2019.8.24

0 この記事をクリップ

結婚式に招待されたときのマナーはこれでOK!準備から当日まで徹底解説

結婚式のマナー
farnyオフィシャルライター
3043 views

本記事では結婚式のマナーについて詳しくご紹介します。結婚式の招待状が届いたら、すぐに電話やメールで出席を伝えている人はいませんか?一刻も早い返事が礼儀だと思っているとしたら、それは大きな誤解でマナー違反です。結婚する主役にとっては人生の大きな晴れ舞台。失礼のないようにマナーを守ってお祝いしたいものですね。これを機に、結婚式のさまざまなマナーを確認してみましょう。

結婚式の招待状マナー|結婚式の招待状が届いたら?

招待状の返信はがきはいつまでに出すのがマナー?


結婚式の出欠確認はがきは、新郎新婦のためを思うなら直接の電話やメールやラインではなく、なるべく早く「はがき」で返事をしましょう。お祝いの気持ちを電話やメールで伝えてはいけないのではありません。

直接会って出席を伝えたり、電話やメールで返事をしたりした場合でも、返信はがきは郵送するのがマナーです。新郎と新婦それぞれのメールやラインに埋もれた出欠返事をまとめるのは思いのほか手間がかかります。

まして、電話だけなら忙しさに紛れて誰からどんな返事をもらったのか勘違いすることもないとはいえません。フルネームの正しい漢字を間違えていたということもあります。それでは席次表に誤った名前が印刷されてしまいます。

その点、出欠確認ハガキが手元にあれば、さまざまな情報を一元管理することができます。それでなくとも結婚式を控えた新郎新婦は何かと忙しいもの。少しの手間を惜しまずに、招待状の文面に記載されている期限内に必ず届くようにしましょう。

出席の場合は

同封の返信はがきの書き方にも一般的なマナーがあります。まずは裏面ですが、「御出席・御欠席」か「ご出席・ご欠席」いずれかの文字が並んでいますので、わかりやすく出席を伝えなければなりません。出席の上の「御」「ご」を二重線で消し、出席を○で囲みます。

「出席」の上や右横に「謹んで」「喜んで」、出席に続けて「させていただきます」と加えると丁寧です。御欠席やご欠席は、3文字全てに二重線を引きます。同様に、ご住所の「ご」、御芳名は「御芳」を二重線で消します。余白があれば、祝福メッセージを書き添えるのも良いでしょう。

欠席の場合は

「御出席」「ご出席」と、御欠席やご欠席の「御」「ご」、ご住所の「ご」、御芳名は「御芳」を二重線で消します。出席の例のように欠席の前後に「残念ですが」「させていただきます」と書き加えるか、余白部分に「ご結婚おめでとうございます」などの祝福の言葉や、やむを得ない事情で出席できないことのお詫びを伝えます。

出席確認のための返信はがきでは、欠席理由を詳しく説明する必要はありません。披露宴会場宛に祝電の手配をすると良いでしょう。

表面の宛先の書き方は

返信はがきの表面には、返信相手の住所と氏名が印刷されています。中央の名前の下の「行」を二重線で消して左に「様」を書き足します。

その他の注意点


返信はがきは、表も裏も、黒の筆ペンや万年筆、または黒のボールペンで丁寧に書きます。薄墨の筆ペンは弔事用のものなので間違って使わないように気をつけてください。1通の招待状で連名になっている場合、どちらかしか出席できない場合は、「◯◯のみ出席」「〇〇はあいにく都合が悪く」など、誰が出席で誰が欠席かをわかりやすく明記します。

二重線の代わりに「寿」の字で消すアイデアもありますが、伝統のマナーではないため、知らない人にとってはなんと書かれてあるのかわからず悩む人もいるようです。まして、返信相手の名が「寿行さん」だった場合、「寿行 行」の「行」に重ねて「寿」を書くのはあまりにも不自然。丁寧に二重線で消すだけで良いでしょう。

出席の返事をしていたのに、急遽取りやめなければならないような事態になったときには、至急出席できない旨を伝える必要があります。理由が仕事都合など正当な理由として理解が得られるものなら言っても構わないでしょう。

また、突然の身内の不幸などは「やむを得ない事情」とオブラートに包んだ表現が適していると言われてはいます。しかし、一度は出席するつもりだったのにドタキャンでは、伝えられた方も事情がわからないのではモヤモヤしてしまいます。新郎新婦が親友で遠慮のない仲なら理由を尋ねられることもあるでしょう。そんなときに曖昧に誤魔化しても後でわかることです。

慶事を控えた二人に縁起の悪い事や心配事を伝えない配慮を、というのが一般的ですが、新郎新婦が心配して理由を聞きたがれば正直に伝えても構わないのではないでしょうか。

▽関連記事はこちら

結婚式を欠席するときの招待状の書き方|返信マナー&メッセージ文例

結婚式のご祝儀マナー|どのくらい包めばいい?

