2020.7.31

【結婚式に招待されたら】事前に準備しておきたい!ご祝儀のマナーとは

結婚式のマナー
結婚お役立ち情報
138 views
続きをアプリで読む

親戚や友人などの結婚式に招待された際に必要なご祝儀ですが、結婚式のマナーはさまざまあり、ご祝儀袋の書き方にもマナーや正しい書き方があります。

初めて結婚式にお呼ばれされると、ご祝儀袋の正しい書き方や、当日までにどのような準備が必要かなどが分からないという方も多いかと思いますので、ぜひ参考にしてください。

目次[]
  1. 結婚式に招待されたら準備すること
  2. ご祝儀袋の選び方
  3. ご祝儀袋の書き方
  4. ご祝儀袋の短冊と中袋の書き方
  5. ご祝儀袋の渡し方
  6. お祝いする気持ちが大切

結婚式に招待されたら準備すること

親族や友人から結婚式に招待されたら準備することがいくつかあります。結婚式にはマナーがありますので、恥をかかないように新郎新婦をお祝いしましょう。

・招待状の返信をする
結婚式招待状が届いたらまず返信をしましょう。出席する場合2〜3日程で返信するのが好ましいです。逆に欠席の場合はすぐに返信しない方がいいです。遅くても1週間以内に返信しましょう。
また、友人などでやりがちですが、口頭での返事やメールなどで返事するのは避けましょう。多くの人を招待している場合、新郎新婦側で出席の確認の管理がしづらくなってしまいます。必ず返信用ハガキで返信するようにし、届いた招待状は当日まで大切に保管しておくようにしておきましょう。

返信用ハガキを書く際には、毛筆や万年筆、ないのであれば黒色のボールペンを使用します。黒以外の色は使用しないようにしましょう。

・当日の服装の準備をする
結婚式当日の服装にもマナーがあります。主役は新郎新婦なので目立つような派手な格好をせず、品のある服装を心がけましょう。女性の場合、昼間の披露宴であれば光沢のあるドレスを避け、肌の露出は控えましょう。夜の披露宴の場合であれば、イブニングドレスが正礼装になるので露出があっても良いです。また、明るい色のドレスが良いですが、白色は花嫁と被ってしまいNGですので白は避けましょう。

男性の場合は、フォーマルスーツやダークスーツが良いでしょう。色は黒の他にも、グレーやネイビーを着用する人も多いようです。黒のネクタイは喪服のようになってしまいますので避けましょう。ネクタイの色は白やシルバーを選ぶ人が多いです。このように男女ともに身につけてはいけない色など結婚式の服装にはマナーがありますので、当日結婚式にふさわしい格好で参加するようにしましょう。

・ご祝儀の準備をする
ご祝儀とは、結婚式などをお祝いする際に金品を贈るもので、結婚式に招待され出席するのであれば、ご祝儀のマナーを覚えておくようにしましょう。まず、ご祝儀の相場は友人や先輩後輩同僚などであれば、だいたい3万円が一般的な相場です。
4や6などの割り切れる金額は「分かれる」「別れる」などの意味合いがあるので結婚式ではこれらの金額は避けましょう。また4や6や9などの数字は縁起が悪いと言われているので避けるとよいです。

これらを考えたうえでも3万円が1番ちょうど良い金額になるのです。

▽ゲストの服装マナーに関する記事はこちら

結婚式の服装マナーは大丈夫?絶対に避けたい色や服装について

ご祝儀袋の選び方

結婚式でのご祝儀袋、どれを選べばいいのか分からないという方もいるかと思います。結婚式のマナーに沿ったご祝儀袋の選び方などをご紹介しましょう。

・ご祝儀袋が売っているお店
ご祝儀袋はコンビニやスーパーでも売っており、種類が多く置いてあるのは雑貨屋さんや文房具店でしょう。本屋さんや家電量販店にもご祝儀袋は売られているのでチェックしてみてください。また、ご祝儀袋は基本的に黒の筆ペンで書くのが良いとされているので、筆ペンを持っていないのであれば、雑貨屋さんや文房具店で一緒に購入できます。

・水引の結び方に注目する
水引というのは、ご祝儀袋に付いている紅白や金色で結ばれている飾り物のことをいいます。実はこの水引の結び方によって意味が異なってくるので、購入する際には注意して選びましょう。水引の結び方には「結びきり」「あわじ結び」「蝶結び」などがあります。

結婚式でのご祝儀袋は「結びきり」や「あわじ結び」を選びましょう。結びきりやあわじ結びは一度結んだらほどけないので、一度きりのお祝い事に使われます。蝶結びは解けやすく何度も結び直すことができるので、結婚式では基本的に蝶結びの水引は避けるようにしましょう。

また、ご祝儀に包む金額が大きければ大きいほどご祝儀袋も豪華にするとよいです。少額で大きな水引の付いた豪華なご祝儀袋を使用すると失礼になりますので、金額に見合ったご祝儀袋を選んでください。

ご祝儀袋の書き方

ご祝儀袋の書き方にもマナーがあり、正しい書き方があります。ご祝儀袋の正しい書き方を身につけて、恥ずかしくないようにしましょう。

・ご祝儀袋は筆ペンを使用する
ご祝儀袋を書く際、ボールペンや万年筆は使用しないようにしましょう。ご祝儀袋は基本的に黒の筆ペンを使用します。筆ペンがない場合は太めの黒ペンでも問題ないでしょう。

