2017.12.1

結婚式の見積り*項目ごとの注意点*式場見学前に必読

結婚式・基礎知識
adviser
230 views

【結婚式の見積もりの項目について解説!】 結婚式に向けて希望に胸ふくらむプレ花さん向け~☆これを読めば見積もりの見方、もらい方、進め方の基本がわかる、見積もりの教科書。ブライダルフェアや式場見学に行く前に読めば無敵☆です!

結婚式の見積もり基本9項目の注意点とチェックポイント

式場により見積もりの形式は違うけど、基本は同じ。まずは基本の9つの項目について見てみましょう!

税込か税別かで金額は大きくかわるので、必ず確認を!

結婚式の見積もり*項目1. 料理関連費

結婚式費用の約1/3を占める料理・飲料はゲストの人数で大きく変動する項目です。

料理の見積もりチェックポイント*後から上がりやすい項目

◆料理

見積もりののランクの内容は?

料理のコースの内容を写真などで見せてもらいましょう。

料理はゲストの満足度に直接かかわる重要ポイントです。

見た目の美しさやボリューム、メインの食材などを確認しましょう。

見積もりの料理がイマイチならばランクアップが必要です。

他にも高齢者用やアレルギー対応はなど特別仕様の料理を頼んだとき追加料金や、お子様料理の金額や年齢層についてもきいておきましょう。

 

◆ドリンク

飲み放題のドリンクコースの飲物の種類を確認しましょう。

ドリンクコースにもランクがあり、ワインや日本酒など含まれていないことも。

ゲストからオーダーがあったとき、追加料金が発生します。

さらにビールの量に上限が設定されていることもあるので、注意が必要です。

乾杯用のシャンパンがプランに含まれているかも確認を!

ところで、乾杯にシャンパンを使わないという選択肢もあるんですよ!
フリードリンクの範囲内で乾杯すれば、シャンパンは不要です。

【飲物の持ち込みは可能?】

演出として、ゲストに喜んでもらうためにこだわった銘柄のワイン・日本酒・焼酎などを持込むことができるかを確認しましょう。

 

◆ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンクは別料金が一般的ですが、見積もりから漏れていることもあるのでチェックを!

 

◆ウェディングケーキ

生ケーキの場合はどれくらいのケーキなのか写真を見せてもらいましょう。

どんなデザインが選べるのか、オリジナルデザインだといくらになるのかも知りたいところ。

ケーキ入刀は演出とみなされてケーキ入等料金がかかることもあるので、こちらも確認を!

 

セレモニーケーキ(フェイクケーキ)を選択したときの料金はいくらでしょう。

生ケーキよりもリーズナブルになりますので、セレモニーケーキを選択し、かわりに人気のデザートビュッフェを取り入れるカップルも。

デザートビュッフェの金額も合わせて確認したおきたいですね!

 

結婚式の見積もり*項目2. 挙式・会場関連費

挙式会場・披露宴会場・会場スタッフにかかわる費用です。

◆挙式料

挙式は婚姻を成立させる儀式のことで、教会式・神前式・人前式などがあります。

挙式スタイルによって費用は違います。一般的に相場が高いのは教会式で10~20万円、安いのは人前式で5~10万円です。

生演奏、フラワーシャワーなどの演出、挙式会場の装花は別料金となります。

 

人前式は会場費とプログラムで使用する小物の実費くらいしかからず、披露宴会場で行うなど工夫次第でリーズナブルに挙げることができます。

 

◆会場料

披露宴会場の使用料。変動のない項目です。

サービス料の対象になる会場もあります。

親族や新郎新婦の控え室料が含まれているかを確認しましょう。

 

◆音響・照明

一式いくらの見積もりのときは、基本料金に何が含まれるのか、何が追加料金になるのかがチェックポイントです。

カラオケ使用料や、ムービーを持ち込んだときのプロジェクターやスクリーンの使用料などがオプションとなることもあります。

使いたいBGMに著作権料が発生することもあります。

これは申請に時間がかかるので早めに式場に相談を!

 

◆席料

テーブルセッティングやコーディネートにかかる料金で、ゲストのチェアカバー代がオプションとなっていることも。

子供も含めたゲスト人数に対してかかります。サービス料の対象にもなります。

見積もりに含まれていないときは要確認!