結婚式ではいくらぐらいのお祝い金を包んだら良いのか、一般的な相場金額を新郎新婦との関係別に紹介します。

親戚(叔父叔母、いとこ)

2~10万円。いとこの場合は、伯父伯母や叔父叔母と一緒に列席することが多く、一家でまとめてご祝儀を渡すことが多いです。その分、引き出物も一家で一人分となることがほとんどです。若年のいとこなら2万円ということもあり、年齢が上がるほど多く包んでいます。

もちろん、普段から親しく付き合っているかどうかなどの関係性や家計状況にもよるでしょう。親族同士で決めたルールがあることもあり、交通費や宿泊費をどちらが負担するのかによってもご祝儀の金額が変わってきます。

上司、恩師

3~5万円。新郎新婦よりも年長者の上司や恩師の場合、学生や社会人になりたての若い新郎新婦には結婚費用の援助の意味を込めてか、ご祝儀を多めに包む傾向があります。

友人、同僚

3万円。結婚披露宴の料理と飲食代は一人あたり1~2万円前後かかります。また、引き出物なども合わせると招待客一人に対してかかる費用の相場は25000円程度です。それらを考え合わせると、お祝いの気持ちを合わせて3万円がご祝儀の相場というのは頷けますね。

ご祝儀袋を包む際の注意点

お祝いのお金を包むときは、必ず折り目のついていない新券を用意します。銀行などの金融機関で新券を希望して両替ができます。御祝儀袋は婚礼の際は、水引が10本の結び切りのものが正式です。

水引が蝶結びのものは、何度も結び直せるため何度あっても嬉しいお祝い事に使うものです。結婚に使うのはマナー違反となりますので十分気をつけましょう。また、中に入れる金額が少ないから、せめて御祝儀袋でカバーしようと派手で豪華なものを選ぶ必要はありません。中身の金額と釣り合いの取れた御祝儀袋を使うのがマナーです。

▽ご祝儀の相場を詳しくチェック

ご祝儀っていくら包めばいいの?意外とわからない結婚式のご祝儀の相場一覧

結婚式ゲストの服装マナー|失敗しないコーディネートは?

結婚式の女性ゲストの服装の大前提は、花嫁より目立たないこと、もちろん花嫁と同じような白を基調としたスタイルもNG。花嫁を不快にするだけではなく、周囲からも白い目で見られてしまいますよ。そこで、服装と小物などを選ぶ際に気をつけたいマナーについて紹介します。

服装編

原則として上下とも白やオフホワイトの服装は避けます。トップスやインナーなど部分的に白が入る分には問題ないでしょう。ただし、クリームイエローやベビーピンクなどの淡い色調のワンピースは披露宴会場では大丈夫でも、写真に写った姿が白っぽく見えてしまい後で「しまった!」と慌てることがあるため避けたほうが無難です。

また、アニマル柄や毛皮は動物の殺生をイメージさせるため、冠婚葬祭の場ではふさわしくありません。デザインは、日中のパーティーでは露出を押さえた服装、夜は逆にノースリーブやビスチェなどの露出の多い華やかなロングのイブニングドレスが正装とされています。ただし、挙式に参列する場合は、ボレロやストールで肌を覆いましょう。

昼と夜いずれもひざが見えるミニ丈はNGです。意外に見落としがちなのがストッキング。お祝いの場に黒のストッキングやタイツ、網タイツや総柄はマナー違反です。原則としてベージュのヌーディーカラーを選びます。足首に控えめにワンポイントある程度なら悪目立ちせずおしゃれです。

▽服装についてもっと知りたい!

