2022.7.8

男女別・結婚式での衣装・小物のマナー!時計は着けて良いの?

結婚式のマナー
結婚お役立ち情報
6028 views

【2022年8月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

結婚式や披露宴にお呼ばれした際に気を付けたいのは、服装や小物に関するマナー。
フォーマルかつおめでたい席が結婚式ですから、服装や小物でマナー違反をして自分が恥ずかしい思いをするのは勿論、主役の新郎新婦をガッカリさせてしまいたくありませんよね。

特に新郎新婦の親戚などには年配の方もいらっしゃいますから、気を悪くさせてしまわないよう配慮が必要です。結婚式の服装マナーというと女性のドレスが注目されがちですが、勿論男性の装いにもマナーがあります。
そこでここでは、女性・男性別に知っておきたい結婚式マナー、また男女共通の小物マナーについてもご紹介したいと思います。

目次
  1. 結婚式の服装・小物マナー<女性編>
  2. 結婚式の服装・小物マナー<男性編>
  3. 結婚式に時計はNG?<男女共通編>
  4. まとめ

結婚式の服装・小物マナー<女性編>

1.ドレス
「ホワイトは花嫁さんの色」というのはもはや常識。
どんなドレスやワンピースであれゲストが白を着るのはタブーです。

バイカラーでスカート部分に色が付いているけれど、上半身は白、というのも避けた方が良いでしょう。結婚式では座っている時間が長いので、色のついた部分が見えず白い衣装を着ているように見えてしまいます。あるいはバイカラーでも上から色のついたボレロやショールを羽織るというのも1つの手です。

また露出度の高いドレスもフォーマルな場にはふさわしくありません。肩や背中が大きく露出する服の場合、上からボレロかショールを羽織りましょう。
スカートの丈やスリットも同じで、膝上5㎝以上の短すぎるスカートや大きくスリットが入ったスカートも、露出の高い服と見なされます。
ただし夜であれば、イブニングドレスが正装となるため、肩が出ているなど多少露出するデザインでもマナー違反にはなりません。
いずれにしても花嫁さんより目立ってしまわないことが鉄則。かつ花嫁さんに華を添えるような明るく上品なドレスやワンピースがお勧めです。

2.アクセサリー
アクセサリーもドレスやワンピースと同じ、「花嫁さんより目立たない」「花嫁さんとかぶらない」が大原則。
従って、基本的にはアクセサリーも白以外のものを選ぶ方が無難です。

ただし、白の真珠(ホワイトパール)はフォーマルな場に相応しい宝石であるため、結婚式でもOKとされています。
白でなくても輝きすぎるアクセサリーは目立ちすぎるうえ、昼間の結婚式であればアクセサリーが反射して写真撮影の際に写り具合に影響してしまうため、やはりNGです。
しかしこれもイブニングであれば反射の心配がないため、光ものでもOK。ただしその場合でもやはり花嫁さん以上に目立ってしまわないよう配慮が必要です。

また衣装にせよ小物にせよ、アニマル柄や革製品、ファーのついたアイテムは殺生をイメージさせるため、おめでたい席ではマナー違反です。

3.足元
基本的に結婚式にふさわしいのは、ストッキング+パンプス。
暑い夏の日でも素足にサンダルやミュールはNGです。フォーマルな場では足元も「露出」してはいけないんですね。
着用するストッキングはベージュが一般的ですが、上品なラメや柄が入ったものなら黒でもOKです。
逆に冬の寒い日でも、ブーツはカジュアルすぎるので結婚式にふさわしくありません。

▽女性ゲスト向けの服装記事はこちら

結婚式で女性ゲストが気をつけたい服装マナーとは?年代別おすすめも紹介

結婚式の服装・小物マナー<男性編>

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む