 

◆介添料(アテンド料)

当日花嫁にずっと付き添って、案内したりドレスのすそを整えたりするスタッフにかかる料金です。

会場費に含まれていることもありますが、見積もりにはいっていない場合は確認した方がいいでしょう。

 

◆司会者

結婚式を盛り上げ、滞りなく進行してくれるプロ司会者の料金。

知り合いに司会ができる人がいるなら、司会者の持込がOKか聞いてみましょう。

 

結婚式の見積もり*項目3. 装花関連費

結婚式会場を華やかに彩る装花。

見積もりの装花はどことどこが含まれ、ボリュームはどのくらいか写真などで確認しましょう。

場合によっては装花のランクアップや追加の装花が必要なことも。

装花が貧相だと、会場の雰囲気が寂しくなってしまうので、お金をかけるところとカットするところにメリハリつけて☆

また、装花を自分たちで外部の業者に注文することはできるのかも確認しておきましょう。

 

◆メインテーブル装花(高砂席)

メインとなる新郎新婦席の装花です。一番視線が集中する場所で、ふたりの結婚式のイメージを決める重要な装花になります。

デザインや色、花の種類など、こだわりたい項目です!

 

◆ゲストテーブル装花

ゲストのテーブルの中央に飾る装花で、テーブルの数だけ必要です。

テーブルが増えると価格も上がります。

ゲストの目を楽しませるものなので、ここもある程度はこだわりが欲しい項目。

 

◆セレモニー装花

挙式会場の装花で、披露宴会場とは別になっているのでご注意!

祭壇まわりを飾る祭壇装花と、ゲストが座るベンチの横に飾るチェアフラワーがあります。どこまで含まれているかを確認しましょう。

別料金で花びらを敷き詰めたバージンロードなどもあるようです。

 

◆ブーケ・ブートニア

ブーケも生花にするか造花にするか、デザインや使う花の種類で価格はさまざまですが、生花で3万円くらいになります。

白いウェディングドレスに合わせた挙式用のブーケ、お色直しのカラードレスに合わせたブーケ、ブーケトス用のブーケと、全部揃えれば値がはる項目です。

ブーケを手作りしたり、お色直しのブーケを別に準備せず、リボンなどでイメージチェンジすることで節約する花嫁もいるよう。

装花費用ではありませんが、生花のブーケを美しいまま保つ保存加工サービスもあります。価格は数万円かかり、後で思わぬ追加費用になることも。

 

◆贈答用花束

披露宴で両親などに贈呈する花束は、一束5千~1万円ほど。

花束のかわりにプレゼントを準備するカップルも。

 

他にもオプションの装花はいろいろ!

◆ヘッド装花

花嫁のヘアスタイルも花でコーディネートする場合は別料金が必要です。

人気の花冠や腕につけるリストレットなども、アイテムごとに料金が発生します。

 

◆ウェディングケーキ装花

ケーキ本体や周囲に花を飾るケーキ装花で、生ケーキを選んだ多くの花嫁が取り入れています。

ケーキカットのシーンは、ゲストも近くで撮影し、写真もたくさん残りますので、華やかなケーキ装花は人気です☆

この時カットするナイフにつける飾りは別料金になります。

 

◆その他のオプション装花

・キャンドル装花      ・・・キャンドルサービスする場合のメインキャンドルを飾る装花

・ウェルカムボード装花 ・・・会場入り口でゲストをお出迎えするウェルカムボードを飾る装花

・玄関まわりの装花     ・・・会場入り口を彩る装花

 

◆写真に残りやすい、手元を飾る装花

・マイクフラワー

・ケーキナイフやトーチの装花

・グラスフラワー 新郎新婦の乾杯用グラスを飾る装花

 

テーマを決めて会場全体をコーディネートするおしゃれ花嫁が増えています。

生花でなくドライフラワーを多用したり、小物を飾ったりすることで、センスよく装花のボリュームをダウンすることも可能!

farnyでも卒花の会場装飾レポートがたくさん見られます!ぜひ参考にしてみて☆

 

結婚式の見積もり*項目4. 衣装・ヘアメイク関連費

衣装・ヘアメイクはは花嫁が一番こだわりたい項目で、金額も大きい部分。

ベールダウン・シャツチェンジ・お引き上げ料など、聞きなれないブライダル特有の料金がかかります。

衣装・ヘアメイクとも持込が可能ならば自分で手配すればコストダウンに。

会場によっては持込不可の場合もあるので要確認です☆

 

