2019.8.25

0 この記事をクリップ

結婚式で友人スピーチを任された!慌てないためのダンドリとは

結婚式のマナー
farnyオフィシャルライター
1866 views

結婚式に招待されると、時に友人を代表してスピーチを頼まれることがあります。しかし、よほど人前に立つことが得意な人でない限り、本番で上手に喋るのは難しく、入念な段取りをしておかなければなりません。慌てずに当日を迎えるには、どのような準備をしておくのがいいのでしょうか。今回は、結婚式を素敵に演出できるようなスピーチの段取りについて詳しく解説していきます。

結婚式の友人スピーチで気をつけるべきことは?


結婚式は新郎新婦の新しい門出を祝う大切な場所です。友人のスピーチ頼まれた場合、その期待に応えてあげたいがあまり、プレッシャーを感じてしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、責任を感じすぎた結果、上手にスピーチできない可能性というのも十分に考えられます。たしかに素敵なスピーチができればベストなのかもしれませんが、円滑に式を進行させることを第一に優先しなければなりません。言葉に詰まってしまったり、スピーチの内容を忘れてしまったりすると、場合によっては見ている人たちを心配させてしまうこともあるでしょう。結婚式の演出を妨げることにもなってしまうため、過度なプレッシャーを感じないようにしておかなければなりません。

スピーチでは余計なことを言わないようにすることにも気をつけておきましょう。新郎新婦と仲が良いと、他の人が知らないようなエピソードもたくさん知っているということがあります。みんなが知らないエピソードを友人スピーチで話すと、結婚式の場が和んだり盛り上がったりしますが、エピソードトークの内容は慎重に選ばなければなりません。自分が面白いと思っているでも、相手は喋って欲しくないと思っている可能性も考えられます。結婚式を盛り上げようとする思いが先走りすぎるあまり、新郎新婦を不快な思いにしてしまっては本末転倒も甚だしいとしかいいようがありません。昔話をひとつふたつ盛り込むのが普通の友人スピーチなのは確かですが、結婚式は新郎新婦の晴れの舞台です。主役の二人が恥をかくようなことがあっては絶対にあってはなりません。エピソードトークをする際は、くれぐれも新郎新婦の立場を汚すようなことを言わないよう心掛けることが大切です。

新郎新婦を立てるということも忘れてはなりません。友人スピーチをすると、出席者の注目を一時的に自分のもとに集めることになります。式を盛り立てるようなスピーチをすることは、新郎新婦の門出を後押しすることにもなりますが、一歩間違えると新郎新婦の祝福の場であるはずの結婚式がスピーチをした人のひとり舞台のようになってしまうことも考えられます。式を思い出深いものにするためにも、友人スピーチでその場を盛り上げようとするのはとても大切なことですが、新郎新婦の晴れ舞台をスピーチでかっさらうようなことがあってはなりません。どれだけ会場を楽しませることができたとしても、主役の二人が目立つようお膳立てすることだけは忘れないようにしましょう。会場にいる人たちを楽しませ、尚且つ新郎新婦の晴れ舞台を盛り立てられればこのうえありません。

言葉の持つ力は想像以上に強く、いろいろな場面に影響を及ぼします。何気ない一言でも、会場の空気をコントロールできますが、それは同時に場の雰囲気を壊してしまう可能性があるということも意味します。あまり重く考えると何も喋れなくなってしまうためよくありませんが、結婚式が自分の一言で台無しになってしまうかもしれないことを念頭に入れながらスピーチに臨むようにしなければなりません。

▽結婚に参加される時の基礎はここかrらチェック

結婚式に招待されたときのマナーはこれでOK!準備から当日まで徹底解説

結婚式の友人スピーチはどのタイミングで行われるの?

