2019.12.22

結婚式に出席するならショートヘアのアレンジはどうする?

結婚式のマナー
結婚お役立ち情報
1417 views
続きをアプリで読む

親しい人の結婚式に出席するなら、念入りなドレス選びに加えてヘアアレンジだって楽しみたいものです。ドレスにぴったりの素敵なヘアスタイルが決まれば、当日はさらにお祝い気分が増すことでしょう。
でも、いざとなるとどんなヘアスタイルにすればよいか悩んでしまうのではないでしょうか。

ロングやセミロングであればアレンジはいくらでもありますし、ある程度の長さがあれば結婚式当日に美容院に行って美容師さんにお任せしてしまうこともできます。
その点、ショートヘアは美容院に行くほどではないように思えますし、自分でアレンジするのは難しく思えてしまいます。

ショートはダウンスタイルもあり?

結婚式には、ダウンスタイルで参加するのは基本的に良くないとされていますが、実際には厳格な結婚式以外はそんなことはありません。最近では長めの髪であってもダウンスタイルで参加する人も増えていますし、特にショートヘアならダウンスタイルもOKといっても良いくらいです。

というのも、ロングやセミロング、ミディアムヘアのダウンスタイルは清潔感に欠けてしまうものですが、ショートヘアならそんなことはないからです。カジュアルな結婚式であれば、むしろそのまま出席した方が場の雰囲気に合うということも考えられます。
といっても、前髪無しのボブスタイルなどはお辞儀をすると髪が顔にかかってしまうのであまりよくありません。また、食事をする際にも髪の毛を手で押さえなくてはいけないとなると、人によってはよく思わない場合もあります。

やはり、結婚式に参加するなら清潔感を意識したスタイルが第一に優先したい事項といえるでしょう。

▽ショートヘア関連記事はこちら

結婚式までに髪を伸ばすのは古い常識?!思い切ってオシャレにショートヘアにする?

アクセサリー1つでアレンジ

その点、ショートやベリーショートとなるとそういったことがないので、ダウンスタイルそのままで参加するのもありです。とはいえ、せっかく華やかな結婚式に参加するのですから、自分だって楽しみたいと思うのも当然です。
さすがにベリーショートともなればどうしてもアレンジの幅は狭くなってしまいますが、ショートに入るくらいの長さがあればかわいくアレンジして出席するのがおすすめです。

ダウンスタイルで大ぶりのアクセサリーを一つだけサイドにつけるというのも良いでしょう。セミロングヘアで付けるよりもショートなら一層アクセサリーが映えるものです。
ベリーショートの女性も、親友の結婚式に招待されたなら少し伸ばしてアレンジを加えてみるというのも良いのではないでしょうか。

また、ショートヘアなら、前髪やサイドを華やかなクリップで留めるだけでもおしゃれ感を演出できます。サイドの髪を耳にかけてクリップで留めるだけという簡単アレンジも素敵です。
クリップ留めは、両サイドともではなく片方だけというのもおしゃれです。留めていない方はふんわりとボリュームを持たせれば、結婚式の雰囲気によりふさわしくなるでしょう。
クリップで留める時も、こめかみの髪をねじるようにしてから留めればまた違ったアレンジになります。さらに、こめかみ部分で一度ねじり、その下あたりの髪も別にねじって2本をまとめてからクリップで留めるとまた雰囲気が変わります。

他にも、いつもの雰囲気を少しだけ変えたいと思ったなら、ゆるくパーマをかけてふんわりしたスタイルにするのも良いでしょうし、長さのあるところだけを自分でコテで巻いてアレンジするというのも良いでしょう。
逆に、いつもウェーブがかったショートであったなら、キレイなストレートヘアにすると結婚式の華やかな雰囲気にマッチしてとてもおしゃれです。

決してだらしなく見えないよう、結婚式にふさわしいヘアスタイルを選ぶようにしましょう。

アレンジでNGなのは…

もしもショートで前髪が長目といった場合なら、前髪やサイドを留めるのは、清潔感を保つためにも重要なポイントとなるはずです。気を付けておくべきなのは、当日の主役である花嫁さんより目立つアレンジをしないということだけです。
アクセサリーを選ぶ際も、花をモチーフにしたものや白っぽいものは避けておくと良いでしょう。結婚式当日に花を飾るのは花嫁さんの特権ですし、白い色も同様です。

小ぶりで目立たないような花モチーフを下の方に付けるというのならOKですが、造花であっても目立つものはやめておいた方が無難です。ゲストが付ける花はコサージュのみと覚えておきましょう。

ショートアレンジ サイドの編み込み

ショートヘアでアレンジする方法は、他にもたくさんあります。例えば、サイドの髪を編み込んで軽く結わえるというのも華やかさが増して素敵な雰囲気になります。編み込みの中にリボンをつけ足してみるのも良いでしょう。
結わえる部分にもアクセサリーをプラスしておけば後ろ姿も決まります。もしも髪の毛の長さが足りなくて結わえることができないといった場合には、編み込んだ左右それぞれの毛束を後頭部でピンで留めてから、ピンが隠れるようにバレッタなどでしっかり留めてしまいましょう。

