2020.3.29

友人必見!披露宴の祝辞を頼まれたけどどうしよう?失敗しない祝辞のポイントとは?

結婚式のマナー
結婚お役立ち情報
177 views
続きをアプリで読む

結婚式の披露宴では、職場の上司や先輩、そして友人などが祝辞を述べる機会があります。これは、その場でサプライズ的に依頼をするものではなく、結婚式の招待状を送るよりも早い段階から当人に依頼をしてスピーチをしてもらうという演出の一つです。
もしも仲が良い友人が結婚するとか、職場で直属の部下が結婚するという時には、もしかしたら祝辞のスピーチを依頼されるかもしれません。

ここでは、フォーマルな場所でのスピーチにおいて、失敗しない方法やポイントをご紹介しましょう。

目次[]
  1. スピーチが苦手という人は多い
  2. 祝辞の時間とタイミングは?
  3. 祝辞を失敗しないポイント
  4. 祝辞スピーチの構成はどうしたら良い?
  5. 結婚式にはNGワードがたくさんあるので要注意
  6. こんな祝辞はNG

スピーチが苦手という人は多い

人前でマイクを使って話すことがとても苦手という人は少なくありません。そのため、結婚式の祝辞を頼まれても、ガッツポーズで受けるという人よりは、内心は困ったなと思いながらも断るのはマナー違反なので引き受けるという人が多いのではないでしょうか。
確かに、結婚式での祝辞は、たくさんの人の前で話さなければいけませんので、緊張するタイミングと言えるでしょう。

しかし、結婚式の祝辞は、自分の考えを述べる場所ではなく、新郎新婦に対してお祝いの言葉を述べる場所です。自分自身と新郎新婦との関係によってスピーチの内容は異なりますが、事前にシッカリと原稿を書いて練習しておけば、恐怖を感じることはないはずです。

即興で面白いことを言ってやろう、なんて構えると失敗する原因となりますから、必ず事前に原稿を書いて練習し、本番ではそつなくこなすことに集中したいものです。

祝辞の時間とタイミングは?

結婚式においては、たくさんの人が祝辞を述べます。友人代表、職場の先輩の挨拶もありますし、仲人がいれば仲人の挨拶もあるでしょう。また、親族を代表してお祝いの言葉を述べることもあるかもしれません。
誰に祝辞のスピーチを依頼するかは新郎新婦が決めますが、一つの披露宴で祝辞を述べる人数は、新郎新婦それぞれ2組ぐらいずつなので、合計で4組ぐらいとなります。

こうした祝辞は、結婚式の披露宴の中でバランスよく配分されています。立て続けに祝辞を述べる人たちがスピーチを繰り広げるというわけではありません。結婚式のプログラムが出来上がれば、自分が依頼されたスピーチがどのタイミングになるのかが分かるので、心の準備をして臨むと良いでしょう。

祝辞を述べる人に与えられた時間は、一人当たり3分~5分程度です。新郎新婦とのエピソードを盛り込みながら、お祝いの言葉をスピーチするわけですが、エピソードが長くなりすぎると、聞いている側は飽きてしまうので注意しましょう。

エピソードは、できるだけコンパクトに分かりやすくまとめやすいものを選び、言葉選びや表現方法などは、フォーマルな場でのマナー違反にならないように細心の注意を払いながら原稿を作成したいものです。

▽スピーチで守りたいマナーについてはこちら

絶対に失敗しない!スピーチをする友人と新郎新婦が知っておきたいマナー

祝辞を失敗しないポイント

祝辞を失敗しないためには、いくつかのポイントを押さえることが必要です。まず1つ目は、スピーチをする際の姿勢です。背中が丸まっているのは言語道断ですし、ふらふらしながら話をするのもNGです。胸をシッカリ張って背筋を伸ばし、堂々とした姿勢でスピーチをする事で、ゲストにも好感度を与えることができますし、新郎新婦にも恥をかかせずに済みます。

もしも、両足をくっつけて立つと体がフラフラ動いてしまうなら、両足を軽く開いた状態でスピーチをするのも良いでしょう。

2つ目のポイントは、マイクと顔の距離です。普段からマイクを使い慣れていない人だと、マイクとの距離をどのぐらい取ればよいのか分かりにくいものです。目安としては、口から15cmぐらい離した所にマイクを構えていれば、声がシッカリとマイク越しに伝わります。

ただし、声量が小さいと、いくらマイクでも音を取れないことがあります。そのため、マイクを使っているからと安心して小声でスピーチをすることがないように気を付けてください。スピーチは、大きな声ではっきりと行うのが基本です。

3つ目のポイントは、祝辞を述べている時の目線です。これはなかなか難しい部分ではないでしょうか。もしも気持ちに余裕があるのなら、話しながら会場全体をゆっくりと見回すのが理想的なのですが、そこまで余裕がないという人なら、新郎新婦の方に体を少しだけ向けながら、新郎新婦に話しかけるような感じでスピーチをしてもOKです。

結婚式の披露宴における祝辞は、基本的には会場のゲストに対するものではなくて新郎新婦へのお祝いの言葉なので、ゲストとアイコンタクトをしないからと言ってマナー違反になることはありません。

4つ目のポイントは、制限時間をきちんと守るという点です。初めてのスピーチで緊張しているという人だと、制限時間を超えるほど長いスピーチをする事はありませんが、スピーチ慣れしている人の中には、即興で思いついたエピソードを盛り込んでしまい、時間が長くなってしまうことがあります。

結婚式の披露宴では、限られた時間の中でたくさんの祝辞や余興を行わなければいけないので、制限時間オーバーにならないよう、あらかじめ与えられた時間の中で終了できるように、原稿を作る段階から時間調整をしましょう。

祝辞スピーチの構成はどうしたら良い?

祝辞のスピーチは、
1. 自己紹介
2. お祝いの言葉
3. 新郎新婦とのエピソード
4. はなむけの言葉
5. 結び
という構成です。

このうち、最も時間を割くのは新郎新婦とのエピソードの部分なので、自分の自己紹介はサッと簡潔に行うのが良いでしょう。例えば、新郎の上司が祝辞スピーチを行う場合には、「新郎XX君の上司のXXと申します。」とか「新郎XX君と同じ職場で働いておりますXXと申します。」など、サッと簡単に自己紹介をするだけでOKです。

祝辞におけるお祝いの言葉は、自分が新郎側のゲストでも新婦側のゲストでも、必ず新郎新婦の両方にお祝いの言葉を贈りましょう。さらに、「XX君、XXさん、そしてご両家ご親族の皆様、本日はおめでとうございます」など、両家や親族に対しても配慮してお祝いの言葉を贈るのが良いでしょう。

新郎新婦とのエピソードは、これまでのお付き合いしてきた中での思い出をゲストの前で披露することになります。この時、できるだけ簡潔に説明ができるエピソードを選ぶことは大切です。また、新郎や新婦またゲストが不快になるようなものではなく、ほのぼのとしたエピソードや、新郎新婦の素晴らしい点をアピールできるようなエピソードを選ぶのがおすすめです。

そして、エピソードの内容に関して新郎新婦に恥ずかしい思いをさせないために、事前にこんなエピソードを話そうと考えているという旨を伝え、了解をもらっておくようにしましょう。サプライズ的に結婚式の披露宴でエピソードを紹介しても、もしかしたら新郎新婦にとっては誰にも知られたくないブラックな過去かもしれません。

その点、事前に許可を取っておけば、後からトラブルになる心配がなくなります。

はなむけの言葉は、これから新生活をスタートさせる二人に向けて贈る言葉ですが、エピソードの流れで二人にエールを送るような内容が良いでしょう。それほど長いエールでなくても良いですし、「どうぞお幸せになってください」といったベーシックな祝辞でも問題ありません。

結びの言葉は、「XX君、XXさん、本日はおめでとうございます。ご清聴ありがとうございます。」とか「これで私のお二人への祝辞とさせていただきます。本日はおめでとうございます。」など、おめでとうございますという言葉で結ぶのが定番です。

▽新郎新婦のスピーチに関してはこちら

新郎新婦らしさが出やすいウェルカムスピーチ。話す内容や基本マナーについて知っておきましょう

結婚式にはNGワードがたくさんあるので要注意

結婚式という慶事においては、使ってはいけない忌み言葉や重ね言葉などのNGワードがたくさんあります。事前に準備しておくことが可能な祝辞ですし、フォーマルな場所で友人や職場を代表してスピーチをするということで、くれぐれもNGワードを使って失敗しないように気を付けましょう。

まず、NGワードの中でも忌み言葉は、別れを連想させたりマイナスのイメージを持たせたりしてしまうような縁起の悪い言葉なのですが、「別れ」とか「離れる」といった明確なNGワードだけではなく、知らないとうっかり祝辞スピーチの中で使ってしまいそうなワードもたくさんあります。

例えば「出る」「浅い」「忙しい」という言葉もNGワードですし、「帰る」「戻る」「移る」などもNGです。祝辞スピーチの原稿を書いたら、何回も見直しをして、NGワードが入っていないかどうかを確認しましょう。
入っている場合には、別の言葉に置き換えることで対処すればOKです。例えば、「本日はご多忙の中」という言葉だと、NGワードの「忙」が入っているので、言い換えて「本日はご多用の中」という表現に置き換えれば、文章を大きく変えることなくNGワードを回避できます。

また、「ますます」「どんどん」「くれぐれ」などの重ね言葉も、結婚式ではNGです。

こんな祝辞はNG

祝辞のスピーチは、披露宴に出席しているゲスト全員の前で行います。そのため、一部の内輪の人しか理解できないような内容などは、他のゲストを不快にしてしまうのでNGです。スピーチの内容は、不快になる人がゼロであることは大前提となるので注意してください。

その他にも、新郎新婦にお祝いの言葉を述べる場なのに、なぜか自分の自慢話になってしまうようなものもNGですし、下ネタや悪口なども言語道断です。

失敗しない祝辞のスピーチをするためには、まず自分で原稿を書いてNGワードや表現などを何度もチェックした上で、他の人にも何人かに読んでもらい、不快な点がないかとか、マナー違反になりそうな点はないかをチェックしてもらうと良いでしょう。
もしもNGになりそうなグレーな部分があれば、無難な内容に置き換えたほうが、本番で失敗するリスクが低くなりますし、新郎新婦の顔に泥を塗る失態にもなりません。

▽スピーチしてくれた人へのお礼についてはこちら

結婚式の受付やスピーチなどを頼んだら必ずお礼を

ウェディング診断
続きをアプリで読む