2019.10.12

0 この記事をクリップ

知らないと恥をかくマナー~ご祝儀袋の表書きと中袋の書き方

結婚式のマナー
結婚お役立ち情報
64 views

結婚式に出席する前に、ご祝儀袋の選び方や書き方など基本的なマナーをおさらいしましょう。
社会人として、フォーマルな場でのマナーを身に着けておかないと恥をかいてしまいますので気をつけたいものです。

ご祝儀袋の選び方は?

ご祝儀袋にもいろいろな種類があり用途によって使い分けます。結婚式では、必ず熨斗(のし)がついている慶事用を使いましょう。熨斗がついていないご祝儀袋はお悔やみ用なので、絶対に間違えてはいけません。
熨斗とはご祝儀袋の右上についている飾りのことです。熨斗は紅白の紙に包まれた熨斗鮑(のしあわび)を表しています。熨斗鮑は鮑を干して乾燥させた保存食です。
伊勢神宮にお供えとして奉納されることから、縁起物となり、それが簡略化されて紙で作った熨斗鮑をご祝儀袋につけるようになったのです。縁起物であり、鮑は不老長寿の象徴でもあります。ですから、結婚式などのおめでたい席はお祝い事なので、白地の封筒に熨斗のついたご祝儀袋を使います。

さらに、水引の結び方にも決まりがあります。水引はご祝儀袋のちょうど真ん中よりも若干下についている飾り紐です。
結婚式に使用するのは、結び切りした水引です。結び切りは非常に固く結ばれていて、簡単にほどくことができません。ですから、生涯添い遂げる、二人の仲をほどくことはできないという意味を持ち結婚式で使用されます。淡路切り(鮑結び)も地域によっては使うことができます。
輪結びなど結び切りをアレンジしたタイプや水引きで鶴や亀を形作ったおめでたいデザインもあります。ただし、一般的なお祝い事で用いられる蝶結びの水引は簡単にほどけてしまうので結婚式にはふさわしくありません。

水引の色と本数にも決まりごとがあります。お祝いなので紅白または金銀の水引きを使用するのが一般的です。
黒と白の水引き、黄色と白の水引きはお悔やみで使用されるので間違えないでください。結婚式のご祝儀袋で使われる水引きの本数は10本が正式です。
本来、慶び事には5本の水引きを、さらにおめでたいことには7本の水引きをつけるという風にするのが一般的なのですが、結婚式は慶びごとが重なりますようにという願いを込めて5の2倍の10本の水引きをつけるのが正解です。

最近は、いろいろなご祝儀袋があり、淡路結びを変形させたデザインご祝儀袋もあります。どのようなご祝儀袋を選ぶかは、包む金額によっても変わってきます。
ご祝儀袋が豪華なのに金額は少ない、逆にカジュアルなデザインご祝儀袋なのに金額が平均よりも多いというのはバランスが悪いので、金額に見合ったご祝儀袋を使ってください。特に、上司など目上の方の結婚式に出席する場合や格式ある式場で式が行われる場合は、スタンダードなご祝儀袋を使うのがマナーです。

▽ご祝儀袋に関するマナーについてはこちら

表書き、袱紗のおさえておきたいポイントは。ご祝儀袋の書き方マナー

表書きの書き方は?

結婚式当日に渡すなら、ご祝儀袋の表書きに「寿」または旧書体の「壽」と書かれたものを選びましょう。この寿という言葉はお祝いの名目を表しています。結婚式よりも前に渡す場合は「御結婚御祝」と書かれているご祝儀袋を使います。カジュアルなご祝儀袋が増えているので、「HappyWedding」と英語表記されたものもありますが、使用するのは親しい友人同士の間のみに限られます。

レストランでの会食のみのカジュアルスタイルの披露宴、あるいは二次会のみの出席や、式に出席できない場合に式の前にお祝いを渡すときなどに使用するのがベターでしょう。上司や先輩など目上の人の結婚式や、格式のある式場で式を執り行う場合などはマナー違反になりますので注意してください。

ご祝儀袋によっては、名目と氏名を書く箇所が短冊になっていて取り外しできるようになっています。短冊が二枚入っているときは、無地の方を下に重ねて使います。これには慶びを二重にするという意味があるためで、けっして失敗した時のための予備ではありませんのでご注意を。

水引きの下、ご祝儀袋の中央に贈る人の氏名をフルネームで記入します。名目の「寿」の字よりもやや小さく書いてください。夫婦連名の場合は、中央に夫の名前、左に妻の名前を記入してください。夫は苗字と名前、妻は苗字を略し名前だけでもかまいません。お子さんも連名で書く場合は、妻の名前の左側にお子さんの名前を記入します。ただし、スペースに限りがあるため記入できるのは3名分の名前だけです。
書ききれない場合は、代表者として世帯主の名前のみフルネームで記入し、その左側にやや小さめの字で「他家族一同」と記入するようにしましょう。表書きに名前が書ききれないなら、別紙の中央、上部に「寿」と書き、下部に夫、妻、子供の名を右から左へ順に書いていきます。

友人連名でご祝儀を包む場合は、五十音順に右から左へ氏名をフルネームで書きます。文字の大きさは揃えましょう。
ただし、4名以上の連名の場合は代表者一人のフルネームを記入し、「外一同」または「総務部一同」などのように部署名などを左側に書いてください。全員の氏名を和紙や奉書紙などに書いて中袋にご祝儀と一緒に同封します。
外国人の名前、もしくは英語表記の会社名でご祝儀を書く場合は、カタカナに直して書くのが一般的ですが、カタカナにできないときは、アルファベット表記のまま、縦書きで記入してください。

表書きは毛筆で記入するのが正式ですが、普段書き慣れていないと難しいので、筆ペンまたは太めのサインペンでもかまいません。ボールペンや万年筆は避けるのがマナーです。濃く、しっかりと楷書で書いてください。
筆ペンには濃い墨と薄い墨の両方使えるものがありますが、薄い墨を使うとお悔やみの意味になってしまいます。

中袋(内袋)の書き方は?

