2021.2.28

【東京都】安産祈願におすすめの神社仏閣5選を紹介。神前結婚式も出来ますよ♪

新生活
結婚お役立ち情報
435 views
続きをアプリで読む

お腹に大切なお子さんを授かったとき、母子ともに健康を願い、安産祈願に訪れるでしょう。

「一体いつ頃行けば良いの?」「戌の日ってそもそも何」
「安産祈願に着ていく服装は?」
などなどよく分からないことが多いでしょう。

そこで、このような基本情報から、
東京内で安産祈願におすすめの神社仏閣5選を紹介します。
戌の日の神社の混雑状況も載せているので、
妊婦さんの健康に気を使いながらお参りしてみてください。

神前結婚式も行えるので、これから結婚式を挙げる予定の方も要チェックです♪

目次[]
  1. 安産祈願はいつ行けば良いの?
  2. 二人目ができたときも行くべきか
  3. 安産祈願のときの服装

安産祈願はいつ行けば良いの?

安産祈願は「戌の日」に行くことが慣例となっています。
戌の日とは、12日ごとにやってくる十二支の戌の日のことです。
通常1年ごとに「子・丑・寅・辰…」とその年の干支が決められていますが、
実は日ごとにも、この干支が決められているのです。
この戌の干支にあたる日を「戌の日」と呼んで、
妊婦にとって安定期である妊娠五か月目に神社やお寺に安産を祈願しに行きます。

なぜ戌の干支の日なのかといえば、犬はお産が軽いからです。
その事実にあやかって戌の日に安産祈願に行くようになりました。
しかし、戌の日に安産祈願は慣例となっているだけで、
本来はいつ行っても構いません。神社や
お寺では戌の日以外でも安産祈願をしています。
安定期といえども、つわりが酷い人も中にはいるので、個人により日取りは変わります。

また代理の方が代わりに祈祷された御守や腹巻を受け取っても、
ご利益が下がるということはありません。
神社やお寺によっては祈祷された御守などを
郵送してくれるサービスを実施しているところもあるので、
検討されてはどうでしょうか。

二人目ができたときも行くべきか

一人目は安産祈願をしたけれども、
二人目ができたときも行くべきか悩んでいるという意見を多く見かけます。
多くの場合、一人目のときは自身の両親や義理の両親に付き添ってもらったので、
頼みづらいというのが理由にあるようです。
また、夫婦そろって有給を取れないという人もいるようです。

安産祈願とは、生まれてくる子供の無事を願って神様にパワーを頂くためにする儀式です。
両親が当日来られない人は自身と夫だけでも構いませんし、
夫に有給が取れない方は祈祷された安産御守をいただくだけでも、パワーはもらえます。

自身の都合に合わせて選んでみてください。

安産祈願のときの服装

安産祈願のときの服装は神社やお寺によって違う場合があります。
大抵はフォーマルな装いを着てこられる方が多いので、それに合わせた方が無難でしょう。

もしフォーマルな洋服を持っていないという方は、
キレイ目なジャケットを1枚羽織るだけでも変わります。

▽神前式に関する記事はこちら

神社で挙げる神前式!儀式の流れやメリット・デメリットを解説

安産祈願におすすめの神社仏閣1

1 2 3 4
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む