのギフトはジュエリーも人気
  5. 花やスイーツのギフトも人気
  6. 結婚記念日のプレゼントの予算はいくらぐらいが目安?
  7. 食事vsギフト、どちらが人気?
  8. 特別な結婚記念日は覚えておこう
  9. 結婚記念日に二人だけのルールや習慣を作るのもアリ

結婚記念日はお互いの愛を再確認できる日

結婚記念日は、年に一回必ずやってきます。結婚生活においては、記念日をカウントダウンしながら毎日過ごすわけではないため、お互いに日々の生活で忙しいと、悪気はなくてもウッカリ記念日を忘れてしまうかもしれません。

そして、もしも自分が忘れていたとしても相手が覚えていたなら、気づかないうちに相手を傷つけてしまう事態に発展するかもしれません。そうならないように、年に一度の記念日は、忙しくても忘れないようにカレンダーに印をつけておく事をおすすめします。

結婚記念日は、二人にとって特別な日です。そのため、普段とは少し違うイベントを計画してみてはいかがでしょうか?平日の記念日だと、仕事が忙しくてゆっくり外食というのは難しいかもしれませんが、記念日にプレゼントを贈り合うという習慣なら、忙しくても続けられるのではないでしょうか。ここでは、結婚記念日にぜひ相手に送りたい人気アイテムや定番のアイテムをいくつかご紹介します。

▽記念日の贈り物に関する記事はこちら

結婚記念日には何を贈る?

名前入りギフトは定番アイテム

クリスマスや誕生日などのイベントは、お互いに欲しいモノを贈り合うというのが人気ですし、普段よりも高価なものを贈るというカップルが少なくありません。しかし結婚記念日には、夫婦の絆を感じられるようなアイテムを贈るのが人気です。

例えば、グラスや箸などのキッチングッズに、お互いの名前を入れたものをカスタムメイドで作るとか、名前を入れたペンや手帳カバーなども人気があります。

どんなアイテムに名前を入れるのが喜ばれるかという点ですが、普段からよく使うアイテムを選ぶと良いでしょう。例えば、タバコを吸う人ならライターに名前を入れるとか、手帳を手放せない人なら革素材の手帳の内側に名前を入れるのも喜ばれます。自宅で使えるアイテムなら、夫婦茶碗や夫婦箸、ワイングラスなどに名前を入れれば、二人の時間を満喫できるでしょう。

お祝いメッセージギフトは部屋のインテリアとして人気

普段はなかなか言葉にできない感謝の気持ちや、二人で共に人生を歩んでいくための教訓などをメッセージにしたメッセージギフトも人気があります。既製品のメッセージギフトを購入してフレームに入れて贈れば、部屋のインテリアとしても素敵ですし、そのメッセージを見る度にお互いの愛を再確認することができます。

もしも達筆で自信があるという人なら、毎年色紙を購入して、自分でメッセージを手書きするという方法もおすすめです。

既製品ではなくて自分が考えた文章でメッセージギフトを贈りたいけれど、筆跡に自信がないという人なら、ネットショップでメッセージの文章を書いてくれるサービスなどがあるので、利用してみてはいかがでしょうか。

メッセージギフトは、色紙などに書いてフレームに入れたり、マグカップやワインのラベルなどにしたりすることもできます。使い捨てではなく、長期間部屋のインテリアとして使えるようなものを選ぶのが、結婚記念日ギフトとしてはおすすめです。

夫から妻へのギフトはジュエリーも人気

夫から妻へのギフトとして人気のアイテムには、ジュエリーがあります。女性なら嫌いな人はほとんどいないジュエリーですが、結婚記念日として贈る場合には、結婚指輪や婚約指輪とセットで着用できるような素材やデザインのものを選んでも良いですし、プラチナとダイヤモンドにこだわるのも良いでしょう。

また、もしも妻が大好きなブランドのジュエリーがあるなら、そのブランドから素敵なアイテムをチョイスするのもアリです。

結婚記念日にジュエリーを贈る場合には、素材重視で長く使えるものを選ぶのがポイントです。流行のアイテムなどはできれば避けて、年齢を重ねてからも使えるようなアイテムを選びましょう。

花やスイーツのギフトも人気

結婚記念日のギフトには、お花のギフトも人気があります。花束を贈っても良いですし、お花を使ったフラワーアレンジメントを選ぶのも良いでしょう。お花のギフトを選ぶ際に注意したいのは、生花は1週間程度で枯れてしまうという点です。

事前にプリザーブドフラワーやドライフラワーなど長期間保存できるスタイルに加工されたものを贈るのか、生花を渡した後にプリザーブドフラワーやドライフラワーにするのか、それとも生花の美しさを1週間楽しんでから処分するのか、という点を事前に考えておく事です。

生花を渡してからプリザーブドフラワーにアレンジするためにショップに持ち込むという方法もありますが、コストがかかります。そのため、事前に素敵なプリザーブドフラワーを使ったフラワーアレンジメントを贈るという方法が、ギフトとしてはおすすめかもしれません。

結婚記念日のプレゼントとしては、長期間楽しめるアイテムが定番となっていますが、食べてなくなるスイーツも、実は高い人気があります。近年では、スイーツの宅配サービスがあるので、有名パティシエから取り寄せたスイーツを結婚記念日に二人でいただくとか、結婚した年のワインと合わせて、ロマンチックな時間を過ごすという方法もアリでしょう。

スイーツの種類とワインの種類などは、組み合わせによっていろいろな楽しみ方ができるので、二人で相談しながら決めても良いですし、夫から妻へのサプライズとして準備するのも素敵です。

結婚記念日のプレゼントの予算はいくらぐらいが目安?

結婚記念日のプレゼントは、手作りしたものを贈っても良いですし、ギフトを購入してももちろんOKです。いずれの場合にも、夫婦で話し合って家計を圧迫しすぎない範囲で贈り合うようにしましょう。気になる予算ですが、これは世帯の収入や結婚してどのぐらいの期間が経っているのかという点でも大きく異なります。

具体的に他の夫婦が毎年結婚記念日にどのぐらいの費用をかけているかという統計を見ると、5,000円以下は全体の3分の1、そして5,000円~1万円以内も3分の1で、半数以上の夫婦は結婚記念日のプレゼントは1万円以内に抑えています。
このぐらいの予算なら、お小遣いの中から捻出できますし、生活を圧迫することなくお互いに愛情と感謝の気持ちを伝えあうことができそうです。

ちなみに、特別な年数の結婚記念日には、結婚記念日に使う予算は結婚年数x1万円という考え方があります。もちろん、毎日の生活が大変でそんな予算はないという家庭は多いので、必ずしも守らなければいけないというわけではありません。

例えば、結婚10周年を祝うなら、予算は10万円ということになりますし、結婚20周年を祝うなら予算は20万円という計算となります。ただし、これはあくまでも目安なので、夫婦にとって捻出できる予算がその家庭にとって理想的な予算ではないでしょうか。

食事vsギフト、どちらが人気?

結婚して間もない夫婦なら、サプライズ的なギフトが喜ばれるかもしれません。しかし結婚生活が長くなると、夫婦それぞれ祝い方は変わってきます。サプライズが大好きという夫婦もいれば、サプライズよりも自分が欲しいものを買ってきてほしいという夫婦もいるでしょう。さらに、モノは自分の好みで選びたいから一緒に時間をとって食事に行きたいという夫婦もいます。

あれもこれもとするのは予算的にも時間的にもキツイという場合には、夫婦で話し合って食事にするのかギフトにするのかを決めると良いでしょう。結婚記念日にはこういう祝い方をしなければいけないというルールはありませんから、夫婦それぞれが満足できてお互いの愛を感じられるような祝い方なら、何でもOKです。

食事かギフト、どちらの祝い方をしている夫婦が多いのかという点ですが、グルナビウェディングが行った統計によると、一緒に食事をする夫婦は全体の60%程度となっています。モノではなくて食事、つまり夫婦の時間を楽しみたいという人が半数以上ということになります。

特別な結婚記念日は覚えておこう

結婚記念日は毎年やってくるものですが、結婚の年数によっては特別な意味を持つ年もあります。例えば結婚10年目は錫婚式と呼ばれていて、結婚記念日の中でも10年を共に過ごしたということで、スイートテンダイヤモンドを贈るのが人気です。また、20年目の結婚記念日は磁器婚式と呼ばれていて、磁器が入った茶碗や皿などを贈り合うのが定番です。

結婚の年数と記念日の呼び方については、結婚1年目から15年目までは毎年特別な呼び方があります。しかし、毎年特別なお祝い方をするのは大変ですから、夫婦で話し合いながら5年ごとに特別なお祝いをするとか、10年ごとに旅行に行くなど計画をしておくと、夫婦生活の中にも共通する目標や楽しみができるので、毎日がよりハリのある生活になるのではないでしょうか。

ちなみに、特別な結婚記念日としてよく知られている銀婚式や金婚式ですが、銀婚式は結婚25年目、金婚式は結婚50周年目ということになります。そして、結婚70年周年はプラチナ婚と呼ばれています。

▽記念ごとのプレゼントについてはこちら

結婚記念日の由来やおすすめプレゼントを知っておこう

結婚記念日に二人だけのルールや習慣を作るのもアリ

結婚記念日には、外食したりプレゼントを贈り合うのが定番となっていますが、二人だけでルールを作ったり、新しい習慣を始めるというのも、長い夫婦生活の中で絆を深めることができます。祝い方はいろいろあるので、夫婦ごとにピッタリの方法を模索すると良いでしょう。

▽旅行をプレゼントするならこちら

国内新婚旅行のおすすめスポットは?

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む