◆新郎新婦衣装

ウェディングドレスのレンタル料金にもランクがあり、見積もりのレンタル価格や衣装プランでは好みのデザインが見つけられないことも。

ドレスのデザインはこだわりが強くなりがちなので、後から追加費用が発生しがちな項目です。

自分で外部のレンタルドレスショップで借りて持ち込めば、持込料(保管料)を支払っても費用を抑えることができます。

 

◆衣装小物

衣装を決定するときに一緒に小物も決めていきます。

ドレス本体のほかに、シューズ、ブライダルインナー、パニエ(スカートを膨らませるペチコートのようなもの)、グローブ、ベール、ティアラ、イヤリングなどが必要。

レンタル料金を確認し、購入するべきものも判断。

プランについていることもありますが、内容を確認しておいた方が◎!!

 

◆新郎新婦着付け・ヘアメイク

ヘアメイクは一度だけでなく、お色直しの回数などにより小刻みに料金がかかります。和装の着付けも別料金になります。

例えば新婦の場合・・・(金額は一例です)

  1. 事前にリハーサルメイク   ・・・3万円
  2. 挙式のヘアメイク      ・・・5万円
  3. ベールアウト(披露宴前ベールをはずす)  ・・・5千円
  4. 披露宴中にお色直し    ・・・3万円
  5. 引き上げ料(結婚式終了後、メイクを普段どおりに直す) ・・・1万円 (又は二次会向けのヘアメイク)

合計すると結構な金額に!お色直しの回数が増えると料金も追加になります。

【リハーサルメイク】は結婚式前にヘアメイクのイメージを打合せするためのもので、別料金となります。

【ベールアウト】は挙式後、ベールをはずしてヘアスタイルを整えることで、それだけで3千円~5千円の料金が!

同じく新郎も【シャツチェンジ】という名目で料金がかかります。(自分で着替えてもかかるそうです。)

聞きなじみのない【引き上げ料】。結婚式終了後にメイクを普段どおりに直すことです。

ヘアメイク料金がプランや一式となっている時は、どこまで含まれるか確認しましょう。

 

後で追加になりがちな項目は・・・

◆両親の衣装レンタル・着付け・ヘアセット料金

両親のモーニングや留袖などのレンタル料金は最初の見積もりには入っていません。

式場以外で手配もできますが、金額は確認しておきましょう。

 

◆女性親族の衣装レンタル・着付け・ヘアセット料金

遠方からの親族・ゲストのために、式場で着付けやヘアセットを手配することもあるでしょう。

ゲストに負担してもらうケースもありますが、おもてなしの一部として新郎新婦が負担することも。

 

結婚式の見積もり*項目5. 印刷物(ペーパーアイテム)

印刷物は、全てデザインやテイストを揃えるのがおすすめ!

式場で手配する場合も、外部で発注する場合も、自分たちが叶えたい結婚式のイメージに合っているかどうかで選びましょう。

印刷物は持込料がかからないケースもあり、スタンプやハトメなどを使って手作りするつわもの花嫁も!

節約の面で考えると、手間がかかるわりには節約金額はやや少なめです。

時間とアイデアがあって、楽しんでトライできる場合はぜひ挑戦してみては?

 

◆招待状印刷

あらかじめゲストに出欠の確認をとって、正確な数の招待状を送付すれば無駄がなくなります。

招待状を送付するための切手や、返信用はがきは別にお金がかかるので、そこもご注意を。

切手のデザインにもこだわりたいものです。

 

◆招待状筆耕料

筆耕料は宛名書きの代行のことで、頼めば一通200~300円で書いてもらえます。

もちろん自分で書けば節約に。

特に字が上手でなくても、自分の字で丁寧に書けば気持ちも伝わるかも。

 

◆芳名帳

受付に置き、ゲストに住所・氏名を書いてもらうもので、新郎側・新婦側で2冊必要です。

これも自分で準備可能。

上品なバインダーとプリントした用紙があれば事足ります。

 

◆席次表

受付を済ませたゲストに渡すもので、披露宴会場のテーブルの配置とゲスト名が書いてある紙です。

自分の席の場所と、他にどんなゲストが招かれているのかが分かります。

最近では海外のウェディング風に席次表でなく「エスコートカード」で席の場所を案内することも。

 

◆席札

ゲストのそれぞれの席におかれる名前が入ったカードです。

レザーに名前を刻印したタグなど、ユニークなデザインも。

 

◆メニュー

ゲストにふるまう料理が記載されたもの。

料理名を知ることでよりいっそう料理を楽しんでもらうことができます。

 

◆ご祝儀保管袋

「これはいったい何?」と思われる方もいるでしょう。

ゲストからのご祝儀を保管する袋で、両家それぞれにいるので2つ必要です。

式場でも準備してあり、有料です。

受付が終わったら受付担当のゲストから、両親に渡されます。

ご祝儀は一般的に結婚式の間、両親・親族が保管することになります。

ご祝儀保管袋も事前に準備しておくとプチ節約に。

ご祝儀はかさばるのでまちがあってファスナーなどで口が閉まるものがいいでしょう。

 

その他にも、ふたりのプロフィールブックを準備するケースも。

 

結婚式の見積もり*項目6. 写真・映像

写真撮影で必ず確認しておきたいのはデータを納品してもらえるかどうか!

式場で焼増ししてもらうためにデータをもらえない場合も。

データがあれば、自分でアルバムを発注したりもできるので、ここは押さえておきたいところです。

式場提携のカメラマンを選ぶこともでき、人気カメラマンは指名料が別途かかります。

写真・ムービーとも外部で手配すると割安に。

持込料は要確認です。

 

◆記念写真

両親や親族に配る、ふたりのキメポーズを撮影した台紙付の写真です。

二人と両親、親族一同などの集合写真もあります。

後日親族に配る場合は焼増し料金がかかります。

見積もり料金には何カット撮影で現像が何部含まれているのかを聞いておきましょう。

 

◆スナップ写真

結婚式当日の二人に密着した追っかけ写真撮影のことで、結婚式の流れに沿って、その時その時の二人の表情を捉えた臨場感あふれる写真です。

カメラマンの指名により費用が上がったり、時間が延長になると追加料金の発生もありますので注意!

 

カメラマンを外部で手配することにより、持込料を支払っても節約になるケースも。

式場で注文すると、受け取るカット数で価格が決まっていることもあります。

撮影したたくさんの写真の中から必要なカットを選んでいるうちに足りなくなってカット数を増やし、追加料金となることも。

一方外注のカメラマンの場合、カット数は無制限というところも多いようです。

 

◆アルバム作成

アルバムもグレードがあり、価格にランクがあります。

どのようなアルバムなのか、1冊追加するにはいくらかかるのかを確認!

多くの場合新郎新婦・両家用で3冊必要です。

データで写真を受けとれるなら、自分たちでアルバムを発注すればコストダウンに。

 

◆記録ムービー

挙式から披露宴まで、結婚式当日の感動をそのままに動画に残すのが記録ムービー。

感動の挙式・ゲストの笑顔やイベントの内容を編集したDVDで受け取ることができます。

 

◆ウェルカムムービー

披露宴で新郎新婦が入場する前に流すオープニングムービーで、ご挨拶やふたりのプロフィールなどが主流です。

 

◆エンディングムービー

映画のエンドロールのように、披露宴終了後にゲストの名前やスタッフの名前を流すもので、ゲストへの感謝の気持ちを表すものです。

ムービーはプロに頼むとクオリティーが高いものができあがりますが、ふたりが工夫をこらして個性的なムービーを自作するカップルも!

もちろん自作すればコストダウンにもなります。

 

◆式場の前撮りプラン

結婚式に先駆けて、式場内のロケーションで前撮りをするプランがあります。

オプションを追加すればロケーション撮影も。

多くの場合、結婚式当日と同じアテンドやヘアメイク、カメラマンがついてくれるので、安心して任せられるという利点もあります。

 

◆フォトシューティング(当日撮影)

前撮りや後撮りでなく、当日挙式前・披露宴前・お色直しの中座・披露宴後の、ちょっとした時間で撮影をすることをフォトシューティングといいます。

自分たちのために飾り付けされた会場で撮影できるのと、家族やブライズメイドなどと一緒に撮影できるもの魅力です。

 

結婚式の見積もり*項目7. 演出

演出はたいていオプションで、別に料金がかかります。

人気の演出と費用を確認しておきましょう。

フラワーシャワーなど一般的な演出でも別料金がかかることがあります。

自分たちで余興やイベントを企画すれば、演出にかかる費用は抑えることができます。

 

結婚式の見積もり*項目8. 引出物・引菓子

◆引出物・引菓子

ゲストのおもてなしには引出物も重要ポイントですね!

