2020.4.26

顔合わせの釣書を作成するときの注意点とマナーを解説

結納・顔合わせ基礎知識
結婚お役立ち情報
1461 views
続きをアプリで読む

「顔合わせの釣書を用意することになったけど何を書けばよいのだろう」とお悩みではないでしょうか。両家に結婚のあいさつが済んだら、いよいよ親族が集まって顔合わせが行われることになります。顔合わせは、結婚式以上に緊張するという人も多いほど、大切なイベントでもあるのでしっかり準備して臨みたいところです。
しかし、何もかもが初めての2人にとって、顔合わせの釣書を用意しろと言われてもどうすればよいか困ってしまうことでしょう。

そこで今回は、顔合わせの釣書の書き方やマナーについて詳しくご紹介します。

目次[]
  1. 顔合わせでは釣書を交換することが多い
  2. 釣書に記載すべき内容について

顔合わせでは釣書を交換することが多い

結婚する前の顔合わせでは、釣書を交換することが一般的です。お見合いするときにも使われますが、すでに両家で結婚の話がまとまっている状態になるため、写真を添えることは少なくなります。ごくカジュアルな顔合わせでは釣書を交換しないこともありますが、直前になって必要だと言われて慌てないためにも、どんなものか理解しておくとよいでしょう。

顔合わせは、結婚前に親族が一同に集まる大切なイベントです。釣書の準備不足やマナー違反などで恥ずかしい思いをしないためにも、きちんと準備しておきましょう。また、後日まで親族の間にわだかまりを残さないためにも、必要なことをしっかり理解して当日に臨むことが大切です。

▽顔合わせの服装に関する記事はこちら

顔合わせにふさわしい服装を解説!

釣書に記載すべき内容について

釣書に記載すべき内容として必要なのが、自分の生年月日や学歴・職歴や現在の職業についてなど、いわゆる肩書と言われるものです。また、親族についても同じ内容を書き添えてください。大体2親等程度までの親族について書いておきましょう。具体的には、両親や祖父母のほか、兄弟やおじ・おばといった人たちまでになります。

初めて顔を見る相手に対して、いきなり自分や家族の学歴や職歴を伝えるのは気が引ける人もいるでしょう。実際に、愛する2人が結婚するにあたって、学歴や職歴などは関係ないですし、親族にいたっては細かく知らせることもないのではと考えるのも自然なことです。

学歴や職歴は、その人がたどってきた道なだけで、人物を評価する要素にはならないからです。しかし特に自慢できるような学歴や職歴ではないとしても、現在の皆さんを作り上げるのに必要な過程であり、大切な道のりであったことは確かなので、堂々と伝えてください。

両家の親族にとっては、まったく見ず知らずの人たちと親せきになるのですから、何も情報がなければ不安を感じるものです。その点、釣書を受け取れば、どんな人たちか中身までは判断できないまでも、ひとまずは安心できます。
また、顔合わせにおいて会話のネタにもなるので助かります。話が途切れて気まずい雰囲気になったときに、釣書が元で話が広がってピンチを脱出できたという例もあるのです。

記載内容ってどういったもの?

1 2 3 4
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む