2020.10.31

【2021年完全版】新郎新婦にメリットいっぱい!家族婚の魅力についてご紹介

結婚式・基礎知識
結婚お役立ち情報
832 views
続きをアプリで読む

家族婚にもバリエーションがある?

シンプルで準備の手間もかからない家族婚ですが、ある程度のバリエーションはあります。挙式だけにするなら 10万円~30万円と費用をかけずに行うことも可能です。
教会の他、神前式や人前式でもOKですし、とにかく費用を抑えたいといった場合は、指輪の交換と結婚の誓いのみというスタイルもあります。ただし、たいていの場合、衣装代は含まれていないので注意が必要です。

また、セレモニーをプラスしていくと、その分費用が上乗せされていきます。

そして、挙式に会食を加えると、人数にもよりますが、だいたい100万円~120万円くらいかかると思えば良いでしょう。
とにかく食事と会話を楽しむというスタイルも良いですし、披露宴らしくケーキカットやお色直しなどを盛り込むこともできます。

また、顔合わせの会食のみにするという場合、20名程度とすると100万円くらいが目安と言えそうです。
このようなスタイルは、海外で新郎新婦のみで挙式を行い、お披露目として会食をするケースがよくあります。海外で家族婚という場合は、行先や人数によってかなり金額が異なりますが、10名程度として100万円~300万円くらいとなるでしょう。

金額に式と披露宴代、旅費や現地滞在費も含まれている上、ハネムーン代までもが一緒になっていることを考えれば、あながち高いとは言い切れないかもしれません。
普段とはがらりと違った場所で執り行う海外挙式は、両家の絆を深めるにはぴったりのスタイルということができます。

その他、シンプルなスタイルとして定番なものに、フォトウエディングがあります。新郎新婦のみで記念写真を撮るというスタイルで、挙式や会食などは行いません。
この場合、費用の目安は5万円~18万円と思えばよいでしょう。5万円となれば費用はかなり抑えられ、ウェディングドレスなどの写真を残すことができます。

費用には撮影代、衣装代、ヘアメイク代などが含まれています。撮影場所はスタジオ内ばかりとは限らず、思い出の場所などに出向いてロケーション撮影を行うこともできるので、問い合わせてみると良いでしょう。

ただし、費用はその分上乗せとなります。このフォトウエディングに、家族を招いての会食などをプラスするのも一つの方法です。

▽ハワイでの家族婚についての記事はこちら

セント・カタリナ・シーサイドチャペルで家族への感謝を伝える家族婚

家族婚の演出アイディア

1 2 3 4
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む