ゲストの年代などにより、内容を変えて「贈り分け」をするカップルも増えています。

最初の見積もりで選べるギフトの内容は確認しておきましょう。

後からランクアップで追加料金が発生しがちな項目です。

 

◆紙袋

引出物を入れる紙袋にも、250~600円×引出物数のお金がかかります。

自分たちでキャンバス地やジュート製のトートバッグを準備するカップルも。

スタンプやプリント加工でふたりらしくデザインしたオリジナルのトートバッグもおしゃれでいいですね!

 

◆プチギフト

挙式後のお見送りなどに、ゲストに感謝を込めたプチギフトを準備することも。

入浴剤やお菓子、ふたりの名前入りのオリジナルギフトなど、バリエーションはいろいろ。

プチギフトは自分たちで準備したけれど、配る時に使用したかごに、レンタル料金がかかったというケースもあるようです。(!)

 

結婚式の見積もり*項目9. サービス料

料理・飲物・席料などに対し、10~12%のサービス料がかかります。

会場によっては披露宴使用料にもかかることがあります。

もともとはチップの代わりとして導入されたもので、サービス料がある会場ではスタッフに対する心づけを断ることもあるようです。

 

結婚式で必要になる見積もり以外の費用

見積もりに入っていない費用も馬鹿になりません。

式場以外でかかる費用や、後から追加になってしまう費用なども考慮しておきましょう。

  • 招待状の切手代
  • 結婚指輪・リングピロー
  • ウェルカムボード
  • 両親へのプレゼント
  • 女性ゲストの着付け・衣装・ヘアセット
  • 交通費・宿泊費
  • お礼(挨拶・乾杯の音頭・受付・余興・二次回幹事)
  • 心づけ(スタッフに)
  • 打合せ交通費・当日会場までの送迎(タクシー代)
  • 式場での前撮り
  • 結婚報告はがき
  • ブライダルエステやネイル
  • BGMの著作権料

 

平均100万円上がる!?*見積もりが上がる理由とは

ブライダルフェアや式場見学に行くともらえる見積もり。

「案外安くてほっとした~」なんて思った方、しばしお待ちください。

卒花のなんと【7割】が見積もりから最終費用が上がったと答えています。

上がった金額は平均100万円。いったいどうして見積もりは上がるのでしょう?

 

式場が出す初期見積もりは最低限の項目

なぜ見積もりは上がるのでしょう!?

他の式場と比較して高いと思われたくないから

単純に合計金額だけで他の式場と比較し、「ここは高い!」と思われたら困る!

そんな気持ちから最低ラインの見積もりを出してしまうようです。

 

最初はふたりの希望が固まっていないので

どんな結婚式を挙げたいのか、まだふんわりしか決まっていない・・・

そんなときはこだわりポイントややりたいことがわからないので基本プランで出すしかないこともあります。

 

ではどう対処すればいいのか、流れを見ていきましょう!

 

どう進める?見積もりで見る式場選びのステップ

ステップ1. いろいろなブライダルフェア・式場見学に参加!

ブライダルフェアや式場見学は、雰囲気を見るためにぜひ何件も行ってみることをおすすめします!

デート感覚で楽しみながらホテル・ゲストハウスなどいろいろなタイプの式場を見てみましょう。

 

ここで重要な注意点!

見学1件目で即決はヤメテ*もっと見て決めたかったと後悔するケースも!

結婚式場はゴージャスな非日常の空間。

初めて見学にいくと夢のような雰囲気にのまれ、気分が舞い上がって冷静な判断ができないことも。

「新郎様、新婦様」とスタッフからプリンス・プリンセスのように扱われ、うっとり・・・

そんな状態で式場スタッフから、「今日決めていただくとこれだけ割引になります。明日になると割引はなくなります!」などと押されるとうっかり契約(本予約)してしまうことも!

後でキャンセルするとキャンセル料も発生します。比較検討して納得の式場選びがおすすめ!

 

◆気になる会場はあとまわしに!そして大本命は最後に見学に!

何件も式場見学をすれば、冷静に結婚式場の良し悪しを見る目がついてきます。

そうなってからいよいよ気になる式場に行ってみましょう。

式場では、「初来館成約特典」を準備していることも。大本命は最後に行って、「初来館成約特典」をゲットしましょう!

 

ステップ2. ふたりの結婚式の条件を決める

何件か結婚式場を見学して、ふたりの希望が具体的になってきたら・・・

式場候補を絞り込むために、結婚式の条件を話し合いましょう!

 

両親の意向も確認しつつ、事前に決めておきたいポイントとは?

