2019.9.30

0 この記事をクリップ

結婚式に相応しい男性ゲストの服装選び

結婚式のマナー
結婚お役立ち情報
254 views

結婚式に招待されると、服装について悩まれる方は多いのではないでしょうか。

男性は基本的にスーツスタイルですが、ビジネススーツで良いのか疑問に感じられる方もいらっしゃると思いますので、スーツの着こなしについてご説明させていただきたいと思います。

おすすめのスーツの色とは

一般的には黒、グレー、ネイビーを選んでいただければ間違いないと思います。無地以外でも派手過ぎなければ、ストライプ柄やチェック柄を選んでも問題ありませんが、柄が大きくなるとカジュアル感が強い傾向になりますので細かな柄のスーツを選ぶようにしましょう。基本的には黒色は定番カラーで、フォーマルな場面にはピッタリです。最近ではネイビーの人気も高まっています。ビジネスシーンで着用される方も多く、フォーマルシーンでも着用いただけるので、様々な場面に対応できる万能色ではないでしょうか。また、グレーはカジュアルな印象ですが、普段のビジネスシーンでも使えるという点で選ぶ方が増えています。ストライプ柄や英国風なデザインもスタイリッシュな雰囲気が出せるので、個性を出したい方におすすめです。

また、ジャケットパンツのツーピースよりベストもセットのスリーピースの方がフォーマル感が増すのでお勧めです。ベストも普段使いできるので、この機会に一式揃えてみてはいかがでしょうか。

加えて、スーツのジャケットのタイプにシングルとダブルの2種類があります。ダブルの方がよりフォーマルな印象ですが、シングルの方が普段使いができるという点ではシングルを選ばれる方が多い傾向にあります。ただ、フォーマル用と普段のビジネスシーン用にそれぞれ用意して使い分けをする方もいらっしゃいます。どちらが良いというのではなく、スーツ一式揃えるとなると高額という点もあり、着用する機会に合った選択をしていただき活用できると良いでしょう。

▽ブライダルウェアの服装マナー関連記事はこちら

ブライダルフェアの服装マナー【女性&男性編】

着用NGのスーツの色とおすすめのYシャツカラー

新郎が着用する衣装の色と被らないように白やシルバーは選ばないようにしましょう。結婚式は新郎新婦が主役ですので、ゲストが目立ってしまわないように気を付けることをお忘れなく。

Yシャツについては、白の襟付きのYシャツを選んでいただければ良いでしょう。襟幅も標準のものがカジュアルにならず一般的です。また、白以外でも薄めのピンクや水色、黄色などを選んでも問題はありませんが、派手すぎる色は避けるように気を付けます。最近はボタンダウンのシャツも人気ですが、カジュアルウエディングの場合は良いですが、フォーマルウェディングの場合は避けましょう。選ぶのに迷う場合は一般的なシングルボタンの白シャツを着ていくことをお勧めします。あくまでもゲストですので、主役の引き立て役という立場で参加するようにしましょう。

ネクタイの色、靴について

基本的には白か薄めのグレー、光沢のあるシルバーグルーなどのネクタイを選びます。パステルカラーなども明るさが増して結婚式のイメージにピッタリです。ドットやストライプ柄も人気がありますが、派手すぎない色柄選びをするように心がけましょう。着用NGカラーは黒です。喪服のイメージがありますので、お祝いの場では避けましょう。

靴の色は黒で素材は革もしくはエナメルの紐付きのデザインを選びましょう。紐付きだとフォーマル感が出ます。また、靴のつま先のデザインについてはストレートチップとプレーントゥの2種類が結婚式にお勧めです。

ストレートチップとはつま先近くに横に一本線が入っており、フォーマルシューズと言われるデザインです。一方でプレーントゥとはつま先に特徴的なデザインはありませんが、シンプルで使いやすい一足です。素材についてはエナメルの方が革靴よりも華やかな印象ですので、個性を出したい方はエナメル素材を選ぶと良いでしょう。穴飾りが特徴のウイングチップはカジュアル感が高いので、二次会などで着用するには問題ありませんが、結婚式や披露宴では控えましょう。

また、靴の羽根と言われる靴紐を通す部分には「内羽根式」と「外羽根式」の2種類があります。紐を通す部分が内側に縫い付けられているのが「内羽根式」でフォーマルな場面で着用するのに相応しく、一方で外側に縫い付けられている「外羽根式」ですとビジネスや普段使いに適しています。

また、結婚式にふさわしくない靴としてはスニーカーやブーツなどのカジュアルスタイルのものや、ワニ革なども縁起が良くないので避けるようにします。

以上のことから男性ゲストが履く靴は黒の内羽根式ストレートチップを選ぶのが良いでしょう。

靴下やポケットチーフなどの小物の色

結婚式で着用する靴下の色は基本的には黒で無地のものを選ぶようにします。ネイビーやグレーを選んでも問題ありませんが、柄物や白の靴下は避けてください。白やオフホワイトは新郎が着用する色の靴下です。また、スニーカーソックスなどのカジュアルなものは避け、パンツの裾から素足が見えないミドル丈やロング丈を選ぶようにしましょう。靴下の素材も素足が透けて見えるような薄手の靴下ではなく、ある程度通気性の良い透けないくらいの厚みのある靴下が良いでしょう。

