2022.7.8

結婚式につけていくネクタイ。オススメの色や結び方は?

結婚式のマナー
DRESSY IDEA
3360 views

【2022年12月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

結婚式につけていくネクタイで迷ってしまうことが案外あります。せっかくの晴れの日にゲストとして迎えられたのだから、ふさわしいものを付けていきたいものです。
そこで、今回ネクタイのマナーについてや、コーディネートに合わせたオススメのネクタイについて書いていきます。

目次
  1. ネクタイのマナー
  2. 結婚式のネクタイにオススメの色
  3. 柄物を選ぶなら
  4. オススメの形
  5. 小物で演出
  6. 付け方を最終確認
  7. 結び方
  8. フォーマル度の確認

ネクタイのマナー

結婚式の主役は新郎新婦です。ですので、ゲストで迎えられる側のネクタイにはマナーがあります。
絶対NGなモノから、最近の文化の変化によって許容されつつあるモノもありますので、これから友人の結婚式等を控えている人は確認しておくことをオススメします。

・基本は白・シルバー
ゲストとして結婚式に出席する際、基本的には白・シルバーのネクタイが原則とされています。昔からフォーマルな色として親しまれ、式に汎用されてきました。
生地はシルクなど高級感のあるものを選ぶとなおよいです。
ちなみに、海外では黒が原則になるそうですので、もし国際結婚で海外挙式をする場合などは改めて確認するといいかもしれません。
最近は文化の流れもあり、白・シルバーはあくまで原則であり、パステルカラーなどのネクタイでの出席も許容されつつあります。

・黒はNG
黒は「喪」を連想させます。結婚式にはふさわしくないため絶対NGです。これは流行り廃れ関係なく不吉な意味合いがあるので根強くNGです。つけていくと浮いてしまうので避けましょう。
遠目から見て黒っぽくみえてしまう紺や青など、ダークなカラーのネクタイも避けておいた方が無難です。せっかくのお祝いですからパッと映える明るいものを選びましょう。

・アニマル柄はNG
アニマル柄は動物殺傷を連想させてしまうためです。クロコダイル柄なども不可です。悪目立ちしやすいのもそうですし、不吉で縁起が悪いと気にする人もいるため避けた方がよいです。

・派手すぎる柄物NG
アニマル柄でなくても派手すぎる柄物は基本NGです。アニメのキャラがついたものはもちろん、とにかく主張の強い柄は結婚式用のネクタイにはふさわしくありません。
もし柄物をつける際はコーディネートを鏡で見てみて、最初に何処に目が行くか確認した方がいいかもしれません。
それでもし、一番にネクタイに目が飛び込んでしまうようなら、少し検討することをおすすめします。あくまで主役は新郎新婦です。

・ニット素材はNG
可愛らしくて人気なのがニット素材のネクタイです。しかし、フォーマルな式の場ではカジュアルすぎる印象を与えますので基本的に着用はNGになっています。フォーマルの印象のあるシルクなどの素材がオススメです。

▽男性ゲストの服装マナーについてはこちら

結婚式・披露宴に何を着るべき?男性ゲストのスーツのマナー

結婚式のネクタイにオススメの色

結婚式のネクタイはやっぱり白が定番です。しかし、今時の人にとっては何だか野暮ったかったり遊びが足りない気がして、付けるのに躊躇してしまう面があるかもしれません。
前述の通り、最近はパステルカラーのネクタイも着用が許容されており、結婚式につけていく人が多いです。それから、シンプルな柄物等でスマートに着こなす方も多いです。

・パステルカラーで定番のネクタイはピンク
華やかで結婚式にふさわしいパステルのピンクは、結婚式につけていくネクタイで人気の色になっています。色味でコーディネートに柔らかさを足せるので女性受けがよく人気です。
結婚式の場で新しい出会いも導いてくれるかもしれません。

・知的で大人っぽいブルー
知的でスマートな印象を与えるブルーは、パステル系の色のネクタイでも無難なチョイスになります。
特に会社関係や恩師の結婚式など、少しフォーマル度に気をつけなくてはいけない式などにも丁度良い色合いとなっています。

・爽やかかつ温和な雰囲気を演出するグリーン
グリーンのネクタイは、爽やかさもありつつ親しみやすさもプラスできます。
緑だとスーツに合わせると野暮ったくなるのでは、と思われるかもしれませんが地模様のあるものだとスマートに取り入れることができます。
ライトアップルなど明るめのグリーンでかつ光沢のあるものなどを選ぶと、より若々しい印象を作ることができるでしょう。

・暖かみのある黄色・ゴールド
社交的な印象を与える黄色・ゴールド。間を取り持ったり積極的に場を回すような積極的な内面を引き出してくれる色です。
快活そうで話しかけやすい印象も与えてくれます。この色のネクタイひとつでコーディネートがパッと明るくなります。

・大人な深みのワインレッド
パステルではありませんが、ワインレッドなども最近は結婚式でよく見かけます。30代の男性などで渋くシックに仕上げたい場合に着用するのがオススメです。
ダークカラーのスーツなどに合わせると更に色香を醸し出すことができます。

柄物や形から選ぶ場合は?

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む