2020.3.29

結婚式と入籍のタイミングはどうするべき?入籍日の決め方と手続方法は?

入籍手続き
結婚お役立ち情報
2502 views
続きをアプリで読む

結婚式の当日には、新郎も新婦も朝からてんてこまいの忙しさですし、結婚式の後には友人との2次会などが計画されていれば、朝から晩までずっと多忙を極める一日となります。そのため、結婚式と同一の日に役所に婚姻届けを出して入籍するということは、不可能ではありませんが、時間的にも精神的にも、かなりハードな作業となるでしょう。

結婚式を挙げているカップルの中で、結婚式と同日に入籍届を提出したカップルは全体の10%程度しかおらず、大半のカップルは入籍を先に住ませてから結婚式に臨んだり、結婚式を済ませて新婚旅行から帰宅してから入籍をするなど、入籍のタイミングを結婚式の前後にずらしています。

目次[]
  1. 結婚式の前に入籍するカップルが多いのはどうして?
  2. 結婚前の入籍はどのタイミングが多いのか?
  3. 入籍日の選び方はどうすれば良い?
  4. 入籍に必要な書類と手続き
  5. 入籍に伴って必要になる手続きには何がある?
  6. 結婚の報告はどのタイミングでするべき?

結婚式の前に入籍するカップルが多いのはどうして?

結婚式の前に入籍するか、それとも後に入籍するかについては、基本的には新郎新婦の自由です。しかし、もしも新婚旅行に名義変更をしたパスポートで夫婦として出かけたいなら、結婚式の前に入籍を済ませておく必要があります。
法律的な入籍という点では、婚姻届けを役所に提出するだけでOKなのですが、入籍に伴って必要となる手続きが複数あり、手続きの種類によってはパスポートのように手続きに時間がかかるケースもあります。

そのため、結婚式の前にそうした手続きを全て済ませた上で新婚旅行の手続きなどもすべて行い、落ち着いてリラックスした気持ちで結婚式に臨みたいと希望する新郎新婦が多いのです。

結婚前の入籍はどのタイミングが多いのか?

結婚前に入籍をするというカップルは、具体的にどのタイミングで入籍をするケースが多いのでしょうか?結婚式のギリギリ前まで待ってから入籍する人が多いのか、それとも一緒に住み始めるタイミングで入籍する人が多いのか、他のカップルがどうしているのか気になるものです。

結婚前の入籍のタイミングは、大きく分けると、同居を始めるタイミングで籍を入れるというパターンと、挙式の日にできるだけ近いタイミングで籍を入れるというパターンとがあります。まず同居のタイミングで入籍するということは、お互いの親にとっては、一応、安心材料となるでしょう。
また、結婚式を挙げるカップルだと、結婚式に向けていろいろな準備が忙しくなりますし、二人で相談しながら決めなければいけないことなどが増えてきます。結婚式の前に同居していると、時間を見つけて共同作業をしやすいというメリットもあります。

結婚式前に同居はしているけれど、入籍するのは挙式日ギリギリまで待つというパターンのカップルもたくさんいます。日数に余裕をもって籍を入れたうえで、結婚式や新婚旅行の準備をするというなら両家の親も納得してくれるかもしれませんが、結婚前に同居はするけれど入籍は挙式までしないというのでは、両親を説得することは難しいかもしれません。

しかし、このパターンは、実際に結婚式や入籍前にお試し的に同居ができるため、万が一二人の相性が合わずにケンカ別れすることになっても、戸籍が影響を受けないというメリットもあります。

▽入籍に関する記事はこちら

法律婚と事実婚の違いは?入籍のメリットは?

入籍日の選び方はどうすれば良い?

結婚式をあげる場合にも入籍をする場合でも、お日柄を気にする人と気にしない人がいるものです。もしもお日柄を気にする人なら、やはり大安の縁起が最高なので、大安を選んで入籍するのがおすすめです。その他にも、天赦日とか一粒万倍日など大安よりも縁起が良い日が年に数回あるので、そうした日を選ぶということもアリでしょう。

入籍日の選び方は、お日柄ではなく覚えやすい日で選ぶという方法もあります。入籍日は翌年からは結婚記念日となるわけですから、お互いに覚えやすい日を選びたいというカップルは少なくありません。例えばお互いの誕生日とか出会った日とか、プロポーズの日というのも良いでしょう。また、2月2日の「夫婦の日」のように、覚えやすい日を語呂合わせで選ぶという方法も、人気があります。

基本的に入籍日は二人で話し合って決めればよいですし、土日でも役所は婚姻届けを受け付けているので、気に入った日を選びましょう。

▽2020年のおすすめ入籍日はこちら

【2020年版】入籍日はこうやって決めたい!2020年の大吉日と人気の日取りを検証!

入籍に必要な書類と手続き

入籍という法的な手続きをとって正式に夫婦となるには、役所へ婚姻届けを提出しなければいけません。婚姻届けは役所に行くと無料で入手できる書類ですが、その場でサッと記入してサッと提出できるものではなく、提出には戸籍謄本が必要になりますし、2人の証人の署名捺印も必要です。

証人は、両家の両親がなっても良いですし、友人や上司、誰でもOKです。基本的には証人は新郎新婦以外の第三者なら誰でもなることができますが、一枚の婚姻届けに異なる証人の署名捺印が必要なので、事前に準備する必要があります。

入籍は、全国どの役所に提出しても受理してもらうことは可能ですし、役所が時間外の時には行政サービスセンターなどを利用すれば24時間受付をしています。必要な書類は、婚姻届けを本籍地以外の役所に提出する場合には、戸籍謄本が必要となります。その他には、本人確認ができる身分証明書、訂正が必要な時に押さなければいけない印鑑などを持っていくと安心です。

入籍に伴って必要になる手続きには何がある?

入籍に伴って必要となる手続きは、いくつかあります。片側は結婚したことによる姓の変更はありませんが、世帯主となる場合は扶養家族が増えるので、職場に婚姻証明書を提出して必要な手続きを行います。
姓を変えた方の場合、職場での手続に加えて、各機関でそれぞれ姓変更の手続きが必要です。例えば、パスポートや運転免許証、マイナンバーカード、銀行口座などがありますが、すべての手続きを同じ場所で対応してもらえるわけではありません。

また、公的な機関は営業時間が月曜日から金曜日の昼間だけということが多いため、手続きの際には仕事をお休みして、効率的に複数ヶ所を回って手続きするのがおすすめです。

・時間がかかるのはパスポート
もしも結婚式の前に入籍をして、夫婦同じ姓のパスポートで新婚旅行に出かけたい場合には、航空チケットを予約する際に新姓でのパスポートが必要となります。パスポートは申請してその場で取得できるものではなく、最短でも1週間程度はかかってしまいます。そのため、入籍をしたらできるだけ早い段階でパスポートの申請をする事が必要です。

パスポートの名前変更には、記載事項変更届を提出して姓だけを変更してもらう方法と、新しくパスポートを新規発行してもらう方法とがあります。どちらの場合でも、名前変更の場合には変更の事実が反映された戸籍謄本が必要となるので、取り寄せたうえで早めの手続きが必要です。

パスポートを取得したら、新婚旅行の予約を入れることができます。すでに結婚式の日程が決まっている場合には、二人で話し合いながら時期や場所を決めると良いでしょう。

・運転免許証の変更は最寄りの警察署で
運転免許証も名前変更の手続きが必要です。免許証の名前変更は、住民登録をしている自治体を管轄する警察署、もしくは都道府県の運転免許センターで手続きをしてもらうことができます。必要な書類がそろっていればその場でサッと対応してもらうことができます。名前変更に必要なのは、変更の事実が記載されている住民票です。

運転免許証の名前変更では、免許の裏面に変更の事実が記載されることになります。新しい姓で新規に免許証を発行してもらうことはできません。しかし、次の免許更新日には、新しい姓での免許を発行してもらえるので安心してください。

・銀行口座も名前変更が必要
銀行口座も、名前変更の手続きが必要です。銀行口座の名前変更に必要なのは、変更の事実が記載されている住民票の他、変更の事実が記載されている運転免許証でも受け付けてもらうことができます。
ネットで変更できるケースはありますが、必要な書類をアップロードしたりメールで添付した上で、確認が取れてからの変更手続き完了となるので、時間がかかってしまいます。速やかに手続きをするためには、銀行の窓口に足を運んで手続きするのがおすすめです。

銀行口座の名前変更手続きをすると、新しい通帳やキャッシュカードを発行してもらうことができます。ただし、キャッシュカードやクレジットカードなどは発行に時間がかかることがあり、数日してから自宅に郵送してもらうことになります。

・お給料の振り込み口座はどうなる?
結婚しても姓が変わらなかった方は、結婚したからと言ってお給料の振込口座が変わる心配はないでしょう。しかし変えた側の場合、名前が変更になったら、銀行口座の名義を変更するタイミングで職場でもお給料の振込口座の名前変更の手続きが必要となります。
一般的には、職場の人事部や総務部が一連の流れとして対応しているので、渡された書類に記入すれば問題ありません。

・住民票はどうなるの?
婚姻届けを提出しても、新郎新婦が住んでいる現住民票は変わりません。住民票を新居に移すためには、同じ市町村内での引っ越しなら住所変更届、他の市町村からの引っ越しでは転出届や転入届が必要となります。手続きは役所の住民課で対応してもらうことができ、婚姻届けの提出と同じタイミングで対応してもらうことができます。

そのため、婚姻届けを提出する一連の手続きとして住民票についても対応するのが効率的です。ただし、入籍してもしばらくは引っ越さないという場合には、実際に引っ越しをした上で住民票の手続きを行いましょう。

▽入籍届を出すときに関する記事はこちら

入籍に必要な婚姻届の書き方と役所での手続きについて

結婚の報告はどのタイミングでするべき?

結婚式のタイミングと入籍日のタイミングが違うという人は、どのタイミングで職場や上司に報告したら良いのか迷ってしまうということがあるかもしれません。職場では、入籍のタイミングで年金や保険の手続きが必要になるため、結婚式の有無にかかわらず、入籍のタイミングで職場に報告することは必要不可欠です。

特に姓を変更した側は、名前が変わることによって社員証なども変更になりますし、お給料の振込口座などたくさんの手続きが必要となります。友人に報告するかどうかは別として、職場および上司に対しては、入籍のタイミングで必ず報告を入れたいものです。

入籍した後で結婚式をする予定の場合には、その旨も上司に伝えておけば問題ありません。

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む