2022.7.8

結婚式でネイビースーツをかっこよく着こなすためのポイントやマナー*

結婚式のマナー
DRESSY IDEA
14066 views

【2023年1月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

結婚式でNGな服装とは?

結婚式に出席する際の服装マナーについて、知っているのが当たり前とされているものでも意外と知らないものもあります。
こちらでは、どんな服装がNGと呼ばれているのかを見ていきましょう。

・白いスーツ
先述したように、白スーツは新郎が着るものです。そのため、出席する側が白スーツを着てしまうと、新郎と被ってしまうのでおめでたい席でありながら気まずさが出てしまいます。結婚式そのものが「新郎新婦が主役」の場です。
主役と被るような服装は、もっともしてはいけないこととして知られています。

・黒いスーツ
黒いスーツ自体が禁止されているわけではありません。むしろ、フォーマルなスタイルなので結婚式にも着て行く人がいるのではないでしょうか。
しかし、黒いスーツに黒いネクタイだと喪服との違いが分からなくなってしまいます。そのため、おめでたい席でありながらも、どこか不吉さを出してしまうのです。
本人に悪気がなくても、周囲からの視線でそう見られてしまうと、せっかくの新郎新婦も結婚式に水を差されるような気持ちになってしまいます。特に、結婚式というおめでたい席で「黒いネクタイ」はタブーと言っても過言ではありません。

基本的に「雰囲気が暗くならないように」すれば問題ないと言われています。黒スーツと黒ベストを着用する場合は、ネクタイを少し明るいカラーにしましょう。

・派手なスーツ
スーツの中には柄物もあります。芸能人などがよく着用しているので、柄物スーツに抵抗がある人は少ないかもしれません。ただ、結婚式というおめでたい席に「悪目立ちするスーツ」は歓迎されません。白いスーツ同様に、主役の印象が薄くなってしまうからです。
むしろ「私を見て!」というコーディネートは、黒スーツに黒ネクタイ以上にマナー違反として考えられている傾向があります。

基本的に、結婚式は無地にするのが当たり前と言われていますが、近年は少し違っていて目立ちにくいストライプなどはマナー違反に入らないと考えられているようです。

・ビジネススーツ
社会人になったばかりでマナーに詳しくない若い世代に多いのですが、結婚式にビジネススーツで出席する人も少ないながらいます。しかし、ビジネススーツはマナーとして結婚式にはふさわしくないという考えが持たれているのです。
仕事をしている人にとって、ビジネススーツは普段着のようなものです。つまり、結婚式に「普段着で出席している」と考えられてしまうので歓迎されません。
同じスーツだから大丈夫、と考えずに冠婚葬祭用のスーツも持っておくようにしましょう。

靴はどうするべき?

結婚式と聞くと、スーツにばかり目が留まりがちです。そのため、出席当日になって「靴を決めていなかった!」と焦る人も少なくありません。
結婚式の靴として、もっともふさわしいデザインに「ストレートチップ」があります。黒の内羽根ストレートチップは、フォーマル度が高いので結婚式に履いていっても問題ないだけではなく、ビジネスシーンでも活用できるので「結婚式でしか使わなかった」ということも防ぐことができます。

靴の部分で失敗したくない人は、黒の内羽根ストレートチップタイプを選ぶことをおすすめします。

▽服装マナーに関する記事はこちら

結婚式に相応しい男性ゲストの服装選び

覚えておきたいマナーは???

1 2 3 4
次のページ
ウェディング診断