2017.10.27

式場探しは何ヶ月前から?聞いて納得*12・6・3ヶ月の3パターン

結婚式・基礎知識
adviser
321 views

「結婚が決まったら、次は結婚式場探し!でもいったい何ヶ月前から探し始めたらいいの?」そんな新米プレ花必見!【じっくり】・【効率よくサクサク】・【最短で】~卒花の体験談からわかるベストなスタート期間をアドバイスします!

卒花体験談*結婚式場はいつから探す?みんなは何ヶ月前から?

約半数が6カ月前から式場探しをスタート

◆結婚準備はいつからスタートした?

  • 6ヶ月前 ・・・約5割
  • 1年前 ・・・約2.5割
  • 9ヶ月前 ・・・約2割

 

結婚式場の予約*半年前だと「効率よく結婚準備ができた!」

サクサク効率よく結婚準備を進めたいなら6ヶ月コースがおすすめ!

6ヶ月前に式場探しを始めた卒花の声は?

  • 時間に限りがあるのでかえってスケジュールを意識して進めることができた
  • 忙しかったけど短期集中でこなしたから負担に感じなかった
  • 準備期間に6ヶ月は十分だった

反対の意見は「もっと準備期間が欲しかった」 という声も。

多くの卒花が6ヶ月という期間は「効率よく進められた!」と感じているようです。

 

結婚式場の予約*1年前だと「希望の日程・会場で予約できた!」

人気の会場だと春・秋の土日祝日は、1年前でも埋まっていることが・・・!

1年前に式場探しを始めた卒花の声は?

  • 希望の日取りが選べた!これ以降だと埋まっていることが多かった
  • どの式場でも希望の日が空いていた
  • 余裕たっぷりで準備できた
  • たくさんの会場のブライダルフェア・会場見学ができた

反対に1年は長すぎたという声も。

  • 何でもじっくり考えることができたが、長すぎて中だるみしてしまった
  • 時間があるので逆に迷いに迷って決められなくて困った

 

結婚式の予約、最短ではどのくらい前?~最短3ヶ月は必要!

どんなに直近でも、希望の日さえ空いていれば予約は可能です。

でも結婚式には準備が必要!中でもゲストへの招待状は直前では困ります。

 

結婚式の何ヶ月前に招待状を発送すればいいのでしょう。2ヶ月前には発送しないと、失礼にあたることも!

準備も考えると、結婚式の予約は最短で3ヶ月前になります。

3ヶ月後の結婚式だと「お急ぎプラン」などお得なプランが利用できることも!

 

結婚式場の予約は何ヶ月前からするもの?最低半年前にはスタートして!

会場探しにかけた期間は?

  • 1ヶ月以内・・・4割
  • 2ヶ月以内2.5割
  • 3ヶ月以内1.5割

おすすめのパターン*

6ヶ月前から会場探しをスタートの場合 → 集中して会場見学をし、1ヶ月で決定

1年前から会場探しをスタートの場合  → じっくり会場見学をし、2~3ヶ月で決定

 

結婚式場の予約状況は?*1年以上前から入り始める

結婚式場では1年半前くらいから、予約を受け付けてくれます。2年前だとちょっと長すぎるようです。

予約は1年ちょっと前から入り始め、春・秋の休日から順に埋まっていきます。

早く埋まるのは・・・

  • 人気がある結婚式場
  • 春・秋の過ごしやすい季節
  • 土日、祭日
  • 大安、友引などお日柄がいい日

 

結婚式場予約(契約)までの流れ

1.式場の情報収集

結婚情報誌・結婚情報サイトや公式ホームページで情報収集を!

その他には・・・

  • 口コミサイトや体験談を参考にする人も
  • インスタグラムにもプレ花嫁の投稿がいっぱい!
  • farnyなど花嫁実例レポートもぜひ参考に!
  • ブライダルカウンターを利用すると短時間で結婚式場の情報がわかる

 

2.ふたりで結婚式のイメージを話し合う

ふたりが話し合うべきポイントは・・・

  • エリア・・・どこで結婚式をする?
  • 日取り・・・季節や日取りはどう考える?
  • ふたりが重視したいこと・・・「これだけは譲れない」こだわりポイントは?
  • ゲスト人数・・・式場見学の前にゲストをリストアップ
  • 挙式スタイル・・・【教会式】・【神前式】・【人前式】・【仏前式】の4つのうち、どのスタイルにする?
  • 披露宴会場のタイプ・・・【ホテル】・【専門式場】・【ゲストハウス】・【レストラン】など、ふたりにぴったりなのは?

両親の意向も確認しましょう。特に、招待するゲストや日取り、挙式スタイルについては相談しながら!

 

3.ブライダルフェア・会場見学に参加

ブライダルフェアに行ってみましょう!何件も見れば、ふたりのイメージが具体的になってきます。

ブライダルフェア・会場見学のコツ

  • webサイトから事前に予約が必要
  • 1件目で即決しない。できれば4件以上いく
  • ホテルやゲストハウスなどいろいろなタイプの結婚式場に行ってみる
  • 本命の結婚式場は最後に行く
  • 見積もりを比較して検討する
  • これはと思った本命の式場では契約前に価格交渉してみる

 

効率よいブライダルフェアの回り方*詳しくはコチラ▼

結婚式場の見学時間って?ブライダルフェアの種類と効率の良い回り方をレクチャー*

 

ブライダルフェアでの見積もりのもらい方の注意点*詳しくはコチラ▼

式場探しのポイント*先輩花嫁アドバイスと式場下見の攻略法

 

4.いよいよ契約(本予約)、ここは慎重に*

何件も見て、ベストの結婚式場に出会えたら、いよいよ契約!

予約金(手付金・内金)を支払って本予約します。

契約するとキャンセルに対しキャンセル料が発生するので、慎重に!

 

契約時に支払う予約金について

予約金の金額はいくら?

各会場で違いますが、5~20万円です。

結婚費用の一部に充当されます。

 

手付金と内金は意味が違う?

予約金は手付金・内金とも呼ばれます。意味を理解してトラブル回避!

手付金とは

正式契約のときに式場に預けるお金で、結婚費用の一部に充当されます。

万一契約後のキャンセルのときは、手付金は解約金として式場に支払うことになります。

 

内金とは

代金の一部を前払いすることで、こちらも結婚式費用に充当されます。

解約金という意味合いは無いため、キャンセル時には内金以上のキャンセル料を請求されることもあります。

不明点は式場スタッフに質問を!

 

無料で仮予約も可能

「式場を気に入ったけど、もう1件と比較したい」「家族の意見もきいてから決めたい」・・・

「でも、他の予約が入ったらどうしよう!」

そんなときは、仮予約をすると便利!

1週間程度、他の予約が入らないよう無料で仮押さえしてくれます。

 

キャンセル規定は必ず確認

契約前に、必ず確認しておきたいのがその会場のキャンセルに関する規定。

身内の不幸や、ゲスト人数の増加など、想定外のことが起こってまさかのキャンセルもありえる話です。

キャンセルの場合、いつから料金が発生するのか、いくらかかるのかを聞いておきましょう。

 

少額でも予約金を入れたら、正式申し込みに?

たとえ1,000円でも、式場にお金を支払うとそれが正式な契約とみなされることも。

よくわからないうちにいつの間にか契約になっていた、などということが無いよう、式場にお金を払うときは慎重に、よく確認してからにしましょう。

 

結婚準備スケジュール

前半は両親やふたりの間での調整が中心ですが、式場が決定して打ち合わせが始まると決めることが多くなり急に忙しくなります。

 

12~9ヶ月に前やるべきこと

◆自分の親への結婚報告

◆相手の親への結婚挨拶

◆顔合わせ・結納の相談

◆ブライダルフェア・式場見学はじめる

相手の親への挨拶、何に気を付けた?

