2017.10.4

結婚式場の選び方*失敗しないポイントと基礎知識

結婚式・基礎知識
adviser
635 views

結婚式場選びは結婚が決まったカップルの重要な問題。ふたりの理想の結婚式を成功させるために、結婚式場の選び方は大切な要素ですよね!「一生に一度の結婚式だから、絶対後悔したくない!」。そんなあなたのために結婚式場の選び方ガイドをご提案します♪

結婚式場の選び方とポイント

ふたりが最も重視したいことは?他の花嫁が重視したことは?

式場選びの決め手となるのは、ふたりが考える結婚式の条件。「友達とわいわい楽しめるガーデンウェディングなんて素敵!」「上司や親戚も呼ぶから、高級感のある結婚式場がいいな」など、ふたりには理想の結婚式場のイメージがありますよね。まずは「ここだけは譲りたくない!」というポイントを決めると、結婚式場選びがスムーズに進みます♪

では、先輩花嫁は結婚式場を選ぶとき、何を重視したのでしょう。

1位 結婚式場の雰囲気が素敵

ふたりが「ぜひここで結婚式をしたい」と思えることが大切ですよね。「家族・親族とアットホームな結婚式」「リゾート感のある開放的な結婚式」などふたりのイメージに合っていることが一番重視されているようです。

2位 ロケーション・アクセスがいい

「ゲストが出席しやすいように結婚式場が駅から近い方がいい」「駅から結婚式場まで送迎サービスがある」「結婚式場が自宅から近いと打ち合わせに行くのに便利」なども大事なポイントです。また、海辺の結婚式場、絶景の結婚式場など、非日常が味わえる立地に魅力を感じることもあるでしょう。

3位 コストパフォーマンスがいい

結婚式にどんなに憧れやこだわりがあっても、予算オーバーでは困りますよね。内容と予算のバランスは大切です。また、同じサービスなら、リーズナブルな方がいいに決まっています。みんな結婚式場を比較・検討して賢く選んでいるようです。

4位 料理が美味しい

美味しい料理でゲストを喜ばせたい!」と思うカップルは多いようです。一般的にレストランウェディングは料理のクオリティーが高いとされています。レストランウェディング以外の結婚式場でも試食付きのブライダルフェアがあるので、ぜひ参加してみるといいですね。

5位 スタッフの対応の良さ

ゲストが心から楽しめる結婚式にするためには、感じのいい結婚式場のスタッフが欠かせません。ホテルのスタッフはサービスのプロなので、心強いですね。専門式場のスタッフも、結婚式に精通しているので、安心感があります。事前に確かめるには、ブライダルフェアに参加したり、レストランなら食事に行ってみるのもひとつの方法ですね。

「選び方」の前にまず知っておきたい結婚式場のスタイル*6タイプ

1.格式が高く行き届いたサービスの【ホテルウェディング】

ザ・リッツ・カールトン大阪,披露宴

▼詳しくはコチラ▼

希少な色打掛や会場コーディネート*こだわりを叶えた大人婚の披露宴

「ジョーマローン」をテーマに、「モノトーン+リッツブルー」をテーマカラーにしたコーディネートで、ザ・リッツ・カールトン大阪にて披露宴を行いました。幻想的な光の演出「ムービングライト」や日本に一枚しか無い色打掛を着用しての登場、そして踊りに踊った余興。花嫁の手紙をまさかのぎりぎり当日に書いたり、可愛いフォトプロップスを使って撮影したりと、演出が盛りだくさんのアットホームで楽しい披露宴になりました。

格式が高く、ご年配のゲストにも好評なのがホテルでの結婚式。豪華なインテリアや広々とした優雅さあふれる空間はホテルならでは。また、ホテルのスタッフはおもてなしのプロ、ゲストにも行き届いたサービスが期待できます。遠方からのゲストが結婚式の前後、館内でゆっくりしたり、宿泊できるのもうれしいポイント。

 

2.婚礼の設備が充実*【専門結婚式場】

披露宴

▼詳しくはコチラ▼

アニヴェルセルみなとみらい横浜で披露宴*こだわりの演出をご紹介♡

アニヴェルセルみなとみらい横浜で披露宴を行いました♪会場の細かいところまでこだわった雰囲気作りや、プロジェクションマッピングを始めゲストに喜んでもらうための演出、当日に撮ってもらったウェディングフォトなど、全て大満足な披露宴となりました♡

結婚式専門の施設なので、本格的なチャペルや神殿があり、ブライズルームや控え室、フォトスタジオなど、婚礼に必要な設備が全て整っています。ウェディングの専門知識を持ったスタッフがいるので、結婚式の最新のトレンドを取り入れた演出や、マナーやしきたりに関することも安心して相談できそうですね!

