2022.7.8

お通夜や葬式で香典を出す時に知っておきたいコト、入れ方、相場、そして書き方はどうしたら良い?

結婚式のマナー
結婚お役立ち情報
3130 views

【2022年8月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

人とのつながりが増えると、慶弔事に出席する機会は自然と増えるものですが、お通夜や葬式などもその一つではないでしょうか。お通夜や葬式に参列する際には香典を持参しますが、金額の相場だけではなく、お札の入れ方や書き方に至るまで、たくさんのマナーがあります。

ここでは、香典について知っておきたいコトをご紹介しましょう。

目次
  1. 香典はいつお供えするのが良いのか?
  2. 新札やボロボロのお札はNG
  3. 香典には相場があります
  4. 遠方で葬式に参列できない時にはどうする?
  5. 香典の金額は多いと失礼にあたる?
  6. 香典袋のお札の数は奇数にする
  7. お札の入れ方
  8. 香典袋の書き方
  9. 香典の金額に合わせて香典返しを辞退

香典はいつお供えするのが良いのか?

人が亡くなると、一般的にはお通夜と葬儀の両方が行われます。葬式よりもお通夜の方が先に行われるわけですが、日取りによっては亡くなられた日の当日に行われることもあるため、訃報を受けてからあまり時間がないというケースが少なくありません。

お通夜と葬式の両方に参列する際には、香典をお供えするのはお通夜の時がマナーです。お通夜には参列せずに葬儀だけ、という場合には、お葬式の際にお供えすることになります。

やってはいけないことをおしえます!

1 2 3 4
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む