2019.9.18

0 この記事をクリップ

【2019年】結婚記念日に贈りたいおすすめプレゼントと選び方

結婚の段取り
farnyオフィシャルライター
1007 views

結婚記念日は夫婦の歴史を振り返り、2人のきずなを確かめ合う良い機会です。また、結婚記念日には年数ごとに名前があり、それぞれにふさわしいプレゼントがあります。結婚記念日にプレゼントを贈る習慣を持てば、それが夫婦の軌跡を象徴するものとなるでしょう。
この記事は結婚記念日の種類と、それぞれの結婚記念日におすすめのプレゼントや選び方について紹介します。

結婚記念日のプレゼント・贈り物の選び方

ここでは結婚記念日にプレゼントを贈る人の割合や贈る目的について紹介します。

結婚記念日にプレゼントは贈るもの?

夫婦の70%弱が結婚記念日に特別な食事やプレゼントで祝っているというデータがあります(当サイト調べ)。特に30代では75%が結婚記念日を祝っています。
結婚記念日にプレゼントを贈る目的は、結婚記念日で夫婦が再び誓い合う気持ちを形として残すことです。

すなわち、結婚記念日には「2人で助け合って幸せな家庭を築こう」という決意を新たにすることが多いでしょう。ですから、結婚記念日のプレゼントは、その気持ちを折に触れて思い出させてくれるようなものが良いといえます。

結婚記念日プレゼントの平均金額は?

結婚記念日の特別な食事やプレゼントにかける平均金額は約1万6000円です(当サイト調べ)。中でも1万~2万円程度のプレゼントを贈る人が全体の約35%を占めています。ちなみに、男性が結婚記念日のお祝いにかける費用の平均は約2万円であることに対し、女性では1万円程度という違いがあります。結婚記念日に太っ腹なのは夫という傾向があるといえるでしょう。

節目の結婚記念日に贈るおすすめプレゼント

結婚記念日は結婚から経過した年数ごとに名前が付いており、その名前に関連したプレゼントを贈る習慣があります。
まず、結婚1年目は「紙婚式」、2年目は「藁(わら)婚式・綿婚式」、3年目は「革婚式」、4年目は「花婚式・皮革婚式・書籍婚式」、5年目は「木婚式」です。

以降、鉄婚式(6年目)・銅婚式(7年目)・ゴム婚式(電気器具婚式、青銅婚式)(8年目)・陶器婚式(9年目)・錫(すず)婚式(アルミニウム婚式)(10年目)と続きます。
11年目は鉄鋼婚式、12年目は絹婚式(亜麻婚式)、13年目はレース婚式、14年目は象牙婚式、15年目は水晶婚式です。
それから、黄玉婚式(16年目)・紫玉婚式(17年目)・石榴(ざくろ)婚式(18年目)・ジルコン婚式(19年目)・磁器婚式(20年目)と続きます。

20年目の結婚記念日の後は5年刻みで名前が付いています。25年目は銀婚式、30年目は真珠婚式、35年目は珊瑚(さんご)婚式、40年目はルビー婚式です。
続いて、45年目のサファイア婚式、50年目の金婚式、55年目のエメラルド婚式、60年目のダイヤモンド婚式と、ここまでが5年刻みで名前が付いています。
さらに結婚生活75年がプラチナ婚式、80年目が樫(かし)婚式、85年目がワイン婚式です。15才で結婚すれば100才でワイン婚式を迎えることになります。

このように、たくさんの結婚記念日を意識すれば「2人で次の結婚記念日を迎えられるように、ずっと仲良く、お互いに健康でいよう」という張り合いも生まれることでしょう。
それでは、次に1年目「紙婚式」・5年目「木婚式」・10年目「錫(すず)・アルミニウム婚式」におすすめのプレゼントを紹介します。
ここでは結婚記念日の名称に関連したものを紹介していますが、他のプレゼントを贈ってはいけないというわけではありません。相手が喜ぶものを贈ることが原則です。

1年目:「紙婚式」のおすすめプレゼント

紙婚式には、夫婦の歴史がまだ始まったばかりの白紙であり、これから歴史が刻まれていくという意味があるといわれています。そこで、紙婚式には手帳やペーパーフラワーなど、紙に関連したプレゼントを贈ることがおすすめです。また、結婚生活1年を振り返った反省や感謝、将来への思いなどを手紙やメッセージカードにしたためて贈り合うのも良い記念になります。

▽結婚1年目の関連記事はこちら
【お客様レポ】結婚して初めてのいい夫婦の日。あなたはどう過ごしますか?BRILLIANCE+×成城石井<Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO>いい夫婦の日限定コラボディナー特典レポート

5年目:「木婚式」のおすすめプレゼント

結婚記念日の名称は年数が経過するほど堅い材質になります。木婚式には「結婚5周年を迎えた夫婦のきずなは木のようにしっかりとしたものになった」「2人は1本の木のように一体となった」という意味があるとされます。ですから、木婚式にふさわしいプレゼントは木をモチーフにしたものです。木製の食器や箸・カトラリーのセット、フォトフレームやアクセサリー、観葉植物などが木婚式らしいプレゼントといえます。庭がある家に住んでいる場合は記念樹を植えるのも良いでしょう。

10年目:「錫(すず)・アルミニウム婚式」のおすすめプレゼント

10年目の結婚記念日である錫(すず)・アルミニウム婚式には「錫(すず)のように強さと柔軟さ、美しさを併せ持つ」という意味があるといわれています。
結婚後10年もたてば、夫婦関係にも子どもやお互いの両親などさまざまな要素が強く関与してくることもあるでしょう。
また、ライフステージ上、仕事もプライベートも忙しい年代と重なるケースも多いです。
そのようなハードな時期に良い夫婦関係を築くためには錫(すず)やアルミニウムの性質をお手本にすると良いといえます。

そこで、錫(すず)婚式のプレゼントには錫(すず)製の食器やアクセサリーがおすすめです。加工しやすい金属の錫(すず)からはデザイン性の高いものや個性的なものが多く見つかります。
また、アルミニウム製品でプレゼントに適したものとしてはフォトフレームがおすすめです。
それから、結婚10周年といえば「スイート10ダイヤモンド」というイメージも普及しているので、ダイヤモンドのネックレスやネクタイピン、カフスなども良いでしょう。

▽結婚10年目の関連記事はこちら
結婚10年目の結婚式*家族みんなで一生の思い出に残る1日に

妻への結婚記念日に贈るおすすめプレゼント

夫から妻へのプレゼントを選ぶ基準としては2つあります。
まず、「いつまでも美しい女性でいてほしい」「女性としてのあなたを愛している」という気持ちをこめて、アクセサリーや香水、花束を贈るというものです。
ハイブランドのネックレスやペンダント、指輪などを贈ることによって、妻への感謝や尊敬、愛情を印象付けることができるでしょう。

あるいは、妻が欲しがっているアクセサリーや好きな花を事前に把握してプレゼントするのも夫の特権です。
もう1つの基準は、「妻の疲れを癒やしたい」「妻に健康でいてほしい」という願いです。健康器具や安眠グッズなどを贈ることによって、妻の負担を理解し感謝している気持ちを表現できます。
家事から解放されて、ゆったりと過ごせるように温泉旅行などをプレゼントしても喜ばれるでしょう。

夫への結婚記念日に贈るおすすめプレゼント

妻から夫へ贈る結婚記念日のプレゼントの選び方には3通りの方法があります。
まず、仕事で役に立つアイテムを贈るというものです。仕事が生活時間の大半を占める夫の場合、仕事中に妻からプレゼントされたアイテムを目にして励みに感じることもあるでしょう。スーツを着用する職業の夫へはベルトやネクタイなどスーツに合わせるものがおすすめです。

あるいは、高級なシステム手帳や文具、腕時計なども社会人としてのステイタスを高めるのに役立ち、妻が夫を応援する気持ちを伝えるプレゼントとしてふさわしいでしょう。

次に、夫の健康をケアするアイテムもおすすめのプレゼントです。
忙しい人の健康管理に便利な電気製品としては電動歯ブラシやマッサージ機、ダイエットマシーンや万歩計、血圧計などがあります。また、観葉植物やアロマポット、肌触りの良い寝具やパジャマといったヒーリンググッズもおすすめです。

それから、夫の趣味に関連するグッズをプレゼントするのも喜ばれます。趣味の内容によっては選ぶのが難しいものもあるので、夫に「何が欲しい?」とリクエストをしてもらうほうが間違いないでしょう。

子供から両親への結婚記念日に贈るおすすめプレゼント

両親に結婚記念日のプレゼントを贈るときは、どのような気持ちを伝えたいのかを基準に考えると良いでしょう。
「今まで育ててくれたことへの感謝の気持ち」を伝えるためには、自分が生まれたときの体重と同じ重さの人形やぬいぐるみを贈ると喜ばれるかもしれません。

子供が赤ちゃんだった頃を思い出すと共に、自分たちの結婚生活を振り返るきっかけになります。
また、「これからもずっと仲の良い両親でいてほしい」と伝えたいときは、両親がペアで使えるプレゼントがおすすめです。
夫婦茶わんやペアの湯のみ、ペアグラスなど食器は結婚記念日の定番ギフトとして人気があります。

「両親にいつまでも元気でいてほしい」という気持ちを表現するなら、ペアのウォーキングシューズやトレーニングウェアを贈るのも良いでしょう。
あるいは、両親が一緒に使える健康家電もおすすめです。体脂肪計や血圧測定器、マッサージ機など、さまざまな種類の健康家電があります。
両親にとっては子供を含めた家族みんなが円満なことが幸せです。そこで、家族で食事や旅行をするのも良いプレゼントになります。