・ご祝儀袋の表書きの書き方
ご祝儀袋に短冊が付いている場合は、短冊に書きます。短冊はあっても無くても、どちらのご祝儀袋でも構いません。
結婚式当日に渡すご祝儀のお祝いの品目は「寿」になりますので、水引より上の真ん中に大き目にお祝いの品目の「寿」の字を書きます。水引より下の真ん中には、氏名を書きます。「寿」より少し小さめに書くと良いです。

また、お祝い品目などが印刷されているご祝儀袋も販売されているので、「寿」と印刷されているのであればそのまま使用して大丈夫です。友人などであれば「HappyWedding」と印刷されているカジュアルなご祝儀袋でも良いかと思います。

・家族でご祝儀を渡す場合
家族などの複数人でご祝儀を渡す場合は、少し表書きの書き方が変わります。家族の場合は、表書きの氏名の部分に、中央に夫の名前、左に妻、子どもと並んで氏名を書きます。基本的に名字を書くのは夫だけで良いでしょう。

ただし、短冊に書く場合は2名までで、直接書く場合は3名までと決められています。家族全員の名前を記入出来ない場合は、代表者一人の名前を水引下の真ん中に書き、左側に小さく「他家族一同」と記入します。この場合、中袋に入れる和紙の上中央に「寿」と書き、下は右から夫、妻、子どもの順で全員分の名前を書きましょう。

・団体でご祝儀を渡す場合
会社などの団体でご祝儀を渡す場合は、表書きに代表者一人の氏名を書き、その左側に小さめに「外一同」と書きます。この場合も中袋に入れる和紙の上中央に「寿」と書き、下に全員の氏名を格上、年齢順に右から書いていきます。同格である場合は五十音順に並べて書きましょう。

▽ご祝儀袋のマナーに関する記事はこちら

結婚式のご祝儀に欠かせないふくさとマナー

ご祝儀袋の短冊と中袋の書き方

ご祝儀袋には、短冊や中袋がセットになっていますので、合わせて使い方や書き方、マナーなどを身につけていきましょう。

・ご祝儀袋の短冊とは
ご祝儀袋には、短冊が付いているものがあります。ご祝儀で使う短冊とは、「寿」などの品名が書かれている細長い紙のことです。ご祝儀袋に短冊が2枚付いている場合がありますが、これは「二重にめでたい」などの意味が込められており、2枚ついていたのであれば2枚重ねて使っても良いですし、もし書き間違えた時などに予備として使っても良いと思います。

また、短冊はあっても無くても良いので、短冊がない場合は、ご祝儀袋に直接書いても良いです。

・中袋の書き方(表側)
中袋や中包みは、お金を包むものとして使われます。中袋の表には、中央に金額を書きます。金額は「金〇萬円」と〇の部分には中に包んだ金額を漢数字で書きます。漢数字は旧字体で書くのが正式とされていますが、最近では新字体で書く人も多く旧字体、新字体どちらで書いても構わないでしょう。金と〇萬円の間に少しスペースがあった方が、バランスよく書くことができます。

・中袋の書き方(裏側)
裏側には、誰からのご祝儀なのか新郎新婦に分かるよう裏側の左下に贈り主の住所と氏名を書きます。水引が印刷されているご祝儀袋もあるので、水引が印刷されているものを使用するのであれば中袋は使わないので、金額や住所はご祝儀袋の裏の左下に書きましょう。

・お札を入れる向き
ご祝儀袋にお札を入れる際のお札の向きにもマナーがあるので注意しましょう。お札は、お札を出す時に紙幣の顔が最初に見えるように入れましょう。お札は、必ず未使用の新札を包みます。新札は銀行で発行することができるので、必ず事前に新札を用意しておきましょう。
銀行の窓口や郵便局の窓口で新札への両替を対応しています。包む際は、中袋の表側とご祝儀袋の表側が同じ方向を向くよう、向きを合わせて包むのがマナーです。

また、結婚式のご祝儀の場合、ご祝儀袋の外側の折り方は、折り返す時に下側が上になるよう上側と重なるように折りましょう。これが逆の折り方になってしまうと、不祝儀の折り方になってしまうので注意してください。

・ご祝儀は袱紗に包んで持ち歩く
ご祝儀は、ご祝儀袋が汚れてはいけないので、直接バッグの中に入れるのは避けましょう。その時に必要なのが袱紗(ふくさ)です。ご祝儀は袱紗に包んで持ち歩くのがマナーです。
結婚式の場合は、明るい色の袱紗を使用しましょう。暗い色はお葬式などに使用されるため避けてください。結婚式当日は、袱紗からご祝儀袋を取り出し、受付の人に渡すようにしてください。

ご祝儀袋の渡し方

ご祝儀袋の正しい渡し方の手順は、以下の通りです。

1.受付の手前で袱紗をバッグから取り出し、受付に向かう。
2.受付で、「本日はおめでとうございます」などのお祝いの言葉を一言伝え、新郎新婦との関係性と名前を伝えます。
3.袱紗からご祝儀袋を取り出し、受付の方に渡す際に、ご祝儀袋の向きを受付の方側に自分の名前が読める向きに持ち変え、両手でご祝儀袋を渡します。
4.渡し終えたら袱紗はバッグにしまい、受付から外れましょう。

お祝いする気持ちが大切

このように、ゲストで結婚式に参加する際は、いくつか事前に準備するものがあり、マナーなどが多くあります。ご祝儀関係のマナーを重点的に紹介しましたが、この他にもさまざまなマナーや用意するものがあるので、事前に調べて余裕を持って準備していきましょう。

余裕があれば、新郎新婦を快くお祝いできます。お祝いの気持ちが一番大切です。

▽結婚式マナーの関連記事はこちら

知らないと恥ずかしい!?結婚式での常識的な花嫁マナーと作法

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む