2022.7.8

両家の顔合わせを成功させるための段取りと注意点

結納・顔合わせ基礎知識
プロポーズされたら.com
11628 views

【2022年9月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

顔合わせで失敗しない服装の選び方

服装に十分に気を付けることで、顔合わせの印象を最大限に良くすることもできます。男性は、スーツが無難でしょう。スーツは、どんな世代の人にも好印象を与えることができます。色は、ダークグレーやネイビーなど、やや堅いイメージの色がおすすめです。
できるなら、スーツを新調することをおすすめします。自分の体に合った上質なセミフォーマルスーツをオーダーしておくと、今後、改まった場に出席するときにも便利です。

ネクタイや靴などの小物にも気を配りましょう。お祝いの席にふさわしいフォーマルな印象を与えるものを選ぶことが肝心です。靴はよく磨いておき、髪型は清潔感があるようにまとめてください。男性が意外と忘れがちなのが、爪のお手入れです。爪は短く切って整え、不潔な印象にならないようにしてください。

女性は、明るい色のスーツやワンピースがよいでしょう。肌の露出は控え、スカート丈はひざが隠れる程度にしてください。体のラインを強調しないデザインで、ごくオーソドックスなものを選ぶことが大切です。靴も、ピンヒールやサンダルなどはふさわしくありません。
顔合わせは、自分を美しく魅力的に見せるための場所ではありませんから、誰にでも好感度の高い服装になるように心がけましょう。髪型も、食事をすることを考えてまとめたり、ネイルも控えめのもをの選んだりすると好印象です。

スーツやワンピース以外では、振袖もおすすめです。振袖は未婚女性向けのものであり、結婚後は着用することができません。結婚前の美しい時期をより美しく彩ってくれるだけでなく、相手の親族に対してきちんとしている印象を与えられるのもよい点です。

たとえば、お見合い写真を撮影することをイメージするとしっくりくるでしょう。スーツやワンピースをまとった女性より、振袖を身に着けた女性のほうがより美しく、品があるように見えます。せっかくの機会なので、振袖を着用することも考えてみてください。

▽顔合わせの服装に関する記事はこちら

顔合わせにふさわしい服装を解説!

なごやかに終わればまずは成功

両家の顔合わせがなごやかに終われば、まずは成功です。顔合わせは、すでに結婚を前提としての親族紹介なのですし、問題なく終わればこのまま正式に結婚式に進むことができます。中には、もっとこうすればよかったなど、後悔するケースもあるでしょう。しかし、大きな失礼も失敗もなく終わることができれば、十分なのです。

さて、顔合わせの締めくくりとして忘れていけないのが、お見送りです。中には、遠くからはるばる足を運んでくれた親族もいることでしょう。お菓子などの手土産を渡しつつ、感謝の言葉を伝えてお見送りしてください。
最後まできちんと気配りできれば、顔合わせに良い印象を残して終えることができます。

何事も、最初が肝心です。今後の親族付き合いにもかかわるので、最後まで段取りを意識して気を抜かないようにしましょう。

1 2 3 4
ウェディング診断
続きをアプリで読む