2019.9.18

【2019年】結婚記念日に贈りたいおすすめプレゼントと選び方

結婚の段取り
farnyオフィシャルライター
8463 views
続きをアプリで読む

節目の結婚記念日に贈るおすすめプレゼント

結婚記念日は結婚から経過した年数ごとに名前が付いており、その名前に関連したプレゼントを贈る習慣があります。
まず、結婚1年目は「紙婚式」、2年目は「藁(わら)婚式・綿婚式」、3年目は「革婚式」、4年目は「花婚式・皮革婚式・書籍婚式」、5年目は「木婚式」です。

以降、鉄婚式(6年目)・銅婚式(7年目)・ゴム婚式(電気器具婚式、青銅婚式)(8年目)・陶器婚式(9年目)・錫(すず)婚式(アルミニウム婚式)(10年目)と続きます。
11年目は鉄鋼婚式、12年目は絹婚式(亜麻婚式)、13年目はレース婚式、14年目は象牙婚式、15年目は水晶婚式です。
それから、黄玉婚式(16年目)・紫玉婚式(17年目)・石榴(ざくろ)婚式(18年目)・ジルコン婚式(19年目)・磁器婚式(20年目)と続きます。

20年目の結婚記念日の後は5年刻みで名前が付いています。25年目は銀婚式、30年目は真珠婚式、35年目は珊瑚(さんご)婚式、40年目はルビー婚式です。
続いて、45年目のサファイア婚式、50年目の金婚式、55年目のエメラルド婚式、60年目のダイヤモンド婚式と、ここまでが5年刻みで名前が付いています。
さらに結婚生活75年がプラチナ婚式、80年目が樫(かし)婚式、85年目がワイン婚式です。15才で結婚すれば100才でワイン婚式を迎えることになります。

このように、たくさんの結婚記念日を意識すれば「2人で次の結婚記念日を迎えられるように、ずっと仲良く、お互いに健康でいよう」という張り合いも生まれることでしょう。
それでは、次に1年目「紙婚式」・5年目「木婚式」・10年目「錫(すず)・アルミニウム婚式」におすすめのプレゼントを紹介します。
ここでは結婚記念日の名称に関連したものを紹介していますが、他のプレゼントを贈ってはいけないというわけではありません。相手が喜ぶものを贈ることが原則です。

1年目:「紙婚式」のおすすめプレゼント

紙婚式には、夫婦の歴史がまだ始まったばかりの白紙であり、これから歴史が刻まれていくという意味があるといわれています。そこで、紙婚式には手帳やペーパーフラワーなど、紙に関連したプレゼントを贈ることがおすすめです。また、結婚生活1年を振り返った反省や感謝、将来への思いなどを手紙やメッセージカードにしたためて贈り合うのも良い記念になります。

▽結婚1年目の関連記事はこちら
【お客様レポ】結婚して初めてのいい夫婦の日。あなたはどう過ごしますか?BRILLIANCE+×成城石井<Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO>いい夫婦の日限定コラボディナー特典レポート

5年目:「木婚式」のおすすめプレゼント

結婚記念日の名称は年数が経過するほど堅い材質になります。木婚式には「結婚5周年を迎えた夫婦のきずなは木のようにしっかりとしたものになった」「2人は1本の木のように一体となった」という意味があるとされます。ですから、木婚式にふさわしいプレゼントは木をモチーフにしたものです。木製の食器や箸・カトラリーのセット、フォトフレームやアクセサリー、観葉植物などが木婚式らしいプレゼントといえます。庭がある家に住んでいる場合は記念樹を植えるのも良いでしょう。

10年目:「錫(すず)・アルミニウム婚式」のおすすめプレゼント

10年目の結婚記念日である錫(すず)・アルミニウム婚式には「錫(すず)のように強さと柔軟さ、美しさを併せ持つ」という意味があるといわれています。
結婚後10年もたてば、夫婦関係にも子どもやお互いの両親などさまざまな要素が強く関与してくることもあるでしょう。
また、ライフステージ上、仕事もプライベートも忙しい年代と重なるケースも多いです。
そのようなハードな時期に良い夫婦関係を築くためには錫(すず)やアルミニウムの性質をお手本にすると良いといえます。

そこで、錫(すず)婚式のプレゼントには錫(すず)製の食器やアクセサリーがおすすめです。加工しやすい金属の錫(すず)からはデザイン性の高いものや個性的なものが多く見つかります。
また、アルミニウム製品でプレゼントに適したものとしてはフォトフレームがおすすめです。
それから、結婚10周年といえば「スイート10ダイヤモンド」というイメージも普及しているので、ダイヤモンドのネックレスやネクタイピン、カフスなども良いでしょう。

▽結婚10年目の関連記事はこちら
結婚10年目の結婚式*家族みんなで一生の思い出に残る1日に

奥様におすすめプレゼント*

1 2 3 4
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む