 

3.豪華な邸宅をまるごと貸し切りできる【ゲストハウスウェディング】

結婚式テーマに合わせてハワイのシャカポーズ

▼詳しくはコチラ▼

テーマの「Hawaiian&Rock ‘n’ roll」に沿った披露宴演出レポ*

「THE LINES(ザ・ラインズ)」での、お色直し中座までの披露宴前半レポです。まずはプロ顔負けのクオリティである、夫の知人作のオープニングムービーを会場に流しました。会場への入場は、ふたり同時ではなく、2つある扉から1つずつ、ふたりがバラバラに入場☆そして、挨拶、乾杯、ケーキカットと進行…。ケーキカットは最高に盛り上がった瞬間です♪中座での退場後、お色直しで再入場までは友人作のムービーを流しました。ここまでが披露宴前半になります。

庭園やプールが付いた邸宅を1軒まるごと貸し切って結婚式ができます。まるでゲストを我が家に招待したように、アットホームでプライベート感のある結婚式が叶います。室内だけでなく敷地全体を自分達の好みにコーディネートしたり、ガーデンやプールサイドでのリゾート感あふれる演出も思いのまま。自由度が高いのが特徴です。

 

4.個性的でアットホームな結婚式がかなう【レストランウェディング】

レセプションハウスラファエル,披露宴

▼詳しくはコチラ▼

レセプションハウスラファエル*「ナチュラル」を極めたウェディング!

レセプションハウスラファエルで「ナチュラル」をテーマに、披露宴パーティーを行いました。パーティーが開催されたレストランの入口は1番お気に入りのフォトブースに☆柔らかいイメージの草花を置いて、チュールとグリーンでウェディングアーチを作りました♪テーブル装花やブーケまでこだわり抜いて、ナチュラルを詰め込んだ私好みの仕上がりにしてもらいました!ナチュラル好きの方は必見レポです♡

「美味しい料理でもてなしたい」、「アットホームな結婚式がしたい」、そんなカップルにはレストランウェディングがおすすめです。過剰な演出がない分、費用が安く抑えられることも。ゲストと近い距離でアットホームな雰囲気を楽しむことができます。自由度が高く、個性的でカジュアルな結婚式が叶います。最近では控室やブライズルームを備えたレストランもあります。

 

5.日本古来の挙式スタイル【神社挙式】

明治神宮,神前式

▼詳しくはコチラ▼

明治神宮での格式高い神前式は祝福の雨の中で・・・♡

挙式は明治神宮で和装での神前式と、バリ島での挙式と2回行い、先に神前式をしました。神前式はあいにくの雨模様の一日でしたが、雨が全く気にならないほど素晴らしい挙式を叶えることができて大満足です。それに雨には『天から幸せが降り注ぐ』という意味もあり、実は縁起が良いんです。こちらでは神前式の模様をレポしていきます!

「厳かな雰囲気の中、格式高い挙式ができた」「居合わせた参拝者にも結婚を祝ってもらえてうれしかった」など、神社挙式ならではの魅力があります。背筋が伸びるような凛とした空気の中で執り行う挙式は、ここでしか体験できないもの。また、和装が楽しめるのも人気のポイントです。神社では和装がいっそう映え、花嫁を美しく見せます。

6.とっておきのおもてなしができる【料亭】

しっとりと落ち着いた空間で、美味しい料理とゆったりした会話が楽しめる、自分たちらしい結婚式が叶います。派手な結婚式を挙げたくないカップルや、ごく親しい少人数のゲストをもてなしたい場合にもおすすめです。

結婚式場を選びに行く前にふたりで決めておくことをピックアップ!

結婚式の式場選びは、見学に行ったり、結婚式場が開催するブライダルフェアに参加するのがおすすめです*

でもその前に、次の項目だけはふたりで相談して、決めておきましょう!

ゲストをリストアップして人数をだそう

結婚式場を選ぶときはゲストの人数は重要なポイントになります。招待したいゲスト人数が収容できる結婚式場かどうかも判断の基準に!

