2022.7.8

顔合わせにふさわしい服装を解説!

結納・顔合わせ基礎知識
プロポーズされたら.com
9554 views

【2022年12月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

結婚したいとお互いにしっかり意思が固まったら、今度はお互いの親族を紹介する場が必要になります。近年増えてきているのは、結納代わりとしての顔合わせです。

正式な結納は仲人が必要ですし、お金も時間も両家にとって大きな負担になりがちですから、現在結納を行うカップルは減少傾向にあります。また実際結納を行うにしても、正式な結納ではなく略式結納が現在は主流になっていて、簡略化されるようになりました。

目次
  1. 顔合わせは結納代わり
  2. 顔合わせにふさわしい服装は、場所で決まる
  3. カップルが両親や親族を招待する場合
  4. 両家の釣り合いも重要!
  5. 顔合わせで選ぶべき服装は?
  6. カップルにおすすめの服装
  7. 派手すぎる服、ブランドものの洋服はNG
  8. 顔合わせで振り袖はあり?

顔合わせは結納代わり

結納が以前ほど重要視されなくなってきた現在、それに変わって、両家の顔合わせが重要視されつつあります。ただ顔合わせは、結納、略式結納ほど明確なルール、お決まりのルールがないという点が逆に頭を悩ませる原因になるでしょう。そして中でも悩みになりやすいのは、顔合わせの服装です。顔合わせとは両家の親族が親睦を深める場所であります。できるだけ相手に好印象を与えたいものですし、これから仲良くしていくために、失礼がないようにと考えるのは当然ですよね。顔合わせの場面では一体どのような服装がふさわしいのでしょうか。実際には別にこうするべきという正しいルールはありません。

気になる服装*

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む