2020.1.22

0 この記事をクリップ

女性が知っておきたい苗字のこと、入籍後にやることは多い!

入籍手続き
結婚お役立ち情報
143 views
続きをアプリで読む

役所に婚姻届けを提出すると、法律上では夫婦となります。女性の多くはそのタイミングで姓が変わるため、それに伴う手続きがあったり、結婚したことによって住所が変わればそれに伴う手続きが必要になるなど、細かい書類の手続きがたくさんあるものです。

ここでは、入籍後に必要な書類や手続き、その手順、おすすめの順番・タイミングなどをご紹介します。

入籍前に準備しておきたいもの

入籍後の手続きは、速やかに行いたいものです。時間がたつとうっかり忘れてしまうこともありますし、忘れたころに手続きをし忘れて面倒なことになってしまうことも考えられます。そのため、入籍の前に必要な手続きをリストアップし、速やかにサクサクとこなしたいものです。

入籍後の手続きには、新しい苗字の印鑑が必要となります。新郎が持っている印鑑をそのまま使ってもOKですが、結婚後には印鑑は何かと必要になるものですから、入籍前に女性の側でも自分用のものを準備しておくと良いでしょう。
ショップではシャチハタが販売されていますが、役所での手続ではシャチハタタイプの印鑑は使用できませんので注意してください。

入籍後すぐにする手続きとは?

入籍すると、戸籍に婚姻の事実が追加されるため戸籍変更が行われます。この作業は婚姻届けを提出したら自動的に役所が対応してくれる作業ですが、その場で新しい戸籍謄本を取得することは難しいものです。
婚姻届けを提出する際に、新しい戸籍謄本はいつ発行できるのかという点を説明してもらえますが、大体1週間~2週間ぐらいの期間がかかることが多いようです。

入籍後、できるだけ早めに住民票と戸籍謄本を複数、発行してもらいましょう。入籍後の手続きにおいては、女性の苗字変更では住民票のみが必要となるケースが多いのですが、パスポートを申請する際には戸籍謄本も必要となります。
必要な書類がないと手続きができないので注意してください。それに役所に何度も足を運ぶのは面倒ですから、まとめて複数通を取得しておいた方が入籍後の手続きをスムーズに進めやすくなります。

▽プロポーズから入籍までの必要な手続きはこちら

プロポーズから入籍準備・手続きまで+。完全ガイドブック♪

住民票は何通必要?

入籍後の手続きで住民票が何通必要になるのかは、どんな手続きが必要かによって異なります。職場での苗字変更の手続きに1通必要になるほか、運転免許証の苗字変更でも必要になるため最低でも2通は必要です。
住民票の取得は無料ではなく、全国どこの役所でも1通当たり450円の手数料がかかります。そのため何通必要なのかを把握した上で、少しだけ多めに取得しておくのが良いでしょう。

苗字変更の手続きに際して、運転免許証の手続きでは住民票の提出が必要となりますが、携帯電話やクレジットカードなどの変更手続きの中には苗字変更の事実が反映されている運転免許証があれば住民票は必要ない、ということもあります。

そのあたりも、できれば入籍前に確認しておくと安心です。

・苗字変更と住所変更
入籍する前にすでに一緒に同居していたカップルなら、住所変更の手続きは入籍後に必要ないかもしれません。しかし、入籍したことによって姓を変更した側は苗字変更の手続きが必要となります。
サービスや業者などによって苗字変更の手続きに必要なものは異なるものの、戸籍謄本、住民票、結婚受理証明書などが必要とされます。

また、それぞれの手続きにおいては印鑑が必要になることも多いため、こうしたものは入籍後の手続きが一段落するまでは手元に準備しておくと良いでしょう。

▽入籍と引越しを同時に行うならこちらをチェック

結婚手続き*入籍・引越しするときの最短コースで二度手間回避!!

会社の手続きには婚姻受理証明書が必要

既婚か独身か、扶養家族の有無などのステータスは、給与から引かれる税金の計算などにも大きく関係します。そのため、男性も女性も入籍後には会社の人事部および総務部で必要な手続きを行う必要があります。
また会社によっては結婚に際してお祝い金を支給している所もあり、それらの支給には結婚の事実関係をしっかりと確認した上で適切な手続きをする事が必要となります。

会社での手続きには住民票や戸籍謄本が必要になるケースのほか、婚姻受理証明書の提出を求められることが多いものです。これは入籍したら役所で発行してくれるもので、1通当たり350円かかります。
何通も必要になる書類ではありませんが、結婚の事実が記載されていることと苗字が変わった事実が記載されている書類なので、1通か2通ぐらいは取得しておくと急な手続きの際にも安心です。

入籍後に必要な名義変更はコレ

姓を変更しなかった側の場合、職場で入籍による必要な手続きはありますが名義変更の手続きは特にありません。しかし変更した側は入籍によって自動的に法的な苗字が変更となるため、それに伴う手続きを行わなければいけません。
具体的にどんな手続きが必要になるかはその人によって異なりますが、具体的には運転免許証や自動車登録、銀行口座やクレジットカード、携帯電話、パスポート、生命保険などの保険商品などがあります。

会社勤めをしている場合、健康保険や厚生年金の手続きは会社が行ってくれますが、そうでない人は役所で健康保険と年金手帳の名義変更についても自分で行うことになります。

運転免許証の変更に必要なもの

運転免許証の苗字変更には、苗字と住所が変更されたという事実が分かる住民票の提出が必要です。役所で発行してもらった住民票のみが受理されるので、コピー機でコピーしたものはNGです。

運転免許証の変更は、各都道府県に設置されている運転免許センターに加え最寄りの警察署の交通課でも手続きすることができます。
運転免許所は普段から住所確認や本人確認で使用する身分証明書となるため、苗字変更と住所変更をきちんと反映させておきたいものです。

なお運転免許証の記載事項変更には、手数料はかかりません。無料で対応してくれます。アポなども必要ないので、時間を見つけて飛び込みで手続きすればOKです。

【マイカーの登録手続きも必要】
自分名義のマイカーを所有している人は、自動車登録の変更手続きが必要です。必要となるのは車検証や印鑑、そして変更内容を確認できる住民票や戸籍抄本となります。マイナンバーは記載されていないものが良いでしょう。

手続きは管轄の陸運局や検査登録事務所で対応可能となっており、手数料が350円かかります。また結婚によって住所変更があり都道府県が変わった場合には、新しいナンバープレートの交付が必要となるため、その手数料が別途2,000円かかります。
自動車税や自動車保険に関する手続きも、このタイミングで合わせて行っておきましょう。

銀行口座やクレジットカードも名義変更が必要

銀行口座やクレジットカードなど、利用している金融サービスにおいても入籍後の苗字変更に伴って手続きが必要です。もしも銀行の支店が近くにあれば足を運んで変更手続きをすれば良いですし、ネットや郵送でも手続きができることが多いので、まずは金融機関やカード会社に問い合わせてみましょう。
こうした金融サービスの名義変更では、苗字変更が記載されている運転免許証があれば住民票の提出などは必要ないことが多いようです。

銀行口座やクレジットカードの名義変更では、新しいカードの発行には1週間~2週間ぐらいの期間がかかります。新しいカードが届くまではそれまでのカードを問題なく使えますが、もしも入籍後に新婚旅行など旅行に出かけるという人は、タイミングをしっかり計算した上で名義変更の手続きをすると良いでしょう。

パスポートも変更が必要

海外旅行に出かける予定がある人は、パスポートの苗字変更手続きが必要です。すでに手持ちのパスポートがある人は記載事項を変更する手続きをしても良いですし、新しくパスポートを発行してもOKです。
いずれの場合でも、パスポート事務所や役所などでの対応となり当日中に新しいパスポートを受け取ることはできません。そのため、もし海外旅行に出かける予定があるなら旅行前にきちんと受け取れるように準備をするか、もしくは旅行から帰って来てから手続きをするかを計算しましょう。

会社の手続きでは何を変更するの?

入籍後に行う会社での手続きは、給与振り込みのための銀行口座の変更に加え氏名や住所の変更、社会保険関連の変更などがあります。姓を変更した人の場合、銀行口座の苗字変更をした後に給与振り込みのための銀行口座変更の手続きを行うという順番になるので、注意してください。

職場によっては新婚旅行の際に有給休暇を消費する必要がなく、慶弔休暇が適用される可能性もありますし、結婚祝い金などが支給される職場もあります。
社会保険関連の手続きに関してはどの職場でも対応していますが、その他福利厚生面における手続きは職場によって異なるため、総務や人事に問い合わせると良いでしょう。

入籍後の変更手続きはいつするのがおすすめ?

入籍後には、たくさんの変更手続きが必要となります。入籍直後はいろいろバタバタしていることが多く、なかなか手続きのことまで頭が回らないという人は多いのですが、放置するのはNGです。
できれば入籍してから1ヶ月以内に全ての手続きを済ませるつもりで取り組みましょう。またこうした手続きは、結婚式をあげるのを待つのではなく役所に婚姻届けを提出した直後に行う必要があります。

入籍をしたら、まずは住民票と戸籍謄本、そして婚姻受理証明書を取得し、運転免許証のように身分証明書として使えるものの変更手続きからスタートしましょう。
やみくもに手続きするよりも、必要な手続きをリストアップして順序立てて行ったほうが手続き漏れすることなく、スムーズに全ての手続きをこなすことができます。特に役所での手続は、役所が空いている時間でなければ受け付けてもらえないことが多いため、働いている人はお仕事を休まなければいけないなど支障が出てしまうかもしれません。

有休を無駄に消費しないためにも、計画的な手続きがおすすめです。

▽入籍と結婚の違いについてはこちら

入籍=結婚ではない?入籍と結婚の正しい意味とは 

ウェディング診断
続きをアプリで読む 続きをアプリで読む