ゲスト人数が多いと結婚式の費用も多くかかりますが、その分ご祝儀も増えるので、かえって人数が多い方がトータルの支出を抑えられるケースもあります。

招待したいゲストの範囲はどこまで?

呼ぶのは親族・知人だけ?それとも職場の同僚も?友達中心?それによって結婚式全体の雰囲気も演出も変わってきます。ふたりのゲストの層があまりにも違うと、一方のゲストには楽しんでもらえなかったなどということもあるので、ふたりで話し合っておきましょう。

ゲストのリストアップのコツ

頭を悩ませてしまうゲストのリストアップ。いったいどうしたらいいのでしょう。

まずは親族や会社の上司、お世話になっている人など、「必ず呼ぶべき人」からリストアップしてみましょう。親族に関しては、ふたりではわからないこともあるので、必ずご両親にも相談を!

次に「呼びたい人」をピックアップ。これからも長くお付き合いしたい人、友人、同僚など。

この時点ではおおよそでかまいません!でも、なるべく早く確定させた方が、結婚準備が円滑に進みますよ♪

もし新郎と新婦でゲストの人数に差があったら?両家さえ気にしなければ、特に問題ないという認識が一般的です。一方のゲストが遠方からの出席というケースなど、ある程度の差があるのは仕方ないことです。披露宴の席の位置を工夫したりして、不自然にならないよう演出することもできます。

結婚式の予算と上限を計算しよう

結婚式場を比較・検討するために大切なのが、ふたりの予算です。予算は、次の3つの金額を合計したものになります。

 

ふたりの貯金

新婚旅行や新生活にかかる費用も考慮して、無理の無い金額にしましょう。

両親や親族からの援助

ふたりのご両親や親族から、結婚費用を援助していただける場合もあるでしょう。まずは相談してみましょう

ゲストからいただくご祝儀

結婚式当日、ゲストからいただくご祝儀も予算に計算します。いただく金額はまちまちですが、平均相場としてひとり3万円で計算してみましょう。

 

この他にブライダルローンという選択肢も!結婚後の生活に影響するので、慎重に検討しましょう。

 

どんな結婚式にしたい?結婚式のテーマを決めよう

結婚式場を選ぶ前に必ず決めておきたいのが「結婚式のテーマ」。全体的にどんなテイストの結婚式にしたいかを決めておけば、結婚式場を選ぶときの判断基準になります。では、テーマはどう決めればいいのでしょう?

ふたりの好きな色をテーマに

ALICE IN TAKAMATSU,披露宴

▼詳しくはコチラ▼

イエロー&グレーがテーマ*会場装飾からケーキまで全てテーマカラー統一!

「ALICE IN TAKAMATSU」を結婚式会場に選んだ一番の理由はやはり景色!地上151mという高さから見る景色は最高です!県外からのゲストも招待していたので、駅から近いということもポイントでした!私たちは結婚式のテーマを「イエロー&グレー」に決めていて、高砂やゲストテーブルなどの会場装飾やウェディングケーキに至るまですべてテーマカラーに!想像以上に可愛い会場コーディネートに大満足でした!

一番イメージしやすいのがテーマカラーを決めることです。このとき大切なのは、カラーに雰囲気をプラスして決めること*例えば、同じピンクでも、「キャンディーみたいに可愛らしいピンク」と「大人っぽいシックなピンク」では全く違ったイメージになります。

一番重視したいことをテーマに

ラリアンス,披露宴,神前式

▼詳しくはコチラ▼

誰も見たことないウェディングをテーマに!こだわりの演出もご紹介*

湯島天満宮での神前式、フレンチレストラン「L’Alliance(ラリアンス)」での披露宴についてレポします!挙式と披露宴で特にこだわったこと、それは”誰も見たことないウェディング”でした!挙式では三々九度を全員で!披露宴ではダンスを取り入れた入場や中座、生ハムカットの演出、ファーストミートまで♡他にもたくさんサプライズを盛り込みました。

「会場の雰囲気と料理でゲストをもてなしたい」「ゲスト参加型の楽しい結婚式にしたい」「両親に感謝を伝えたい」など、一番こだわりたい点をテーマにすると、やりたいことも見えてくるかも♪

ふたりの趣味や好きなことをテーマに

studio couleurs 3st,演出

▼詳しくはコチラ▼

studio couleurs 3stで叶えたイギリスのアフタヌーンティビュッフェ♡

私たちはstudio couleurs 3stにて1.5次会を行いました。ちょうどアフタヌーンティの時間にビュッフェスタイルで、私たちの「好き」を盛り込んだ演出です!テーマの「イギリス」に合わせて私が好きだったお菓子や、好みの手作りのお菓子も揃えて最高にかわいく、楽しい大満足の1日でした!こだわったところやかわいいお菓子たちをレポートします♪

マりンスポーツが好きなふたりなら海のイメージで…。音楽が好きなふたりなら楽器をモチーフに…。など、好きなことをテーマにしてみては?

知ってた?結婚式のスタイルはこんなにある!

一般的に結婚式は、婚姻の儀式である「挙式」と、お披露目のための宴会「披露宴」で構成され、さらにカジュアルなパーティー「二次会」をおこなうこともあります。

挙式のスタイルは次の4つがあります。

キリスト教の教会で神に結婚を誓う「教会式」

教会は挙式後も記念日などに戻ってきて一緒に過ごしたい場所

▼詳しくはコチラ▼

家族挙式で両親参加型のキャンドルセレモニー!教会式の伝統が織りなす演出に大感動

入籍をしてから1年が経ちました。私たちを温かく見守ってくれた家族の気持ちと絆に感謝の気持ちを込めて、結婚式にはお互いの家族だけを招いて挙げると決めていました。私たちらしい家族挙式の会場として選んだのが、南青山ルアンジェ教会です。木の温かみと柔らかな光に包まれた雰囲気が本当に素敵!大理石のバージンロードにも優しい美しさがあります。会場と同様に温かい雰囲気の中で行われたキャンドルセレモニーなど、私たちの家族挙式の様子をレポートします♪

神社・神殿で神様にふたりの結婚を報告する「神前式」

白無垢での神前式は湯島天満宮*厳かなセレモニーに感動のひととき

▼詳しくはコチラ▼

白無垢での神前式は湯島天満宮*厳かなセレモニーに感動のひととき

和装での結婚式ということで、「湯島天満宮」での神前式を選びました。披露宴会場との提携神社だったので、スムーズに準備を進めることができました。友人たちの中でも神前式をした人はいなかったので、みんな珍しがって喜んでくれ、両親や親戚にも好評だったので、神前式にして良かったです。「湯島天満宮」のロケーションも最高でした!

宗教にとらわれず、自由な場所・形式で行い、参列者全員が結婚の証人になる「人前式」 

ヴィラアンジェリカMATSUMOTO,人前式

▼詳しくはコチラ▼

真っ白なチャペルに真っ白のバージンロードで感動的な人前式☆

「ヴィラアンジェリカMATSUMOTO」での人前式。真っ白いチャペルはバージンロードも壁も壇上もすべて白!!天井も高くて開放感たっぷり。長い長いバージンロードは親子で歩きながらたくさんの思い出を振り返る、とてもいい距離でした。新郎からのダーズンローズのセレモニーは新郎が思わず涙を流すというサプライズもありましたが、とても素敵な人前式に会場全体が一体となって感動に包まれた瞬間でした。

他にも仏様とご先祖様に結婚の報告をする「仏前式」があります。そして結婚式のスタイルにもさまざまなバリエーションがあります。ふたりで相談して、どんなスタイルの結婚式にしたいか決めましょう!

挙式+披露宴

一番シンプルでスタンダードなスタイルです。

挙式+披露宴+二次会

披露宴を二部制にしたスタイルです。親族や知人を中心に式を挙げ、そののち親しい友人を招いてカジュアルな二次会パーティーを!

挙式+会食+お披露目パーティー

親族を中心に挙式と会食をおこない、日を改めて友人・知人を招いてお披露目パーティーをおこなうスタイルです。

挙式+会費制パーティー

お披露目パーティーをアットホームな会費制に。海外挙式を挙げたカップルが帰国後会費制パーティーを開くことも。

挙式のみ

親族や親しい友人が参列する挙式のみを行います。

挙式+1.5次会

1.5次会は披露宴と二次会の中間のパーティーのことです。披露宴ほど格式ばらず、二次会ほどはカジュアルじゃないパーティーでフルコース、ビュッフェ、立食などさまざまなスタイルがあります。

海外ウェディング

家族旅行を兼ね、海外で家族と挙式を挙げます。家族で過ごす貴重な時間は一生の想い出に… また、ふたりだけの海外ウェディングを選択するカップルも。

平日に行うナイトウェディング

平日に挙式と披露宴を行うナイトウェディングは仕事で忙しいカップルに人気です!夜ならではの光の演出ができたり、会場によってはお得なナイトウェディングプランがあることも。

フォトウェディング

結婚式を挙げず、記念写真だけを残すスタイル。ロケーションやスタジオなど、撮影場所が選べるだけでなく、家族や友達、ペットとも素敵な写真が残せると人気なのがフォトウェディング。新婚旅行を兼ねて海外やリゾートで行うこともあります。

そのほかに愛する子供たちと一緒に結婚式を挙げる「ファミリーウェディング」や、妊娠後におなかのベイビーとともに結婚式を挙げる「マタニティーウェディング」など、結婚式のスタイルは選択肢が広がってきています。自分たちらしいスタイルを見つけましょう。

ふたりのテーマから選ぶ*結婚式場のタイプ

どんな場所で結婚式がしたいか、ふたりが重視したいポイントやウェディングテーマに沿って考えてみましょう!例えば…

人気の【専門結婚式場】でのスタンダードな結婚式

婚礼のプロ集団ともいえる専門式場。設備が充実している上に、移動の導線まで考慮されており、どのゲストにもストレスなく楽しんでもらえる結婚式ができそうですね。

【ホテル】の豪華な披露宴会場でのパーティー

ホテルはホスピタリティーが充実しているので、結婚式の前後もゆったり過ごすことができ、高齢のゲストが多いときなどは安心です。

おしゃれな【ゲストハウス】でアイデアいっぱいの自由なパーティー

ふたりの企画を全部実現できるのがゲストハウスでの結婚式。豪華な邸宅全体を思いのままにコーディネートすることができます。ガーデンやプールサイドなど自由に使って印象的なパーティーができそうですね。

【レストラン】を貸しきって美味しい料理を堪能する和やかなパーティー

ゲストひとりひとりに感謝を伝えるアットホームな結婚式が叶うレストランウェディング。記念日にふたりで食事にいけるのもうれしいですね。

日本の伝統にのっとった厳かな【和婚】

日本古来の美意識と文化に則った「和婚」。白無垢に憧れる花嫁も多いはず!厳かな空気、気品のある空気がゲストにも感動を与えます。
もしイメージがわかなかったら、違うタイプの結婚式場を見学してみるのもひとつの方法です。

「お日柄」については両親にも相談してみよう

「大安」「仏滅」など、聞いたことがありますよね。「六輝」ともいい、中国から伝わった日にちの吉凶を占うものです。おめでたい結婚式は、縁起の良い「大安」などに執り行うのが良いとされてきました。

縁起の良い日に結婚式を挙げたい

結婚式を挙げるのは春、秋といった過ごしやすい季節が人気です。休日の「大安」ともなると早くから予約で埋まってしまいます。季節や「大安」にこだわるなら、1年くらい前から結婚式場選びをスタートさせましょう。

六輝にこだわらない

「六輝」や時期にこだわらないならば、あえて吉日をはずした方が、ゆったりと落ち着いた結婚式が挙げられるかもしれません。真夏や真冬、仏滅などは、お得なプランがあることも!

20~30代は気にしない人も増えてきた「六輝」ですが、親世代以上ではまだまだ気にする人も多いのが事実です。「六輝」を気にするか、気にしないかはふたりだけでなく、ご両親の意見も聞いてみましょう

ふたりで決めた結婚式選びの条件の優先順位を決めておくのがポイント

結婚式場には、設備や費用の面など、それぞれの魅力があります。特に条件を決めずに選びはじめると、「こっちも素敵、あっちもいいな」と悩んでしまって決められなくなることも。また、雰囲気だけで選んでしまい、後悔することもあるかも知れません。

失敗しないためには、ふたりが話し合った結婚式選びの条件の優先順位を決めておくことが大切です。

  1. 「ガーデンウェディングをテーマに」
  2. 「スタイルは人前式+カジュアルなパーティー」
  3. 「予算内でおさめたい」

というふうに、優先順位を決めておくと比較する結婚式場もしぼられ、検討しやすくなります!

結婚式場選びは1年前からはじめるのがベスト

人気の式場だと、春・秋など過ごしやすい季節の大安吉日は、予約が集中するため、希望の日がとれないことも。何件か見学に行き、比較・検討する時間も考慮して、1年前から始めるのがいいでしょう。

結婚準備は決めることがたくさんあり、まだまだ先と思っていてもあっという間に時間がたってしまうものです。時間があれば手作りのウェディングアイテムなど、準備を楽しむこともできます。準備不足で理想の結婚式が挙げられないとあとあと悔やまれるもの。納得のいく結婚式にするためにも、ゆとりを持って進めましょう。

どうしても急いで結婚式を挙げたい場合は、最低3ヶ月くらいの準備期間で挙げられることもあります。結婚式場が準備している「お急ぎ婚プラン」を探してみましょう。プランに必要なものは全部入っていることも多く、リーズナブルにすむケースもあります。

選び方のコツは*最低2~3件はブライダルフェアに行こう!

結婚式場の選び方ではずせないのが「ブライダルフェア」。ふたりの結婚式のイメージがかたまったところで、いよいよ次は結婚式場の下見に行ってみましょう!1件だけではなく、少なくとも2~3件はいくのがコツです。

  • 何件も行くと相場がわかり、見積もり金額の比較もスムーズ
  • こだわりが叶えられる結婚式場を探せる
  • 実際に行くと、アクセスや、設備、スタッフの対応などがわかる

結婚式場が週末に企画する「ブライダルフェア」に参加するのがおすすめ!本番さながらの模擬挙式や模擬披露宴、無料試食やドレス試着などが体験できるお得なイベントです。ブライダルプランナーにプランや見積もりの相談をすることもできます。「ブライダルフェア」を予約するだけで特典がつくお得なプランもあるので、お見逃し無く!

ふたりの日程が合わず「ブライダルフェア」に参加できない場合も、結婚式場に問い合わせれば見学することができます。複数の結婚式場を見学して、比較してみましょう!

ブライダルフェアに行くときの準備物は?

持って行くもの

これが基本の3アイテム!

カメラ(ケータイでOK!)

後から見直して比較・検討できるよう、挙式会場・会場コーディネート・料理などの写真を撮っておくと便利です。

筆記具

気になったことはその場でメモしましょう!

A4サイズが入るバッグ

結婚式場でもらうパンフレットは案外かさばるものです。エコバッグなどあるといいでしょう。

ドレス試着があるブライダルフェアの場合は、次のものも準備しましょう。

ヘアゴム

ドレス試着時に髪をまとめられるよう、ヘアゴムやクリップを持参しましょう。

ストッキング

ドレスに合わせてハイヒールを履くときのために、ストッキングを用意。ソックスタイプでもいいでしょう。

ベアトップブラ

ドレスは肩や背中が開いたデザインが多いので、ベアトップブラがおすすめです。

ブライダルフェアに行くときの服装<女性の場合>

会場の雰囲気にあった服装がGOOD!

ホテルなら少し改まった装いで、レストランなら柔らかい雰囲気の装いで、という風に下見にいく結婚式場に合わせた服装で行きましょう。

ショートパンツやミニスカート、肩など露出が多いものはNG!

式場をバックにふたりの写真を撮ったりするときも、マッチした服装だといい写真が撮れそうですよね!

歩きやすい靴

大きな結婚式場だと意外に移動が多いもの。ヒールのない歩きやすい靴で参加しましょう。

脱いだり着たりしやすい服装

ドレスの試着があるときは、脱ぎ着しやすい服がおすすめです。背中にファスナーがあったり、伸縮性のない服は避けましょう。簡単なヘアセットをしてもらえる場合もあるので、ヘアスタイルをくずさないように前開きのトップスがいいでしょう。

下着は、肩や背中が開いたデザインのドレスを試着する際は、肩ひものないベアトップブラがおすすめです!着替えは女性スタッフが手伝ってくれるので、見られても恥ずかしくないようにしておきましょう。

体温調節できる服装

屋内と屋外を行き来したりすることもあるので、はおりものがあると便利です。

ブライダルフェアに行くときの服装は?<男性の場合>

カジュアル過ぎる服装はNG

ショートパンツやダメージジーンズなどカジュアルすぎる服装はNG!スエットやサンダルもやめておきましょう。その場にそぐわない服装で参加したために浮いてしまって、居心地が悪い思いをするのは避けたいですよね。

ホテルなど格式ある式場の場合は、ジャケットを着用しましょう!ネクタイまでは必要ありませんが、襟付きのシャツがおすすめです。

高級レストランの場合はホテル同様、きちんとしたファッションがいいでしょう。カジュアルレストランならば少し崩してもOK!

