2020.3.29

入籍する前に決めておこう!婚姻届けで結婚後の本籍地を変更できる!

新生活
結婚お役立ち情報
33368 views
続きをアプリで読む

法的に結婚するためには、役所に婚姻届けを提出します。婚姻届は全国共通のフォーマットがあり、結婚する人の氏名や住所、本籍地などを記入するわけですが、この本籍地は、実は入籍のタイミングで変更できることはご存知ですか?

ここでは、入籍する前に決めておきたい本籍地の変更についてご紹介します。

目次[]
  1. そもそも本籍地って何?

そもそも本籍地って何?

日本には、戸籍というシステムがあります。戸籍は全国各地にあるいずれかの役所で保管されているわけですが、この保管されている場所を本籍地と呼びます。本籍地は、個人的な理由で自由に変更することができるため、結婚するタイミングで変更しなければ一生変更できないというものではありません。
しかし、入籍のタイミングで本籍を変更することができるので、パートナーと話し合って共に変更することが可能です。

本籍地がどこにあるかは、普段の生活の中では特に重要なことではありません。戸籍謄本や戸籍抄本を取り寄せる際には、本籍を保管している役所に問い合わせて取り寄せなければいけませんが、遠方からの申請に郵送で対応している所がほとんどなので、本籍地から遠く離れた所に住んでいるからといって、それほど不便を感じることはないでしょう。

本籍地は、住民票を取り寄せる時に本籍地として記載されたり、パスポートなどにも本籍地が記載されます。普段の生活においてはそれほどニーズが高い書類ではないため、基本的にはどこで保管していても問題はありませんし、現在住んでいる住所でなければいけないということもありません。

本籍はどこに変更する?

1 2 3 4
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む