2022.7.8

マナーを抑えた正しいネックレス選びで結婚式に華をそえよう!

結婚式のマナー
結婚お役立ち情報
2715 views

【2022年8月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

結婚式にお呼ばれする時は、女性のネックレスは必需品と言っても過言ではないです。コーディネートに華を足して周りとの統一感をもたらします。一方、案外マナーがシビアな面もあるのがネックレス選びの難しいところです。
どんなネックレスが結婚式に向いていないのか知っておくことで、晴れの日にふさわしいネックレスを選ぶ事ができます。

目次
  1. ネックレスのマナー
  2. オススメのネックレス
  3. 大事なのは全体のバランス
  4. 周りに合わせる
  5. 会場の雰囲気はどうか
  6. そもそもネックレスの着用は必要なのか
  7. 気になる価格
  8. 大切な人の人生の門出をふわさしいコーディネートでお祝い

ネックレスのマナー

ネックレスの着用には結構な数のNG事例があります。主役である新郎新婦を引き立たせるためにしっかり守っておくことが大切です。基本的なことから少し意外な内容まで、当日、失礼の無いよう押さえておくことをオススメします。

・昼間は光り物はNG
昼間の式に参加する際は、光り物のネックレスはNGとなっています。具体的にはビジューや、ゴールド、クリスタルやラインストーンなどのことです。これらがNGな理由は、昼間の撮影時に反射して眩しいためです。
写真写りの関係で自分だけでなく、周りの人のお顔写りにまで影響して迷惑をかけてしまう可能性があるため、昼間の式での着用は避ける方がいいです。
しかし夜の式に着用するぶんには、太陽光に左右されないため特に使用を避ける必要はありません。

・アニマル柄はNG
動物柄や革紐、ボレロに動物の毛のファーなどは着用は基本的にNGです。理由はそれらが動物殺傷をイメージしてしまうためです。殺傷の連想は結婚式という晴れの日にふさわしくないとされています。
ネックレスだけでなく革物やアニマル柄は、バックなどの小物でも身につけることを避けた方が無難です。

・カジュアルすぎるデザインはNG
基本、普段使いの紐製や布製のネックレスはカジュアルすぎるため結婚式には向いていません。バロックパールなどの形が不揃いなパールもカジュアルとみなされるので付けていくのは止めた方がいいです。
コットンパールなどのフェイクパールもカジュアルとみなされ基本的にNGです。しかし、近年では段々許容され、使用しても目くじらは立てられることはなくなりました。

未成年の方でお金の都合やファッションとの統一感が損なわれそうな場合は使用してもいい場合があります。

・ブラックパールはNG
ブラックパールは、結婚式には不向きです。黒=喪を連想させてしまうことから、結婚式にでの着用は避けた方がいいでしょう。

・白モノNG
これは、パール以外の白系のネックレスをさします。新婦とデザインが被ってしまいそうな白系のネックレスは、相手を引き立たせるためにも極力避けた方がよい
・派手すぎるデザインNG
主役はあくまで新郎新婦です。派手すぎるデザインのネックレスは悪目立ちしてしまい、式の雰囲気を壊しかねません。
例えば、生花やコサージュなど、大振りすぎるものは特に目につきます。それからブランドロゴのネックレスなど、明らかに高級品だと主張しているネックレスも場違いになってしまいますので注意した方がいいです。
華美すぎるかどうかについてはコーディネートのバランスも考えながら充分配慮して、結婚式にふさわしいものを選んだほうがいいです。

・時計はNG
アクセサリー関連で言えば、腕時計の着用は避けた方がいいです。せっかくの式で時間を気にする時計の着用は「早く帰りたい」という意思表示にとらえられかねません。
せっかくの式ですから誤解を招くアイテムは着用をさけましょう。それでも時間が気になる方は腕などの着用は避け、カバンに入れておいて、必要時に確認しましょう。

・二連のパールはNG?
中には式に二連のパールを着用するのはNGと聞いた人もおられるかもしれません。結婚式で二連のパールを付けるのはOKです。NGの噂が広まったのは二連のパールがお葬式での着用が不可になっているからです。
二連のパールは「重なる」という意味合いがあることから、葬式で着用すると「不幸が続くこと」の暗示になってしまいかねないため着用は不可となっています。

しかし喜ばしい結婚の場では「幸せが重なる」という意味あいになるので、まったく問題ありません。もちろんあんまり大粒で派手になりジャラジャラと胸元で賑やかになるものは主役に迷惑をかけてしまいますので気をつけましょう。

・長さのマナー
ネックレスの長さは短いほどフォーマルな場所に適しているとされています。迷ったら鎖骨にかかる程度の長さのモノを選ぶと間違いないかと思います。
首元の太さが気になったり、胸元が開きがちの服を選んだ場合はバランスをとるためミディアム丈を選んでもよいです。
ロングも派手にならない程度であれは大丈夫です。シンプルなデザインのモノを二連で使ったりするのもワンピースなどとバランスがとれていいです。

▽ゲストの服装マナーについてはこちら

結婚式で腕時計をするのはマナー違反?男女の服装マナーをチェック!

オススメのネックレス

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む