2019.9.30

0 この記事をクリップ

スーツならなんでもいいは間違い!結婚式のゲストとして招待されたときの男性の服はコレ

結婚式のマナー
結婚お役立ち情報
1588 views

親族や職場・友人など、大人になれば結婚式にお呼ばれされる機会も増えてきます。
男性の場合、結婚式の正装と言えば「スーツ」です。

男性の結婚式の正装はスーツ

色は黒が一番スタンダードでしょう。
最近ではグレーやネイビーなどの落ち着いた色を着る人も増えてきています。
フォーマルな場所なので、上着・ベスト・スラックスの3点セットならなおいいです。
ストライプのスーツでも、派手な色でなければ結婚式に着ていってもマナー違反にはなりません。
ダブルスーツでも大丈夫です。
男性の結婚式の正装はスーツで、色と柄に気を付ければ大丈夫と覚えておきましょう。

ネクタイやワイシャツは何色が正解?

スーツと言えば、ワイシャツとネクタイも必要になります。
意外といろいろな色柄のものが多く、何を選べばいいのか悩む方も多いでしょう。
まずワイシャツですが、白の襟付がベストです。
レギュラーカラー・セミワイドのどちらかを選んでください。
色付きのものを選びたい場合は、薄い水色や黄色・ピンクなら大丈夫です。
無地のものかストライプでも薄めの色や目立たないものを選びましょう。
ネクタイに関しては、白や薄いシルバーの無地を選ぶのが基本です。
色柄ものを選んでも大丈夫ですが、キャラクターや水玉が大きく印刷されているものなど目立ちすぎるものはマナー違反になります。
高級感を感じられるようなものを選ぶようにしてください。
最近では蝶ネクタイを付ける男性も増えてきています。
蝶ネクタイも問題ありません。
他人と同じものは避けたいと思ったときに、気軽に取り入れられるアイテムと言えます。

靴下と靴にも気を付けましょう

意外と適当になりがちなものが「靴下」「靴」です。
特に靴下はスラックスと靴を履けば見えないから、と思う方も多いでしょう。
確かに立っていれば見えにくいかもしれませんが、着席したときにスラックスの裾が上がって靴下が見えてしまいます。
靴下は黒の無地が一般的です。
ネイビーやグレーでもいいですが、無地で暗い色を選ぶようにしましょう。
色が派手なものや柄物は選ばないようにしてください。
素肌が見えないように、長めの靴下を選びましょう。
靴は黒の革・エナメル素材のものを履いてください。
ローファーはカジュアルになってしまいます。
必ずシンプルな飾りのない、革かエナメル素材の靴にしましょう。

▽結婚式に持っていきたい小物についてはこちら

結婚式に必要なものリスト*女性・男性・あると便利なもの解説

こんな服装はNG!

男性の結婚式の服装は、スーツが正装です。
しかしスーツを着ていれば何でもいいというわけではありません。
いくつかタブーとされる服装があるので、覚えておきましょう。
まず絶対に避けてほしいのが「白スーツ」です。
よく「白は花嫁の色だから避けましょう」といいますが、男性も同じことが言えます。
新郎も白スーツを着る人が多いので、白はやめてください。
スーツは無地かストライプがふさわしいので、チェック柄など派手な柄は選ばないようにしましょう。
また無難と思われる「黒スーツ」を選ぶときにも注意が必要です。
まず黒スーツを着るならば、ネクタイの色を明るめの色にしたりして全身真っ黒にならないようにしてください。
全身黒だと「葬式」を連想させてしまい、おめでたい席にふさわしくありません。
ちなみに黒スーツでも、リクルートやビジネススーツは結婚式向けではないので、きちんとフォーマルスーツを用意しましょう。
そして意外と知らない方が多いのが「アニマル柄を選ばない」ということです。
アニマル柄は「殺生」をイメージさせることから、縁起が悪く結婚式ではタブーとなります。
ネクタイやポケットチーフ・靴などで選ぶ方もいますが、結婚式ではやめましょう。

スーツ以外にもOKな服装はある?

女性ならばドレスやフォーマル向けのワンピースなど、結婚式の服装といってもいろいろなものがあります。
男性はスーツしか着てはいけないのか、と思う方もいるでしょう。
男性の場合は、基本的にスーツが正装となります。
そのためわざわざ他のものを選ぶ必要はありません。
ただし、出席予定の結婚式がカジュアルウェディングならば、スーツではなくてもいい場合もあります。
少しカジュアルと思われるジャケット・パンツのスタイルでも大丈夫な式もあるので、もし気になる場合は新郎新婦に式場の雰囲気などを聞いて確認しましょう。
しかしカジュアルウェディングでも、新郎新婦より目立つような派手な色柄のジャケット・パンツは選ばないようにしてください。
あくまでも主役は新郎新婦です。
自分のオシャレさをアピールする場所ではありません。
カジュアルウェディングの場合でも、できれば黒やグレー・ネイビーのスーツを選んで、個性を出したいならばネクタイの色を明るめのものにするくらいで十分です。
結婚式に出席して恥をかかないように、マナーを守るようにしてください。

1.5次会のような場合はどうすればいい?

