2020.1.22

水引の形や金額などNG盛りだくさん!今から知っておこう「ご祝儀袋マナー」

結婚式のマナー
結婚お役立ち情報
1515 views
続きをアプリで読む

新郎新婦にとって新しい門出となる結婚式。大切な日であるからこそ、ご祝儀もきちんと贈りたいですよね。
でも「ご祝儀っていくら入れて、どんなふうに書けばいいんだっけ?」「何かご祝儀袋に関するルールがあったと思うんだけど…どんなことだったっけ?」と悩んだ経験はありませんか?
結婚式というのは「儀式」でもありますので、色々とマナーがあります。

マナーをしっかり守った上で花嫁、花婿をお祝いしたいからこそ、失敗のないように「ご祝儀の基本」を今のうちに学んでおきましょう。

目次[]
  1. まずはご祝儀袋を選びましょう
  2. ご祝儀にいれるお金、金額は?
  3. ご祝儀袋の書き方
  4. ご祝儀の表側の書き方
  5. 先輩カップルの失敗団!「ご祝儀袋失敗エピソード」
  6. まとめ

まずはご祝儀袋を選びましょう

ご祝儀袋って、最近では100円均一などでも売っていたりしますよね。しかも、とてもお洒落で可愛かったりするのでついつい購入したくなってしまいます。
でも実は、「ご祝儀袋にもルールがある」ことをご存知でしたか?

・ご祝儀袋にも格があった! 金額と釣り合う袋を選ぶのがコツ。
ご祝儀袋は基本的に「包む金額の100分の1」を目安に選びましょう。
例えば金額が5万円なのに「100均のご祝儀袋が可愛かったから、これにしちゃった!」は、実はNGなのです。反対に、1万円しか包んでいないのに「せめてご祝儀袋にはお金をかけよう!」と500円以上の豪華なご祝儀袋を選ぶ、これもNGです。

すなわち、「入れた金額と釣り合う袋を選ぶ」これがポイントです。

・色々種類があるけれど、どこをポイントとして購入すればよい?
前述したように、ご祝儀は「入れる金額」によっても袋のデザインが異なる上、最近の風潮ではそこに可愛いイラストやカラフルな模様が施されたものが出てきています。基本的なご祝儀袋を選ぶのであれば、基本は「白」です。そして、「のし」がついているもの。これも大事なポイントですよね。

「のし」というのは、昔、アワビを薄く伸ばせて乾燥させたものを贈り物に添えていたという慣習がありました。いわばこの「のし」は、当時の「のしアワビ」の名残と言えます。
のしを使うのはお祝い事に限定されますので、ご祝儀を選ぶ際のポイントとしてはまず「のしがついているもの」を選びましょう。

・ご祝儀袋を選ぶ際の「絶対NG」は?
必ず「結び切りの水引き」を選ぶようにしましょう。デザインが可愛いからとうっかり「蝶結び」を選ばないようにご注意ください。蝶結びは「ほどいて何度でも結ぶことが出来る」ので、結婚式では避けられます。

また、ご祝儀袋は前述したように様々なデザインのものが販売されていますが、そうしたカラフルなデザインは友人や後輩、同僚の結婚式の際に使用することをお薦めします。
先輩や上司の結婚式の際には、定番のデザインである「白」のご祝儀袋を使うようにしましょう。それから前述したように、「のしはお祝いの特徴」であることから、のしのついていないご祝儀を使うのもNGです。

ご祝儀にいれるお金、金額は?

金額についてもマナーがあります。まず、絶対に「偶数」は避けましょう。これは「分かれる=別れる」ということから避けられています。

それから金額の相場も大体決まっています。「1万円」は結婚式に出席しない場合か、或いはご自身がまだ未成年の場合。
ただし、未成年の子供と一緒に親として参加する際には、親のご祝儀袋に入れてしまうケースも多いです。小学生以下の場合は1万円、中学生以上の場合は2万円が相場ですが、一緒にいれた合計金額が偶数にならないよう注意しましょう。

「3万円」は友人や会社の同僚の場合、身内や親族の場合ですと「5万円」が相場となっています。

・お金の入れ方にもルールはあるの?
あります。ご祝儀のお金自体は中袋から取り出しますが、その際のルールと言うものも存在します。
具体的には、「表側」から出した場合には、お札に印刷されている人物絵が「表側」「上側」に来るようにするのがポイントです。すなわち「表側の袋から出したらすぐ人物が見える」というのが正しい入れ方です。

・お金は新札の方がいい?
やはり新札を準備される方がほとんどですが、間に合わなかったら新札以外でも構いません。もし新札を準備する場合には、銀行や郵便局に行けば変えてもらえます。
なお、最近ではATMなどでも新札対応してくれるところがありますので、大変便利ですね。

▽ご祝儀の相場に関する記事はこちら

ご祝儀っていくら包めばいいの?意外とわからない結婚式のご祝儀の相場一覧

ご祝儀袋の書き方

・毛筆を使うのが一般的
ご祝儀袋の準備も整い入れる金額も準備したら、それではいよいよ、ご祝儀袋の「書き方」ですね。ご祝儀袋の名前の書き方にも、いろいろとマナーがあるのです。

まず、ご祝儀に書く文字に関しては「毛筆」を使うのが一般的とされています。ボールペン、万年筆はNGです。
また、濃くはっきりと書くことも大切です。それというのも、薄く書くのは「お悔やみの時」に使うからです。今回はお祝いの席ですので、黒い濃い毛筆(墨汁ではなく毛筆ペン代用で大丈夫です)で書くようにしましょう。

・中袋の表紙
では、まず「中袋」からです。ご祝儀袋によって、中に入っているのが中袋か、或いは中包みかに分かれますが記載のルールは一緒です。
中袋「中央」に、はっきりと「金〇萬円」と記しましょう。

一般的には「旧字体」を使うとされていますが、最近では新字体で書く人も増えてきています。参考までに、新字体と旧字体です。
(1)一「壱」 (2)三「参」 (4)五「伍」 (6)七「七」(漆を使うという説もありますが、一般的には七で良いとされています。) (7)10「拾」 (8)万「萬」 (9)円「圓」となります。

円については「圓」を使わず「円」そのままで記載している方も多くいらっしゃいます。
また、中には「〇萬円也」という「也」という文字を見かけたことがある方も多いと思いますが、こちらは10万円以上の場合につけますので、それ以下の金額であればつけなくて大丈夫です。

【豆知識】文字のバランスをとるためには、少し大きめに、かつ「金」と「金額」の間に少しスペースを設けるとよいでしょう。

・中袋の裏側「連絡先と名前を記載」
中袋への記載は、表のご祝儀袋を外してしまった時に「誰からのご祝儀か分からなくなってしまう」ことを配慮し、その気遣いから記載するようになりました。
そのため、この書き方にルールはありません。手紙を出す際、裏側に自分の住所を記載しますが、あのような感覚で書いてしまって大丈夫です。

郵便番号から始まり、住所(都道府県から書きましょう)、建物名と号室も記載。自分以外に一緒にご祝儀を入れた人がいるのであれば、その人の名前や住所(同住所内であれば住所は割愛)も記載しておくことをお忘れなく。

ご祝儀の表側の書き方

さて次にご祝儀の表側の書き方です。一番、失敗したくない部分ですよね。この場合、ひとりの名前で渡すのか、或いは連名が必要なのかでも書き方が異なってきます。

・その前に、お祝いの名目は?
「すべて手書きでいきたい!」という方以外は、すでに「寿」と印字されているものを使用することをお薦めします。それというのも、寿という文字はバランス的にも難しいので失敗するリスクが高かったり、満足いく字が書けないリスクがあるからです。
また、「寿」と入っていないものを使う場合には、「結婚式などのお祝い目的」として制作されていない可能性(お祝い一般を対象にしている可能性)が考えられることから、ご祝儀袋を選ぶ際のNG項目としてあげた形のデザイン(蝶結びになっていたり、のしがなかったりなど)のリスクも高いので、最初から「寿」が印字されているものであればそういう心配も不要となります。

【個人名を書く場合】
水引下の中央部分に、「寿」よりも少し小さな字で記載します。会社などの肩書も添える必要がある場合にはそのスペースを考えて記載すると良いでしょう。
肩書等は小さめに書くのが一般的です。

【夫婦連名の場合】
中央に夫の名、その左隣に妻の名を書きます。
名字は夫にのみつけてもいいですし、両方に名字をつけても大丈夫です。

【家族連名の場合】
右から夫、その次に妻、三番目に子供の名前となります。
連名については直接書くのは三名までとし、短冊内に書く場合には二名までを限度とします。自分がどういう形でご祝儀を渡すのかを考えた上で、連名が書きやすいものか否かを選ぶことをお薦めします。

【代表者のみ名前を書く場合】
親族4名以上でご祝儀袋に入れた場合には、代表の方のみ名字と名前を記載し、その他の親族の方は「他 家族一同」と小さく書いておきましょう。
ただしその家族名が分かるように、別途小さな紙に全員の名前を記載しておくことをお薦めします。

【日本語じゃない場合の記載方法】
最近では海外の企業や外国人のご友人も会場に来ることが増えてきていますが、可能であればカタカナで記載するようにしましょう。
カタカナ記載も難しい場合はアルファベットで、ただし「縦書き」で記載するようにするとよいでしょう。

▽表書きのマナーに関連する記事はこちら

表書き、袱紗のおさえておきたいポイントは。ご祝儀袋の書き方マナー

先輩カップルの失敗団!「ご祝儀袋失敗エピソード」

・水引「蝶結びNG」は絶対のルール!
初めて結婚式に参加する人は「ご祝儀袋に種類がある」なんて…なかなか分かりませんよね? そこで、知らずに買った可愛いご祝儀袋が…NGの「蝶結び」。
その方はご友人から「これは結婚式用じゃないよ」と指摘を頂けて気づけたようですが、新郎新婦に深くお詫びしたそうです。

初めてであれば、こうした失敗は無理もないですよね。失敗から学んで「次回からは失敗しない」ようにすればよいのです!

・手書きで失敗! 
手書きで記載した際に、ご祝儀袋の表に「結婚式祝」と四文字記載してしまったという体験談もありました。基本的に「割れる=偶数」は、結婚式ではNGですので覚えておきましょう。
また、初めての結婚式で緊張してしまい、ついつい自分の名前ではなく「新郎新婦の名前を書いてしまった」という可愛い失敗談もありました。

まとめ

結婚式は新郎新婦にとって大切なメモリアル。盛大にお祝いして送る側として、ご祝儀袋のマナーをしっかり守るようにしましょう。
「失敗するかもしれないから不安」という方は、最初に他の紙で練習し、項目が間違えていないか確認して大丈夫であることをチェックしてからご祝儀袋に清書するようにすると、より安心できますよ。

▽ご祝儀のマナーに関する記事はこちら

知らないと恥をかくマナー~ご祝儀袋の表書きと中袋の書き方

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む