スピーチで少しでも緊張を抑えるためには、結婚式当日の大まかな流れを把握しておくことが大切です。スピーチに呼ばれるタイミングがだいたいでも分かっていれば、心の準備もしやすくなるでしょう。実際、当日はいろいろなプログラムのもと結婚式は進行していきますが、どの結婚式でもその流れはパターン化されている傾向にあるので、その順番とかかる時間をここで一度確認しておくことをおすすめします。

ゲストの入場

結婚式が終わると、披露宴が行われる会場に場所を移ることになります。結婚式場の構造や参加人数などによって変わるかもしれませんが、全員が席に着くまではおよそ10分かかると見ておいたほうがいいでしょう。

新郎新婦の入場


出席者がひと通り席に着いたら、はじめに行われるのは新郎新婦の入場です。招待した人たちに晴れ姿を見てもらう意味でも、通常はBGMに合わせてゆっくり歩きながら入場するので5分〜10分程度の時間がかかることを頭に入れておきましょう。

開宴の辞

開宴の辞新郎新婦が席に着いたら、次に行われるのが開宴の挨拶です。司会者が披露宴の開会を宣言したのち、自身の簡単な自己紹介と挨拶を約5分程度かけて行うのが一般的となっています。

新郎新婦の紹介、ウェルカムスピーチ


開会が宣言されたら、新郎新婦の紹介に移ります。司会者、もしくは仲人の手によって新郎新婦の生い立ちや馴れ初めなどが紹介されるのが一般的でしょう。新郎新婦の幼い頃の写真や二人のプライベートショットをスライドショーで振り返りながら約5分間かけて行われますが、場合によっては新郎のウェルカムスピーチが組まれていることもあるためもう少し時間がかかることがあるかもしれません。

主賓のあいさつ

新郎新婦の紹介が終わったあとは、主賓のあいさつが行われます。一般的な流れとしては、新郎側の主賓、新婦側の主賓の順で進められます。二人の主賓が入れ替わりにあいさつするため、10分程度の時間はかかると思っておいたほうがいいでしょう。主賓に選ばれた人は立場的にも責任を感じながら喋るため、いろいろな話題を盛り込みながらあいさつすることもあります。時間が伸びてしまっているようなときは、自分の出番に備えて心の中でスピーチをおさらいするのもいいでしょう。

乾杯


主賓のあいさつのあとは、乾杯です。乾杯は通常、来賓の誰かがひと言あいさつを述べたのちに行われます。乾杯の音頭をとるまではおよそ5分程度の時間がかかることを予想しておきましょう。

歓談・食事

乾杯まで済めば、しばし歓談の時間となります。食事をとりながら出席者と会話を楽しむ時間がおよそ15分間設けられています。少しインターバルが生まれるため、その時間を利用して原稿の確認などをするといいでしょう。

ウェディングケーキ入刀

歓談の時間がひと通り経過すると、次に行われるのはウェディングケーキの入刀です。BGMに合わせて新郎新婦がケーキをカットしますが、お互いにケーキを食べさせ合うファーストバイトという演出も加えられるのが主流になってきました。また、写真撮影をする時間も設けられるため、時間を長めにとっていることが多いです。10分程度の時間がかかることをあらかじめ踏まえておきましょう。

歓談・食事


ウェディングケーキ入刀が終わった後は、またしばらく歓談タイムに移ります。この時間がスピーチの確認ができる最後の時間になることが多いので、しっかりシミュレーションしておくようにしましょう。ただし、新郎新婦の両親がお酌をしに各テーブルを回ってくることもあるので、あまり自分のことばかりに気をとられないようにしておかなければなりません。

お色直し


お色直しは2回目の歓談の途中で行われることがほとんどです。このタイミングで新婦は中座しますが、お色直しにかかる時間はどのような衣装を着るかによってさまざまです。長いときには30分程度かかることもあるため、余裕を持って確認作業をするようにしましょう。また、お手洗いや化粧直しはこの間に済ませておくことが大切です。

新郎新婦再入場・キャンドルサービス

お色直しが済み次第、新郎新婦が再入場してきます。このとき、キャンドルサービスが行われることがあるため、1度目の入場よりも多くの時間がかかることが予想されます。写真撮影も同時に行われるため、10分程度の時間は読んでおいたほうがいいでしょう。参加人数が多く、たくさんの箇所を回らなければならない場合はこの限りではありません。20分以上かかることも想定しながらスピーチに備えるようにしましょう。

ゲストのスピーチ・余興

ここまでのプログラムを消化したら、ついにスピーチの本番です。披露宴によって余興とスピーチの行われる順番は前後しますが、だいたい余興の前にスピーチが行われることが多いでため、早めに準備しておくようにしましょう。何組かの人たちが入れ替わりで披露することになりますが、人組当たりの平均時間はおよそ5分となっています。もし、順番が後ろのほうである場合はそのことを踏まえて自分の出番がどれくらいでくるのかを計算しておきましょう。

祝電披露

祝電披露は新郎新婦が誰のメッセージを読み上げるのかを選ぶため正確な時間は定まっていませんが、そこまで長い時間がかかることはありません。5分程度で済むことがほとんどですが、祝電の内容によってはもう少しかかることもあるでしょう。

両親への手紙・記念品贈呈

祝電披露後は、新婦が両親に向けて手紙を読む定番の演出が待っています。記念品や花束の贈呈も行うことになるため、大抵10分程度の時間はかかります。

両家謝辞

記念品の贈呈が終わったら、両家が参加者に向け謝辞を述べます。参列してくれたことに対する感謝と、これから始まる新しい生活に向け励んでいく誓いを約5分間かけて行います。

閉宴の辞、新郎新婦退場

謝辞を述べたあと、披露宴の閉会が告げられ新郎新婦は退場していきます。退場後は、当日の映像をスクリーンに流して結婚式を振り返りながらエンディングを迎えるのが主流となっています。

ゲストのお見送り

退場後、新郎新婦は出口付近でゲストを見送ります。一人一人声をかけながら見送るため30分程度の時間がかかります。

スピーチが行われるのは披露宴開始の2時間後が目安

披露宴にかかる時間はおよそ2時間30分〜3時間となっており、スピーチが組み込まれているのは、だいたい開始2時間後が目安となっています。ただし、ここで紹介したのはあくまでも例です。後半のプログラムが前後する可能性は低いですが、スピーチの順番はこの例の限りではありません。今回はお色直しの後にくることを想定しましたが、新郎新婦が中座する前にスピーチが組み込まれていることもあります。また、祝電披露はお色直しの最中に読み上げられることもありますが、そうなればもう少し順番が遅くなる可能性も考えられます。不安であれば当日のプログラムをあらかじめ聞いておいたほうがいいかもしれません。

▽スピーチの時は服装にも気をつけよう

結婚式で女性ゲストが気をつけたい服装マナーとは?年代別おすすめも紹介

結婚式スピーチにはどんな準備が必要なの?

結婚式のスピーチを成功するためには、入念な準備が必要になります。もしスピーチを引き受けたのであれば、全力で期待に応えなければなりません。下準備もしないまま本番を迎えるようなことは絶対に避けましょう。とはいえ、どのような準備をするのが効果的なのかわからないという人もいるのではないでしょうか。そういう人たちに向けて、ここでスピーチを成功させるために有効な準備方法をいくつか紹介していきます。

スピーチ原稿を考える

まずはスピーチの原稿を考えるところから始めましょう。スピーチを成功させるうえで重要なのは、いかに内容を上手に組み立てるかということです。どれだけ面白いエピソードも、流れに沿って話すことができなければ聞き手を楽しませることはできません。また、スピーチは難しいと考える人も多くいますが、「導入〜エピソード〜結びの言葉」という3段階の流れを意識すればそれなりのスピーチを構成できます。これらを意識して原稿を考えることが、スピーチを成功させる第一歩となるでしょう。

もう一つ心がけておかなければならないのが、忌み言葉や重ね言葉を使わないということです。結婚式はお祝いの場なので、縁起の悪い言葉は絶対に避けなければなりません。「別れる」「離れる」「失う」「絶える」という言葉はもちろん、「またまた」「繰り返し」「返す返す」「重ね重ね」「次々」などの言葉にも気をつけながら原稿を考えるようにしましょう。忌み言葉はもちろん、重ね言葉は再婚を連想させてしまいます。結婚式は一度きりであることを多くの人が望んでいるため、マナーにはしっかり配慮したうえで原稿を考えましょう。

場の空気を乱すような話題も排除しなければなりません。下ネタや暴露話、過去の恋愛を持ち出してスピーチをするのは、たとえどれだけ盛り上がろうと結婚式の場では不適切です。また、政治や宗教、収入や学歴などデリケートな部分に触れるのも好ましくありません。エピソードをひと通り書き出したときにこのような話題が見つかった場合は、真っ先に除外するように心掛けましょう。