結婚式で女性ゲストが気をつけたい服装マナーとは?年代別おすすめも紹介

髪型編


ゲストもドレスアップする披露宴では、髪型にも気を使いましょう。ミディアムやロングの人は普段と同じようなダウンスタイルは手抜き感が伝わります。お辞儀をするときや食事の時など、うつむく度に顔に髪がかかってしまい暗いイメージにもなってしまいます。

編み込みは無理でも、せめてサイドをねじったり三つ編みにしたり、巻き髪でボリュームを出したハーフアップスタイルにするなど華やかなアレンジに仕上げましょう。

可能なら髪をまとめたアップスタイルが最適です。作り込みすぎないニュアンスのあるこなれヘアが流行りなので、多少失敗しても気にすることはありません。華やかなドレスにはアップスタイルのほうが全体のバランスがすっきり見え小顔効果もあります。ぜひチャレンジしてみてはいかがですか。

ショートヘアの人も、外ハネにしたり前髪やサイドをねじって留めたり、編み込んだり巻いてボリュームを出したり工夫次第でいろいろなアレンジヘアが可能です。

アクセサリー編


洋装の花嫁の定番ヘアアクセサリーとしてティアラや生花がよく使われるため、ゲストは似たような形のものは選ばないように注意しましょう。素材は、ファーや革は避けます。ニットのシュシュやカチューシャもカジュアル感が出すぎてしまいます。

普段遣いのものよりも華やかなタイプを選ぶと良いでしょう。ただし、花嫁よりもゴージャスに見えることのないように配慮しましょう。

ネックレスも派手すぎるものは避けます。かといって普段から着けているようなシンプルすぎるものやカジュアルすぎるものも寂しい印象になってしまいます。チョーカータイプのネックレスは問題ありませんが、レザーや派手なチェーンメタルタイプはそもそも服装とミスマッチです。ブランドロゴが目立つものも止めておきましょう。

比較的どんな服装にも合いやすいのがシンプルなパールです。無難な長さの上質なパールを持っておくとさまざまなシーンで重宝しますよ。結婚式なら2連のものやロングパールもOKです。せっかくならイヤリングと揃えて購入すると組み合わせに悩まずに済みます。

イヤリングやピアスは、昼間の結婚式なら上品な落ち着いたものが最適です。地金はネックレスと合わせると良いでしょう。派手すぎるデザインは目立ちすぎてどうしても顔よりも耳元に注目が集まってしまいます。花嫁よりも印象が強く目立ってしまうのはNGです。

同様に指輪もあまり大粒で目立つタイプのものは避けましょう。乾杯や食事中などは手元がどうしても目立ってしまいます。

▽アクセサリーについての関連記事は

結婚式の女性ゲストにNGのアクセサリーがある?知っておきたいマナーとは

バッグや靴などその他編


披露宴会場に持って入るバッグは普段遣いのバッグではいけません。必要最低限のものが入る小ぶりなパーティーバッグにします。服装や靴に合った素材で、違和感のないデザインのものを選びましょう。素材やデザインはカジュアルなものはふさわしくありません。

クラッチタイプ、ショルダータイプ、ハンドバッグなどさまざまです。ファーや革、ビニールなどの素材を避け、袱紗が入る程度の大きさのものにします。家から持ってきた大きなバッグはクロークに預け、小物だけをパーティーバッグに移し替え式場に入ります。

結婚式の受付マナー|芳名帳の記入やご祝儀の出し方は?


結婚式場に到着して受付の列に並んだはいいものの、いざ自分の番が回ってくると何と挨拶して良いものかわからず、お辞儀だけで済ませてしまったという人も少なくありません。
この場合、どのような挨拶をすべきなのでしょうか。

受付での第一声は?

受付を任されているのは新郎新婦の友人が多いです。相手が新郎新婦の親族ではなくても、受付では「本日はおめでとうございます」などのお祝いの挨拶をして構いません。席次表やウェルカムアイテムを渡されたり、引き出物を渡されたりする場合があります。新郎側と新婦側で分けて管理していることもあるため、一言「新婦の友人の〇〇です」と名乗るとスムーズです。

ご祝儀を渡すときもマナーを守って


現金を直接裸のままやり取りするのではなく、祝儀袋の中袋に入れて二重に包まれているため、そのまま渡して構わないと思う人も多いでしょう。しかし、本来、手で御祝儀袋を直接持って渡すのはNG。

御祝儀袋は袱紗(ふくさ)に包み、汚したり折り曲げたりするのを防ぎます。受付で渡すときは、袱紗から取り出し上に乗せてから、相手に正しい向きになるように反転させてから差し出すのが正しいマナーです。

