2020.10.31

【2021年完全版】新郎新婦にメリットいっぱい!家族婚の魅力についてご紹介

結婚式・基礎知識
結婚お役立ち情報
231 views
続きをアプリで読む

結婚式は挙げないというパターンも珍しくない昨今ですが、やはり一生の思い出として式は挙げておきたいというカップルもたくさんいます。
また、2018年にゼクシィが行った調査によれば、式を挙げる10組に1組はごく小規模な結婚式を選んでいるという結果が出ています。

この傾向は年々増えており、特に家族との絆を再考するきっかけとなった東日本大震災以降は、家族のみを招待して行う家族婚が人気を集めています。

目次[]
  1. 家族婚が選ばれる理由

家族婚が選ばれる理由

家族婚とは、新郎新婦双方の家族のみがゲストという6~12名程度、また、親族も含めて10~25名程度くらいで行われる結婚式のことです。
小規模な結婚式は最近ますます増える傾向にありますが、その理由にはさまざまなものがあるようです。友人知人を大勢招いての華やかな雰囲気はないものの、家族婚には見逃せないメリットがあるようです。

もっとも多い理由としては、たくさんのゲストに注目されるのが苦手だからというものが挙げられています。確かに一生に一度の晴れ舞台とはいえ、豪華な挙式は誰しもが望んでいるスタイルではないと言えるのでしょう。
また、ゲストが多ければ会場も広いところでなければ収容できませんし、何かと費用が高くつきます。

その点、家族婚であれば新郎新婦の負担は大きく減らすことができます。同時に、準備にかかる労力も少なくて済むのです。
結婚式を挙げるとなれば、料理や衣装選びだけではなく、席次を考えて表を作ったり、招待状やウエルカムボード、引出物など、準備することがたくさんあります。そのため、忙しいカップルなどはお金を払って業者に依頼することがよくあります。
そして、何よりも温かみのあるアットホーム雰囲気の結婚式は多くのカップルの望むところです。

その他、花嫁が妊娠中だった、子どもが生まれた後だった、という理由で家族婚を選択するケースは多いようです。

さらに、ゲストの人数が少なければ一人一人とコミュニケーションを取ることができる、というのは家族婚の大きな魅力です。ゲストとゆっくり話をしたり写真を撮ったりと、大切な人とのかけがえのない1日となることでしょう。

大規模披露宴となると新郎新婦は食事どころではなくなってしまうのが常ですが、小規模な式であればリラックスした雰囲気で、ゲストと一緒に食事も楽しむことができます。
これは、特に食事にこだわりたいというカップルには最適と言えるのではないでしょうか。

親族とはいえ、遠方に住んでいなくとも、普段は顔を合わす機会は意外と少ないものです。結婚式は、そんな方々が一堂に会する貴重な時間です。
晴れ姿を両親に見せて親孝行したり、今後末永いつきあいとなる親族にきめ細やかなおもてなしをしてはいかがでしょうか。

家族や親族というのは、文字通り自分を一から育ててくれた非常に近しい人たちです。そんな方々に最高の時間を過ごしてもらえるよう、配慮しやすいのが家族婚のメリットなのです。

▽実際の家族婚に関する記事はこちら

家族で迎えた挙式レポをまとめました♡家族婚の魅力もお伝え♩

家族婚にデメリットはある?

1 2 3 4
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む