2020.10.18

結婚式のゲストドレスはどう選ぶ?選び方のポイントを解説

結婚式・基礎知識
adviser
1442 views
続きをアプリで読む

時間帯でも変わる?ドレスの丈について

時間帯で変わる、ドレスの丈について

ドレスは「丈」にも注意を払って選ぶ必要があります。
結婚式はフォーマルな場なので、時間帯に関係なく、極端なミニ丈は避けるのがマナーなのです。
なお、ゲストが着用するドレスは、昼間の結婚式であれば「膝が隠れる丈」を選ぶと良いでしょう。
目安としては、膝下もしくはやや長めのミモレ丈を選ぶのが無難です。
夜の結婚式の場合は、着用するドレスの種類によって、ふさわしい丈も異なります。
カクテルドレスを着用する場合は、膝丈から膝下丈を選びます。
なお、床についたり引きずったりしない丈を選ぶのがポイントです。
イブニングドレスの場合は、くるぶし丈以上の長さを選びます。
靴のつま先が隠れる長さを選んでも問題ありません。

二次会の服装もドレスにするべき?

ここまでは挙式や披露宴についての服装を見てきましたが、「二次会の服装」もやはりドレスを着用すべきなのでしょうか。
せっかく招待された二次会だからこそ、おめでたい場にふさわしい、華やかな服装で参加したいものです。
ただ、二次会では会場ごとにふさわしい服装も異なるといわれているため、要注意です。
二次会に参加する際は、その会場の雰囲気に合う服装を意識する必要があります。
会場ごとにふさわしい服装はどのようなものなのか、確認していきましょう。

【沖縄の二次会に着ていくドレスでお困りの方必見!】

結婚式・結婚式二次会・パーティーなど様々なシーンに活用できるドレスのレンタルショップ『FORMAL CLOSET(フォーマルクローゼット)』

1.ホテルや高級レストランの場合

ホテルや高級レストランで二次会が行われる場合は、フォーマルな会場となるため、その雰囲気にふさわしい「フォーマルな装い」がゲストにも求められます。
したがって、このようなかしこまった会場では、挙式や披露宴で着用するような「フォーマルドレス」で参加するのがマナーです。
もしも、披露宴・二次会の両方に参加する場合は、披露宴の雰囲気に合う服装を選び、そのまま二次会に参加すれば問題ありません。
二次会の服装選びで注意したいのは、「新婦よりも目立たない」ドレスを選ぶという点です。
おめでたい席にふさわしい華やかな色・デザインのドレスを選ぶのも大切ですが、主役となる新婦よりも目立ってしまう、派手なものは選ばないようにしましょう。

ドレスは肩の出ない、シンプルなデザインを選ぶのが大切です。
マナーを守りつつ、フォーマルドレスで華やかさを演出するには「フレアドレス」を選ぶのも一案です。
ふんわりと優しいシルエットのフレアドレスは、女性らしさを引き立て、上品な印象を格上げしてくれます。
なお、コーディネートを考える際に注意したいのが「足元のおしゃれ」です。
靴はつま先の出るオープントゥ・ミュール・サンダルなどを避ける必要があります。
シンプルで悪目立ちしないパンプスを選ぶのが無難です。
なお、素足もマナー違反となるため要注意です。
肌色のストッキングを着用し、黒いストッキングや網タイツなどは避けましょう。

2.ダイニングバーやレストランの場合

ダイニングバーやレストランなどのセミフォーマルな場で二次会が行われる場合は、フォーマルドレスではなく、少しくだけた服装で参加しても問題ありません。
パーティ向けのワンピースやセットアップスーツなど、きれいめな服装を選ぶと良いでしょう。
なかでも、パンツドレスはスタイリッシュな雰囲気で、気品のあるおしゃれを楽しめます。
かっちりしすぎず、洗練された大人の女性を目指す人にもぴったりです。
披露宴から続けて二次会に参加する場合は、フォーマルドレスをカジュアルダウンさせるために、羽織ものを変えるのも一案です。

【レストランウェディングのメリット・デメリットが知りたい方は下記を見てみてね♪】

人気上昇中♡レストランウェディングのメリットデメリット全部見せます!

たとえば、披露宴では華やかなラメの入ったボレロを着用していた場合は、二次会で光沢のないボレロに着替えると、フォーマル感をうまく控えられます。
また、シンプルなデザインのショールや短め丈のジャケットを持参するのも良い手です。
ドレスは変えなくても、羽織ものを変えるだけで、二次会のラフな雰囲気に合わせやすくなります。
ただし、ややくだけた服装で参加しても問題ないとはいえ、ラフ過ぎる服装はマナー違反になるので要注意です。
Tシャツやジーンズなどのカジュアルな服装や、綿素材のワンピースやドレスなども避けたほうが良いとされています。
また、足元もフォーマルシーンと同様に、つま先の出るオープントゥ・ミュール・サンダルなどの着用を控える必要があります。

3.居酒屋の場合

居酒屋やカラオケボックスなどのカジュアルな会場で二次会を行う場合は、フォーマルドレスを着用すると、かえってその場の雰囲気から浮いてしまう可能性があります。
そのため、わいわいと周りの人と盛り上がるようなカジュアルな会場なら、普段着ではない「よそ行きの格好」を選べば問題ありません。
具体的には、フォーマル度の高すぎないブラウスとスカートの組み合わせや、おしゃれなワンピース・スーツなどを着用すると良いでしょう。
万が一、披露宴からそのままカジュアルな二次会に参加する場合は、フォーマルドレスでは浮いてしまうおそれがあります。
このような場合は、二次会の雰囲気に合うカジュアルな服を持参しておき、途中で着替えるのも手です。
TPOに合わせた服装に着替えると、よりその場の雰囲気になじみやすくなります。

なお、居酒屋などで二次会を行う場合、お座敷に通される可能性があります。
そのときに、ワンピースやスカートだと、ふとももや膝が露出して気になってしまいがちです。
こうした場合に備えて、大判のスカーフやハンカチを持参すると便利です。
さらに、バッグは大ぶりなものよりも小ぶりなものを選ぶと、特別感がありおしゃれな印象がアップします。
また、カジュアルな会場であっても、過度に露出の多い服装は避けたほうが無難です。
肩や胸元が露出したキャミソール・タンクトップなどは、着用を控えましょう。

年代別ドレス選び

1 2 3 4
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む