袱紗を事前に用意できなかったときは、きれいなハンカチやミニ風呂敷などで包みましょう。ただし、慶事用と弔事用では折り方が異なるため気をつけて。御祝儀袋をそのままポケットやバッグに入れて持ち歩くものではありません。袱紗は冠婚葬祭両用で使えるリバーシブルタイプのもの、台付のものなどさまざまな種類があります。長く使えるものなので1つ用意しておくと安心です。

芳名帳の記入の注意点

受付に置いてある住所と氏名を記名するノートを「芳名帳」と言います。ゲストブックも同じものです。多くの場合、受付で新郎と新婦側に分かれて置くなど受付が混み合わないように分散して置いてあります。

筆ペンや万年筆など数種類の筆記具を置いて、招待客が書きやすいペンを自由に選べる場合も。住所を縦書きで書くときは、丁目番地などは漢数字で書きます。

結婚式会場でのマナー|始まるまで~挙式・披露宴

結婚式に初めてゲストとして参列する場合、周囲の雰囲気に圧倒されて萎縮したり、頑張って張り切りすぎたりという失敗談も少なくありません。結婚式会場でのマナーについて事前に知っておけば、当日も落ち着いて振る舞えるでしょう。

到着

開宴時間には余裕をもって到着するようにしましょう。女性は特に開始前に化粧室に行き身だしなみをチェックしたり荷物をクロークに預けたり、受付でご祝儀を渡して記名したりしなければなりません。多くのゲストは会場に早めに到着して、ラウンジや控室でサービスドリンクを飲むなどして、親族や他のゲストと歓談しながら披露宴の開始を待っていることがほとんどです。

挙式

挙式から参列する場合は、上座に座らないよう気をつけます。新郎新婦に近い位置は親族の席です。一般のゲストはそれよりも後ろに座るようにします。挙式場は式場専用のカメラマンによる写真やビデオ撮影以外は撮影禁止というところもあります。いきなりフラッシュを光らせたりシャッター音を響かせたりすることのないよう気をつけましょう。

披露宴

挙式とは違い厳粛という雰囲気からは解放された華やかな場ではありますが、セレモニーであることに違いはありません。懐かしい友人に久しぶりに会ったからとずっと話し続けることのないように、周囲にも気を配りましょう。特に序盤は、媒酌人や主賓の挨拶が続きますが静かに耳を傾け話を聞きましょう。

歓談の場では、仲間内で盛り上がるのではなく、同じテーブルにいる他のゲストとも和やかに会話を。ただし、会話の内容には気をつけて、相手の素性をあれこれ詮索するのではなく、共通の友人である新郎や新婦の話題を中心にすると良いでしょう。

お開き

結婚披露宴がお開きになったら、食事やお酒が残っていても旧友ともっと話をしたくても、目上の人から順番に退場しなければなりません。いつまでも会場に残り仲間内で写真を撮りあったり話し込んだりせずに退場の列に並びます。席を立つときには同じテーブルの人にも挨拶を済ませ、ウェルカムカードや席次表、引き出物を持ち帰ります。

ドアの外では新郎新婦がゲストへのお礼と挨拶をして見送ります。その場で、披露宴の感想を長々と話したり急用でない話題を持ち出したりして新郎新婦を独占するのは厳禁です。写真撮影は、新郎新婦がひと通りゲストを送り出してからにしましょう。しかし、このあと新郎新婦はまだまだ二次会が控えていて準備や移動などがあるため引き止めるのもほどほどに。

結婚式マナーを心得て失礼のない振る舞いをしよう

初めての結婚式参列ではすべてが初体験で興奮や感動で舞い上がってしまうこともあるものです。スピーチや余興を頼まれていればなおさらでしょう。しかし、事前に当日の流れやマナーなどを知っておくことにより、落ち着いて対処できるはずです。

結婚式は新郎新婦を取り巻くさまざまな世代が一堂に会するセレモニーの席です。マナーを守って失礼のない振る舞いができるよう準備しておきましょう。

クリエイタープロフィール
farnyオフィシャルライター
関連記事

結婚式の女性ゲストにNGのアクセサリーがある?知っておきたいマナーとは

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式で女性ゲストが気をつけたい服装マナーとは?年代別おすすめも紹介

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式・披露宴で乾杯の挨拶を頼まれた!例文やスピーチのポイントを知ろう

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式で友人スピーチを任された!慌てないためのダンドリとは

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式の女性ゲストがスーツ着用はアリ?ナシ?今どきのマナーを解説

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー