2020.10.10

少人数結婚式の流れが分かる!!*進行例や余興の悩みを解決☆

結婚式・基礎知識
adviser
33454 views
続きをアプリで読む

親族のみや、親族+友人のみを招いた少人数結婚式。流れや進行を考えようとしたとき、意外と困ったりしていませんか?通常の結婚式とやることは同じなのか、司会者は必要なのか、席順に決まりはあるのか…などなど。少人数結婚式のプログラムを考える上で、出てくる悩みを解決していきましょう☆

目次[]
  1. 大人数結婚式と少人数結婚式の違い
  2. 少人数結婚式の1日の流れをチェック!
  3. 余興って必要?食事会で間を持たせる方法
  4. 少人数結婚式での席次注意点

大人数結婚式と少人数結婚式の違い

挙式の流れは同じ。披露宴の流れに違いがあります!

人数に関係なく、挙式をする際は同じ形式となります。親族や友人がゲストの場合は、気心知れた人たちばかりなので、人前式でオリジナルの挙式をしたり、海外で挙式をするカップルも多くいます☆

人数で違いが表れるのは、披露宴から。少人数の場合は、「会食」というスタンスになります。会場も大きなフロアではなく、小会場やレストランといったゲストとの距離感の近い、会場が選ばれています。

では、その他にどんな点が違うのか、具体的に見ていきましょう!!

↓↓

*大人数の披露宴の場合(50名~)

【披露宴の時間】約2時間30分~3時間
【プログラム】定番の演出や余興が細かく組み込まれている
【ゲスト】親族・友人・職場関係・恩人など
【準備期間】3ヶ月~6ヶ月
【雰囲気】式場やテーマによって変化しますが、人数が多いので賑やかになる

*少人数の会食の場合(10名~20名)

【会食の時間】約2時間
【プログラム】食事が中心となり、演出や余興は少ない
【ゲスト】親族や親しい友人が中心
【準備期間】1ヶ月~3ヶ月
【雰囲気】しっかり会話が楽しめる、和やかでアットホームな雰囲気

通常の披露宴に比べて、準備期間とパーティー時間が短い点や、招くゲスト層や雰囲気など、意外と多くの違いがありますね!!会食時間が2時間となると、あまり演出を取り入れることが難しくなりそう…。進行はシンプルな構成が良さそうです☆

少人数結婚式の1日の流れをチェック!

一般的な少人数結婚式当日の流れを見てみましょう。

*新郎新婦が早めに会場入り。ヘアメイクや衣裳を準備

*挙式開始

*終了後、挙式会場から会食会場へ移動

*ゲストが先に会食会場へ

*新郎新婦入場

*新郎からウェルカムスピーチ

*乾杯の発声

*食事スタート

☆演出など(詳しくは下記を参照)

*両家代表挨拶・謝辞

*お開き

受付~挙式終了までが約1時間、会食が約2時間。挙式会場と会食会場が別の場合は、移動や準備に30分~1時間。結婚式自体は、合計約4時間~5時間ほどになります。新郎新婦はドレスアップ、ヘアメイクがあるため、受付開始の2~3時間前には会場に入ります。

余興って必要?食事会で間を持たせる方法

会場がレストランの場合、スペース的な問題やマイク・照明などの演出設備がないことがあり、披露宴のような余興が難しいことが多いです。かといって、ずっと食事だけするのも間が持つか不安ですよね??そこで!食事会でオススメの演出をご紹介します☆

*ケーキカット・ケーキサーブ

ウェディングケーキにふたりが入刀して、ゲストに写真撮影をしてもらう定番演出!食事会でも、ウェディング感を出すことができます☆切り分けたケーキや、デザートビュッフェ形式を取り入れたら、ぜひ新郎新婦から直接ゲストへ手渡ししてください!ワイワイと盛り上がれるワンシーンが叶いますよ♪

*新郎新婦からお酌&写真撮影

食事会会場では、高砂がなく一つの大きなテーブルに全員が囲む場合が多いです。その場合は、ふたりからゲストへお酌をして周るのもオススメ!感謝の言葉と共に、一人ひとりと会話を楽しめます♪そのタイミングで写真撮影もしっかり対応しましょう!!

*生い立ち・馴れ初めムービー上映

会場に上映機器があれば、ムービーもオススメ!!生い立ちムービーなら、親族が登場するので懐かしい写真や映像に盛り上がります。親族でもあまり知らない、ふたりの馴れ初めムービーもウェディングならではで素敵です☆あまり、長すぎると飽きられてしまうので、6~10分程度でまとめましょう。

*懐かしいアイテムで話題作り

ゲストとの思い出のアイテムを飾ったり、ペーパーアイテムとしてテーブルに置いておくと、話に華がさくこと間違いなし!!昔を振り返ることで、両家のことも深く知ることができ、ふたりの成長も感じてもらえるはずです☆

◎少人数という特徴を生かして、ふたりのことだけでなく、親族・友人ゲストに寄り添った演出内容でおもてなしを考えてみると良さそうですね♪

 

▼卒花嫁が体験した少人数パーティーの様子はコチラ!!▼

私たちらしさ盛りだくさん☆手作りアイテムで会場を飾ったグアムでアフターパーティー

少人数結婚式での席次注意点

少人数結婚式であれば、席の配置は大きく2パターンに分かれます。席次は、両親が末席になるように配置。新郎側、新婦側と分けておきます。親族の細かい席次は一度、両親にも確認しておくようにしましょう☆

*長テーブル1つのみ

基本的にはこちらの配置になります。高砂はありませんが、新郎新婦が一番目立つ席へ。ゲストは友人→親族→両親の順で、新郎新婦の近くから席を用意しましょう!

 

*高砂と丸テーブル

30名以上になりそうな場合は、高砂を用意して丸テーブルで余裕を持たせた配置がオススメです!

 

司会者の手配について

1 2
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む