2020.3.29

これで安心!結婚式での【友人代表スピーチ】失敗しないコツ完全攻略まとめ

結婚式のマナー
結婚お役立ち情報
92 views
続きをアプリで読む

親友の結婚式で、友人代表としてスピーチを頼まれたとき、嬉しい反面、緊張や不安を感じる方も多いのでしょうか。

そこで今回は、スピーチで失敗しないポイントと、スピーチ文の作り方、本番での話し方、感動を呼ぶスピーチの特徴など、スピーチについてご紹介します。

目次[]
  1. 失敗しないためのポイント
  2. スピーチの基本的な構成
  3. 涙を誘う感動的なスピーチにするコツ
  4. 本番でのポイント
  5. 事前準備のポイント

失敗しないためのポイント

スピーチの内容を考える前に、失敗しないためのポイントを抑えておきましょう。

1.忌み言葉を使わない

結婚式はとてもおめでたい席です。ですから言葉遣いには十分に注意をして、縁起が悪いとされる忌み言葉を使わないようにすることが大切です。たとえ感動を呼ぶ内容のスピーチであっても、忌み言葉が使われていれば台無しですね。基本的なマナーとして、言葉選びは慎重に行いましょう。

結婚式での忌み言葉は、去る、切る、帰る、離れる、戻る、破れる、割れるなど、「別れ」をイメージする言葉です。これらに加えて、滅びるや朽ちる、涙、病気、苦しむ、枯れるなど「不幸」をイメージする言葉もタブーです。
戻る、帰るなど、つい使ってしまいがちな言葉も含まれますから、スピーチの原稿を書き上げたら、忌み言葉が使われていないかを必ずチェックしましょう。

たとえば、
・1つのケーキを二人で仲良く「分けて」食べました。→1つのケーキを二人で仲良く「一緒に」食べました。

・このスピーチの「最後に」□□ちゃんへのメッセージを伝えさせていただきます。→このスピーチの「結び」に□□ちゃんへのメッセージを伝えさせていただきます。

・「去年」の春に、プロポーズされたの!と打ち明けられたとき→「昨年」の春に、プロポーズされたの!と打ち明けられたとき
などなど、ついうっかり使ってしまいそうな言葉が多いので気をつけたいですね。

また重ね言葉と呼ばれる、同じ意味の言葉や同じ言葉を繰り返す表現も避けましょう。2度繰り返すことが、別れにつながる「再婚」をイメージさせるので、よくないとされているのです。
再度、再び、繰り返し、再三、皆々様、次々、わざわざ、くれぐれも、またまた、重ねがさね、たびたびなどの重ね言葉があります。

忌み言葉や重ね言葉は、別れる離れる、殺すなどよほど露骨でなければ、気付かれないことも多いのですが、中には言葉遣いに厳しいゲストやご親族がいるかもしれません。できる範囲で注意しましょう。インターネットでは、無料で使える忌み言葉自動チェックツールもありますから、そのようなサービスを利用するのも1つの方法です。

2.ウケを狙わない

友人代表だから盛り上げよう!とウケを狙う必要はありません。プロの芸人さんとは違い、スピーチに不慣れな一般人の場合は、無理にウケを狙うと失敗する確率が高くなります。結婚式のスピーチに求められるのは、「誠実さ」です。
ウケを狙って自分が注目を集める必要はありません。主役はあくまでも新郎新婦です。友人の結婚を心から喜ぶ気持ちと、二人の良さを伝えること。友人を褒めて、褒めて、そして心から祝福する気持ちを伝えることが一番です。

最近ではカジュアルな披露宴も増えてきましたが、結婚披露宴は新郎新婦にとって神聖な儀式です。また、ご家族との縁組の儀式でもあります。親族の方はもちろんのこと、新郎新婦の上司などさまざまな方が出席しますから、友人同士のノリで砕けすぎたスピーチも、おすすめできません。

▽スピーチを依頼されたときに関する記事はこちら

結婚式で友人スピーチを任された!慌てないためのダンドリとは

スピーチの基本的な構成

スピーチの構成は、
(1)導入
(2)自己紹介
(3)友人とのエピソード
(4)新郎新婦へのメッセージ
(5)結び
という形式が一般的です。

(1)導入

祝辞を述べるのが一般的です。また、新郎新婦や親族の方が立って祝辞を聞いておられる場合は、導入の後に「みなさま、どうぞご着席ください」と、伝えてリラックスしていただきましょう。緊張すると、この一言を忘れがちです。スピーチの台本に、着席を促す言葉としてメモしておきましょう。

【文例】
「〇〇さん(新郎の名前)、□□さん(新婦の名前)、並びにご両家のご親族の皆様、本日は誠におめでとうございます。かしこまると益々緊張しそうなので、ふだんどおり□□ちゃんと呼ばせていただくことをお許しください。みなさま、どうぞご着席ください。」

(2)自己紹介

簡単な自己紹介をし、新婦とどのような関係なのかを述べましょう。

【文例】
「ただ今ご紹介にあずかりました、□□さんと高校時代から親しくさせていただいております、鈴木寿子と申します。ご指名により僭越ではございますが、お祝いの言葉を述べさせて頂きます。」

(3)友人とのエピソード

新婦の人柄が伝わるように、具体的なエピソードを話しましょう。

【文例】
「高校1年で知り合い、クラブ活動が一緒だったこともあってすぐに仲良くなりましたね。私は、練習をサボることも多かったのですが、□□ちゃんは一度も練習をサボらないがんばり屋さんでした。1年生の後半からレギュラーとして活躍し、バレーボール部の支柱として、みんなから信頼されていましたね。でも、それを自慢することもなく、いつも自然体なのです。自然体で努力して結果を出せる人、それが□□ちゃんです。
それに比べて不熱心な私は、なかなかレギュラー入りできません。彼女と自分を比べて、劣等感を抱くこともありました。レギュラーになれないので選手を諦めて、マネージャーに転向しようかなと彼女に相談したところ、親身になって話を聞いてくれて、少しでも選手を続けたい気持ちがあるならいっしょに頑張ろう!と励ましてくれました。
そして、部活の後に公園で秘密練習をしようと誘ってくれたのです。サーブやレシーブのコツなど、□□ちゃんの持つ技術と知識を余すことなく伝えようと、一緒懸命に指導してくれましたね。彼女自身の練習に加え、私のための練習にまで力を尽くす□□ちゃんの懐の深さ、心の優しさにどれほど感謝したことでしょう。おかげで3年生の引退まで、選手として頑張ることができました。あのときは、本当にありがとう。」

「同じ年でありながら、お姉さんのように頼りになる□□ちゃん。でも、ちょっぴりドジなところもあります。そんなギャップも彼女の魅力の一つだと思います。」

「□□ちゃんとはガールズトークもたくさんしました。理想の結婚相手についても語り合いましたね。□□ちゃんは「おおらかで包容力のある人、顔もイケメンならいいなー。贅沢かな?」って言ってましたね。○○さんを紹介されたとき、優しい瞳で□□ちゃんを見守る○○さんを見て、あのときにあなたが語った贅沢な理想像にぴったりの旦那様だと、とっても嬉しくなりました。」

4.新郎新婦へのメッセージ

新婦に向けては「末永くお幸せに」と祝福の言葉を、新郎に向けては「新婦を幸せにしてください」というお願いの言葉をメッセージにして伝えましょう。

【文例】
「□□ちゃん、おおらかで包容力のあるイケメン?の○○さんと、素敵な人生を歩んで行ってくださいね。○○さん、どうか□□ちゃんを末永く幸せにしてあげてください。お二人の幸せを心よりお祈りしています。」

5.結び

最後のしめくくりです。

【文例】
「拙い挨拶ではございますが、これをもちましてお二人へのお祝いの言葉とさせていただきます。本日は誠におめでとうございます。」

▽友人代表スピーチに関する記事はこちら

【例文あり】成功する結婚式の祝辞とは?!主賓・上司のスピーチから友人代表スピーチまで

涙を誘う感動的なスピーチにするコツ

感動的なスピーチの肝となるのが、エピソードです。親しい友人だからこそ知っている、新婦の人柄を表すエピソードを思い出してみましょう。

そして、「おめでとう!末永く幸せに!」、「これからも応援しているよ!」という気持ちを込めると、あなたの友人を思う気持ちが伝わり、ゲストの胸が暖かくなるスピーチになるはずです。

本番でのポイント

新郎新婦へ話しかける内容のときは新郎新婦と目を合わせるようにし、エピソードの紹介では、なるべく前を見て話しましょう。
素敵な内容のスピーチでも、下を向いて話していたのでは、祝福ムードが伝わりにくいですね。同様に、笑顔を心がけて明るく、ハッキリと話すよう心がけることもポイントです。

スピーチは誰でも緊張します。緊張して手や声が震えたり、頭が真っ白になったりすることがあるかもしれません。でも、緊張が伝わっても、恥ずかしいことではないのです。友人のために馴れないスピーチをする姿は、却って新郎新婦やゲストの感動を呼ぶことでしょう。
親友の結婚を心から祝福する気持ちが伝われば、上手なスピーチでなくても、きっとみんなの心に響きます。

また、本番では話し始める前と、話し終わった後に礼をするのも忘れないようにしましょう。まず、司会者があなたの名前を呼んだら、着席したまま軽く礼をします。これは、同じテーブルのゲスト対してのお辞儀です。

その後、席から立ってゲスト全員に向かって一礼します。結婚式場のスタッフが椅子を引いてくれることが多いので、慌てて立ち上がる必要はありません。起立して一例したら、マイクスタンドまで進みます。マイクの前で、新郎新婦に向かってお辞儀をします。その後、再び、ゲストに向けて一礼しましょう。

最初の導入部では謝辞を述べますが、「〇〇さん、□□さん、並びにご両家のご親族の皆様、本日は誠におめでとうございます」でもう一度お辞儀をします。そしてスピーチが終わったら、ゲストに向かってお辞儀したあと、改めて新郎新婦に向かってお辞儀をします。
自分の席に向かい、着席前に再度お辞儀をした後、同じテーブルのゲストに向けて軽く一礼します。

スピーチの読み上げだけでなく、お辞儀のタイミングの練習もしっかりとしておきましょう。また、スピーチをしているときに、マイクの高さが合わなくても、自分で調節する必要はありません。会場のスタッフが適切な高さに調節してくれるはずです。

事前準備のポイント

友人代表としてのスピーチは、3分~4分程度に納めるのがポイントです。長くても5分以内に収まるようにしましょう。400字詰めの原稿用紙に2枚~3枚程度が、スピーチで3分~4分以内に収まる長さとなります。

必ず、スピーチの原稿を書いて、何度も読み返し、伝わりやすい話し方を練習しましょう。

▽スピーチに関する記事はこちら

絶対に失敗しない!スピーチをする友人と新郎新婦が知っておきたいマナー

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む