2019.10.1

0 この記事をクリップ

結婚式で受付を依頼した友人へのお礼の相場やおすすめのプレゼントは?

結婚式のマナー
farnyオフィシャルライター
1994 views
続きをアプリで読む

結婚式の受付を友人にお願いしたとき、お礼を渡すべきか悩む方々は意外に多いのではないでしょうか。また、結婚式当日は分刻みで忙しい新郎新婦の場合、受付の友人にお礼を渡す方法やタイミングなども気になることでしょう。そこで今回は、お礼の必要性と相場、おすすめプレゼント、渡し方などのマナーを詳しく解説していきたいと思います。

結婚式の受付を依頼した友人へのお礼は必要?

結論から言ってしまうと、結婚式の受付を快く承諾してくれた友達には、きちんとお礼をする必要があります。普段から仲の良い友人の場合、「お礼なんて要らないからね!」と優しく言ってくれることもあるでしょう。でもそんな友人たちに、受付業務のために早く会場に到着する調整などが必要と考えると、みんなを労うためにお礼はしっかり渡す必要があるのです。また受付は、ゲストにお車代を渡す責任重大の仕事となりますので、どんな相手であっても親しき仲にも礼儀ありと捉えてお礼を用意してください。

結婚式受付のお礼の金額相場

受付をお願いした友人へのお礼は、3,000円~5,000円が相場です。ちなみにこの金額は、友達に結婚式の余興や司会をお願いした場合と比べて、だいぶ少なくなっています。その理由は、受付以外の依頼では、練習や小道具の購入、式場スタッフとの打ち合わせといった多くの手間や準備がかかるからです。一方、基本的に当日朝だけで対応できる受付の場合、余興や司会と比べてお礼の価格相場は低くなります。

中途半端な金額のお礼はNG

結婚式のお礼で現金を渡すときには、必ず1・3・5・7といった奇数の金額にしてください。こうしたことをする理由は、簡単に割り切れてしまう偶数が、2人の別れを連想させてしまう縁起の悪い数字と考えられているからです。そのため、結婚式の受付をしてくれた友人にお礼を渡すときには、奇数の3,000円もしくは5,000円を準備するのが一般的となります。

▽結婚式 受付 お礼の関連記事はこちら
結婚式の受付を頼まれた人集合!!最低限知っておきたい6つのこと*

結婚式受付のお礼でおすすめのプレゼント

友人にプレゼントを渡すときには、次のような基準で商品選びをするのが理想です。

・軽くてかさばらず、持ち帰りやすいもの
・友人の好きなブランド、メーカーのもの
・自分では買わないけれど、面白く斬新で喜んでくれそうなもの

受付を担当する友人と食事などをする機会がある場合は、事前に好きな色や興味を持っているブランドなどの情報を聞き出してみても良いでしょう。また、何をプレゼントすれば良いのか全くイメージできないときには、次のような人気アイテムから友人に合うものをセレクトしてください。

女性におすすめの結婚式受付お礼のプレゼント

女性ゲストの場合、受付のお礼プレゼントでも非常に多彩なアイテムが選ばれています。

金券・商品券・ギフトカード

ギフトカードは、男女問わず人気の高いプレゼントです。自由に使い道を選べる商品券には、現金と比べてお礼をされる側も気軽に受け取れる魅力があります。iTunesやAmazon、ユニクロといった多彩な企業でプリペイドカードを作る近頃では、古くから選ばれてきたVISAやJCBではなく、相手が良く使うブランドのカードをセレクトすることも可能です。また金券には、どんなプレゼントを選べば良いか全くわからず、買い物に長い時間がかかってしまう優柔不断な新郎新婦にも、おすすめ度の高い特徴があります。

スイーツ

ゲストに気を遣わせたくない場合は、お腹に入ると消えてしまうスイーツを敢えてセレクトするのもおすすめです。結婚式というおめでたい場には、マカロンのように色鮮やかなお菓子がぴったりマッチします。また、見た目が可愛く美味しそうなスイーツには、もらった側に金額が伝わりにくい利点もあるのです。そんなスイーツ・お菓子には、3,000円~5,000円分購入したときに、箱などのサイズが大きくなってしまう難点があります。気温の高い時期にはチョコなどが溶ける場合もありますので、引き出物と一緒に持ち帰れるかどうかもきちんと確認して買い物を進めてみてください。