これで左右の毛束が1本にまとまっているように見せることができます。そして、下に下りている髪は毛先に少しだけ動きを加えてあげるのがおすすめです。
毛先をつまむようにして、外はねなど自由に動かしてみて、良さそうなところでスプレーなどを使って軽く固めます。

結婚式と披露宴両方に出席するなら、長時間キープできるようにハードタイプのスプレーを使います。

ショートアレンジ ハーフアップ

また、編み込みと似たようにスタイルでハーフアップという方法もあります。これはショートボブにおすすめのスタイルですが、耳から上の髪を後ろで結んでハーフアップにしてくるりんぱをし、あとは髪の毛を引き出すだけでOKなので簡単です。
とても簡単にできる割にぐんと華やかさをアップさせられるので、お金をかけずにできておすすめです。ハーフアップは、髪の毛を取る時にきっちりではなくルーズに取るのがコツです。
ただし、髪を結ぶ時はきっちり結ばないと、式の最中に髪の毛がバサバサと出てきてしまりがなくなってしまいます。

また、結び目が中心にきていないと決まらないので、合わせ鏡でチェックするのも忘れないでおきましょう。最後はくるりんぱしただけでもナチュラルな感じで良いですし、好きなアクセサリーで留めるのも素敵です。ドレスに合わせてチョイスしましょう。

さらに、ハーフアップをするなら、トップの髪に膨らみを与えるとより一層華やかな雰囲気が出てきます。髪の毛を後ろで緩めに束ねたら、頭頂部をわしづかみにするような感じで髪の毛を軽く引き出します。
ただし、髪の長さに注意して、毛先がでてしまわないようにしましょう。また、髪を引き出す時は片方の手で結び目を固定しておくと結び目が崩れずきれいな仕上がりになります。

さらに、耳の前に一筋程度の後れ毛を出すと女性らしさもアップしておすすめです。

▽ショートヘアのヘアアレンジについてはこちら

自分でできるショート&ボブの簡単ヘアアレンジ

ショートにオススメのヘアアクセサリー

ショートヘアでも、アクセサリーを一つつけるだけでも結婚式にぴったりな華やかな雰囲気が出せます。前述したハーフアップにバレッタを付けるというのもそうですし、ヘアピン1本でも素敵なものがあれば仕上がりがまったく違ってきます。
また、カチューシャならはめるだけというシンプルさで結婚式の雰囲気にマッチするものがたくさんあります。カジュアルな結婚式であれば布地のカチューシャでもかわいいものがたくさん出回っていますし、パールやジュエリーがついたタイプならはめるだけでエレガント且つ大人可愛い演出ができてしまいます。

カチューシャはどんなものでも結婚式にはマナー違反といった意見もありますが、最近はフォーマル用のカチューシャがたくさん売られていますし、結婚式の雰囲気に合わせて選んでみると良いでしょう。

シュシュなども、光沢があるサテンやベロア調のもの、透け感のあるシフォンなど華やかなタイプであれば結婚式に付けていっても問題はありません。季節に合わせて、秋冬の結婚式ならベロア調、夏ならシフォンを選ぶというのも素敵なチョイスですし、サテンであれば季節を選ばずいつつけてもOKです。

ドレスとコーディネートする楽しみも味わえるので、ヘアアレンジしづらいショートヘアの方には特におすすめです。ただし、カチューシャの場合、あまりキラキラしたタイプだと花嫁さんとかぶってしまうこともあるので気を付けましょう。
ティアラや王冠に見えるものもあまり良いとはいえません。主役はあくまでも花嫁なのです。

それから、ショートヘアにアクセサリーといえば忘れてならないのがイヤーアクセサリーです。ピアスやイヤリングはショートヘアこそ目立たせることができるアクセサリーなので、結婚式ならぜひ力を入れて選びたいものです。
普段は決してつけることのできなさそうな大ぶりのタイプも、結婚式に出席するならぴったりです。ヘアアクセサリーやコサージュ、ネックレスなどとおそろいのものを選ぶというのも良いのではないでしょうか。

ヘアスタイルはダウンスタイルでも、アクセサリー次第で結婚式にふさわしい雰囲気になるはずです。

ショートでも美容院が良い?

前述したように、セミロングやロングなら、プロの技でアレンジしてもらうのが一般的かもしれません。でも、ショートでもやはり美容院でセットしてもらえば自分ではできないような素敵な雰囲気を作ってもらうことができます。
プロの美容師さんなら髪の毛について知り尽くしていますし、バック部分は見づらいので自分ではどうしてもおざなりになってしまいます。また、ブロー一つとっても家庭で使うドライヤーとは機能が違います。

他にも、シャンプーやトリートメントも違いますし、時間に余裕を持って行けばヘッドスパをプラスすることもできるでしょう。
頭皮や首肩のマッサージをしてもらえば、むくみが取れて式の間中晴れやかなスタイルをキープできるはずです。

▽ゲストの髪形マナーについてはこちら

結婚式ゲストの髪型マナーとは?タイプ別おすすめスタイルも一挙紹介

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む