2020.3.29

結婚式披露宴で乾杯の挨拶はどうしたらよい?基本とポイントを抑えれば失敗しない!

結婚式のマナー
結婚お役立ち情報
65 views
続きをアプリで読む

結婚式の披露宴で乾杯の挨拶を任されることになったら、大きな役を任されて嬉しいという喜びとともに、失敗しないようにしっかりとポイントを抑えてそつなくこなしたいという思いがわいてくるものです。

結婚式における乾杯の挨拶では、基本的にどのような流れで行われ、どんなポイントを押さえたらよいのでしょうか。

目次[]
  1. 乾杯のあいさつで抑えたい基本は3つ
  2. 乾杯前の挨拶はどのぐらいの長さがおすすめ?
  3. 挨拶の構成はどうしたら良い?
  4. 乾杯のタイミングとは?
  5. 絶対に言ってはいけないNGワードを知っておこう
  6. 乾杯前の挨拶文はどうやって考えたら良い?

乾杯のあいさつで抑えたい基本は3つ

結婚式の披露宴で乾杯の挨拶をする際には、大きく分けて3つのポイントを抑えることが必要です。1つ目は乾杯の前に行う挨拶の長さ、2つ目は基本的な構成、そして3つ目はタイミングです。乾杯の挨拶の経験が豊富な人なら、その場の雰囲気に合わせて微調整しながらそつなくこなすことはできますが、初めての人にとっては、緊張して頭がパニックになってしまうことも。

そのため、たかが乾杯の挨拶だとあぐらをかくのではなく、しっかりと事前に練習を重ねましょう。万が一忘れてしまった時のために、挨拶文は紙に書いてポケットに入れておくことをおすすめします。

▽乾杯を頼まれたときの関連記事はこちら

乾杯の挨拶を頼まれたら?新郎新婦に失礼のないようにしっかり準備をしましょう

乾杯前の挨拶はどのぐらいの長さがおすすめ?

乾杯の際には、挨拶として自分の簡単な自己紹介を行うわけですが、ここで話が長くなってしまうのはNGです。結婚式に出席しているゲストは、乾杯を待っているわけですから、挨拶がグダグダと長くならないように気を付け、出来れば1分~2分という時間の中でサッとまとめるのがポイントです。

1分から2分と言われても、具体的にどのぐらいの長さなのか分からないという人には、挨拶文の原稿の長さを300文字~600文字以内を目安にするのがおすすめです。もちろん、そんなに長い挨拶なんてできないという人なら、もっと簡潔にまとめてもOKです。

大切なことは、ゲストがグラスを掲げて待っている状態なので、短くまとめて気分よく乾杯ができる雰囲気づくりに貢献することなのです。

挨拶の構成はどうしたら良い?

結婚式の乾杯前の挨拶では、ゲストたちはすでにグラスを掲げて乾杯の音頭を待っています。そのため、乾杯前の挨拶は、ポイントを抑えながらスッキリと短めにまとめることが必要です。

基本的な構成としては、
1.最初に新郎新婦へお祝いのメッセージを送る。
2.新郎新婦と自分との関係を軽く自己紹介をする。
3.新郎新婦へはなむけの言葉を送る。
4.挨拶を結ぶ。
5.乾杯の掛け声をとる。
という流れとなります。

新郎新婦へのお祝いのメッセージは、難しいものではなく、定型文で問題ありません。
具体的には、「本日はお招きいただき、ありがとうございます。ご両家並びにご親族の皆様におかれましても、心からお祝い申し上げます。」と堅苦しい感じでも、結婚式は慶事のフォーマルなイベントなので、堅苦しすぎるとクレームをつけられることはないでしょう。

カジュアルすぎて失敗するよりも、堅苦しいぐらいの方が、結婚式のお祝いのメッセージという点では失敗しないのでおすすめです。

次に行う自己紹介ですが、自分がどこで何をしているかという点にポイントを置くのではなく、新郎新婦との関係にポイントを置くようにしましょう。
例えば、「ただいまご紹介にあずかりました、新婦XXXさんの上司、XXと申します。」は、短くてわかりやすく、とても良い自己紹介です。上司でなければ、「新婦のXXさんと同じ会社に勤務しております。」といった簡単な説明でもOKです。

新郎新婦へのはなむけの言葉は、これから結婚生活という新しい門出に際して、祝福や激励の気持ちを言葉にして送るというものです。挨拶が長くなってしまう人は、この部分のエピソードが長くなってしまう傾向にあります。
具体的なエピソードを出すことによって披露宴の雰囲気を和ませることができるので、エピソードを引き出すことは悪いことではありませんが、ここはやはり短く簡潔にまとめるのが良いでしょう。

そのことを念頭に置いたうえで、挨拶を含めてすべて1分から2分以内に収まるようにし、文章構成や言葉選びなども、事前に何回も練習しながら調整することをおすすめします。

最後に行う乾杯の掛け声は、結婚式においては「乾杯!」でも良いですし「おめでとうございます!」でもOKです。ゲストは、かけられた言葉と同じ言葉を復唱して乾杯をするので、あまり難しい言葉や長い言葉はNGです。
オリジナルティを出そうと試行錯誤するよりは、はっきりと全てのゲストに聞こえる声量で「乾杯!」といったほうが確実に成功するでしょう。

▽乾杯に関する例文はこちら

結婚式で乾杯の挨拶を!99%成功するマナーと例文・文例を紹介

乾杯のタイミングとは?

