2020.6.30

プロポーズでは指輪以外のプレゼントを贈る人も多い!彼女が喜ぶ5つのアイテム

婚約指輪・結婚指輪
結婚お役立ち情報
1260 views
続きをアプリで読む

プロポーズといえば「婚約指輪」をイメージする方は多いですが、彼女の指のサイズが分からない、デザインが気に入ってくれるのか不安という方もいますよね。

指輪を用意しないままプロポーズをするなら、彼女からどう思われるのか不安に思う男性もいるかもしれませんね。

目次[]
  1. 本当に指輪を用意しなくてもよいのか?彼女側の本音をチェック
  2. 定番の「花束」はやはり女性が喜ぶプレゼント
  3. 後で購入する指輪が入れられる「ジュエリーボックス」
  4. 彼氏がプレゼントした「一粒のダイヤモンド」で婚約指輪をオーダー
  5. ロマンチックな演出をしたいなら「ガラスの靴」も
  6. 指輪以外の「アクセサリー」ならいつも身につけられる女性も多い
  7. 自分の好み=彼女の好みではない点は注意したい
  8. プレゼントが思い浮かばないなら手紙で気持ちを伝えてもよい

本当に指輪を用意しなくてもよいのか?彼女側の本音をチェック

片膝をついた彼氏が「結婚してください」の言葉とともに、ジュエリーボックスをパカッとひらき婚約指輪を差し出すシーンは、女性なら一度はあこがれるプロポーズのシーンでしょう。ですが、最近ではプロポーズに婚約指輪が必須とは考えない女性も増えています。

その理由としては…
「金属アレルギーで身に付けることができない」
「仕事がら、指輪をつけることが難しい」
「今後の生活を考えると指輪にお金をかけることに疑問」
「自分が好きなデザインの指輪のほうが嬉しいから」
など、色々あります。

「指輪よりも彼氏の誠心誠意の気持ちが嬉しいと思う」という女性もいるのです。プロポーズに指輪がなくてもよいのです。だからといって、手ぶらでプロポーズするのはちょっとと考える男性もいるでしょう。プロポーズでは指輪ではなく他のものをプレゼントして、後日彼女が気に入る指輪を一緒に探しに行くカップルも多いそうですよ。

そこで、先輩花婿が選んだ「指輪」以外のプロポーズのプレゼントを参考に、5つのアイテムを選びました。

▽プロポーズに関する記事はこちら

【2021最新版】意外と知らないプロポーズの歴史!最近の流行りの方法や場所は?

定番の「花束」はやはり女性が喜ぶプレゼント

普段はさほど花が好きという雰囲気がない女性でも、男性から花束を貰うのは嬉しいと感じる方は多くいます。中でも自分が好きな色の花を貰うと、日ごろから自分のことをちゃんと見ていてくれたと感動してもらえますよ。
彼女が好きな花が分からない場合、無難なのはやはりバラでしょう。外国ではプロポーズの時にバラの花束を渡し、女性が受け取ってくれたらOKのサインともいわれています。素敵な香りがするバラの花束をプロポーズの言葉とともに手渡すのは照れ臭いかもしれませんが、ここは一世一代の晴れ舞台と思って頑張りましょう。

バラの花束は送る本数によって意味があります。例えば3本なら「愛しています」21本なら「あなただけに尽くします」99本なら「永遠の愛」108本なら「結婚してください」などです。
プロポーズでは108本の花束がおすすめですが、あまりに大きな花束を貰っても困る方もいるでしょう。6本で「お互いに敬い愛を分かち合いましょう」9本で「いつも一緒にいて欲しい」といった意味を持つため、小さな花束でもよいですね。

気をつけたいのは13本の「永遠の友情」でしょうか。せっかくのプロポーズなのに永遠の友情を誓ってはいけませんね。バラは花の色によっても花言葉が異なります。プロポーズに相応しいのは赤の「愛情」、白の「尊い尊敬」、ピンクの「愛の誓い」といえます。彼女がいくら黄色好きでも黄色のバラは「友情」を表すため、プロポーズでは避けたいですね。

気をつけたいのは、彼女が「花嫌い」の場合です。女性の全てが花好きという訳ではありません。処分に困るという方や、花粉症などで花が不得意という方もいますので、彼女が花が好きかどうかを事前にある程度リサーチしておくと安心です。何を贈ったらよいか迷うときには、花屋さんで相談をするとよいですよ。

後で購入する指輪が入れられる「ジュエリーボックス」

実際には指輪が入っていなくても、ジュエリーボックスをパカッと開けるあの演出にあこがれる女性は多いものです。そこで、パカッができるジュエリーボックスをプレゼントするのもよいですね。
後日、婚約指輪を購入するのも楽しみになりますし、職業がら指輪ができないかたも、普段はこのジュェリーボックスにしまっておこうとイメージできますから、プロポーズのアイテムとしても使えます。彼女との思い出の曲のオルゴールが流れる仕掛けがあるものなども喜ばれるでしょう。

プロポーズ向けのジュエリーボックスも様々販売されており、永遠の愛を誓う深紅のバラのプリザーブドフラワーが飾られたものや、結婚式のときにリングピローとしても使えるものなどもあります。ふたをパカッと開けると「Will you marry me?」(私と結婚してください)というメッセージが入ったものは、照れ屋な彼氏でもプロポーズしやすいアイテムといえますね。