ポケットチーフはビジネスシーンでも取り入れている方も多いと思いますが、結婚式で使うポケットチーフの色は白かシルバーがお勧めです。他の色を選ぶ場合のポイントしてはYシャツもしくはネクタイの色に近い色で統一感を出すようにしましょう。素材はシルク、リネン、コットンなどがあります。シルクは光沢感があり、パーティーやビジネスシーンに適しています。昼夜問わず使えるので、1枚あると便利です。リネンは張りがあり型崩れしにくいので、最もフォーマル向きだと言えます。ただし、光沢がないため、昼間の結婚式向きです。コットンはカジュアルファッションのポイントに使用すると良いでしょう。

ポケットチーフの折り方は「スリーピークス」、「ツインピークス」、「パフド」が挙げられます。「スリーピークス」はポケットから角が三つ出る折り方です。最もフォーマル向きです。「ツーピークス」はポケットから見える角を2つにしたものです。スリーピークスより少しカジュアル感が出ます。「パフド」はふんわりとした見た目で優しい印象を与えます。

▽結婚式に必要な小物についてはこちら

結婚式に必要なものリスト*女性・男性・あると便利なもの解説

ネクタイピンの必要性とは

ネクタイピンは必ず付けなければいけないものではないですが、飲食の際にネクタイが固定されていた方が良いということと、コーディネートのアクセントになるため、取りいれられることをお勧めします。色や柄は派手すぎないものであれば華やかな印象に仕上げてくれるアイテムです。

カフスボタンとは

こちらもネクタイピン同様につけなければいけないものではありませんが、袖先のボタンの代わりにつけるアクセサリーです。新郎は必ず付けますし目上の方や上司などは付けている場合がほとんどです。袖先にチラッと見えるほどのさりげないお洒落小物ですが、結婚式だからこそ、普段とは違うお洒落を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ここまで見てくると、一式揃えるとなるとご祝儀も含め、かなりの出費になりそう……と思われる方にレンタルスーツについて見ていきたいたいと思います。

スーツレンタルのサービスとは必要な時だけ借りられるので、費用も抑えられ毎回違う服を着ることができます。サービス内容としてはレンタル可能期間が3泊程度のものと、月極めでおこなう場合や、試着OKなところや申込が当日でも利用できるサイトもあります。結婚式に限らず、急遽必要になるケースもありますので、一時的に必要なものはこのようなレンタルサービスを利用することで出費を抑えることも可能です。

慶事やパーティー用などそれほど頻繁に着用する機会のないものはレンタルサービスを利用してその時々の利用シーンや服のデザインを選ぶことができるので上手く活用してみてください。今回のように慶事で利用する場合は3泊程度が対応可能なところを探すと良いでしょう。また、スーツ単品ではなく、靴や小物もセットでレンタルできると自分で用意する必要がなく揃えられるので、用意する手間もなくお得ではないでしょうか。

最近はレンタルサービスが様々な分野で広がっていますので、自分に合う方法を探してみてください。中にはコーディネートもしてもらえるサービスがあったり、返却時のクリーニング不要のところもあるので、レンタルサービスを扱うサイトを覗いてみると選択肢の幅が広がります。

結婚式に仕事として参加する場合の服装について

結婚式や披露宴の写真やビデオを友人に依頼する方もいらっしゃると思いますが、その方々の服装についても見ていきたいと思います。一見動きやすい服装で良さそうですが、結婚式や披露宴に列席した方々を不快にさせないという意味でも基本のスーツスタイルは必須です。ただし、撮影に支障をきたさない為にもアクセサリー類は外します。また、ゲストの方々が新郎新婦の写真を撮影したりする場合、新郎新婦の近くにいるカメラマンが映り込む可能性があります。
その際にスタッフ同様の服装でなければ、目立ってしまいます。カメラマンは新郎新婦をメインに撮影するため、二人の近くにいることがほとんどですので、黒子的な存在でなければならないのです。きちんとした服装で臨まないと、新郎新婦以外のゲストの方や結婚式場側からも忠告を受けることとなります。新郎新婦に恥をかかせない為にも、必要以上に気を配る必要があることを知っておかれると良いかと思います。ゲスト側からすると結婚式場のスタッフもカメラマンも同じです。新郎新婦をはじめ、ゲストの方々に失礼のない身なり、行動をするようにこころがけましょう。

個性を出すことが必要なのではありません。あくまでも新郎新婦が主役であって、ゲストとしての振る舞いができるように最低限のマナーを知っていただくためにご案内させていただきました。是非ご参考にしていただき、快適な時間をお過ごしいただけることを願っております

▽男性ゲストの服装の関連記事はこちら

【知らないと恥ずかしい?】結婚式の服装マナー!男性のシャツからネクタイまで!

クリエイタープロフィール
結婚お役立ち情報
関連記事

結婚式に招待されたときのマナーはこれでOK!準備から当日まで徹底解説

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式の女性ゲストにNGのアクセサリーがある?知っておきたいマナーとは

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式で女性ゲストが気をつけたい服装マナーとは?年代別おすすめも紹介

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式・披露宴で乾杯の挨拶を頼まれた!例文やスピーチのポイントを知ろう

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式で友人スピーチを任された!慌てないためのダンドリとは

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー