2019.8.18

結婚式にふさわしいバッグとは?ゲストが知っておきたいバッグのマナー

結婚式のマナー
farnyオフィシャルライター
7177 views

【2022年6月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

結婚式ではバッグをひざ上や背もたれとの間に置くのがマナー

結婚式にバッグを持っていくと、食事中も歓談中も基本的にずっと携帯しておかなければなりませんが、バッグの置く位置にもマナーがあるため注意が必要です。いくら邪魔だからといって、椅子の下に置くのはマナー違反となるため避けなければなりません。結婚式では、お色直しやキャンドルサービスなどで、新郎新婦が会場内を繰り返し移動します。そのときに、床にカバンが置かれていると、新郎新婦の道線を邪魔してしまうことになりますが、バッグにつまづいてトラブルになる可能性も否定できません。式場スタッフの人たちは結婚式を安全に進行するために、あらゆる面において万全を期しているため、それを邪魔することのないように振る舞うようにしましょう。

テーブルの上に置くのもマナー違反とされています。結婚式ではたくさんの人たちと同じテーブルを共有することになりますが、バッグが置かれるとみんなのスペースが少なくなってしまいます。また、料理やドリンクが運ばれる際、グラスや器が倒れてくる可能性がないとも言い切れません。万が一バッグにドリンクや料理がこぼれてしまったとしても、責任の所在が誰にあるのか明確にすることも難しく、問題がややこしくなってしまうため、トラブル回避をするという意味でもテーブルにバッグを置かないようにしなければなりません。

結婚式では、ひざの上か背もたれの間にバッグを置くのがマナーとされています。そのマナーを守るためにも、バッグを正しく選ばなければなりません。バッグ選びを間違えてしまうと、マナーを守りたくても守れないという状況を招く可能性も出てくるので、あらゆる事態を想定したうえでバッグを選ぶようにしましょう。

どんなバッグがおすすめ?

1 2 3 4 5
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む