清潔感を大切に

誰からも好感をもたれる清潔感のある服装を心がけましょう。無精ひげ、寝ぐせはNG!汚れたスニーカーや着古したTシャツもやめておきましょう。

結婚式場の選び方チェックシート

結婚式場に見学に行くと、慣れない雰囲気に舞い上がってしまって、冷静にチェックできないということもありがちです。しかも何件も見学にいくと、時間がたつにつれ忘れてしまったりすることも。そんなときはこのチェックシートを使うと便利です!チェック漏れを防ぎ、後からでも冷静に比較・検討できますよ!

 

「結婚式場の選び方*チェックシート」のダウンロードはコチラから▼
結婚式場の選び方チェックシート.pdf

情報収集で差が付く結婚準備!?

付箋を貼って結婚式場をピックアップ!【結婚情報誌】

結婚式の基礎知識から裏話まで楽しく読める結婚情報誌。写真がきれいなのでヘアスタイルやブーケなどファッションを参考にする人もいるようです。後半の式場紹介は会場の絞込みをするのに案外実用的だとか。「毎月続けて読むと飽きてくる」「重い」(笑)という声も。

自分がゲストとして出席した体験&友人の体験談は貴重な情報源!!

友人や親戚の結婚式に出席して、実際に自分が体験したことは最も信頼できる情報です。さらに、結婚式を挙げた友達の話も、いいことも悪いことも率直に聞けるので、とても貴重だとか!

プロのアドバイスで準備がサクサク進む*【ブライダルカウンター】

特にこだわりがなく、何から始めていいかわからないカップルは、ブライダルカウンターに相談に行くのもいいみたいです。プロが相談に乗ってくれて、こちらの希望を伝えれば、ぴったりな結婚式場をピックアップしてくれます。ブライダルフェアの予約代行をしてくれるところも多く、少ない労力で結婚式場探しができそうですね。

花嫁体験が一度にできるお得な【ブライダルフェア】

ネットで結婚式場をチェックし、気になる会場のブライダルフェアに参加するのは結婚式場探しの王道。「やっぱり実際に見るのが一番!」ということですね。

【卒花のリアルな実例】farnyなどのサイトをチェック!!

「みんなはどうだったの?結婚式を終えた花嫁のホンネや、最新トレンドを知りたい!」そんな人はリアルな口コミが見られる「farny」のようなWEBサイトをチェックしてるようです。

結婚式場選びを成功させて大満足の結婚式を叶えよう♥

結婚式の場所選びは、結婚式の成功を左右する重要ポイントです。逆に言えば、自分たちにぴったりな結婚式場を選べばもう結婚式は80%成功したようなもの!そのためにも、結婚式場探しに行く前に、ふたりでよく話し合って重視したいこと、予算や結婚式のテーマ、スタイル、優先順位を決めておきましょう!結婚準備も一生に一度のこと、楽しみながら進めましょう

 

なかなか人には聞きにくい「結婚式のお金の話」。結婚式場に下見に行く前に、ぜひともチェックしておきたい記事はコチラから▼


結婚式を予算内におさめるコツ!式場決定前に知りたい”見積りで注意するポイント”

 

結婚式場に見学に行く前にぜひとも読んでおきたいポイントとコツはコチラ▼


結婚式場の見学ポイント*事前に決めておく5つと当日チェックする19項目

クリエイタープロフィール
adviser
結婚式のマナーや式場紹介
ウェディングアドバイザー
プラコレ
関連記事

【最新】結婚式・披露宴の演出実例51選!ゲスト大満足のおもてなしの秘訣

adviser
披露宴

挙式・人前式が大成功する演出アイデア33選♡オリジナル&面白い&感動の実例集*

adviser
挙式

フラワーシャワーの代わりに!演出アイデア13選*手作り・節約できるポイント解説

adviser
披露宴

人前式*誓いの言葉30選【基本~応用11パターン】

adviser
結婚式・基礎知識

可愛すぎる!簡単手作りウェルカムボード45選*格安にDIYできる作り方手順と材料

adviser
手作りDIY