コスメ・ビューティー

コンパクトで華やかな印象のあるコスメや美容アイテムも、おすすめです。友達好みのカラーがわからないときには、メイクアイテムはやめて、自宅で使える少しリッチなボディケアアイテムなどをセレクトすると良いでしょう。普段の暮らしの中で使える石鹸やハンドクリームも、多くの女性が喜ぶ贈り物となります。また、小さな化粧ポーチの中にさまざまなコスメの入ったコフレや、ギフトセットなどにも、結婚式らしい華やかな魅力があります。

名入れ商品

オリジナリティ溢れるプレゼントを求める人には、受付をしてくれた友人の名前やメッセージを入れられる名入れ商品もおすすめです。多くのデパートに入っている海外コスメブランドの中には、口紅やコンパクトにイニシャルを刻印してくれるところもあります。こうしたサービスを使って贈り物にひと工夫すると、ラッピングを開けたときの感動も大きくなることでしょう。ちなみにインターネットでも申し込める名入れは、引き出物にも使える人気サービスとなります。

男性におすすめの結婚式受付お礼のプレゼント

続いて、女性と比べて少しセレクトが難しい、男性向けのお礼プレゼントをご紹介していきましょう。

お酒

酒好きな友人には、少しリッチなウイスキーやワイン、ビール券といったお酒に関するプレゼントがおすすめです。アルコール類にはスイーツと同様に、友達側も気軽に受け取りやすい魅力があります。そんなお酒の難点は、非常に重く持ち帰りにくいことです。そのため、遠方から来た友人の負担を減らすには、ワインのようにボトルの大きな酒ではなく、ウイスキーやスピリッツ系のミニチュアボトルを選んでみても良いかもしれません。

デザイン性の高いUSBメモリ

パソコンを使う機会の多い友人には、雑貨店やセレクトショップなどで購入できる、おしゃれデザインのUSBメモリもおすすめです。非常に小さなこの商品には、遠方から来た友人でもストレスなく持ち帰られる魅力があります。また、レザーやウッド、コルクなどの素材を使った個性的なUSBメモリは、ビジネスマンの友人に良い意味での衝撃を与えられることでしょう。

ボールペン

普段はなかなか買えない高級ボールペンも、ビジネスマン男子に喜ばれやすいプレゼントです。地味なスーツファッションにアクセントをつけられるボールペンは、敢えて黄色や明るいブルーといったインパクトの強い色を選ぶのもおすすめとなります。筆記用具などを失くしやすいうっかり者の友達には、名入れをしたボールペンを贈ってみても良いでしょう。

メンズコスメセット

デパートコスメのシェービングローションやボディクリームといった男性向け化粧品のセットも、意外に喜ばれやすい贈り物です。アロマの香りのするケアアイテムは、テクノストレスなどで疲れた男性の心身を癒やしてくれます。面白さや斬新さといった視点を重視する場合、普段は友人が絶対買わないと思われる高級メンズコスメを敢えてセレクトしてみても良いでしょう。

モバイルバッテリー

スマホユーザの多くが使うモバイルバッテリーも、実用性と意外性が両方高いという意味で非常に喜ばれるプレゼントです。結婚式というおめでたい日のプレゼントにするには、USBメモリと同じように少し変わったデザインの商品を選ぶのが理想となります。また、普段は容量やサイズ重視で購入されるモバイルバッテリーの場合、敢えて人気キャラクターや動物などの変わったデザインを選び、友人に衝撃を与えてみても良いかもしれません。

▽結婚式 受付 お礼の関連記事はこちら
結婚式の受付を頼まれた時に準備することは?

結婚式受付のお礼は手紙を添えて渡そう

メイクや着替えなどで忙しい結婚式の当日は、依頼をした新郎新婦が自ら、受付担当の友人にゆっくりお礼をする時間がありません。そのため、感謝の気持ちをきちんと伝えるためには、お礼のプレゼントや現金と一緒に丁寧に書いた手紙を渡すのがおすすめとなります。

結婚式受付のお礼の手紙を入れる封筒

正式なお礼として渡す手紙は、白無地の便箋と封筒に書くのが大人のマナーです。封筒は中の文章が透けないように、なるべく分厚く二重になっているものを選ぶのが理想となります。手紙の入れ方は、和封筒と洋封筒のどちらを選ぶかによって変わってきます。縦長の和封筒を使うときには、最初に縦書き便箋の下から3分の1、次に同じ分量の便箋を上から折り下げて3つ折りにします。この便箋を封筒に入れるときには、手紙の書き出し部分が右上になるようにしてください。

洋封筒の場合は、2つ折りと3つ折りの2方法があります。3つ折りでは、和封筒と同じ流れで便箋を折ったら、手紙の書き出し部分が宛名面の右下にくるように、便箋を封筒に入れていきます。2つ折りの場合は、封筒の表面と便箋の表面を合わせて入れるマナーです。ちなみにメッセージが少なく、便箋1枚で手紙が終わってしまうときには、もっと書きたい気持ちをアピールするために、未使用の便箋を後ろに重ねて2重にしたものを封筒に入れる方法がおすすめとなります。

結婚式受付のお礼の手紙の書き方

お礼として渡す手紙は、万年筆や筆ペン、毛筆などを使ってできるだけ自筆で書くのが理想です。字が汚い、ペンでは上手に書けないなどの理由でパソコンを使うときには、最後の署名だけ自筆するのがマナーとなります。タッチの軽いボールペンは、なるべく使わないようにしてください。

受付のお礼ではどんな手紙を書けば良い?文例はある?

お礼の手紙で最も大事なことは、自分の言葉で感謝の気持ちを伝えることです。相手が友人となるこの手紙では、形式的なお礼状のように多くの堅い文章を並べる必要はありません。一般的には、次の文例のように「受付への感謝」+「一言メッセージ」+「自署」ぐらいの短さでも十分であると考えられています。

【メッセージ文例1】
今日は受付を引き受けてくれて、本当にありがとう。とても助かりました。近いうちに私達の新居にも遊びに来てください。これからも仲良くしてください。よろしくお願いします。

【メッセージ文例2】
朝早くからの受付、ありがとう。◯◯ちゃんに結婚式を手伝ってもらえた私は、とても幸せな花嫁です。ささやかですが、お礼のプレゼントです。ぜひバスタイムに使ってみてね。

【メッセージ文例3】
忙しいところ、受付を引き受けてくれたことに感謝します。◯◯ちゃんの結婚式では、私に受付を任せてね。今日のお礼に、ささやかなプレゼントを用意しました。気に入ってもらえると嬉しいです。

▽結婚式 受付 お礼の関連記事はこちら
結婚式後のお礼状の書き方は?マナーや送る相手別例文

結婚式受付のお礼を渡すタイミング

結婚式の受付は、新郎と新婦それぞれの側より1~2名ずつお願いするのが一般的です。そのためお礼は受付が始まる前に、「これからよろしくお願いしますね」という挨拶を兼ねて、頼んだ側の親から渡す流れとなります。式場内にゲストが来ると、ゆっくりお礼をする暇がなくなってしまいますので、受付をする友人と親の待ち合わせは余裕をもった時間に設定してください。

結婚式の受付のお礼は必ずしましょう

親しき仲にも礼儀ありと考えると、どんなに気心の知れた友人に対しても結婚式受付のお礼をする必要があります。早い時間から受付を担当する友達には、事前に用意しておいた現金やプレゼントを両親から渡してもらうのが一般です。当日ゲストとゆっくり話せない新郎新婦の想いは、贈り物と一緒に手紙を渡すことで、友人に伝わりやすくなるでしょう。現金や贈り物の準備をするときには、当ページでご紹介した結婚式マナーを確認するようにしてください。

▽結婚式 受付 お礼の関連記事はこちら
結婚式の受付アイテム♡自分たちらしくオシャレに装飾♪

ウェディング診断
続きをアプリで読む 続きをアプリで読む