2020.5.29

【2021年最新版】婚約指輪 人気のブランドやデザインを格付け

婚約指輪・結婚指輪
結婚お役立ち情報
11037 views
続きをアプリで読む

結婚に欠かせないアイテム、それは婚約指輪ではないでしょうか。憧れのブランドや、お気に入りのデザインの指輪を選ぶカップルもたくさんいます。大切な相手と一生を共にする約束の証である婚約指輪は、できるだけこだわって気に入ったものを選びたいものです。

目次[]
  1. 婚約指輪の起源について
  2. 婚約指輪の格付けと人気のブランド

婚約指輪の起源について

みなさんは婚約指輪の由来をご存じですか? 結婚を決めたら婚約指輪を…ということは知っていても、その由来まで知っている人は少ないかもしれません。
エンゲージリングとも呼ばれる婚約指輪は、男性がプロポーズをする時や、2人が結婚を決めた後などに男性から女性に贈られることが多い指輪のことです。婚約指輪には、男性が相手の女性を一生かけて大切にしていくという誓いの気持ちがこめられたものです。

エンゲージリングの起源は、紀元前1世紀の古代ローマ時代までさかのぼります。当初、結婚をする時に男性が女性に鉄の輪を贈る儀式が行われており、その儀式がもとになっていると言われています。愛する女性に結婚する際の契約の証として贈られていました。その後、中世ヨーロッパで貴族が婚約のしるしとして婚約者へ指輪を贈るようになり、この風習が現在の婚約指輪の始まりと言われています。

日本では江戸時代後期に婚約指輪が贈られるようになり、戦後1950年代後半頃から結納品として習慣化されたようです。高度経済成長期には、ダイヤモンドの輸入解禁もあり、婚約指輪の宝石としてダイヤモンドが定着してきました。

では、なぜ婚約指輪を左手の薬指につけるのでしょう?古代ギリシャにおいて、左手の薬指の血管は心臓につながっていると考えられていました。人間の心は心臓にあるとされていたことから、左手の薬指に結婚指輪をつけることは、愛する女性の気持ちをつなぎとめるという意味、また、神への誓いという意味を表していました。

▽婚約指輪・結婚指輪に関する記事はこちら

「これで納得」婚約指輪と結婚指輪について徹底解析!

婚約指輪の格付けと人気のブランド

婚約指輪の相場は、30万円前後と言われています。ただ、人によってその金額が高いと感じられたり、安いと感じられたり、様々です。大切なのは彼女を思う気持ちなので、指輪を受け取る女性もあまり価格にこだわらないようにしたいものです。

とは言え、一生に一度もらうことのできる婚約指輪ですから、好きなブランド、気に入ったデザインのものをもらいたいと思う女性も少なくありません。婚約指輪は、素材やブランド、デザインなどによって価格に違いが出てきます。

たとえば、婚約指輪の格付けについて考えてみましょう。婚約指輪のブランドでいちばん格付けが高いものは、やはりダイヤモンドのクオリティが高く、ブランドも有名であるもの、価格の高いものとが挙げられます。
一般的に、HARRY WINSTON、Cartier、GRAFFなどは、格付けが高いと言われています。ただ、人気があるのは…と考えると、必ずしもこのブランドであるとは限りません。購入する人の年代や、価格、デザインなどによって人気の高さは変わってきます。

婚約指輪を選ぶ際、人気があるブランドは次のものがあります。

人気があるブランドは?

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む