お金を入れる中袋には、表側に金額、裏側に贈り主の住所氏名を記入します。
まず、中袋の表側には「金 〇萬円」と旧字体で記入してください。「金 壱萬圓」「金 参萬圓」「金 伍萬圓」のように、数字も旧字体にするとよいでしょう。圓は円でもかまいません。10万円以上包む場合は「金 拾萬圓也」と「也(なり)」の字をつけます。10万円以内の場合は「也」をつけません。旧字体では一は壱、二は弐、三は参です。五は伍または五でもかまいません。

中袋の裏側には、左下に住所と氏名を記入します。市販されているご祝儀袋には、たいてい住所と氏名を記入する欄が印刷されています。中袋も毛筆または筆ペン、サインペンで書くのがマナーです。中袋は新郎新婦が後にお礼状を書くためのものですので、住所は都道府県から書き、郵便番号も書いておくと親切です。縦書きの楷書で書きます。

連名でご祝儀を贈る場合は、別紙に氏名と住所を記入して同封してください。基本的には糊付けして封をする必要はありませんが、金額が大きい場合にはきちんと糊付けして封をし、封の部分には上から「〆」と書きます。
市販のご祝儀袋の中には中袋がついていないものもありますが、その場合は別に中袋を用意する必要があります。

▽ご祝儀のマナーに関する記事はこちら

【結婚式のご祝儀袋】正しい袱紗(ふくさ)の包み方と渡し方

欠席する場合もご祝儀は必要?ご祝儀袋の書き方は?

お祝儀は結婚のお祝いとしてお渡しするものですから、欠席する場合でもご祝儀を贈るのがマナーです。
ただし、招待状を発送する前に新郎または新婦から結婚式に来られるか打診された場合、その段階で出席できないと伝えたならばご祝儀を贈る必要はないでしょう。この場合は、結婚式に招待する人を確認している段階なので、正式な招待ではなく新郎新婦に迷惑がかかるわけではありません。

事前に結婚式に招待するむねを伝えられたのに、自分の都合で出席できなくなってしまったため招待状で「欠席」を知らせたというケースも少なくありません。仕事や家族の都合などで行けなくなってしまうことはよくあります。このようなケースでは、ご祝儀の相場の半分または1/3を包むのが一般的なマナーです。1万円くらいが理想でしょう。

招待状で出席を知らせていたのに、怪我やお子さんの急な病気などやむを得ない事情で欠席しなければならなくなった場合、出席して贈るはずだったご祝儀を渡すのがマナーです。
すでに、お料理や引き出物を手配した後ですから、お詫びの気持ちも込めてご祝儀をそのままお渡しします。

結婚式を欠席する場合、式の1ヵ月前まで、どんなに遅くても1週間前にはご祝儀を渡しましょう。直接手渡しするのが望ましいですが、遠方で会えない場合は郵送でもかまいません。
郵送する場合は、現金書留を使って送ってください。現金を郵送する場合には必ず現金書留で送ると法律で定められています。現金書留の封筒にご祝儀袋と欠席のお詫びとお祝いの言葉を書いた手紙やメッセージカードも添えて送りましょう。

ご祝儀袋の書き方は出席するときと変わりませんが、表書きのお祝い名目は「御結婚御祝」としてください。現金書留の封筒の大きさはご祝儀袋が入る大きさかどうか確認してください。また、ご祝儀袋を入れたら、しっかりと封をして、封の合わせ目には割印(わりいん)を押します。ポストに直接投函せず、必ず郵便局の窓口に出してください。

文字に自信がない人はどうする?

毛筆で文字を書くのはけっこう難しいものです。筆ペンも書き慣れていないと難しいですし、もともと文字を書くのが苦手な人もいます。
きれいな字を書けないなら、字が上手な家族や友人に代筆してもらうことができますが、頼むのが恥ずかしいという人や、周囲に字が上手な人や頼める人がいないという場合、プロに代筆してもらえるサービスもあります。
ネット通販では、代筆付きご祝儀袋も販売されています。また、大きな文房具屋さんではご祝儀の代筆をオーダーできるサービスを行っていることもあります。

ご祝儀袋ひとつにも、たくさんのマナーがあります。基本的なマナーを守って、失礼のないようにしましょう。マナーを知っていると自信につながり、すがすがしい気持ちでお祝いできます。

▽ご祝儀に包む金額の相場についてはこちら

結婚祝いご祝儀の金額相場や知っておきたいマナーは?

クリエイタープロフィール
結婚お役立ち情報
関連記事

結婚式に招待されたときのマナーはこれでOK!準備から当日まで徹底解説

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式の女性ゲストにNGのアクセサリーがある?知っておきたいマナーとは

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式で女性ゲストが気をつけたい服装マナーとは?年代別おすすめも紹介

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式にふさわしいバッグとは?ゲストが知っておきたいバッグのマナー

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式で友人スピーチを任された!慌てないためのダンドリとは

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー