2021.4.25

結婚したら婚姻届を提出して、運転免許証やその顔写真も変更してしまおう!

結婚式・基礎知識
結婚お役立ち情報
795 views

【2022年5月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

運転免許証の変更方法

無事入籍が済んだら、すぐに運転免許証の氏名や住所などの変更手続きを行いましょう。運転免許証の変更は「運転免許証変更届」を提出しなければなりません。提出する場所は警察署か運転免許センター、運転免許試験場などとなります。
お住まいの地域によっては警察署で手続きを行っていない場合がありますので、警察署で変更の手続きを行いたいと思っている方は、事前に公式サイトなどでチェックしておくと良いでしょう。

警察署で届出する場合、受付は平日のみで、土日祝は行っていません。運転免許センターや運転免許試験場では、土日祝でも変更届を提出することができるところがありますから、平日は仕事をしていて時間が取れないという人は、運転免許センターか運転免許試験場へ行くと良いでしょう。

ただし、運転免許センターでは運転免許証を取得したり更新したりするために訪れている人が沢山いますので、待ち時間が長い可能性が高いです。警察署であれば、その時に訪れている人たちの事情にもよりますが、基本的に待ち時間がほとんどなく、5~10分ほどで手続きが完了しますから、平日に警察署へ行くことをおすすめします。

もし結婚のための休暇を取得している場合であれば、運転免許証の変更だけでなく、1日で銀行なども回って全部の変更手続きをすることをおすすめします。

ちなみに、私が運転免許証の変更届を提出したのも警察署でした。警察署には多くの人が訪れていましたが、運転免許証関係の窓口があって、そちらで手続きをしてもらえたので、5分くらいで終了しました。運転免許証の氏名や住所などの変更事項は、免許証の裏側の記入欄に新しいものが記載(裏書き)されることになります。

記入欄がいっぱいになると、その上に新しい記入欄の紙が添付されていきます。私は結婚するまでに引越しがとても多かったので、結婚による変更届を提出した時点で、裏側の記入欄の紙が3枚くらい添付してありました。

そして、結婚して苗字や住所、本籍が変更となりましたので、免許証の裏側の記入欄の紙が5枚になり、運転免許証がかなり分厚くなったのを覚えています。次の免許の更新まで、何か身分を証明するために免許証を提出する度に、分厚い運転免許証に係の方が驚かれるのがとても面白かった覚えがあります。

運転免許証の変更届には、今まで使用していた免許証の他に、本籍地が記載されている住民票が必要です。捺印する必要はありませんが、念のため認印を持っていっておくと良いかもしれません。手続きは無料ですし、免許証を変更しておくことで、保険証などのその他の変更手続きが楽になりますから、面倒がらずに行っておきましょう。

運転免許証の写真は変更されるの?

晴れて結婚もしたし、新妻として運転免許証の写真を新しくしたいと思うかもしれませんが、変更手続きには写真の変更まで入っていません。つまり、免許証の裏だけ変更になって、表は変更しないのです。免許証の顔写真の変更は、基本的には次の更新時を待つしかなかったのです。
実に半数以上の人が運転免許証の写真に満足していないことが分かっており、その気に入らない写真がついた運転免許証を3~5年も持ち歩かなければならないなんて、とても落ち込みます。

しかし、2019年12月に道路交通法が改正されて、いつでも運転免許証の写真を変更することができるようになりましたから、結婚を機に、顔写真を変更してみるのも良いでしょう。
法律改正のおかげで、結婚をしたことで顔写真を変更する人が増えてくるかもしれません。しかも、顔写真は持ち込み可能で、街角にあるスピード証明写真でも大丈夫です。

多くの人が運転免許証の写真に満足しておらず、その顔写真がいつでも変更可能というニュースはもっと大々的に取り上げられてもいいはずなのに、同時期に「運転中のスマホ操作の罰則の強化」のほうが注目されたために、この件はご存知ない方が多いのです。

顔写真の変更手数料が2,250円もするということも、イマイチ人気がない理由となっているのかもしれません。

▽結婚後の事務処理についてはこちら

婚姻届の書き方や手続きって難しい!具体的なフローをチェック

運転免許証用の写真について

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む