2022.7.8

スーツならなんでもいいは間違い!結婚式のゲストとして招待されたときの男性の服はコレ

結婚式のマナー
DRESSY IDEA
10078 views

【2023年1月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

こんな服装はNG!

男性の結婚式の服装は、スーツが正装です。
しかしスーツを着ていれば何でもいいというわけではありません。
いくつかタブーとされる服装があるので、覚えておきましょう。
まず絶対に避けてほしいのが「白スーツ」です。
よく「白は花嫁の色だから避けましょう」といいますが、男性も同じことが言えます。
新郎も白スーツを着る人が多いので、白はやめてください。
スーツは無地かストライプがふさわしいので、チェック柄など派手な柄は選ばないようにしましょう。
また無難と思われる「黒スーツ」を選ぶときにも注意が必要です。
まず黒スーツを着るならば、ネクタイの色を明るめの色にしたりして全身真っ黒にならないようにしてください。
全身黒だと「葬式」を連想させてしまい、おめでたい席にふさわしくありません。
ちなみに黒スーツでも、リクルートやビジネススーツは結婚式向けではないので、きちんとフォーマルスーツを用意しましょう。
そして意外と知らない方が多いのが「アニマル柄を選ばない」ということです。
アニマル柄は「殺生」をイメージさせることから、縁起が悪く結婚式ではタブーとなります。
ネクタイやポケットチーフ・靴などで選ぶ方もいますが、結婚式ではやめましょう。

スーツ以外にもOKな服装はある?

女性ならばドレスやフォーマル向けのワンピースなど、結婚式の服装といってもいろいろなものがあります。
男性はスーツしか着てはいけないのか、と思う方もいるでしょう。
男性の場合は、基本的にスーツが正装となります。
そのためわざわざ他のものを選ぶ必要はありません。
ただし、出席予定の結婚式がカジュアルウェディングならば、スーツではなくてもいい場合もあります。
少しカジュアルと思われるジャケット・パンツのスタイルでも大丈夫な式もあるので、もし気になる場合は新郎新婦に式場の雰囲気などを聞いて確認しましょう。
しかしカジュアルウェディングでも、新郎新婦より目立つような派手な色柄のジャケット・パンツは選ばないようにしてください。
あくまでも主役は新郎新婦です。
自分のオシャレさをアピールする場所ではありません。
カジュアルウェディングの場合でも、できれば黒やグレー・ネイビーのスーツを選んで、個性を出したいならばネクタイの色を明るめのものにするくらいで十分です。
結婚式に出席して恥をかかないように、マナーを守るようにしてください。

服装に指定があった場合はどうすればいい?*

1 2 3 4
次のページ
ウェディング診断