彼氏がプレゼントした「一粒のダイヤモンド」で婚約指輪をオーダー

本当なら指輪を贈りたいけど、指のサイズが分からない、デザインが気に入ってくれるか心配という場合には、指輪に入れるダイヤモンドを一粒プレゼントするのもよいですね。中には親から受け継いだダイヤモンドがあり、未来の妻に送りさらに子孫へと受け継いでいってほしいと思う方もいるでしょう。
最近では自分たちが好きなデザインで、オリジナルの婚約指輪や結婚指輪をオーダーできるお店も増えてきています。様々なデザインの中から好みの物を選んで指輪を作ることができるため、好みのデザインの指輪が欲しいというカップルに人気ですよ。

ジュエリーボックスに入ったダイヤモンドの輝きに、一瞬「指輪じゃないの?」と彼女は思うかもしれませんが、好みのデザインを選んで欲しいからと彼女への優しい思いが伝われば、きっと喜んでくれますよ。

ダイヤモンドを購入するときには、指輪をオーダーしようと考えているジュエリーブランドに事前に相談をしておくとよいでしょう。ブランドによっては持込のダイヤモンドでの指輪のオーダーは受け付けていない場合もあります。ケイウノや銀座ダイヤモンドシライシなどでは持込のダイヤモンドを使っての婚約指輪制作が可能です。ジュエリーリフォームを行っているブランドも多くありますよ。

また持込の場合には鑑定書が必須というブランドもあります。硬い石として有名なダイヤモンドですが、グレードによっては加工中に破損が起こる可能性もあるためです。受け継いだダイヤモンドの場合には、事前に鑑定をしてもらうこともおすすめです。

ロマンチックな演出をしたいなら「ガラスの靴」も

子どものころにシンデレラにあこがれた女性は多いでしょう。シンデレラを象徴するアイテムの一つが「ガラスの靴」ですよね。プロポーズのアイテムとしても人気が高く、探してみると様々なタイプのガラスの靴が見つかりますよ。
ガラスの靴は飾り物としてしか使えないのでは?と思う男性もいるかもしれませんが、後日購入する婚約指輪の指定席としてアクセサリー置き場として使うこともできるのです。

ガラスの靴にはメッセージや名前、日付などの刻印もできるため、プロポーズの言葉やプロポーズをする日付、二人の名前などを刻み込むのもよいでしょう。男性に比べると女性は記念日に特別な思いを持つ方が多いので、「プロポーズ記念日」を形に残すなら喜ばれる可能性が高いですよ。

彼女が大切にしているガラスの靴を見るたびに、男性もプロポーズ記念日を忘れなくなりますよね。記念日を覚えていてくれる夫に、妻は深い愛情を感じるでしょう。自分のためのメモリアルとしてもおすすめです。

▽実際にガラスの靴を贈ったプロポーズ記事はこちら

大好きなプーさんモチーフの婚約指輪とプロポーズでもらったガラスの靴は一生の思い出♡*

指輪以外の「アクセサリー」ならいつも身につけられる女性も多い

仕事がら、指輪は身につけられない女性は多いようです。一方で、服の下であればネックレスを身に付けることはOKの職場や、ピアスなら大丈夫という方は多くいます。そのため、指輪以外のアクセサリーが良いと感じている女性は多いのです。

ネックレスであればペアで身につけてもよいですね。イニシャルが入ったものや、誕生石が入ったものなどバリエーションも豊富ですよね。女性に人気が高いアクセサリーとしては、ネックレス、ピアス、ブレスレッドです。他にも装飾性がある腕時計も「この先一緒に時を刻もう」という意味合いがあるため嬉しいと感じる女性は多いようです。

プロポーズのときはワンランク上のアイテムを選ぶと喜ばれるでしょう。

自分の好み=彼女の好みではない点は注意したい

相手のことを思い真剣に選んだプレゼントは、多少彼女の好みと違っていたとしても「私のことを想って選んでくれた」とほほえましく思う女性は多いようです。ですが、自分の好みを押し付けるようなプレゼントは、「自分のことしか考えてない」と思われてしまいます。

例えば、自分が好きなスポーツをこの先一緒にやろう!という意味合いを込めてスポーツグッズを贈ったとしても、彼女にその気がなければ「押しつけ」と感じるかもしれません。自分の好みが必ずしも彼女の好みと一致するとは限らないので、プレゼント選びをするときには「彼女は何を喜んでくれるかな?」と考えて選ぶことが必要ですね。

多くの女性が喜ぶハイブランドの洋服やバックも、彼女がブランド品に興味がなかったり、趣味と異なるものであればかえって迷惑と感じることもあります。ぬいぐるみも貰うと嬉しい女性は多いようですが、一方でホコリが付くので嫌と感じたり、邪魔と思う人もいます。

一般的に女性が喜ぶものが、必ずしも彼女が喜ぶものとは限らないことも注意したいですね。恋人として付き合う中で、彼女の趣味や興味を持っていること、どんなものを貰うと喜びそうかなということをリサーチしておくことが、プロポーズでプレゼントを贈るときには必要です。

プレゼントが思い浮かばないなら手紙で気持ちを伝えてもよい

彼女が喜ぶプレゼントが思い浮かばない場合、無理にプレゼントを渡すよりは、思いを手紙にしたためて渡すのもよいですよ。特に普段手紙を書く習慣がない場合には、自分のために手紙を書いてくれたことだけでも、彼女は感動するかもしれません。

プロポーズはあくまでも「結婚してほしい」という気持ちを伝えるものです。プレゼントを渡すことが目的ではありません。彼女と結婚したいという気持ちがしっかりと伝わればよいのですよ。プロポーズが無事成功するとよいですね。

▽婚約指輪以外を贈るプロポーズの記事はこちら

婚約指輪じゃなくてもOK!色々なプロポーズのプレゼントを集めてみました♡

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む