2020.12.1

安い結婚指輪は品質が心配?安く提供できる理由とおすすめのブランド

婚約指輪・結婚指輪
結婚お役立ち情報
753 views
続きをアプリで読む

ペアで5万円以内の結婚指輪というと、「品質は大丈夫?」「デザインは選べるの?」といった疑問が出てきますよね。このような安い結婚指輪でも、高品質なデザインが選べるジュエリーブランドもあります。

安くても品質がよい結婚指輪が提供できるのには理由があります。新生活は出費も重なるため、指輪に掛ける費用は抑えるという選択肢も考えてみてくださいね。

目次[]
  1. 品質を落とさずに結婚指輪が安く買える4つの理由

品質を落とさずに結婚指輪が安く買える4つの理由

同品質の指輪でも、ブランドによってその価格は大きく変わります。では品質を落とさずに結婚指輪を安く提供しているブランドは、どうして安くできるのでしょうか。

・買い付けを直接行っている

指輪に使われる原材料は、多くの場合いくつかのルートを通って流通されます。たとえば指輪に使われるダイヤモンドがジュエリー加工会社に届くまでの過程は一般的には次の通りです。

1.鉱山での採掘
2.サイトホルダーやディーラー
3.カッティングセンター
4.バイヤー
5.取引所
6.仲介会社
7.輸入業者
8.卸売業者やメーカー
9.ジュエリー加工会社

このように多くの業者を経由して消費者の元に届きます。業者を経由するごとに手数料が発生するためにどうしても高くなります。ですが、ジュエリー加工会社が仲介会社から直接購入することで、途中で必要となる手数料を支払わずに済みます。
つまり、途中の業者を介さず直接買い付けを行うことで、コストを抑え安くできるのです。

・デザインを外注しない

ジュエリーメーカーの中には、ジュエリーのデザインは外注に頼っているというケースがあります。
外注にすることで高額なデザイン料が発生し、それが価格に反映します。ですが、自社でデザインすれば高額な外注費が掛かりませんので、その分結婚指輪を安く提供できるようになります。

・中間コストを抑えるため自社で生産・販売している

結婚指輪の中には、加工する会社と販売する会社が異なるものがあります。別々の会社だとそこで中間コストがかかり、その分指輪の価格に上乗せされるため高くなりますよね。
ですが製造する会社がそのまま販売も担えば中間コストがなくなるため結婚指輪の価格が抑えられるのです。

・広告宣伝費をかけない
商品を広く知ってもらうためには広告宣伝が欠かせません。広く認知してもらおうと思えば思うほど、広告宣伝に力を入れる必要が出てくるため、広告宣伝費が高くなりその分指輪の価格に上乗せされていきます。
広告宣伝費を減らせばそれだけ上乗せする費用が減るため結婚指輪は安く提供できるようになります。

▽結婚指輪の相場についての記事はこちら

結婚指輪の相場は夫婦ペアでいくら?結婚指輪選びで後悔しないためのポイント

結婚指輪を企業努力で安く提供している5つのブランド

1 2 3 4
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む