あるいは、「夫婦の時間を取り戻してほしい」という気持ちをこめて、両親が2人だけで食事や旅行に出かけられるような手配をするのもおすすめです。
いずれの場合でも、心をこめたメッセージをカードや手紙で添えると、たいへん喜ばれます。結婚記念日のお祝いと両親への感謝やいたわりの気持ちを表現したメッセージは何よりのプレゼントになるでしょう。

夫婦友達への結婚記念日に贈るおすすめプレゼント

相手との関係にもよりますが、友人夫婦の結婚記念日に贈るプレゼントは、あまり高価すぎないもののほうが相手にとって気持ちの負担にならないといわれています。
一般的には数千~1万円前後で、祝う気持ちをさりげなく伝えられるものが良いでしょう。
夫婦茶わんやお揃いのマグカップといったペアグッズ、フォトフレームや花などが友人の結婚記念日に贈るプレゼントの定番です。

また、お酒が好きな友人の場合は、2人が結婚した年に製造されたワインなども喜ばれるでしょう。オリジナルのラベルをオーダーメイドできるワインなどもプレゼントに適しています。
贈るタイミングが銀婚式(結婚25年目)や金婚式(結婚50年目)といった大きな節目の年になる場合、友人から贈るプレゼントの価格も高くなる傾向です。
恩のある友人の場合や自分の社会的ステイタスが高い場合は、3万円前後のプレゼントを贈るケースもあります。
銀婚式なら銀のカトラリーセット、金婚式なら金をあしらった高級食器などが良いでしょう。

喜んでもらえる結婚記念日プレゼントの渡し方

結婚記念日のプレゼントを贈る以上、相手に喜んで欲しいものです。ここでは、喜んでもらえるプレゼントの渡し方を紹介します。

サプライズ演出をしてプレゼント

相手が予期していない「うれしいおまけ」を付けることがサプライズ演出をするときに大切です。たとえば、結婚記念日のディナーだけだと思っていた妻にテーブルでアクセサリーを渡せば、妻は驚き、喜んでくれるでしょう。あるいは、デザートのプレートに「I LOVE YOU」とデコレーションしてもらうのもステキです。

妻が夫にできるサプライズとしては、夫の帰宅前に部屋を飾り付けておいたりテーブルセッティングに凝ってみたりというアイディアがあります。
または、夫が欲しいけれど家計のために我慢していたアイテムをプレゼントするのも、夫に感激してもらえるでしょう。

サプライズを企画するときは相手の性格や気持ちをよく考えて、ひとりよがりにならないように注意することです。
自分が期待する通りの反応を得られないリスクがあるサプライズは避けましょう。

メッセージカードを添えてプレゼント

結婚記念日のプレゼントで何よりも大切なのは、感謝や愛情を伝えて夫婦のきずなを強くすることです。両親や友人の結婚記念日を祝う場合でも、2人の幸せを願う気持ちを伝えることが重要といえます。
ですから、プレゼントには心のこもったメッセージを書いたカードを添えることがおすすめです。

ギフトショップによっては、事前に登録したお祝いメッセージをカードに記入して付けてくれる場合もあります。
また、美しいカードを選ぶことでも、結婚記念日を祝う気持ちを表現できます。

花を添えてプレゼント

お祝いの場を明るく華やかにしてくれるのは、やはり花です。
プレゼントがアクセサリーなど小さなものや旅行など形のないギフトの場合は特に、花を添えて渡すとゴージャスな印象になります。
相手の好きな花があれば、それを選ぶと良いでしょう。

結婚記念日に贈る花として定番なのはバラです。「赤いバラ=愛情」など結婚記念日にふさわしい花言葉を持つバラも多いので、花屋さんと相談して選ぶと良いでしょう。
生花の花束の他、いつまでも枯れずに美しさを保つプリザーブドフラワーも人気です。

素敵な結婚記念日のプレゼントを贈ろう

結婚記念日はそれぞれの年で、一生に一度の特別な機会となります。結婚年数ごとに名前と意味があるので、それに関連するプレゼントを選ぶことがおすすめです。
あるいは、伝えたい気持ちに合わせて相手が喜ぶものを贈るのも喜ばれます。夫婦の記念日にふさわしい素敵なプレゼントを贈りましょう。

▽結婚生活の関連記事はこちら
卒花嫁に聞きたい!結婚してよかったと思う瞬間

クリエイタープロフィール
farnyオフィシャルライター
関連記事

【新居の家具の選び方】ふたりが納得できる基本ルールと場所ごとのチェックポイント

adviser
新生活

《新居の選び方》ふたりの人生の出発点となる新居!先輩夫婦はこう選んでいます♡

adviser
新生活

5/5開催のプレ花嫁会レポ|愛知花嫁・岐阜花嫁のみんなで交流♪

misshi1014
新生活

【新しい結婚のスタイル】週末婚とは?メリット・デメリットや向いている夫婦・向いていない夫婦

farnyオフィシャルライター
新生活

嫁入り道具は新生活を考えて必要なものを用意しよう!

結婚お役立ち情報
新生活