最近増えてきた「1.5次会」のご招待を受けた場合、男性の服装として正しいのは何を着ることかわからないことが多いでしょう。
そもそも1.5次会とは、披露宴よりも少しカジュアルだけれど2次会よりもフォーマルなものです。
こう書いてしまうと、ますます何を着るのが正解なのかわからなくなるでしょう。
もし1.5次会に招待されたら、まずは会場の雰囲気を調べてみましょう。
ホテルや結婚式場ならば、通常の結婚式に招待されたときのように、黒やネイビーなどのスーツを着ていきましょう。
レストランやカフェならば、少しカジュアルでも大丈夫です。
「セミフォーマル」を意識して、カジュアル目なジャケットとパンツ・ネクタイを着用していきましょう。
場合によっては「ドレスコード」を設定していることもあります。
例えば「フォーマル」「セミフォーマル」「カジュアル」などです。
書いてあるとおりの服装を選べば間違いないでしょう。
書いてない場合は、新郎新婦にドレスコードがあるか聞いてみると間違いないです。

「平服でお越しください」は何を着るのが正解?

カジュアルウェディングや1.5次会や2次会の招待状に「平服でお越しください」と書かれている場合があります。
「へいふく」と読みますが、意味がわからずに困る方も多いでしょう。
平服はよく「普段着」と思う方もいますが、それは間違いです。
平服は普段着ではなく略礼装でいいですよ、という意味となります。
略礼装とは、男性の場合はスーツやジャケットにパンツやスラックスを履くものです。
あくまでも礼装よりも少しだけカジュアルでもいい、という意味なのでTシャツやデニム・スニーカーなどのカジュアル要素が多いものは着用しないでください。
少しくだけた感じを出したいならば、ネクタイやポケットチーフを少し明るい色や柄のものにする程度にしましょう。
靴は礼装と同じ革靴がふさわしいです。
あくまでもジャケットとスラックスが基本ということを覚えておきましょう。
普段着でいこうとする方は気を付けてください。

▽男性ゲストの服装マナーについてはこちら

【知らないと恥ずかしい?】結婚式の服装マナー!男性のシャツからネクタイまで!

2次会のみ参加の場合の正しい服装

結婚式に親しい友人やお世話になった人を全員呼びたいけれど、相手側のゲストの数や予算・会場の広さなどの都合で呼べないこともあります。
そのときには2次会だけ出席してほしい、と新郎新婦から招待されることもあるのです。
披露宴は出ないけれど2次会のみ参加する場合の、正しい服装に悩むこともあるでしょう。
2次会のみの参加の場合は、あまり礼装を意識しなくても大丈夫です。
2次会は本当に親しい人のみを招待することが多く、とてもくだけた雰囲気で行われることが多くなります。
会場も居酒屋などが多いので、礼装をしなくてもいいです。
平服ならばホテルやオシャレなレストランでも浮くことはありません。
しかし居酒屋だったとしても、TシャツにGパンというカジュアルすぎる格好は避けましょう。
中には結婚式から出席しているゲストもいますから、その方たちは礼装で自分はTシャツでは浮いてしまいます。
周囲の人と合わせるのもマナーです。
では何を着るのが正解かというと、男性の場合はジャケット着用を徹底してください。
できればジャケットの色は黒・ネイビー・グレーなどの暗めの色にしておきましょう。
これを守れば、インナーにTシャツを着ても大丈夫です。
またジャケットの色を暗めにすれば、パンツは白でもいいでしょう。
明るめのパンツを履くと雰囲気が引き締まるので、オシャレをアピールしたい方向けでもあります。
「オフィスカジュアル」を想像するとわかりやすいでしょう。
ネクタイは着用しなくても大丈夫です。

迷ったら一緒に行くゲストや新郎新婦に聞いてみるのもいい

結婚式に出席する場合、男性の正装は「スーツ」が基本となります。
色は黒やネイビー・グレーなどで、無地のものや目立たないストライプのものならば大丈夫です。
このような正装に関しては親などに聞くこともできます。
しかし今の時代、結婚式と言っても式場やホテルで格式の高いものを行うだけではありません。
ガーデンウェディングやレストランウェディングなど、アットホームな雰囲気を大切にしたカジュアルウェディングを選ぶ人も増えてきました。
カジュアルウェディングにお呼ばれされたときこそ、何を着ていいか悩む方も多いでしょう。
迷ったときはここに書かれていることを参考にすれば、わかりやすいです。
それでも悩んだときには、会場の雰囲気に合わせると選びやすいでしょうが、思い切って新郎新婦に聞いてみるのもいいでしょう。
フォーマルかセミフォーマルか、平服でもいいのか、ドレスコードはあるのかなど聞けば間違いありません。
新郎新婦には聞きにくいと感じたときには、一緒に招待されたゲストに聞くという方法もあります。
共通の友人で招待された人がいれば、どのような服装でいくのか聞いて、それに合わせれば選びやすいでしょう。
他人に聞きにくいと感じる方もいますが、もし間違えた格好で出席したら恥をかくのは自分です。
そして主役である新郎新婦も恥ずかしいと感じてしまいます。
もし調べてもわからない、と思ったら誰かに相談してみると解決しやすいです。

▽女性のスーツ着用についてはこちら

結婚式の女性ゲストがスーツ着用はアリ?ナシ?今どきのマナーを解説

クリエイタープロフィール
結婚お役立ち情報
関連記事

結婚式に招待されたときのマナーはこれでOK!準備から当日まで徹底解説

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式・披露宴で乾杯の挨拶を頼まれた!例文やスピーチのポイントを知ろう

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式で女性ゲストが気をつけたい服装マナーとは?年代別おすすめも紹介

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式で友人スピーチを任された!慌てないためのダンドリとは

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式の女性ゲストにNGのアクセサリーがある?知っておきたいマナーとは

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー