2020.7.3

【戸籍謄本】とは?取り方・取り寄せ方法徹底解説!(取得方法~金額までの基礎知識)

入籍手続き
adviser
226782 views
続きをアプリで読む

目次[]
  1. 戸籍謄本とは?どんな場面で必要?
  2. 戸籍謄本が取れる場所
  3. 戸籍謄本の取得方法は3つ
  4. コンビニで、戸籍謄本を取得する方法
  5. 戸籍謄本の有効期限について

結婚の手続きで必要な場合がある戸籍謄本(こせきとうほん)は、婚姻届を提出する際、本籍のない市区町村役場に提出する人について戸籍謄本の提出を一緒に求められます。また、結婚後の諸変更手続きの中でも必要となる場合があります。耳慣れない証明書類でもある戸籍謄本はどこで、誰が、どのような手続きで取得することができるのでしょうか。また、郵送でも取得することができるのか?など、戸籍謄本の取り方についてご紹介します。

戸籍謄本とは?どんな場面で必要?

戸籍謄本とは

戸籍(こせき)とは、生まれたことや結婚したこと、亡くなったことまで個人の一生が記録されている身分証明書のこと。
戸籍は、夫婦とその子供、親子二代の身分関係を一つの単位として成り立っています。

戸籍には、以下の内容が掲載されています。

・氏名
・性別
・生年月日
・本籍地
・戸籍に入った年月日
・父母・養父母の氏名および続柄
・他の戸籍から入った人は元の戸籍
など

戸籍謄本が必要となるときの例

・婚姻届を本籍地以外の市区町村に提出時
・パスポート発行の申請時
・生命保険の請求時
・年金の受給開始時
・遺言書作成時
・相続手続き時
など

自分自身のことを証明する際や入籍をする際など、相続など家族関係の証明が必要なときに戸籍謄本は必要となります。
これらの必要な場面からみると、戸籍謄本とは、家族間の繋がりについて証明する必要がある際や申請者本人情報を証明する際にとても重要な書類なんです。

戸籍謄本が取れる場所

戸籍は、本籍を置いている住所地の市区町村役場で管理しています。従って、戸籍謄本の発行を請求できる場所は、本籍を置いている市区町村の役所や、地域によっては最寄りの行政サービスセンター、市民センターや各支所となります。

直接窓口へ行ったり、郵送で請求したり、代理人に依頼したりと取得方法は様々です。また、マイナンバー制度の個人番号カードを利用することで、最寄りのコンビニエンスストアで戸籍に関する証明書の発行ができる地域もあります。なお、都道府県では戸籍の管理を行っていないため都道府県庁では戸籍担当の窓口はありません。

戸籍謄本の取得方法は3つ

本人が窓口で直接取得

戸籍謄本は重要な個人情報であることから、本人による請求手続きが好ましいため、できるだけ自分自身が手続きを行いたいものです。戸籍謄本を発行することができるのは、本籍を置いている市区町村役場です。遠方であれば郵送による請求もできますが、最寄りであれば窓口へ出向いて請求手続きを行うほうがその場で発行されるため、取得日を確定しやすくなります。手続きに必要な申請書類は市区町村役場の窓口に用意されています。免許証などの顔写真付き本人確認書類や印鑑を持参しましょう。

代理人(親戚・知人)が窓口で取得(委任状が必要です)

戸籍謄本の請求は、必要に応じて代理人でも手続きを行うことができます。代理人として、本人や、その直系血族以外の人が戸籍謄本を窓口で取得する場合を指し、委任状と代理人の本人確認書類、印鑑が必要です。委任状は依頼者の自筆または押印が必要で、書式についてはダウンロードすることも、自分で作成することも可能です。委任状には、戸籍謄本の請求と受領について代理人に委任する旨を記載することとなっています。


【2021年最新】戸籍謄本は代理人にとってもらっても大丈夫?代理人が取得するときの基本ルール

郵送請求/取り寄せ

戸籍謄本は、本人や代理人が郵送で請求することが可能です。郵送申請のための書類がホームページからダウンロードできますが、書類を送付してもらうことも可能です。心配があるようであれば、戸籍謄本を請求する市区町村役場の担当課へ詳しく電話で問い合わせてみましょう。なお、委任状が不要である範囲は、窓口での請求と同じで本人や配偶者、その直系血族(父母、祖父母、孫)となり、それ以外の場合は委任状の同封が必要です。

コンビニで、戸籍謄本を取得する方法

コンビニで、戸籍謄本を取得出来る方法も
ご紹介させていただきます。

コンビニで戸籍謄本を取得するためには、
マイナンバーカードと手数料が必要ですので
こちらだけお忘れないように注意です!

①コンビニのマルチコピー機の「行政サービス」をタップ
②ご利用上の同意事項を確認して「同意する」をタップ
③マイナンバーカードを所定の読み取り位置にセットする
④どこの証明書を取得するかを選択
⑤暗証番号の入力
⑥カードをしまう
⑦必要な証明書を選択
⑧戸籍抄本か戸籍謄本かを選択

※コンビニでの戸籍謄本取得は、
対応している自治体としていない自治体があります。
対応していない自治体に本籍がある場合は利用することができません。
対応自治体は下記のサイトで
事前に確認するようにしましょう!

コンビニ対応の対応自治体をcheck!

本籍の住所や戸籍筆頭者が分からない場合

戸籍謄本の請求時には、本籍の住所、戸籍筆頭者の氏名とその人との続柄の記入が求められます。知らない場合や分からない場合には、まず家族に聞いてみて、メモを取ってから手続きへ出向きましょう。家族に聞いてもはっきり分からない場合には、現在住んでいる住所地の市区町村役場の窓口(戸籍謄本を扱う窓口と同じであることが多い)で本籍を表示した住民票を請求すると、戸籍謄本請求に必要な情報が記載されています。

住民票を請求すれば本籍地が分かります

役所側が発行する戸籍を検索する際にポイントとなるのは、本籍地と戸籍筆頭者の名前です本籍地と現在の住所が異なる人は多くいますので、本籍地が分からない場合には、住民票を請求することで本籍地と戸籍筆頭者名がわかります。ひと手間と発行手数料はかかりますが、問題を解決することができますので手順を覚えておきましょう。

戸籍謄本の有効期限について

戸籍謄本や抄本(写しを含む)は一般的に
有効期限は3か月とされていますが、
法律上の効力はありません。
戸籍謄本の利用目的によって
それぞれ有効期限・有効期間が定められており、
一般的には3か月です。

ただ、戸籍謄本が取得後何ヶ月以内のものが有効かについて、
法律上の決まりはありません。
取得後何ヶ月のものが有効かということは、
提出先や用途によって異なってきます。

提出先によっては取得から月数が経過したものでも
有効になる場合がありますが、
ほとんどの提出先で取得後3ヶ月以内のものであれば有効のため、
「戸籍謄本は3ヶ月以内のもの」と覚えておけば
こちらは問題ありません!
税務署に提出する場合のように
「相続開始から10日以降のもの」という特別な条件がついている場合もあるので、
提出先に確認してから取得するのが無難といえます。

戸籍謄本と戸籍抄本の違いについて

1 2
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む