2022.7.8

結婚式に相応しい男性ゲストの服装選び

結婚式のマナー
DRESSY IDEA
7405 views

【2022年12月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

結婚式に招待されると、服装について悩まれる方は多いのではないでしょうか。

男性は基本的にスーツスタイルですが、ビジネススーツで良いのか疑問に感じられる方もいらっしゃると思いますので、スーツの着こなしについてご説明させていただきたいと思います。

目次
  1. おすすめのスーツの色とは
  2. 着用NGのスーツの色とおすすめのYシャツカラー
  3. ネクタイの色、靴について
  4. 靴下やポケットチーフなどの小物の色
  5. ネクタイピンの必要性とは
  6. カフスボタンとは
  7. 結婚式に仕事として参加する場合の服装について

おすすめのスーツの色とは

一般的には黒、グレー、ネイビーを選んでいただければ間違いないと思います。無地以外でも派手過ぎなければ、ストライプ柄やチェック柄を選んでも問題ありませんが、柄が大きくなるとカジュアル感が強い傾向になりますので細かな柄のスーツを選ぶようにしましょう。基本的には黒色は定番カラーで、フォーマルな場面にはピッタリです。最近ではネイビーの人気も高まっています。ビジネスシーンで着用される方も多く、フォーマルシーンでも着用いただけるので、様々な場面に対応できる万能色ではないでしょうか。また、グレーはカジュアルな印象ですが、普段のビジネスシーンでも使えるという点で選ぶ方が増えています。ストライプ柄や英国風なデザインもスタイリッシュな雰囲気が出せるので、個性を出したい方におすすめです。

また、ジャケットパンツのツーピースよりベストもセットのスリーピースの方がフォーマル感が増すのでお勧めです。ベストも普段使いできるので、この機会に一式揃えてみてはいかがでしょうか。

加えて、スーツのジャケットのタイプにシングルとダブルの2種類があります。ダブルの方がよりフォーマルな印象ですが、シングルの方が普段使いができるという点ではシングルを選ばれる方が多い傾向にあります。ただ、フォーマル用と普段のビジネスシーン用にそれぞれ用意して使い分けをする方もいらっしゃいます。どちらが良いというのではなく、スーツ一式揃えるとなると高額という点もあり、着用する機会に合った選択をしていただき活用できると良いでしょう。

▽ブライダルウェアの服装マナー関連記事はこちら

ブライダルフェアの服装マナー【女性&男性編】

着用NGのスーツの色とおすすめのYシャツカラー

新郎が着用する衣装の色と被らないように白やシルバーは選ばないようにしましょう。結婚式は新郎新婦が主役ですので、ゲストが目立ってしまわないように気を付けることをお忘れなく。

Yシャツについては、白の襟付きのYシャツを選んでいただければ良いでしょう。襟幅も標準のものがカジュアルにならず一般的です。また、白以外でも薄めのピンクや水色、黄色などを選んでも問題はありませんが、派手すぎる色は避けるように気を付けます。最近はボタンダウンのシャツも人気ですが、カジュアルウエディングの場合は良いですが、フォーマルウェディングの場合は避けましょう。選ぶのに迷う場合は一般的なシングルボタンの白シャツを着ていくことをお勧めします。あくまでもゲストですので、主役の引き立て役という立場で参加するようにしましょう。

ネクタイの色、靴について

基本的には白か薄めのグレー、光沢のあるシルバーグルーなどのネクタイを選びます。パステルカラーなども明るさが増して結婚式のイメージにピッタリです。ドットやストライプ柄も人気がありますが、派手すぎない色柄選びをするように心がけましょう。着用NGカラーは黒です。喪服のイメージがありますので、お祝いの場では避けましょう。

靴の色は黒で素材は革もしくはエナメルの紐付きのデザインを選びましょう。紐付きだとフォーマル感が出ます。また、靴のつま先のデザインについてはストレートチップとプレーントゥの2種類が結婚式にお勧めです。

ストレートチップとはつま先近くに横に一本線が入っており、フォーマルシューズと言われるデザインです。一方でプレーントゥとはつま先に特徴的なデザインはありませんが、シンプルで使いやすい一足です。素材についてはエナメルの方が革靴よりも華やかな印象ですので、個性を出したい方はエナメル素材を選ぶと良いでしょう。穴飾りが特徴のウイングチップはカジュアル感が高いので、二次会などで着用するには問題ありませんが、結婚式や披露宴では控えましょう。

また、靴の羽根と言われる靴紐を通す部分には「内羽根式」と「外羽根式」の2種類があります。紐を通す部分が内側に縫い付けられているのが「内羽根式」でフォーマルな場面で着用するのに相応しく、一方で外側に縫い付けられている「外羽根式」ですとビジネスや普段使いに適しています。

また、結婚式にふさわしくない靴としてはスニーカーやブーツなどのカジュアルスタイルのものや、ワニ革なども縁起が良くないので避けるようにします。

以上のことから男性ゲストが履く靴は黒の内羽根式ストレートチップを選ぶのが良いでしょう。

小物の色は?

1 2
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む