  • 笑顔で明るく、ハキハキと
  • 事前にご両親が好きなことなどをリサーチして会話を円滑に
  • 交際中から顔見知りだったけど、挨拶はけじめなのできちんと

 

8~4ヶ月に前やるべきこと

◆会食など両家の顔合わせをする

◆結納

◆招待するゲストリスト作成

◆式場決定・予約

◆衣裳を決める

◆エンゲージリング・マリッジリングを注文する

◆手作りアイテムの作成

 

3ヶ月前にやるべきこと

◆招待状を作成する

◆二次会の会場と幹事を決める

◆料理・飲物を決める

◆ウェディングケーキを決める

◆映像作成を依頼する

◆ブライダルエステに通う

◆衣装が決まったら、ブーケを注文する

 

2ヶ月前にやるべきこと

◆招待状を送る

◆披露宴のプログラムを決める

◆披露宴の演出・BGMの決定

◆余興の依頼

◆司会者を決める

◆引き出物を決める

◆両家の費用負担について相談

 

1ヶ月前にやるべきこと

◆女性のヘアメイクリハーサル

◆招待状の返信を確認

◆挙式リハーサルをする

◆新郎挨拶(新婦の手紙)を考える

 

結婚式2週間前にやるべきこと

◆出席者の最終確認し、席次表の印刷手配をする

◆お心付け・お車代を準備する

◆自分たちで準備したムービーや手作りアイテムなどを事前に式場に搬入

◆ネイルサロンへ行く

◆持参物等をチェックする

 

結婚式後やるべきこと*できれば1ヶ月以内に~

◆結婚報告ハガキを送る

◆写真を焼き増しする

◆お祝い返しをする

 

【まとめ】式場探しは何ヶ月前からはじめるべき?

タイプ別☆式場探しの期間は~

【第一希望の会場・日取りを押さえたいあなたは】→1年前から結婚準備!

1年前から始めれば、ひとつひとつをじっくり考えて決められます!

理想のドレスに出会うまで探したり、ウェディングアイテムを手作りしたり、時間がないからとあきらめなくてすみますよ!

 

【サクサク効率よく結婚準備がしたいあなたは】→6ヶ月前から結婚準備!

スケジュールを組んで、てきぱきと結婚準備を進めるのに適しているのが「6ヶ月」。

最初の1ヶ月で式場決定、その後は月に2回くらいのペースで打ち合わせをするようなイメージです。

 

【最短で結婚式を挙げたいあなたは】→3ヶ月前がぎりぎり!

式場が準備している「お急ぎプラン」には、結婚式に必要なものが全てパッケージされています。

細かいこだわりがなければ、3ヶ月で準備はバッチリ!

価格がリーズナブルなのも魅力です。

 

式場見学をしたり、ドレスを決めたり、結婚準備はとても楽しい体験!

時間をかけてじっくり楽しむのも、短期集中でするのもあなた次第!

素敵なプレ花タイムをお過ごしください☆

 

【じっくり派】の結婚準備のスケジュール*詳しくはコチラ▼


結婚準備のスケジュール*期間別でチェック☆《1年間編》

 

結婚準備を始める前に、ぜひ知っておきたいお金の話*詳しくはコチラ▼


結婚式の種類で費用は変わる?プレ花必見*結婚式のお金の話

クリエイタープロフィール
adviser
結婚式のマナーや式場紹介
ウェディングアドバイザー
プラコレ
関連記事

挙式・人前式が大成功する演出アイデア33選♡オリジナル&面白い&感動の実例集*

adviser
挙式

人前式*誓いの言葉30選【基本~応用11パターン】

adviser
結婚式・基礎知識

可愛すぎる!簡単手作りウェルカムボード45選*格安にDIYできる作り方手順と材料

adviser
手作りDIY

不器用さんでも簡単手作り!席札アイデア&作り方【事例40】ゲストに褒められるアイデア集*

adviser
手作りDIY

【人前式】面白すぎ!演出アイデア30選*周りに差をつけたい花嫁必見

adviser
結婚式・基礎知識