乾杯の際には、まず掛け声をかける人が軽く挨拶を行います。あいさつが短ければ、乾杯のタイミングをゲストが見逃してしまうことはありませんが、話し方が上手でなかったり、挨拶の構成が上手くなかったりすると、ゲストにとっては乾杯のタイミングをつかみづらくなってしまいます。

そうならないように、乾杯のタイミングは必ず、ゲスト全員がはっきりと分かるように心がけましょう。直接的な言葉で、「それでは御唱和ください」と言っても良いでしょう。大きめの声ではっきり言えば、乾杯のタイミングが分からないというトラブルは起こりにくいものです。

また、乾杯の掛け声は、あまりオリジナリティを出すとゲストを混乱させてしまうので、出来るだけわかりやすくて基本的な定番の「おめでとうございます!」や「乾杯!」などがおすすめです。

絶対に言ってはいけないNGワードを知っておこう

結婚式というフォーマルな慶事のイベントにおいては、絶対に言ってはいけないNGワードがたくさんあります。友人同士なら、知らなかったですむかもしれませんが、年配の方やマナーに厳しい人も出席している結婚式においては、知らなかったではすみません。
どんな言葉がNGなのかは事前にシッカリと把握し、挨拶文を考える際にはうっかり使わないように細心の注意を払いたいものです。

結婚式で言ってはいけないNGワードは、忌み言葉と呼ばれています。「不幸」とか「別れ」といった分かりやすい言葉なら、誰でも忌み言葉だと簡単に想像ができますが、中には普段それほど意識せずに使っている言葉でも、結婚式ではNGというワードがありますし、使い方にも注意が必要です。

例えば、不幸を連想させる言葉は、「不幸」という直接的なワードでなくてもNGです。
具体的には、「最後」とか「忙しい」、「四」「九」「去年」「去る」「消える」などがありますが、厳格には「忙しい」という言葉もNGワードとなります。うっかり挨拶の中で使ってしまわないように注意しましょう。

別れを連想させる言葉もNGです。直接的な「別れ」とか「離れる」なんて言うのは言語道断ですが、それ以外にも「終わる」「返す」「切る」「帰る「戻る」などもNGです。夫婦生活のエンディングを連想させる可能性がある言葉は、使わないのが無難です。

NGワードには、重ね言葉というものもあります。普段の生活の中で多くの人が何気なく使っている重ね言葉ですが、これは同じ言葉が2回繰り返させているワードのことで、「重ね重ね」とか「くれぐれも」「たびたび」「いろいろ」「たまたま」「ますます」などがあります。
「日々」とか「次々」というのも重ね言葉になるので、結婚式の挨拶ではNGです。どうして重ね言葉がNGなのかという理由ですが、同じ言葉を繰り返すということは、出戻りとか再婚などを連想させるので、結婚式にはふさわしくないと言われています。

結婚式で使ってはいけないNGワードは、ネットや辞書、マナーブックなどを見ればある程度具体的なワードが紹介されているので、チェックしておけばウッカリ使ってしまうということはないでしょう。しかし、挨拶でNGとされるワードの中には、特に忌み言葉に指定されていなくても、マイナスのイメージを与えるという理由でNGとなっている言葉もあります。

例えば、「気が強い」とか「頑固」なんて言うのは、マイナスのイメージなので挨拶ではNGですし、「おとなしい」とか「若い」という言葉も、NGです。

乾杯前の挨拶文はどうやって考えたら良い?

結婚式の披露宴における乾杯前の挨拶では、使ってはいけないNGワードがたくさんあります。どんなに慶事スピーチに慣れている人でも、ウッカリNGワードを言わないように、挨拶文は事前に考えたうえで、何回か練習して失敗しないように注意したいものです。

挨拶文を考える際には、基本的な構造や定型文を元に、自分なりに考えることから始めましょう。そして、ザックリとした挨拶文が完成したら、時間も含めて内容を調整していきます。忌み言葉をはじめとするNGワードのチェックは、最終段階でよいので、まずは挨拶文の内容を煮詰めていく作業から始めると良いでしょう。

そして、大体の挨拶文ができたら、最終的にNGワードが入っていないかどうかをしっかりとチェックしましょう。直接的なワードでなくても、マイナスのイメージを与えるようなワードもNGなので、チェックには細心の注意が必要です。
もしも、NGかどうかわからずグレーゾーンかもしれない、という場合には、失敗して恥をかかないためにも、そのワードは別の言葉や表現方法に置き換えるのがおすすめです。

結婚式においてNGと言われている言葉は、他の言い回しに変えれば、問題なく使うことができます。例えば、披露宴においてはクライマックスともいえるケーキ入刀ですが、ケーキを「切る」という表現は、忌み言葉が入っているのでNGです。
しかし、「切る」ではなくて「入刀する」という言葉に変えたりとか「ナイフを入れる」など別の表現にすれば、問題なく使えます。

披露宴の挨拶においては、普段のあいさつやスピーチでよく耳にする「本日はご多忙の中」という言葉も、忙しいという言葉が入っているのでNGとなります。同じ意味の文章を別の言葉で伝えたい時には、「ご多忙」ではなくて「ご多用」にすればOKです。

▽スピーチに関して押さえたいマナー記事はこちら

絶対に失敗しない!スピーチをする友人と新郎新婦が知っておきたいマナー

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む