声に出して時間内に読めるように練習する


完成した原稿は、実際に声に出して読んでみることが大切です。読みにくい部分や意味がわかりにくい部分が見つかってくることもあるので、原稿が出来上がったあとは目で見て確認するだけでなく、声に出して読み上げながら確認しましょう。また、スピーチは時間を守ることも意識しなければなりません。声に出して読んでいると、想像以上に長くなっていることがわかることもあります。そのようなときは、削れる箇所を探して短くまとめるようにしましょう。

どうしてもうまく話せない人は、手紙を読んでもOK

うまく話せない人におすすめなのが、手紙方式でスピーチをすることです。準備した原稿をそのまま読み上げるので少し味気なくなるのではと心配する人も多いですが、語りかけるような文章を構成すればそのような印象は薄まります。失敗を最小限に抑えるようにするには、できないことに無理して挑むよりも、最初から確実な方法を選択しておくほうが賢明なのかもしれません。

語りかけるような文章を考えるときは、あまり砕けすぎた口調にならないように注意しましょう。披露宴にはいろいろな人たちが出席しています。普段、友人として接しているときはフランクに話し合っていたとしても、スピーチの場で同じように話してかけていると周りで聞いている人が入り込めなくなってしまう可能性もあります。それに、披露宴はフォーマルな場でもあるので、あまり砕けた語り口調は会場の雰囲気にマッチしません。あまり砕けすぎず、かといって畏まりすぎることのない適度な原稿を作ることを意識しましょう。

当日持参するために清書する

当日、結婚式場に原稿を持っていくときはきちんと清書されたものを持っていくようにしましょう。本番になっていざ原稿を目にしたとき、読めない箇所があっては原稿の意味がありません。原稿は失敗を防ぐための大切なアイテムなので、きちんと清書することを忘れないようにしましょう。

結婚式のスピーチはこれで安心!例文を紹介

ここでスピーチの例文を軽く紹介しておきましょう。コツは「導入〜エピソード〜結びの言葉」で構成するのを意識することです。まずは導入部分を確認しましょう。

「ただいま紹介にあずかりました〇〇です。〇〇くん〇〇さんこの度はご結婚おめでとうございます。並びに両家の親族の皆様、心よりお祝いを申し上げます。今回は〇〇くんの友人といたしまして、お祝いの言葉を述べさせていただきたいと思います」

「〇〇くん、〇〇さん結婚おめでとうございます。今日はこのような二人の晴れ舞台に同席することができて非常に嬉しく思っています」

ここでは、祝いの言葉と招待してくれたことへの感謝の言葉を述べます。

続いてエピソード部分です。

「〇〇くんとは幼稚園に通っている頃からの仲です。二人の出会いは、幼稚園に行くのが嫌で泣いていた僕に〇〇くんが優しい言葉をかけてくれたのが始まりでした」

エピソードは友人の良い部分を強調できるようなものを選ぶのが好ましいです。

そして結び部分です。

「これからも末長く幸せな家庭を築いてください。お二人がこのような素晴らしい門出の日を迎えられたこと、心よりお祝い申し上げます。以上、拙い話ではありましたが祝辞に代えさせていただきます」

結び部分はエールを送ったり、お祝いの言葉を改めて述べるときれいにまとめることができます。

結婚式の友人スピーチで心からのお祝いメッセージを届けよう

結婚式で友人スピーチをする機会は、長い人生の中でもそこまで多く訪れることはありません。もし頼まれた場合、うまくできるか心配になることもあるでしょう。大事なのは入念な準備をすることです。今回紹介したことを踏まえて、友人の心に刻まれるようなメッセージを届けるようにしましょう。

▽自分がスピーチをお願いすることになることになる瞬間が訪れる

【プランナーに聞いた】結婚準備のスケジュール?10ヶ月前から結婚式後まで!


【2019年(令和元年)最新版】プロポーズされたらすぐやること!!入籍&結婚式までの25ステップ【保存版】

クリエイタープロフィール
farnyオフィシャルライター
関連記事

結婚式に招待されたときのマナーはこれでOK!準備から当日まで徹底解説

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式の女性ゲストにNGのアクセサリーがある?知っておきたいマナーとは

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式で女性ゲストが気をつけたい服装マナーとは?年代別おすすめも紹介

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式・披露宴で乾杯の挨拶を頼まれた!例文やスピーチのポイントを知ろう

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式の女性ゲストがスーツ着用はアリ?ナシ?今どきのマナーを解説

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー