2019.9.26

結婚祝いご祝儀の金額相場や知っておきたいマナーは?

結婚式のマナー
farnyオフィシャルライター
6395 views

【2022年5月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

結婚式の参加において、忘れてはいけないのがご祝儀です。ご祝儀の金額に明確なルールはありません。だからこそどのくらい包んだらいいのか悩む人も多いのではないでしょうか?この記事では、ゲストの頭を悩ませるご祝儀の相場やマナーを紹介します。

目次
  1. 結婚祝いご祝儀の金額相場
  2. 結婚式に欠席する場合や結婚式がない場合の結婚祝いご祝儀相場
  3. 結婚祝いご祝儀で知っておきたいマナー

結婚祝いご祝儀の金額相場

20代ゲストの結婚祝いご祝儀相場

ゲストが20代の場合、ご祝儀相場は以下のとおりです(当サイト調べ)。

・兄弟姉妹の場合の結婚祝いご祝儀相場 平均6万円
・叔父・叔母の場合の結婚祝いご祝儀相場 平均5万円
・会社上司の結婚祝いご祝儀相場 平均3.5万円
・会社の同僚の結婚祝いご祝儀相場 平均3万円
・友人・知人の場合の結婚祝いご祝儀相場 平均3万円

もっとも相場が低いのは、友人、知人、会社の同僚です。3万円は後に開設する「奇数マナー」を守ったうえでのもっとも少ない金額になります。

20代はまだ、社会的な地位も低いことが多く、高収入を得ている人の割合は少ないのが実情です。そのため、相場を大幅に上回る金額を包む必要はありません。
むしろ、極端に多い金額を包むと受け取る側の心証を悪くしてしまう恐れもあります。
相手との親密度にかかわらず、相場とおりの金額を包めば問題ないでしょう。

調べたところでは、地域によって友人は2万円という傾向もあるようです。
これは「若いうちは経済的に厳しい人が多いのだから、なるべく負担を軽減しよう」という暗黙の了解があっての相場だといえるでしょう。

もっとも、そのようなケースでは結婚式の準備をサポートしたり、受付など当日の役割を友人たちで分担したりといった相互扶助の精神が根付いていることがほとんどです。
思い当たる節がある場合は、地域の傾向も踏まえて金額を決めるといいでしょう。

年代別相場って?

1 2 3 4 5
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む