◆ゲスト人数

◆ふたりが結婚式にかけられる予算

◆挙式スタイル(教会式・神前式・人前式など)

◆日取り(何月)・お日柄を気にするかどうか

◆どうしてもゆずれないポイントややりたいこと

 

ステップ3. 結婚式場を絞り込む

条件が明確になったところで、気になる2~3式場をピックアップ!

両親に途中経過を報告し、同意を得ておきます。

式場のキャンセルにはキャンセル料がかかるので、ここは慎重に!

大本命の式場には最後に行きましょう。

ここからは本気の見積もりをもらっていきます!

 

ブライダルフェア・結婚式場見学に行き、ふたりの予算を伝えた上で、見積もりをもらったら・・・

  1. プランや項目ごとのランク・内容をひとつずつ確認 写真などで具体的に
  2. 内容が不足のものはランクアップ
  3. やりたいこと・演出を伝える
  4. 希望のランク・希望の演出を全部盛り込んでもう一度見積もりを出してもらう

 

ステップ4. 候補の式場に同じ条件で見積もりをもらう

候補の式場から同じ条件で見積もりをもらいます。

比較検討しやすくするためです。

 

ステップ5. 最後に本命の式場へ見学に行く

同じ条件で見積もりをもらいます。

本命の式場が気に入ったなら、価格交渉してみましょう

納得できたら即申し込みもアリ。

予約金(内金・手付金)5~20万円を支払って契約(本予約)します。

迷うときや両親に相談したいときは「仮予約」できる式場も!

無料で1週間程度日取りを押さえてくれます。

 

結婚式の見積もりは値切ることができるの?

「結婚式はおめでたいことなので、値切るなんてできないのかと思っていた!」

そんな人も多いでしょう。でも大きな金額のお買い物です。

新生活のためにも、資金は大切にしたいもの。

ぜひ価格交渉にもチャレンジしてみましょう!

 

◆結婚式の見積もり、価格交渉のポイントは?

  • 価格交渉のタイミングは契約前、見積もりをもらった時
  • 他の式場の見積もりを持参、「どちらにするか迷っている」と伝えて値引交渉
  • 別料金の演出をサービスでつけてもらえないか交渉する

 

値引きを約束してもらえたら、必ずその内容を反映させた見積もりをもらっておくことです。

結婚式の見積もりであとからクレームになるのは、口約束で済ませ「言った・言わない」になるから・・・

初回と担当者が同じではないこともあるので、見積もりは条件が変わるたびに何度でももらいましょう。

 

結婚式の見積もりで費用を下げられる項目

見積もりの項目について基本的なことがわかったところで、次は結婚式の節約ポイントについて見ていきましょう。

シーズンや日取りを変更する

ふたりとご両親は「お日柄」を気にする?気にしない?

もし気にしないのならばお得なプランが利用できることも!

結婚式の料金は人気のシーズン・日取りだと割高になり、逆に人気のないシーズン・日取りは割安になります。

日程による節約ポイント

オフシーズンで節約*夏婚・冬婚・梅雨婚はお得

日取りで節約*仏滅だとお得

曜日・時間帯で節約*平日・ナイトウェディングはお得

早期予約で節約*1年以上前に予約すると早期割引があることも

直近予約で節約*3ヶ月後に挙式といった直近の予約にはお急ぎ婚割引があることも(日取りは限定されます)

 

挙式タイプ*人前式を選んで節約

婚姻を成立させる儀式が挙式ですが、主に「教会式」「神前式」「人前式」があります。

この中で一番費用がかからないのが人前式。

会場費+結婚証明書などの原価でできるので、工夫次第で格安に。

 

価格交渉する!

契約前(本予約前)のタイミングでぜひ価格交渉してみましょう。

契約前ならば、式場も契約して欲しいのである程度の値引きに応じてくれることも。

契約後の価格交渉はむつかしくなります。

 

≪契約前*価格交渉のポイント≫

◆「こんなこと言っていいのかな?」と思いがちですが*勇気を出して価格交渉を

◆必ず契約前に価格交渉する!

◆何件も式場見学をしてある程度基礎知識をつけておくのがオススメ

◆値引きのタイミングは見積もりをもらった時

◆他の有力候補の会場の見積もりを持参して「他とここで迷っている」と交渉

◆値引きがムリなら、有料オプションをサービスしてもらえるか交渉

持込料をサービスしてもらえるか交渉

 

≪契約後の交渉ポイント≫

プランナーとの信頼関係は大切*これから何ヶ月ものお付き合い、信頼関係を作って何でも言える間柄に

◆その金額が当たり前と思わず、「削れる?何かで代用できる?」と何でも質問してみる

◆節約したいことを伝え、どうやったら節約できるか力を貸してもらう

 

外部で手配して節約*持込料を確認して!

持込可能な項目と持込料は契約前に確認しておきましょう!

持込できない会場の場合、自分で手配しての節約はできなくなります。

 

≪外部で発注して節約になる主な項目≫

◆衣装
衣装はこだわりが強くなりがちな項目。
式場で選ぶと予算オーバーになるところがドレスショップで借りると持込料を払っても節約になることが。

◆カメラマン

◆司会者

◆ヘアメイク

◆引出物
最近話題の「引出物宅配サービス」はゲストにも負担がかからない上に、節約になると人気上昇中!
ゲストのテーブルに引出物が後日届くというお知らせを置くだけなので、持込料もかかりません。

◆引出物の紙袋
式場の名前が印刷されている頑丈そうな紙袋、これにもひとつ250~600円。
自分で準備すれば無地の紙袋なら100円程度で入手可能です。
キャンバス地やジュート製のトートバッグを自分たちで手配するカップルも。

◆芳名帳

◆ご祝儀保管袋

 

ウェディングアイテムの手作り・購入で節約

手作りのウェディングアイテムでおしゃれな結婚式を叶える花嫁急増中!

farnyにも花嫁の手作りレポートがいっぱい!ぜひ参考にしてみて!

 

イメージどおりの結婚式が叶うだけでなく、節約にもなる手作りウェディングアイテム。

卒花から、ハッピーが詰まったウェディングアイテム(中古品)を、安価に譲ってもらうこともよくあるようです!

 

また、ドレスへのこだわりが高じてドレスまでも手作りする花嫁も!

ゼロから作らなくても、ベースとなるドレスを購入し、ビジューやレースで装飾すれば世界に1着のウェディングドレスに。

もちろん持込料を払っても、ものすごい節約に。

≪手作りして節約になる項目≫

◆人前式の結婚証明書

◆受付の装飾

◆ウェルカムスペースの装飾

◆ウェルカムボード

◆フォトプロップス

◆招待状・席次表・席札・メニュー

◆ウェディングドレス

◆蝶ネクタイやサッシュベルトなど、プチお色直しの小物

◆ブーケ・ブートニア

◆ブーケトス用のブーケ(お菓子トスやプレゼントトスも)

◆髪飾り

◆アクセサリー

◆バブルシャワー・リボンシャワー・コンフェッティーなど

◆バルーン

 

演出は自分たちで企画

式場が提案する演出でなく、新郎新婦が自分たちで企画すれば節約に!

新郎新婦自ら、歌って踊るつわものも・・・

でも大げさなことはしなくても、ゲストに喜んでもらえる演出はたくさんあります!

例えば・・・

プチサプライズをちりばめて

新郎新婦がまさかの意外な場所から入場したり、中座するときのエスコート役をその場で指名したり、ゲストを巻き込んだプチサプライズは好評です。

フォトラウンド*キャンドルサービスのかわりに!

プロカメラマンによるスナップ撮影はたいていのカップルが発注するもの。

フォトラウンドは新郎新婦が各テーブルを回り、カメラマンにテーブルごとの写真を撮ってもらうもので、追加の料金は不要です。

この時、盛り上げるために準備しておくといいのが撮影小物。

ガーランドやコミカルなパーティーグッズ、フォトプロップスなどがあればゲストも自然な笑顔に!

くじ引き

プレゼントを準備して、ゲストにくじ引きしえもらうのも単純ですが盛り上がります!

カラードレスの色当てクイズ

あらかじめ受付でカラードレスの色を予想してもらい、正解者にプレゼント!

 

装花を工夫して節約

装花はへたに節約するといかにもいかにも貧相な印象に。

ここはプロのフローリストの力を借りて上手に節約を。

花の種類はフローリストに相談を

花は通年安定した価格で手に入るもの、季節で変動するものがあります。

花の種類をリクエストしたいときは、フローリストに相談してみるのがいいでしょう。

結婚式のテーマやドレスのデザイン、ポイントにしたい色、「ふんわりかわいらしく」、「高貴でシャビーな雰囲気」、「ナチュラルに」とかのイメージを伝えてお任せするのもいい方法です。

グリーンをメインにして節約

グリーンのボリュームを増やすのもコストダウンのポイントです。

花よりグリーンの方が単価が安いため、見た目はおしゃれに仕上げながら節約することができます。

小物を主役にして節約

キャンドルやランタンなど、小物を利用することで花のボリュームが減ってもおしゃれな印象に。

ブーケの数を抑える

通常はウェディングドレス・カラードレスと違うブーケを準備します。

同じブーケでも、存在感のある長いリボンを結んでプチチェンジすれば、ひとつですむことも。

アートフラワーなどでブーケを手作りする花嫁も多いようです。

また、ブーケトス用のブーケは別に準備しますが、これをお菓子ブーケトスにしたり、プレゼントトスにしたりして費用を抑えることもできます。

 

ムービーの自作

ムービーはプロに頼むと5~30万円でできますが、今やケイタイで気軽に動画が撮れる時代。

ちょっと大変だけど、パソコンやケイタイアプリに詳しいならムービーの自作も選択肢に!

ウェルカムムービー、エンドロール、余興としてのムービーなど、ゲストが喜んでくれること間違いなし!

 

結婚式費用の支払い方法

会場によって違う支払いのタイミング

結婚式の費用は高額です!

支払い方法は事前に確認して前もって準備を!

契約(本予約)のときに支払った、予約金(内金・手付金)は結婚式費用に充当されます。

前払い

一番多いのは前払いで、結婚式の1週間前~前日に口座に振込みというパターンです。

注意する点

  • ゲストのご祝儀をあてにしている場合でも、先に現金を準備しないといけません!
  • ATMで1日に引き出したり、振り込んだりできる金額には限度額があります。窓口にいかないと振り込みできないことも。

当日払い

当日払い可能な会場もあります。

ゲストのご祝儀で支払えるので負担が少ないのが利点です。

注意する点

  • ゲストからのご祝儀はいただいてみるまで金額がわかりません。余分に現金の準備が必要です。
  • 当日現金の管理は通常両親や親族がします。おめでたい結婚式ですが、支払いが終わるまでそわそわ落ち着かないかも。

多くはありませんが、後払い可能な式場もあるようです。

 

クレジットカード払いやブライダルローンも

クレジットカード払いがOKな会場ならばカード払いを利用するのもひとつの手。

その際はクレジットカードの限度額を調べておきましょう。

ご祝儀がはいるまでのつなぎとして一括払いで使用するなら、金利もかからず、ポイントもつくのでお得!

分割払いで利用する時は金利がかかるのでよく確認してから使いましょう。

 

他にブライダルローンという選択肢もあります。

これは審査がありますので、あらかじめ申し込みが必要です。

各社金利もいろいろですのでよく調べてから申し込みましょう。

新生活にも影響することなので、無理のないよう計画しましょう!

 

【まとめ】見積もりの項目*見方がわかれば怖くない!

誰もが初めての結婚準備。

よくわからずに任せきりにしていると、こんなはずじゃなかった!なんてことも。

結婚式の見積もりは各会場で形式は違いますが、基本となる項目は一緒です。

いったんわかれば、ちっとも難しくありません!

そして理想の結婚式を叶えながら、賢く節約できるポイントもいっぱい。

こだわりたいところ、削るところ、メリハリをつけて後悔のないふたりらしい結婚式を!

 

高額だからこそ賢く節約したい結婚式の費用*詳しくはコチラ▼


結婚式費用節約のポイント!みんなはどこを削ってる?賢い節約方法とは

ポイントを知って無駄なトラブル回避*両家で相談した方がいいお金の話はコチラ▼


結婚式の費用負担4つの方法*両家で揉めがちなことや予算を抑えるコツとは

クリエイタープロフィール
adviser
結婚式のマナーや式場紹介
ウェディングアドバイザー
プラコレ
関連記事

挙式・人前式が大成功する演出アイデア33選♡オリジナル&面白い&感動の実例集*

adviser
挙式

人前式*誓いの言葉30選【基本~応用11パターン】

adviser
結婚式・基礎知識

可愛すぎる!簡単手作りウェルカムボード45選*格安にDIYできる作り方手順と材料

adviser
手作りDIY

不器用さんでも簡単手作り!席札アイデア&作り方【事例40】ゲストに褒められるアイデア集*

adviser
手作りDIY

【人前式】面白すぎ!演出アイデア30選*周りに差をつけたい花嫁必見

adviser
結婚式・基礎知識